更新日 : 2023.01.05

auじぶん銀行カードローンの審査は厳しいのか? 審査落ちとなる原因や借入までの流れも解説

auじぶん銀行カードローンは、最大年0.5%のau限定割の金利優遇を受けられる商品です。申し込みから借入までの手続きはスマホで完結できます。

借入するには審査に通る必要がありますが、審査の具体的な内容や基準は非公開です。とはいえ、申し込むための基準や審査落ちとなる原因から、審査に通るかどうかの目安は把握できます。

審査に通るかの目安が確認できたあとは、スムーズに手続きが行なえるよう、申し込みから借入までの流れやauじぶん銀行カードローンの特徴なども確認しておきましょう。

auじぶん銀行カードローンの審査は厳しいのか?

auじぶん銀行カードローンの審査基準は公表されていないので、他社に比べて審査が甘いか・厳しいかは判断できません。そもそも、申込内容によっても審査に通るかどうかは異なることから、自身の返済能力によって審査の通りやすさは変わると言えます。

とはいえ、銀行カードローンは、金融庁からの指摘を受けて、過剰な貸付とならないように審査態勢の見直しを行なっています。

auじぶん銀行カードローンの審査基準を満たせば審査には通りますが、誰でも通過できるような甘い審査をしているわけではないといえるでしょう。

「お借入診断」を利用すれば申込前に簡易的な審査結果がわかる

「お借入診断」は「年齢」「年収(税込の総支給額)」「現在のお借入額」の3つの項目を入力することで、借入できるかの目安を簡易的に診断できるサービスです。

各項目を入力すると「お借入れいただける可能性がございます」または「ご入力いただいた内容だけでは診断できません」という結果が表示されます。

お借入診断は、「年収」「現在のお借入額」の金額によって結果が変わります。たとえば、年収300万円の場合、借入額が150万円未満だと「お借入れいただける可能性がございます」と表示されます。

正式な借入の可否や金額は申込後の審査で決まりますが、実際に申し込む前に結果の目安を知りたい人は試してみてください。

auじぶん銀行カードローンに申し込むための基準

auじぶん銀行カードローンの審査に受けるには、まず申し込むための基準である「ご利用いただけるお客さま」の各項目を満たしていなければなりません。

【「ご利用いただけるお客さま」】

・ご契約時の年齢が満20歳以上70歳未満のお客さま
・安定継続した収入のあるお客さま(自営、パート、アルバイトを含みます)
・保証会社であるアコム(株)の保証を受けられるお客さま
※外国籍のお客さまは永住許可を受けている場合に対象となります。
引用元:「商品詳細 | カードローン(じぶんローン)

申し込むための基準は「年齢」「収入」「保証会社の保証」の3つです。

3つの基準のうち、申込前には年齢・収入の条件に該当するか確認しておきましょう。保証が受けられるかどうかを申込前に自身で判断するのは難しいためです。

「安定・継続した収入」の基準

auじぶん銀行カードローンの安定・継続した収入の基準は、「現在働いていて毎月収入を得ていること」です。具体的な年収や月収の目安は定められていません。

たとえば、毎月一定額の収入があれば、月収額にかかわらず、安定・継続した収入があると言えます。逆にいうと、月によって収入額が大きく変わったり収入のない月があったりする場合は、安定・継続した収入があるとは言えません。

収入として認められるのは、パートやアルバイト、自営業などで得ている収入です。いずれかの方法で収入を得ていれば、主婦や学生も申し込めます。

auじぶん銀行カードローンの審査落ちとなる原因

auじぶん銀行カードローンの審査時には、返済能力が調査されます。返済能力がないと判断される原因があったり調査に必要な手続きが終えられなかったりすれば、審査に落ちます。

金融庁の方針や公式サイトの記載などから推測できる、審査落ちの原因は以下の通りです。

【返済能力がないと判断される原因】

  • 他社借入が多い
  • 信用情報に延滞などの情報が登録されている
  • 同時に複数社に申し込んでいる
  • 在籍確認の電話に対応できない
  • 必要書類を提出できない

他社借入が多い

他社借り入れが多いと、auじぶん銀行カードローンの審査落ちになります。他社からの借入が多い人に新たに貸付すれば、返済能力を超えた過剰な貸付となる場合があるからです。

