更新日 : 2023.01.19

JAバンク(農協)から融資を受ける方法!ローン商品一覧

JAバンクは、農協などのJAバンク会員によって構成されるグループの名称です。市区町村に店舗が設置されており、各JAバンクではさまざまなローンが用意されています。

JAバンクのローンはいずれも農協の組合員を貸付の対象としているため、農協の組合員であればローンを利用することで融資を受けられます。

ただし、利用するには融資条件を満たしたうえで、申込後に行なわれる審査に通過しなければなりません。そのため、農協の組合員だからといって、必ずJAバンクのローンを利用できるわけではありません。

JAバンクで融資を受ける場合、ローンの特徴とともに、利用するための融資条件や審査に落ちる原因についても把握しておくと良いでしょう。

JAバンクのローンの特徴

JAバンクのローンの特徴は下記のような特徴があります。

【JAバンクのローンの特徴】

(※)各項目をタップ・クリックすることで、それぞれの解説を確認できます。

JAバンクのローンには、所定の条件を満たせば金利優遇を受けられる商品もあります。金利優遇を受けられれば、返済中に支払う利息を抑えることもできるでしょう。

ただし、JAバンクのローンを利用できるのは、農協の組合員のみという特徴もあるため注意が必要です。

条件を満たせば金利優遇を受けられるローンがある

JAバンクの店舗は全国に多数設置されており、各店舗でさまざまなローンが提供されています。基本的にJAバンクのローンでは所定の条件を満たすことで金利優遇を受けられます。

たとえば、島根県に設置された「JAしまね」では、所定の条件を一つ満たすごとに年0.1%の金利優遇を受けられて、最大年0.3%の金利優遇に対応しています。金利優遇は最大年0.3%となるため、条件を4つ以上満たした場合でも引き下げられる金利は年0.3%となる点には注意が必要です。

【JAしまねの金利が引き下げられる条件】
条件 引き下げられる金利
子育て応援サービス 18歳未満、または満18歳となった最初の3月31日を迎えるまでの子ども1人につき年0.1%
給料の受取先をJAしまねに指定している 年0.1%
JAネットバンクを利用している 年0.1%
JAしまねのカードローンを利用している 年0.1%
JAカードを契約している 年0.1%
農協の正組合員、またはその家族 年0.1%
他の金融機関からの借り換えとしてJAしまねのローンを利用する 年0.1%
特定の住宅に住んでいる 年0.1%

参照元:JAしまね「金利引下げ項目(固定金利型のみ)」

たとえば、JAしまねのローンでは、年7.1%〜年7.8%の金利が設定されています。年0.3%の金利優遇を受けた場合、ぷらんの金利は年6.8%〜年7.5%に引き下げられます。

10万円を1年間融資を受けた場合を想定すれば、年7.8%の金利では7,800円の利息が発生しますが、年7.5%に引き下げられた場合の利息は7,500円となります。

金利優遇が受けられるか否かは、加入しているJAバンクの金利に関するページを確認してみてください。

JAバンクのローンを利用できるのは農協の組合員に限られる

農協の組合員には、農業を仕事にしている人である「正組合員」と、農業以外の仕事をしておりJAに出資金を支払った人である「准組合員」の2種類があります。

JAバンクのローンは農協の組合員を対象にした商品であるため、JAバンクのローンを利用するには、申込者本人が農協の正組合員または准組合員である必要があるのです。

自身が農協の組合員であるかがわからない場合は、住んでいるまたは働いている地域に設置されたJAバンクの問い合わせ窓口を利用してみると良いでしょう。

JAバンクの窓口では組合員になるための手続きが可能

JAバンクの窓口では、正組合員または准組合員になるための手続きを行なえます。農協の組合員ではないがJAのローンを利用したい場合、住んでいるまたは勤務している地域のJAバンクの窓口で手続きを行なうと良いでしょう。

なお、組合員になるための手続き時には、「運転免許証などの身分証明書」「印鑑」「1,000円以上の出資金」の3点が必要である傾向があります。

組合員になるための手続きをする際は、身分証明書と印鑑、1,000円以上の出資金を用意したうえで窓口に出向くと良いでしょう。JAバンクの店舗の住所を調べる際は、JAバンクの「店舗・ATM検索」を参考にしてみてください。

