更新日 : 2023.01.20

メルカリでお金を借りる方法 メルペイスマートマネーの申込方法

メルカリには、お金を借りられる機能である「メルペイスマートマネー」が用意されています。メルペイスマートマネーを利用することで、借りたお金をメルカリで使用したり、現金として受け取ったりすることが可能です。

ただし、メルペイスマートマネーを利用するには、利用条件を満たしたうえで、審査に通過しなければなりません。メルペイスマートマネーを利用する場合、商品の特徴や申込方法だけでなく、利用条件や審査についても把握しておくと良いでしょう。

(※)2022年6月時点、メルペイスマートマネーは新規申込や追加の借入を停止しています。電話調査の結果、再開の予定はあるとのことですが、その目処は立っていないとのことで注意が必要です。

メルペイスマートマネーを利用すればメルカリアプリでお金を借りられる

メルペイスマートマネーとは、メルカリのアプリ内で借入できる機能です。そのため、メルカリアプリでお金を借りたいのであれば、メルペイスマートマネーの利用が必要となります。

メルペイスマートマネーを利用すると、借りたお金がメルペイ残高としてチャージされます。チャージされたお金は、メルカリでの買い物で使用したり、口座に振込んでもらえたりすることが可能です。

ただし、メルペイスマートマネーを利用するには、メルカリのアプリから申し込みを行ない、審査に通過したうえで契約手続きを行なう必要があります。

審査に通らない場合も考えられるため、メルカリを利用していれば誰でもメルペイスマートマネーを利用できるとは限りません。

メルペイスマートマネーは新規申込や追加の借入を停止している

メルペイスマートマネーは、2022年6月時点で新規申込や追加の借入を停止しています。

本来、メルペイスマートマネーの申込手続きはメルカリのアプリから行なえますが、筆者が実際に試したところ、いずれの方法でも申し込みを行なえませんでした。

そこで、株式会社メルペイに電話調査したところ、「現在新規申込や追加借入を停止している」との回答が得られました。そのため、2022年6月時点では、メルカリで借入できません。

また、電話調査の結果、「再開の予定はあるがその目処は立っていない」との回答も得られています。

「申し込みが停止していることを知らずに、必要なタイミングまでに資金を用意できなかった」のような事態にならないためにも、メルペイスマートマネー以外の方法も視野に入れると良いでしょう。

急ぎの事情がある場合は他の方法も検討してみる

「新規申込の停止が解除されるまで待てない」などと急ぎの事情がある場合、他の方法を検討してみてください。たとえば、一部の方法であれば、いずれも最短即日融資に対応しているため、申込当日に借入できる可能性もあります。

お金を借りる方法29種!今すぐ即日で借りたい場合の借り方」の記事では、最短即日で借入できる方法の特徴や審査にかかる時間などを解説しています。

メルペイスマートマネーの特徴

メルペイスマートマネーの特徴は下記のとおりです。

【メルペイスマートマネーの特徴】

参照元:メルカリ「メルペイスマートマネー」、メルペイ「メルペイ、「メルカリ」の利用実績等で金利・利用限度額が決まる少額融資サービス「メルペイスマートマネー」を提供」
(※)各特徴をタップ・クリックすることで、それぞれの解説を確認できます。

メルペイスマートマネーには独自の特徴もあります。ただし、利用するには審査に通過する必要があるため注意しておきましょう。

メルカリの利用実績で金利や借入限度枠が変動する

メルペイスマートマネーを利用すると、金利と借入限度枠が契約時に設定されます。

金利(年率)とは、借入金に対して、利息がどれほど発生するのかを表した割合のことです。メルペイスマートマネーの場合、年3.0%〜年15.0%のうちの数値が金利として契約時に決定されます。

また、借入限度枠(利用限度額)とは、借りられるお金の上限のことです。1,000円〜20万円のうちの金額がメルペイスマートマネーの借入限度枠として契約時に設定されます。