具体的な他社借借入の基準は定められていませんが、カードローンの取扱いのある銀行のうち、8割以上の銀行が借入額の上限を年収の2分の1以下に設定しています。一部の銀行では、上限を年収の3分の1とする場合もあります。

また、auじぶん銀行カードローンのお借入診断では、借入額が年収の2分の1以上になると「ご入力いただいた内容だけでは診断できません」との結果が表示されます。

以上を踏まえて、借入額が年収の3分の1または2分の1以上ある場合は、返済能力の観点から審査落ちになる場合があると考えておきましょう。

信用情報に延滞などの情報が登録されている

過去に延滞や債務整理をした情報が個人信用情報機関に登録されていると、審査落ちとなる場合があります。延滞や債務整理は過去に借金を返せなかった事実であり、返済能力がないと判断される原因になり得るからです。

個人信用情報機関とは、ローンやクレジットなどの信用取引における利用履歴を管理する機関のことです。auじぶん銀行や保証会社のアコム株式会社は、審査時にそれぞれが加盟する個人信用情報機関に申込者の信用情報を照会します。

【各個人信用情報機関に記録される信用情報と登録機関の例】
個人信用情報機関 延滞・滞納 債務整理(自己破産・個人再生)
JICC(日本信用情報機構) 5年以内 5年以内
CIC(シー・アイ・シー) 5年以内 5年以内
KSC(全国銀行個人信用情報センター) 5年以内 決定日から7年を超えない期間

※登録される期間は、基本的に契約終了後から起算した期間です。

延滞や債務整理などの情報は、5年以内を目安に個人信用情報機関に登録されます。登録機関を過ぎると自動的に情報は抹消される仕組みです。

自身の信用情報を確認したい場合は、開示請求の手続きをしてみてもよいでしょう。

保証会社のアコムで延滞したことがある

保証会社であるアコムのローン・クレジット商品で延滞・滞納をした場合は、審査落ちとなる場合があります。アコムは、審査時に、自社で保管している利用者の情報を確認できるからです。

延滞や滞納の履歴があれば、今後の返済にも支障が出ると判断されかねません。アコムのカードローンなどで借入している場合は、支払い状況が滞っていないか確認しておきましょう。

同時に複数社に申し込んでいる

短期間で複数のカードローンに申し込んでいる人は、審査落ちになる場合があります。複数申し込みをして借入が可能となれば、返済能力を超える貸付になる場合があるからです。

たとえば、返済能力の範囲内で15万円まで借入できる場合、2社同時に申し込んでどちらの審査にも通れば、返済能力を超える借入が可能となります。このような状況を想定して、複数申し込みが確認されると、審査落ちになると予測されるのです。

申し込みの履歴は、個人信用情報機関に6カ月間登録されます。逆に言うと、6カ月以上前に申し込んだ履歴は抹消されていることになります。

在籍確認の電話に対応できない

auじぶん銀行カードローンの審査時には、勤務先に在籍確認の電話がかかってきます。在籍確認とは、申込者が申告した勤務先に在籍しているかを確かめる審査工程のひとつです。在籍確認の電話に対応できないと、審査に落ちます。

在籍確認の電話を完了する方法は以下の通りです。

【在籍確認の電話を完了する方法】

  • 本人が電話に出る
  • 勤務先の人が代わりに電話に出て「本人は不在です」などの対応を取る

※ 在籍確認の電話は原則銀行名でかけられます。希望する場合は個人名での連絡も可能です。

auじぶん銀行カードローンの在籍確認を受ける際、申込後にauじぶん銀行ローンセンターに電話をすれば、時間帯を指定できます。

休みの日が決まっていたり都合の悪い日時があったりする場合は、申込後にauじぶん銀行ローンセンター(0120-926-922)へ問い合わせておきましょう。電話での確認が難しい場合には、別の方法で在籍確認が取れないかを相談することも可能です。

必要書類を用意できない

auじぶん銀行カードローンの必要書類を提出できないと審査が完了しません。auじぶん銀行は、法律によって本人確認書類による本人確認が義務付けられているからです。

auじぶん銀行の口座を持っている人は本人確認書類を1点、auじぶん銀行の口座を持っていない人は本人確認書類を2点用意しておきましょう。

【本人確認書類】

  • 運転免許証(表面・裏面の両面)
  • マイナンバーカード(表面のみ)
  • 健康保険証(表面・裏面の両面)
  • パスポート(2020年2月4日以降に申請のものは提出できない)
  • 住民基本台帳カード(表面・裏面の両面)
  • 在留カード(永住者の記載があるもの)
  • 特別永住者証明書