JAバンクにはさまざまなローン商品が用意されている

JAバンクには、さまざまなローン商品が用意されています。

【JAバンクのローン商品】
ローン 概要
住宅ローン 住宅の購入や増改築費用だけでなく、ローンの借換えなどに利用できる。
マイカーローン 新車や中古車のご購入をはじめ、修理・車検費用などに利用できる。
カードローン 使いみちが原則自由で、借入枠の範囲内であれば自由に融資を受けられるローン。
教育ローン 入学金や授業料等の学校教育費、アパート家賃等の住居費などに利用できる。
リフォームローン 住宅のリフォームや、システムキッチン・造園などの設置などに利用できる。
フリーローン(多目的ローン) 資金使途が原則自由で、旅行や結婚などの目的に合わせて利用できる。
JAの農業融資 農業にかかわる運転資金や設備資金などに利用できる。

参照元:JAバンク
(※)ローン名をタップ・クリックすることで、それぞれの解説を確認できます。

JAバンクのローンは、それぞれ資金使途が異なります。たとえば、住宅ローンの場合は住宅にかかる費用を、教育ローンの場合は子どもの教育にかかる費用に利用できます。

定められた資金使途以外には借入金を使えないため、JAバンクのローンを利用する場合、使い道に合ったローンを選ぶようにしましょう。

なお、JAバンクの各種ローンは、金利や利用対象といった融資条件がそれぞれで異なります。

定められた利用対象に該当しなければ、JAバンクのいずれのローンも利用できません。JAバンクのローンを利用する場合、利用対象などの融資条件を調べておくと良いでしょう。

住宅ローンでは住宅の購入・新築・改築などに利用できる

JAバンクのローンには「住宅ローン」があります。

住宅ローンとは、住宅の購入・新築・改築などに利用できるローンです。地域によって住宅ローンの融資条件は異なりますが、融資条件の例は下記となります。

【JAバンクの住宅ローンの融資条件の例】
融資金額 10万円以上10,000万円以内
融資期間 3年以上40年以内
融資金利 地域によって異なる
利用できる対象 以下すべてを満たす必要がある
・利用時の年齢が20歳~66歳未満であること
・最終償還時年齢(完済時の年齢)が80歳未満であること
・前年の税込年収が200万円以上であること
・勤続年数が3年以上であること
担保・保証 担保:融資対象物件に対して、第1順位の抵当権を設定登記
保証:JAの指定する保証機関の保証を受ける必要あり

参照元:JAバンク「住宅ローン」

地域によって異なる場合もありますが、JAバンクの住宅ローンでは、10万円から1億円までの金額の融資を受けられます。住宅ローンでの借入金は、3年から40年の間に完済するのが基本です。

住宅ローンを利用できる対象は、年齢や前年度の年収といった条件をすべて満たしている人となります。JAバンクで定められた融資条件に満たせない点が一つでもあると、住宅ローンを利用できません。

基本的には、年齢・前年度の年収・勤続年数・完済できるまでの年齢が住宅ローンを利用する条件として定められています。

マイカーローンでは自動車やバイクにかかる費用に利用できる

JAバンクのローンには、自動車の販売店などでも提供されている「マイカーローン」があります。

マイカーローンとは、自動車やバイクにかかる費用に利用できるローンのことです。JAバンクのマイカーローンの場合、自動車やバイクの購入だけでなく、修理や車検にかかる費用にも利用できます。

地域によってマイカーローンの融資条件は異なりますが、融資条件の例は下記となります。

【JAバンクのマイカーローンの融資条件の例】
融資金額 1,000万円以内
融資期間 6カ月以上10年以内
融資金利 地域によって異なる
利用できる対象 以下すべてを満たす必要がある
・利用時の年齢が18歳以上であること
・80歳を迎えるまでに完済できること
・前年の税込年収が200万円以上であること
・勤続年数が1年以上であること
担保・保証 担保:不要
保証:JAの指定する保証機関の保証を受ける必要あり