メルペイスマートマネーでは、メルカリの利用実績で金利や借入限度枠が変動します。

【メルペイスマートマネーの金利や借入限度枠について】

一般的な金融システムで用いられる属性情報を元にした与信では、一律で金利・利用限度額が決まりますが、本サービスでは「メルカリ」の販売実績等から予測された将来の販売傾向に応じて金利が優遇されるなど、お客さまの利用状況に合わせて、より活用いただきやすい条件に変動します。
引用元:メルペイ「メルペイ、「メルカリ」の利用実績等で金利・利用限度額が決まる少額融資サービス「メルペイスマートマネー」を提供」

メルカリの利用実績によっては、金利が低く設定されたり、借入限度枠が高く設定されたりする可能性もあります。当然ながら他の商品ではメルカリの利用実績が審査時に考慮されることはないため、この特徴はメルペイスマートマネー独自のものと言えます。

「初回利息分ポイント還元プログラム」が用意されている

メルペイスマートマネーには、「初回利息分ポイント還元プログラム」が用意されています。初回利息分ポイント還元プログラムとは、初めてメルペイスマートマネーを利用した人であれば、初回の返済時に支払った利息分のポイントが還元されるサービスのことです。

還元されたポイントはメルカリでの商品の購入時や、メルペイスマートマネーの返済時などで使えます。他の商品では、支払った利息分の金額がメルカリで使えるポイントに還元されることはないため、この特徴はメルペイスマートマネー独自のものと言えます。

その度に審査が行なわれる

メルペイスマートマネーでは、利用するたびに審査に通過したうえで契約を完了させる必要があります。

たとえば、メルペイスマートマネーの借入限度枠が1万円と設定された場合、借りられる金額は1万円までとなります。再度借入申込みする場合は、メルペイスマートマネーに申し込みを行ない、審査に通過した後で契約をしなければなりません。

1度の契約で借入できるのは1度だけになるため、メルペイスマートマネーへ申込みする前には、必要な金額を算出しておくようにしましょう。

メルペイスマートマネーの利用条件

メルペイスマートマネーの利用条件は下記のとおりです。

【メルペイスマートマネーの利用条件】

  • 20歳~70歳であること
  • メルペイの利用を制限されていないこと
  • メルペイスマートマネーの返済に遅れていないこと
  • メルペイスマート払いの支払いが遅れていないこと
  • メルカリの利用状況などからメルペイスマートマネーの利用に適していると判断されること

参照元:メルカリ「メルペイスマートマネーの詳細なご利用条件について - メルカリ スマホでかんたん フリマアプリ」

メルペイスマートマネーの利用条件には、年齢制限やメルペイの利用が制限されていないことがあります。20歳未満または71歳以上の場合や、利用規約の違反などが原因でメルペイの利用が制限されている場合は利用条件を満たせません。

また、メルペイスマートマネーやメルペイスマート払いの支払いに遅れている場合も利用条件を満たせません。メルペイスマート払いとは、メルカリで購入した代金を、翌月にまとめて清算できるサービスのことです。

なお、「メルカリの利用状況などからメルペイスマートマネーの利用に適していると判断されること」については、明確な基準が公表されていません。

申し込みを行わない限り、メルペイスマートマネーの利用に適しているか否かは確認されないため、事前に「利用状況が○○であれば利用できる」と断言することはできません。

とはいえ、年齢制限やメルペイの利用が停止されていない点などは、条件を満たしているかを申込前に判断できる利用条件です。そのような利用条件については、メルペイスマートマネーに申し込む前に、条件を満たしているかを判断しておくようにしましょう。

