更新日 : 2023.01.19

LINEで借りるLINEポケットマネー その審査内容とは?

LINEポケットマネーを利用すれば、LINEアプリでお金を借りられます。

LINEの利用状況を数値化したLINEスコアによって申込時に金利や利用限度額の目安がわかったり、申し込みから借入までLINEアプリで完結できたりするといった特徴があります。

LINEポケットマネーを利用するには申込条件を満たしている必要があるため、まずは事前に申し込みが可能かとどうかを確認しておくようにしましょう。

なお、利用後の借入・返済方法も紹介しているので、LINEポケットマネーの利用を検討している場合は参考にしてみてください。

LINEポケットマネーはLINEアプリで借入できるサービス

LINEポケットマネーは、利用限度額の範囲内で何度でも借入が行なえ、借入・返済の手続きがすべてLINEアプリ上で完結できるローンサービスのことです。

【LINEポケットマネーの商品概要】
各項目 詳細
利用限度額 5万円〜300万円
借入できる金額の単位 1円単位
金利 年3.0%〜年18.0%
返済方式 残高スライド元利定額リボルビング方式
返済回数 利用限度額30万円以下の場合:1ヶ月〜36ヶ月・1回〜36回
利用限度額30万円超100万円以下の場合:1ヶ月~60ヶ月・1回~60回
利用限度額100万円超の場合:1ヶ月〜180ヶ月・1回〜180回
返済日 毎月16日又は26日(土・日・祝日の場合、ご返済日は翌営業日)
※お申込時にご返済日を選択できます。選択されたご返済日の変更はできません。
利用目的 生計費※事業性資金を除く
担保・保証人 不要

参照元:LINEポケットマネー「商品のご案内 | LINEポケットマネー

LINEポケットマネーの特徴は、スコアリングサービスである「LINEスコア」を活用し、申込前に利用限度額や金利の仮条件が提示される点です。実際に適用される金利や利用限度額は申込後の審査で決定しますが、事前に目安の数値を知ることができます。

申込後は、申込者のLINEの利用状況や質問項目なども参考に審査が行なわれ、実際に適用される金利や利用限度額が決定します。

LINEポケットマネーの利用を検討している場合は、その特徴や仕組みを確認したうえで、利用するかどうかを決めるとよいでしょう。

LINEポケットマネーの申込条件

LINEポケットマネーを利用するには、以下の申込条件を満たしている必要があります。

【LINEポケットマネーの申込条件】

・LINEポケットマネー加入時の年齢が満20歳から満65歳までの安定かつ継続した収入の見込める方、その他当社が認める方
・LINE PayのアカウントタイプがLINE Moneyの方
・日本国内在住の方
※契約中の場合、満69歳まで利用できます。お客さまが満70歳に達した時点で、追加借入のサービス利用を停止させていただきますのでご了承ください。
※学生や主婦の方もアルバイトなど安定した収入がある方はお申込できます。
※審査の結果によっては利用できない場合があります。
引用元:LINEポケットマネー「商品のご案内 | LINEポケットマネー

LINEポケットマネーは申込条件として「満20歳から65歳であること」「安定かつ継続した収入があること」「LINE PayのアカウントタイプがLINE Moneyであること」「日本国内在住であること」を定めています。

安定かつ継続した収入については条件の詳細が公表されていません。そのため、申込前に収入に関する条件を満たしているかを明確に判断するのは難しいと言えます。

とはいえ、「安定かつ継続した」という言葉の意味を考えると、無職であったり数ヶ月に一回しか収入がなかったりする場合は、収入における条件に該当しないこともあると考えられるでしょう。

アルバイトなどで安定した収入があれば申し込める

LINEポケットマネーは、アルバイトなどで安定した収入があれば学生や主婦も申込可能です。

【LINEポケットマネーに学生や主婦が申し込む場合】

・学生や主婦の方もアルバイトなど安定した収入がある方はお申込いただけます。
引用元:LINEポケットマネー「商品のご案内 | LINEポケットマネー

LINEポケットマネーでは、「アルバイトなどの安定した収入があること」を申込条件として定めており、そのような収入がある場合は学生や主婦も申込可能です。

逆に言えば、無職であったり専業主婦であったりする場合は、収入がないことから、LINEポケットマネーへの申し込みはできないと考えられます。

LINE Pay(ラインペイ)の本人確認を完了する必要がある

LINE Pay(ラインペイ)とは、LINEが提供するスマホ決済サービスのことです。LINE Payに登録していない場合は、LINEアプリの「ウォレット」から利用を開始することができます。