参照元:JAバンク「マイカーローン」

地域によって異なる場合もありますが、JAバンクのマイカーローンでは1,000万円までの金額の融資を受けられます。マイカーローンでの借入金は、6か月から10年の間に完済するのが基本です。

マイカーローンの利用対象は、年齢制限や前年の年収といった条件をすべて満たしている人となります。JAバンクで定められた条件に満たせない条件が一つでもあると、マイカーローンを利用できません。

基本的には、年齢・前年度の年収・勤続年数・完済できるまでの年齢がマイカーローンを利用する条件として定められています。

JAのカードローンでは借入枠の範囲内であれば自由に融資を受けられる

JAバンクのローンには「カードローン」があります。

カードローンとは、専用のカードを用いて、コンビニに設置されたATMなどで利用できるローンのことです。JAバンクが提供するカードローンの特徴をまとめましたので参考にしてみてください。

【JAバンクのカードローンの特徴】

  • 借入枠の範囲内であれば自由に融資を受けられる
  • JAだけでなくコンビニなどに設置されたATMでも利用できる
  • 原則24時間365日インターネットから申し込みが可能

参照元:JAバンク「カードローン」

契約時には、融資金額の上限である「借入枠」が設定され、その金額の範囲内であれば自由に融資を受けられます。

また、コンビニのATMでもローンを利用できる点や原則24時間インターネットから申し込みが可能な点も特徴です。

なお、JAバンクは、カードローンの融資条件の例を公表していません。各JAバンクで異なる条件が定められているとも考えられるため、住んでいるまたは勤務している地域のJAバンクの融資条件を確認しておきましょう。

教育ローンでは子どもの教育にかかわる費用に利用できる

JAバンクのローンには「教育ローン」があります。

教育ローンとは、子どもの教育にかかる費用に利用できるローンのことです。具体的には、学校の入学金や授業料、学校の進学に必要なひとり暮らしにかかる費用にも使えます。

地域によって教育ローンの融資条件は異なりますが、融資条件の例は下記となります。

【JAバンクの教育ローンの融資条件の例】
融資金額 10万円~1,000万円
融資期間 最長15年
融資金利 地域によって異なる
利用できる対象 以下すべてを満たす必要がある
・利用時の年齢が20歳以上であること
・71歳を迎えるまでに完済できること
・前年の税込年収が200万円以上であること
・高校や大学、専門学校などの教育施設に就学予定または就学中の子どもがいること
・勤続年数が1年以上であること
担保・保証 担保:不要
保証:JAの指定する保証機関の保証を受ける必要あり

参照元:JAバンク「教育ローン」

地域によって異なる場合もありますが、JAバンクの教育ローンでは、10万円から1,000万円までの金額の融資を受けられます。教育ローンでの借入金は、最長15年の間に完済するのが基本となり、子どもが学校を卒業してから返済を開始することも可能です。

教育ローンの利用対象は、年齢制限や前年の年収といった条件をすべて満たしている人となります。JAバンクで定められた条件に満たせない条件が一つでもあると、教育ローンを利用できません。

基本的には、「年齢・前年度の年収・勤続年数・完済できるまでの年齢・就学予定または就学している子どもがいること」が教育ローンを利用する条件として定められています。

リフォームローンでは住宅のリフォームに必要な費用に利用できる

JAバンクのローンには「リフォームローン」があります。

リフォームローンとは、住宅のリフォームに利用できるローンのことです。住宅ローンのように、住居の購入や新築にかかる費用には利用できませんが、住宅の増改築などのリフォームに利用できます。

JAバンクが提供するリフォームローンの特徴をまとめましたので参考にしてみてください。

【JAバンクのリフォームローンの特徴】

  • 増改築・改装・補修などの住宅のリフォームに利用できる
  • システムキッチンや造園などの住宅の設備に利用できる
  • 原則24時間365日インターネットから申し込みが可能

参照元:JAバンク「リフォームローン」

リフォームローンでは、システムキッチンなどの住宅の設備に利用できます。また、原則24時間365日インターネットから申し込みが可能な点もJAバンクのリフォームローンの特徴です。