※すべて有効期限内のものに限ります。

本人確認書類は、書類の画像やファイルをインターネット上にアップロードして提出します。

書類を提出する際は、情報が鮮明に映っているか・書類全体が写っているかなどを確認しておきましょう。撮影した写真やスキャンした画像が不鮮明だと、情報を正しく読み取れず、審査が完了しないことがあるからです。

収入証明書類の提出が必要になる場合がある

希望する借入額の上限が60万円以上の場合は、いずれか1点の収入証明書類の提出が必要です。

【収入証明書類】

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 地方公共団体が発行する所得(課税)証明書
  • 住民税決定通知書
  • 確定申告書

※すべて直近ものに限ります。

収入証明書類は、いずれも発行されている直近の書類に限ります。古い書類だと書類の条件を満たしていないため、手元に直近のものがない場合は、勤務先や市役所・町村役場の窓口に問い合わせて発行してもらうようにしましょう。

auじぶん銀行カードローンの申し込みから返済までの流れ

auじぶん銀行カードローンの申し込みから返済までの流れは以下の通りです。

【申し込みから返済までの流れ】

  • 申し込み
  • 仮審査
  • 必要書類の提出
  • 本審査
  • 契約
  • 借入
  • 返済

auじぶん銀行カードローンへの申し込みは、いずれも公式サイトの新規申込ボタンより行なえます。auじぶん銀行口座やau IDの有無によって、申込ボタンが異なります。

また、借入方法や返済方法にはいくつか種類があったり、auじぶん銀行の口座の有無によって選べる方法が異なったりするので、スムーズに利用できるよう事前に確認しておきましょう。

申込後は仮審査と本審査が行なわれる

auじぶん銀行カードローンへ申込後は、仮審査・本審査の順で審査が行なわれます。

【仮審査と本審査の内容】
審査の種類 審査内容
仮審査 申込内容の確認
本審査 提出した書類の確認、在籍確認等

※電話調査した結果を反映しています。

申込後は、自動的に仮審査が開始されます。基本的に在籍確認は本審査の書類の確認等が終了したあとに行なわれますが、場合によっては仮審査の段階で行なわれることがあります。

仮審査に通ったあとは、auじぶん銀行からの案内に従って必要書類が提出し本審査に進む流れです。仮審査の結果本審査の結果で最終的な借入の可否が決まります。

本審査が終わるまでは2日以上かかる

auじぶん銀行カードローンの本審査の結果がわかるのは最短翌日以降です。つまり、すべての審査が完了するまでには最短でも2日以上かかります。

auじぶん銀行の公式サイトで「最短1時間」と記載されているのは、仮審査にかかる時間のことです。

【仮審査・本審査の審査時間】
審査の種類 審査時間
仮審査 最短1時間
本審査 最短翌日以降

なお、申し込みや書類提出の時間帯、申し込みや審査の混雑状況によっては、2日以上審査に時間がかかることもあります。審査時間を少しでも短くするなら、日中のうちに申し込んだうえで仮審査の結果が出たらすぐに書類の提出を済ませるとよいでしょう。

契約時に利用限度額が提示される

本審査に通ったあとは、契約内容をメールまたは電話で確認し、内容に同意できれば契約手続きは完了となります。

契約時に提示されるのは、審査によって決定した利用限度額や金利などです。利用限度額は契約後に借入できる金額の上限を指します。

なお、契約内容の同意できない場合は、契約前に申し込みを取り下げることも可能です。契約前のキャンセルであれば、解約手続きをする必要もありません。

利用限度額は利用途中で増額できる

契約時に提示された利用限度額は途中で変更することも可能です。利用限度額変更の増額は、ローンセーター(0120-926-222)から相談できます。

利用限度額を増額するには、あらためて増額の申し込みをしたあとに審査を受ける必要があります。増額審査に通れば、利用限度額は自動的に増額されます。

ただし、審査の結果によっては、増額ができない場合があります。たとえば、契約直後だと増額は難しいと考えましょう。利用限度額は返済能力に応じて決定するため、契約直後はすでに返済能力に応じた利用限度額が設定されているからです。