LINE Payには2種類のアカウントタイプがあり、本人確認が完了していない「LINE Cash アカウント」、本人確認が完了している「LINE Money アカウント」に分かれます。

LINEポケットマネーの申込条件に「LINE PayのアカウントタイプがLINE Moneyの方」とあることから、LINEポケットマネーを利用するには、LINE Payで本人確認を完了してアカウントタイプをLINE Moneyにしておく必要があるのです。

LINE Payの本人確認は、スマートフォンで運転免許証やパスポートといった顔写真付き身分証明書を撮影して行なえます。本人確認の手続きの完了後、LINE Pay本人確認アカウントから完了通知が届けば、LINE Moneyアカウントの利用が開始される流れです。

LINE Payの本人確認時の身分証の撮影方法や詳しい手順はLINEが公表する情報を参考にしてみてください。

申込前にLINEスコアによって仮条件が提示される特徴がある

LINEポケットマネーの申込時にはLINEスコアの診断が行なわれ、算出されたスコアにもとづき、申込前の目安として仮条件が提示されます。仮条件として提示されるのは、金利と利用限度額の数値です。

LINEスコアは、LINEの利用傾向から算出される独自のスコアです。LINEスコアのサービスの利用に同意した利用者に関して、ライフスタイルに関する質問への回答のほか、LINE株式会社および各グループ会社のサービス利用状況に関する情報を分析しスコアを算出します。

LINEスコアは最低点数が100点・最大点数が1000点満点ですが、そのスコアが変動する条件や算出方法は公表されていません。そして、算出されたスコアが金利や利用限度額にもたらす影響についても、同様に公表されていませんでした。

LINEポケットマネーの審査内容

LINEポケットマネーの審査では、以下のようなことが行なわれています。

【審査で行なわれている内容】

参照:LINEポケットマネー「審査はどのように行われるの? | LINEポケットマネー
※リンクをクリックすると詳しい説明に移動できます。

LINEポケットマネーの審査では、アップロードした画像の確認やシステムへの入力を通じて本人確認を行ないます。本人確認が完了しなければ審査には通りません。

加えて、LINEポケットマネーでは、自社で定める一定の基準やLINEスコアを利用して、独自の審査も行なっています。

本人確認

LINEポケットマネーの審査では、申込時にLINEアプリを通じて入力した内容や、アップロードした本人確認書類などを確認して、本人確認を行ないます。

審査項目のひとつとして公表されていることから、本人確認が完了しなければ審査には通らないと考えられます。情報が間違っていた場合は訂正の時間が必要になったり、故意に嘘の内容を申告した場合は虚偽申告にあたり審査に通らなかったりすることも考えられるでしょう。

そのため、個人情報を入力したり本人確認書類をアップロードしたりする際は、入力内容や書類に記載されている情報に間違いがないかを確認しておくようにしてください。

取引内容に関する情報の取得

LINEポケットマネーの審査では、個人信用情報機関から情報の取得が行なわれます。個人信用情報機関とは、ローンやクレジットの利用履歴である信用情報を管理する機関です。

LINEポケットマネーを提供するLINE Credit株式会社は法律によって、審査時に申込者の信用情報を照会することが定められています。これは申込者の返済能力を超える借入を防止するためのものです。

LINEポケットマネーの審査において、具体的にどのような情報があると審査に落ちるという点は公表されていません。

とはいえ、信用情報を確認すること自体は公表されているので、判断基準のひとつになっていると考えられます。

信用情報の照会は返済能力を超える借入を防止するためのものであることから、他社での借入の返済が滞っているなど、返済能力がないと判断されるような情報があると、審査の可否に影響すると言えるでしょう。

借入の総額が年収の3分の1を超えていないかの確認

LINEポケットマネーを提供するLINE credit株式会社は貸金業法を遵守していることから、原則として年収の3分の1を超える貸付が禁止されています。

そのため、LINEポケットマネーの審査では、他の貸金業者からの借入残高とあわせて年収の3分の1を超える貸付とならないかどうかを確認する必要があるのです。

【LINEポケットマネーの審査が必要な理由】

貸金業者として融資ができる条件が法律(貸金業法)で定められており、これを遵守する必要があるためです。
具体的には「総量規制」といって、他社でお借り入れ頂いている残高も含めて年収の3分の1までしかお借り入れいただくことはできません。
引用元:LINEポケットマネー「審査はどのように行われるの? | LINEポケットマネー