なお、JAバンクは、リフォームローンの融資条件の例を公表していません。

各JAバンクで異なる融資条件が定められているとも考えられるため、リフォームローンを利用する場合、住んでいるまたは勤務している地域のJAバンクの融資条件を確認したうえで申し込みを検討してください。

フリーローンでは資金使途が原則自由で目的に合わせて利用できる

JAバンクのローンには「フリーローン」があります。

フリーローンとは、資金使途が原則自由で、目的に合わせて利用できるローンのことです。JAバンクによっては「多目的ローン」とも呼ばれます。

JAバンクが提供するフリーローンの特徴をまとめましたので参考にしてみてください。

【JAバンクのフリーローンの特徴】

  • 担保・保証人が原則不要
  • 結婚、旅行、レジャーといった目的に合わせて利用できる
  • 原則24時間365日インターネットから申し込みが可能

参照元:JAバンク「フリーローン」

フリーローンでは、結婚、旅行、レジャーといった目的に合わせて利用できます。また、原則24時間365日インターネットから申し込みが可能な点もJAバンクのフリーローンの特徴です。

なお、JAバンクは、フリーローンの融資条件を公表していません。

各JAバンクで異なる融資条件が定められているとも考えられるため、フリーローンを利用する場合、住んでいるまたは勤務している地域のJAバンクの融資条件を確認したうえで申し込みを検討してください。

JAの農業融資では農業にかかわる費用に利用できる

JAバンクには、農業を営む人のために「農業融資」というローンもあります。農業融資を利用すれば、農業にかかわる運転資金や設備資金などに利用できます。

JAの農業融資にはさまざまな種類の資金があり、それぞれで資金使途が異なります。

【JAの農業融資の資金の種類】
資金の種類 資金使途
農業近代化資金 ・農業にかかわる機械・施設の費用
・長期の運転資金 など
アグリマイティー資金 ・農地や設備の取得・拡張
・設備・機械の購入
・短期の運転資金 など
JA農機ハウスローン ・農機具の購入・点検・修理・車検
・パイプハウスなどの資材・建設費用
・発電・蓄電設備の取得にかかる資金
・格納庫の建設資金 など

参照元:JAバンク「JAの農業融資」

たとえば、農業近代化資金を利用すれば、農業にかかわる機械や施設に必要な費用に利用できます。

JAバンクは、農業融資の資金の種類の一覧を公表しています。

ローンの金利は加入しているJAバンクによって異なる

JAバンクのローンの金利は、加入しているJAバンクによって異なるため、「JAのローンの金利は年○%」と一概に言えません。

ローンの金利は加入しているJAに問い合わせることで確認が可能です。

たとえば、JAながののローンの金利は下記のとおりです。

【JAながののローンの金利】
ローン 金利
リフォームローン 年2.00%~年3.575%
教育ローン 年2.15%~年3.05%
マイカーローン 年1.39%~年4.25%
フリーローン 年4.20%~年8.70%
カードローン 年7.40%~年9.90%

参照元:「JAネットローン」

JAながのでは、いずれのローンでも金利に幅が設定されています。この数値の幅は、「年○%~年○%のうちから適用される数値が決まる」という意図で設定されており、その数値は申込後に行なわれる審査で決定されます。

たとえば、JAながののフリーローンを利用すると、年4.20%~年8.70%のうちの数値が金利として適用されます。

なお、JAネットローンでは、郵便番号や住居・勤務先の地域を入力することで、その地域のJAが用意するローンの金利を調べられます。

JAバンクのローンの審査に通らない可能性がある人

JAバンクのローンを利用するには、申込後に行なわれる審査に通過しなければなりません。

審査基準は公表されていないため、「○○ならJAバンクの審査に通る」などと断言することはできません。しかし、申込条件や利用規約を踏まえれば、下記に該当する場合は審査に通らないことも考えられます。

【JAバンクのローンの審査に通らない可能性がある人】

(※)ローン名をタップ・クリックすることで、それぞれの解説を確認できます。

一つでも該当する項目がある場合、JAバンクのローンの審査に通らない場合も考えられます。JAバンクのローンを利用する場合、該当する項目がないかを確かめておくと良いでしょう。