申込前に引き落とし用の銀行口座の登録や本人確認を済ませておく必要がある

メルペイスマートマネーを利用するには、メルペイで公表されている利用条件も満たしている必要があります。

【メルペイで公表されている利用条件】

  • 引き落とし用の銀行口座を登録済みであること
  • 本人確認が済んでいること
  • メルペイスマートマネーの審査に通過していること

参照元:メルペイ「メルペイ、「メルカリ」の利用実績等で金利・利用限度額が決まる少額融資サービス「メルペイスマートマネー」を提供」

メルペイスマートマネーは審査基準を公表していないため、「審査に通過していること」の条件を満たせる状態を断言することはできません。しかし、銀行口座の登録や本人確認を済ませなければ、メルペイスマートマネーを利用できないのは確かです。

メルペイにて銀行口座の登録や本人確認が済んでいない場合、メルペイスマートマネーの申込前にそれぞれの登録手続きを行なうようにしましょう。

銀行口座の登録については「メルペイの使い方〜銀行口座の登録方法について〜」、本人確認の手続きについては「アプリでかんたん本人確認とは? 」を参考にしてみてください。

メルペイスマートマネーの審査に通らない人の例

メルペイスマートマネーは審査基準を公表していません。しかし、メルペイスマートマネーを提供する株式会社メルペイが遵守する法律や、メルペイスマートマネーの申込条件を考慮すれば、下記に該当する場合は審査に通らないと考えられます。

【メルペイスマートマネーの審査に通らない人の例】

(※)各項目をタップ・クリックすることで、それぞれの解説を確認できます。

株式会社メルペイは、貸金業登録をしている会社です。貸金業登録をしている会社は「貸金業法」という法律を遵守して融資を行なうため、貸金業法の規定に抵触する場合はメルペイスマートマネーを利用できません。

メルペイスマートマネーを利用する場合、審査に通らない人の例に該当していないかを確認しておきましょう。

他社を含めた借入残高が年収の3分の1を超えている

貸金業法には、総量規制という制限が定められています。

総量規制とは、借り過ぎや貸し過ぎを防止するために定められた規制のことです。具体的には、貸金業登録をしている会社が個人に融資をする際、融資できる金額の総額を最大でも年収の3分の1までと定められています。

提供元の株式会社メルペイは貸金業者であることから総量規制を遵守するため、借入残高が他社を含めて年収の3分の1を超えている場合はメルペイスマートマネーの審査に通りません。

信用情報として延滞などの情報が登録されている

貸金業法の第13条2で定められているように、貸金業登録をしたうえで融資を行なう会社は、申込者の返済能力の調査のために信用情報を調査することが義務付けられています。信用情報とは、ローンやクレジットなどの信用取引に関する情報のことです。

貸金業法では返済能力のない人への融資が制限されているため、信用情報として登録された情報から返済能力がないと判断された場合、メルペイスマートマネーの審査に通りません。

【信用情報として登録される情報の例】

  • 氏名や勤務先など本人を特定するための情報
  • 契約日や借入額など契約内容に関する情報
  • 入金日や延滞など返済状況に関する情報
  • 債務整理など取引事実に関する情報
  • 申込に関する情報

参照元:JICC「登録内容と登録期間 |日本信用情報機構(JICC)指定信用情報機関」
(※)参照元のJICCは、信用情報を管理する機関である「個人信用情報機関」の一つです。

メルペイスマートマネーの申し込みの手順

メルペイスマートマネーの申し込みの手順は下記のとおりです。

【メルペイスマートマネーの申し込みの手順】
1.アプリで本人確認を完了させる
2.アプリで引き落とし用の銀行口座を登録する
3.メルカリのアプリの「マイページ」からメルペイスマートマネーの申し込みを選択する
4.名前や生年月日などの個人情報を入力して「決定して次へ」を選択する
5.借りたい金額と毎月返済する金額を入力して「決定して次へ」を選択する
6.入力した金額に応じた返済期間や利息が表示され「確認して次へ」を選択する
7.申し込みや契約の内容、利用規約などを確認して「同意して借入を申し込む」を選択する