他社からの借入がある場合は、LINEポケットマネーの申込時に、他社で借りている金額を申告する必要があります。

他社からの借入を申告する際は、自身の借入額を正確に把握したうえで申告するようにしましょう。借入があるのにないと申告したり、金額を偽ったりすると、虚偽申告にあたり審査に通らないことも考えられるからです。

独自の基準による審査

LINEポケットマネーでは、独自の基準による審査を行なっています。独自の審査の例は、以下の通りです。

【LINEポケットマネーで独自に行なわれている審査の例】
審査の種類 具体的な内容
ルールベースの審査 過去の知見に基づいて一定の条件を定め、その基準に当てはまった場合に融資を断るとするもの。
例えば、個人信用情報機関から取得した情報によって、他社において返済が長期間にわたり滞っている場合などが該当する。
スコアリングサービス「LINEスコア」による審査 申込時に提供した情報・個人信用情報機関から取得した情報・LINEプラットフォーム上での行動傾向データなどをもとに、将来返済困難な状態に陥る可能性をAIで計算しスコアで表現するもの。

参照元:LINEポケットマネー「審査はどのように行われるの? | LINEポケットマネー

LINEポケットマネーでは、自社で一定の条件を定めており、その基準によって審査の可否を判断しています。たとえば、他社において返済が長期間にわたり滞っている場合には、審査に落ちるとも公表されています。

また、LINEスコアによる審査は、申込時に提供した情報やLINEプラットフォーム上での行動傾向データなどをもとに、スコアを算出して審査の可否を判断するものです。審査の可否だけでなく、契約時の金利や利用限度額にも影響します。

LINEポケットマネーは、スコアリングサービスに行動傾向データを加えることで「他社では一律に評価が低いとされるようなお客様でも、全く別の物差しで高い評価をできるケースがある」と公表しています。

返済能力がなければ審査に通ることは難しいと考えられますが、LINEが公表する情報を参考にすれば他社と異なる基準で見ている可能性はあると言えるでしょう。

LINEポケットマネーでは在籍確認のために勤務先へ電話する場合がある

LINEポケットマネーでは、審査時に在籍確認が行なわれる場合があります。在籍確認とは、申込者が勤務先に在籍しているかを確認する審査行程の一環のことです。

在籍確認は、勤務先への電話で行なうのが一般的です。LINE Creditのお問合せチャットにて「勤務先に連絡することはありますか?」と問い合わせたところ、以下のような回答を得ました。

【勤務先への連絡の有無について】

勤務先にご連絡させていただく場合があります。
また、勤務先への連絡に関するご要望は承れません。予めご了承ください。なお、ご連絡する場合は、オペレーターの個人名での連絡となります。

(※)電話で問い合わせた結果であるため、異なる対応が取られることも考えられます。

一般的に、在籍確認は、本人が勤務先にかかってきた電話に出ることで完了します。
本人が勤務先に不在の場合も、勤務先の人から「外出中です」「本日は出勤しておりません」といった回答が得られれば、会社に本人が在籍していることは確認されるので、在籍確認は完了すると考えられます。

ただし、個人情報保護の観点から、電話に対応した勤務先の人に「個人情報のためお答えできません」といった対応を取られると、在籍確認が完了しないことも考えられます。

そのような状況が予想される場合は、勤務先の人に事前に電話がかかってくることを伝えておくなどの対応をとるのもひとつの手です。

増額時にも在籍確認の電話を行なう場合がある

LINEポケットマネーは、増額時に在籍確認を行なうかどうかを公表していません。

そこでLINE credit株式会社に問い合わせたところ、「増額時にも審査を行なうので、勤務先が変更になっているなど、申込者の状況によっては電話をする場合もある」との回答を得ました。

そのため、増額時に在籍確認が行なわれる場合は、対応できないと増額の審査に通らないことも考えられるため、新規申込時と同様に対応するようにしましょう。

LINEポケットマネーを利用する流れ

LINEポケットマネーを利用する流れは以下の通りです。

【LINEポケットマネーを利用する流れ】

参照元:LINEポケットマネー「はじめての方へ | LINEポケットマネー
※リンクをクリックすると詳細の説明に移動できます

LINEポケットマネーは、「申し込み・本人確認」「必要事項の入力」「審査の開始と結果の通知」の順番に手続きを行なうことで、利用を開始できます。これらの手続きは、すべてLINEアプリ上で完結できます。

LINEポケットマネーの手続きを行なうにあたって具体的な手順の内容を解説していくので、参考にしてみてください。

申し込みおよび本人確認を行なう

LINEポケットマネーの申し込みと本人確認の手続きの流れは以下の通りです。

【申し込みと本人確認をする流れ】

  • 1 「LINEウォレット」から「ポケットマネー」を選択
  • 2 「申し込む」を選択〇〇〇
  • 3 写真付きの身分証を用意して、本人確認を実施する〇〇〇