借入方法は2種類ある

auじぶん銀行カードローンの借入方法は2種類あり、好きな方法を選んで利用できます。

【借入方法】
借入方法 利用時間 最小借入金額
提携ATM(※) 原則24時間365日(※1) 1,000円
振込み 原則24時間365日 10,000円

※1 ATMの営業時間や設置場所により異なる場合があります。
※ システムメンテナンスの時間帯は除きます。

借入方法はいずれも原則24時間365日利用でき、手数料も無料です。異なるのは、最小借入金額で、ATMからの場合は1,000円から借入できますが、振込みの場合は10,000円からの借入となります。1,000円単位で借入する場合は、ATMを利用するとよいでしょう。

また、振込みでの借入ならATMに来店せずに借入可能ですが、振込先の銀行口座によって振込日が異なります。

【振込先別の振込日】
auじぶん銀行口座への振込 当日又は翌日
他の金融機関口座への振込 当日または翌営業日

振込先によっては、銀行口座への入金が翌営業日以降となり、借入に時間がかかります。たとえば、金曜日に手続きした場合、時間帯によっては翌週の月曜日の入金となります。

そのため、振込みで借入する場合は、振込画面で振込日を確認しておきましょう。

auじぶん銀行の口座の有無によって返済方法が異なる

auじぶん銀行カードローンの返済方法は、auじぶん銀行口座の有無によって以下のように設定されます。自由に返済方法を選ぶことはできません。

【返済方法】
口座の有無 返済方法
auじぶん銀行の口座あり 自動引落しでの返済
auじぶん銀行の口座なし 提携ATMでの返済

auじぶん銀行の口座がある場合、返済は本人名義のauじぶん銀行の口座からの引き落としとなります。そのため、返済期日までに返済額以上の金額を口座に入金しておけば、とくに返済の手続きが必要ありません。

一方、auじぶん銀行の口座がない場合は提携ATMから返済期日までにローンカードを使って返済する必要があります。いずれのATMも手数料は無料です。

【返済に利用できる提携ATM】

  • 三菱UFJ銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソン銀行ATM
  • イーネットATM
  • ゆうちょ銀行ATM

なお、返済期日の3日前には、返済期日を知らせるメールがauじぶん銀行から届きます。返済期日を忘れるのが心配な人は、「*****@jibunbank.co.jp」のEメールを受信できるようにしておきましょう。

毎月の返済とは別に追加で返済する方法

毎月の返済とは別に追加で返済したい場合は、毎月の返済方法に関わらず、ATMからローンカードを使って手続きします。

ATMで毎月の返済をしている場合は、毎月の返済額以上の金額をATMから支払うことで、追加の返済となります。たとえば、毎月の返済額が2万円で5万円を返済した場合、3万円分は追加で返済したことになります。

auじぶん銀行カードローンの金利は利用限度額によって決まる

auじぶん銀行カードローンの金利は、利用限度額に応じて設定されます。

【利用限度額に応じて適用される金利】
利用限度額 通常の金利(年利)
710万円~800万円 年1.48%~年3.5%
610万円~700万円 年3.5%~年4.5%
510万円~600万円 年4.5%~年5.0%
410万円~500万円 年5.0%~年6.0%
310万円~400万円 年6.0%~年7.0%
210万円~300万円 年7.0%~年9.0%
110万円~200万円 年9.0%~年13.0%
10万円~100万円 年13.0%~年17.5%

利用限度額に応じて一定の金利幅が定められており、具体的な金利は審査によって決定します。事前に自身が希望する借入額に応じてどの程度の金利が適用されるか確認しておきましょう。

なお、契約時に決定した金利は、基本的に利用者都合では変更できません。

条件を満たす場合は金利の優遇が受けられる

auじぶん銀行カードローンでは、「誰でもコース」と「借り換えコース」のいずれかの条件に該当すれば、年0.1%または年0.5%の金利優遇を受けられます。

【各コースの条件】
コース 条件
誰でもコース au IDを持っている
借り換えコース 借金の借り換えで利用する
【各コースの金利】
通常の金利(年利) 誰でもコース(年利) 借り換えコース
年1.48%~年3.5% 年1.38%~年3.4% 年0.98%~年3.0%
年3.5%~年4.5% 年3.4%~年4.4% 年3.0%~年4.0%
年4.5%~年5.0% 年4.4%~年4.9% 年4.0%~年4.5%
年5.0%~年6.0% 年4.9%~年5.9% 年4.5%~年5.5%
年6.0%~年7.0% 年5.9%~年6.9% 年5.5%~年6.5%
年7.0%~年9.0% 年6.9%~年8.9% 年6.5%~年8.5%
年9.0%~年13.0% 年8.9%~年12.9% 年8.5%~年12.5%
年13.0%~年17.5% 年12.9%~年17.4% 年12.5%(※)