参照元:メルカリ「借入の完了に必要な手続き - メルカリ スマホでかんたん フリマアプリ」

申込条件にもあるように、メルペイスマートマネーに申し込むには事前に本人確認と引き落とし用の銀行口座の登録が必須です。それらの登録が完了した後は、メルカリのアプリからメルペイスマートマネーの申込手続きを行なえます。

なお、メルペイスマートマネーの申込時には、借りたい金額と毎月返済する金額を入力することで、返済期間と利息の目安が表示されます。

返済できなくなる事態を避けるためにも、メルペイスマートマネーを利用する際は、返済期間と利息の目安を確認して、「いつまでに完済できるのか」「利息はどれだけかかるのか」を把握しておくと良いでしょう。

審査結果は申し込みから最短1日で通知される

メルペイスマートマネーの審査結果は、申し込みから最短1日で通知されます。

【メルペイスマートマネーの審査時間】

メルペイスマートマネーのお申し込みから通常1-2日で審査結果をお知らせします(場合によっては3日以上お時間をいただくことがあります)。
引用元:メルカリ「メルペイスマートマネーの審査について - メルカリ スマホでかんたん フリマアプリ」

審査結果が通知されるまでに3日以上かかる場合もあるため、メルペイスマートマネーに申し込んだ翌日に審査結果が必ず通知されるとは限りません。

メルペイスマートマネーを利用する場合、審査結果が通知されるまでに3日以上かかる場合も考慮したうえで申込手続きを行なうようにしましょう。

メルペイスマートマネーは毎月返済が必要

メルペイスマートマネーを利用する際には、毎月返済が必要です。

毎月の返済日は、6日・11日・16日・21日・26日のいずれかから利用者が契約時に選択できます。返済日として設定した日には、申込前に登録した銀行口座から自動で引き落としが行なわれることで返済が行なわれます。

毎月返済する金額は借入金などで変わり、メルペイスマートマネーとの契約時や契約後にメルカリのアプリから確認が可能です。メルペイスマートマネーの毎月の返済日や返済する金額を確認する際は、メルカリのアプリを利用してみてください。

なお、メルペイスマートマネーでは、引き落しによる返済が間に合わなかった場合、その月の末日までであれば不足分の金額をメルペイ残高やポイントで支払うことも可能です。

返済の期日は毎月の月末までであるため、契約時に設定した返済日に引き落としが間に合わなかった場合、月末までにメルペイ残高やポイントで返済を済ませるようにしましょう。

メルペイスマートマネーのQ&A

ここからは、下記の質問に対する回答と解説をしていきます。

【メルペイスマートマネーのQ&A】

(※)各質問をタップ・クリックすることで、それぞれの解説を確認できます。

メルペイスマートマネーに疑問点がある場合、それぞれの質問に対する回答と解説を参考にしてみてください。

在籍確認の電話や郵送なしでお金を借りられる?

メルペイやメルカリは、在籍確認の電話や郵送に関する情報を公表していませんでした。

なお、株式会社メルペイは、メルペイスマートマネーに関する質問や相談が可能な問い合わせ窓口を用意しています。在籍確認の電話や郵送の有無について知りたい場合、問い合わせ窓口を利用するようにしてみてください。

【メルペイスマートマネーの問い合わせ窓口】
電話番号:03-4405-3113
受付時間:祝日を除いて、月曜日から金曜日の10時~17時

普段からメルカリを使っていれば審査が甘くなるの?

メルペイスマートマネーでは、金利や利用限度額を決定する際にメルカリの利用実績も考慮されます。

しかし、審査で優遇されるか否かについては言及されていないため、「普段からメルカリを使っていればメルペイスマートマネーの審査が甘くなる」とは断言できません。

なお、メルペイスマートマネーを利用するには、利用条件を満たしたうえで、返済能力があると認められる必要があります。

そのため、普段からメルカリを使っていても、利用条件を満たせなかったり、返済能力を認められなかったりすれば、メルペイスマートマネーの審査には通りません。

PAGE TO TOP