参照元:LINEポケットマネー「はじめての方へ | LINEポケットマネー

申込時の本人確認は、LINE Payの本人確認のことを指します。そのため、すでにLINE Payで本人確認を完了している場合、申込時の本人確認の手続きは省略されます。

LINE Payで本人確認を済ませていない場合は、本人確認書類の撮影と顔の撮影を行なうことで、本人確認を完了することが可能です。

【本人確認時に必要な本人確認書類の例】

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 在留カード
  • 運転経歴証明書
  • 特別永住者証明書
  • 日本政府発行のパスポート

参照元:LINE Pay「本人確認の方法

本人確認を行なう際は、「氏名、生年月日、住所に間違いがないか」「入力内容と身分証記載の情報に違いがないか」を確認しましょう。

なお、本人確認の結果は、「LINE Pay本人確認」公式アカウントにて通知されます。そのため、本人確認の手続きが終わったあとは、公式アカウントより本人確認が完了した旨の通知が来ていないかどうかを確認するようにしましょう。

必要事項の入力後に審査結果が通知される

申し込みと本人確認が完了したあとは、LINEポケットマネーの申込フォームより必要事項を入力し、申し込みを完了します。実際にLINEポケットマネーの申込画面から確認したところ、必要事項の例は以下の通りでした。

【申込時に入力する必要事項の例】

  • 生年月日
  • 性別
  • 結婚の有無
  • 子どもの有無
  • 住居タイプ
  • 住居の所有状況
  • 入居日
  • 勤務形態
  • 職種や業種
  • 勤務先の企業規模
  • 入社年月日
  • 保険証の種別
  • 昨年のおおよその年収
  • 自宅電話番号
  • 運転免許証番号
  • 勤務先情報(住所・電話番号)
  • 返済情報(お金の使いみち・毎月の返済日)
  • 借入情報(希望利用限度額・他社借入状況)

必要事項を入力すれば、申し込みは完了します。申し込み完了後は、専用のLINEアカウントより審査結果が案内される流れです。

【審査にかかる時間の目安】

最短で30分〜1時間程度で審査結果を返すことが可能です。
※審査状況によって、審査結果のご連絡に2~3日以上掛かる場合があります。
引用元:LINEポケットマネー「審査はどのように行われるの? | LINEポケットマネー

LINEポケットマネーの借入方法

LINEポケットマネーの借入方法は2種類あります。借入方法は利用者が自由に選択できるので、使いやすい方法を選ぶとよいでしょう。

【LINEポケットマネーの借入方法】
借入方法 利用手順
LINE Payへチャージする方法 ① 「借入する」を選択する
② 必要な金額を入力し、入金先で「LINE Pay残高」を選択して「次へ」を選択する
③ 入力した内容に誤りがないか確認する
④ 借入が完了したら、借りたお金を「LINE Pay」で使える
銀行口座へ入金する方法 ① 「借入する」を選択する
② 必要な金額を入力し、入金先で「銀行口座を指定」を選択して「次へ」を選択する
③ 入金先の口座情報を入力する
④ 入力した内容に誤りがないか確認する
⑤ 借入が完了したら銀行口座へお金が入金される

※システムメンテナンスの実施時間は借入できません。
参照元:LINEポケットマネー「借入方法のご案内 | LINEポケットマネー

LINE Payへチャージして借入する場合、原則24時間365日いつでも借入できます。

銀行口座へ入金して借入する場合、借入額を利用者本人名義の銀行口座へ、原則24時間365日即時入金できます。ただし、金融機関の都合により着金までに時間がかかったり、5万円以上の借入でないと利用できなかったりするので注意しましょう。

なお、LINEポケットマネーで借りたお金については、銀行口座へ入金したお金を出金したり、LINE Payを使ってセブン銀行ATMから出金したりして、現金にする方法もあります。

LINEポケットマネーの返済方法

LINEポケットマネーの返済は、毎月決まった金額が自動で返済されます。具体的には、申込時に選択した返済日に、LINE Pay残高から返済額が自動で引き落とされる流れです。

LINE Payの残高が返済額に満たない場合は、LINE Payに連携している指定口座からLINE Payにチャージし、返済額が自動で引き落とされます。

返済日の3日前には、LINE Pocket Money公式アカウントより、LINEメッセージが配信されるので、返済が行なわれるまでにLINE Payの残高が返済額以上となるように準備しておきましょう。

PAGE TO TOP