※利用限度額は100万円の場合のみ

通常の金利は、誰でもコース・借り換えコースのいずれの条件も満たさない場合の金利です。

また、借り換えコースで申し込んだ場合、審査によって利用限度額が100万円未満となった場合は誰でもコースの金利が適用されます。

auじぶん銀行カードローンの特徴と基本情報

auじぶん銀行カードローンの特徴と基本情報は以下の通りです。

【特徴】

  • スマホで申し込みから契約までの手続きを完了できる
  • 借入残高10万円以下なら返済額は毎月1,500円~2,000円になる
  • 利用時間・利用回数にかかわらずATM手数料が無料になる
【基本情報】
利用できる人 以下の条件を満たす人が利用できる
・ご契約時の年齢が満20歳以上70歳未満の人
・安定継続した収入のある人(自営、パート、アルバイトを含みます)
・保証会社であるアコム(株)の保証を受けられる人
※外国籍の人は永住許可を受けている場合に対象となります。
使いみち 原則自由(事業性資金は除く)
借入可能上限額 通常、カードローンau限定割 誰でもコース:10万円以上800万円以内(10万円単位)
カードローンau限定割 借り換えコース:100万円以上800万円以内(10万円単位)
審査時間 最短翌日以降
融資時間 最短翌日以降
利用期間 1年(原則として、審査のうえ自動更新します。)
借入利率(金利) 通常:1.48%~17.5%(年率)
カードローンau限定割 誰でもコース:1.38%~17.4%(年率)
カードローンau限定割 借り換えコース:0.98%~12.5%(年率)
利息計算方法 毎日の最終残高について付利単位1円とし、1年を365日とする日割計算。
遅延損害金 ご返済を延滞された場合は、借入金額*1に対し、年18%の割合(保証会社の保証料を含む年率)の遅延損害金がかかります。
借入方法 ATMでの借入、振込サービス
返済方法 自動支払い返済、ATM返済
担保 不要
保証人 不要
保証料 不要
利用手数料 お借入れやご返済に関する利用手数料は無料です。
振込みによる借入金を当行のキャッシュカードでATMから出金する際、当行所定のATM利用手数料がかかる場合があります。

スマホで申し込みから契約までの手続きを完了できる

auじぶん銀行カードローンは、申し込みから契約までの手続きをスマホで完了できます。書類の提出もスマホから行なえます。

また、契約内容や利用明細書もスマホで確認可能であるため、郵送物として自宅や勤務先に送られてくることはありません。

受け取る必要がある郵送物は、契約後に発行されるローンカードのみです。ローンカードは自宅または勤務先での受け取りとなります。auじぶん銀行の口座がない場合は、自宅での受け取りに限られます。

借入残高10万円以下なら返済額は毎月1,500~2,000円になる

毎月の返済額は借入残高や金利によって異なりますが、借入残高10万円以下であれば、毎月1,500円~2,000円の返済で利用できます。

借入残高や金利に応じた返済額は以下の通りです。

【借入残高・金利に応じた返済額】
借入残高 金利13%以下 金利13%超
10万円以下 1,500円 2,000円
10万円超~20万円以下 3,000円 4,000円
20万円超~30万円以下 4,500円 6,000円

たとえば、年15.0%の金利で5万円を借入している場合、毎月の返済額は2,000円となります。

契約後に適用される金利は基本的に一定であるため、基本的には借入残高に応じて返済額が変わる仕組みです。毎月の返済額を抑えるなら、借りすぎに注意しつつ、追加の返済をして借入残高を減らせるようにするとよいでしょう。

利用時間・利用回数にかかわらずATM手数料が無料になる

auじぶん銀行カードローンは、利用時間・利用回数にかかわらず、ATM手数料が無料になります。auじぶん銀行の口座がない場合、返済方法はATMに限られますが、手数料がかかる心配はありません。

ただし、振込で借入したお金をキャッシュカード等で引き出すと、利用するATMや金融機関に応じた手数料が発生する場合があります。そのため、手元に現金が必要な場合は、直接ローンカードで引き出して借入するようにしましょう。

PAGE TO TOP