延滞や滞納の履歴が残っている

JAバンクのなかには、返済能力の調査を目的として申込者の信用情報を確認するとの旨を公表するJAバンクがありました。

信用情報とは、ローンやクレジットなどの信用取引における利用情報のことです。具体的には、下記のような情報が該当します。たとえば、JA岡山では、返済能力の調査を目的として申込者の信用情報が確認されます。

【登録される情報の例】

  • ローンやクレジットの利用状況
  • ローンやクレジットでの延滞の有無
  • 債務整理(個人再生や自己破産など)
  • 保証会社による代位弁済

JAバンクのように貸付を行なう金融機関は、金融庁の方針や法律などにより、返済能力を超えた融資を禁止されています。

ローンやクレジットの利用状況が登録されており、その情報から返済能力を認められなければ、JAバンクのローンの審査には通りません。

年収が基準に達していない

JAバンクのローンを利用するには、それぞれで定められた融資条件を満たしている必要があります。ローンによって条件は異なりますが、年収が条件の一つに定められている場合もあります。

【年収の基準の目安】
年収の基準の目安
住宅ローン 前年度の年収が200万円以上であること
マイカーローン 前年度の年収が200万円以上であること
教育ローン 前年度の年収が200万円以上であること

参照元:JAバンク
(※)あくまで目安であるため実際には異なる場合があります。

住宅ローン・マイカーローン・教育ローンを利用できるのは、前年度の年収が200万円以上ある人です。

各地域のJAバンクで定められた年収の条件は、問い合わせ窓口への電話により確認が可能です。JAバンクのローンを利用する場合、「年収に関する条件が定められているか」「その基準を満たしているか」を確認しておくようにしましょう。

勤続年数が基準に達していない

JAバンクのローンを利用するには、それぞれで定められた条件を満たしている必要があります。ローンによって条件は異なりますが、ローンによっては勤続年数が条件の一つに定められています。

【勤続年数の基準】
勤続年数の基準
住宅ローン 3年以上
マイカーローン 1年以上
教育ローン 1年以上

参照元:JAバンク
(※)あくまで目安であるため実際には異なる場合があります。

住宅ローンの場合は勤続年数が3年以上、マイカーローン・教育ローンの場合は勤続年数が1年以上ある人です。

各地域のJAバンクで定められた勤続年数の条件は、問い合わせ窓口への電話により確認が可能です。JAバンクのローンを利用する場合、「勤続年数に関する条件が定められているか?」「その基準を満たしているか?」を確認しておくようにしましょう。

所定の地域外に住んでいるまたは働いている

JAバンクは、JAバンクが設置されている地域の人に対して金融サービスを提供する「地域密着型金融」を行なっています。そのため、JAバンクのローンを利用できるのは、そのJAバンクが設置された地域に住んでいる、または勤務している場合に限られます。

JAバンクのローンを利用する場合、申込先が居住や勤務の地域内であるかを確認しておきましょう。また、ローンの申込前には、そのJAバンクで定められた条件や融資の内容を確認しておくようにしてください。

JAバンク(農協)でお金を借りる流れ

一部の商品を除いて、JAバンクのローンはJAネットローンの公式サイトから申し込みが可能です。JAバンクのローンに申し込んでから利用するまでの流れをまとめましたので参考にしてみてください。

【JAバンクのローンに申し込んでから利用するまでの流れ】

  • 1 JAネットローンの公式サイトから、利用するローンを選択する
  • 2 居住または勤務している地域のJAバンクを入力し、利用予定のローンの金利を確認する
  • 3 「仮申込画面に進む」を選択して、利用規約を確認のうえ同意する
  • 4 名前や生年月日などの個人情報を入力・送信する
  • 5 JAから仮審査の結果が通知される
  • 6 JAバンクの窓口にて契約手続きを行なう

参照元:「JAネットローン」

なお、JAバンクは、ローンの申し込みから融資を受けるまでにかかる日数を公表していません。そこで、東京都内のJAバンク3行に電話調査したところ、いずれからも「3週間から1か月程度かかるとみたほうが良い」との回答が得られています。

JAバンクのローンを利用できるまでの期間を調べる場合、住んでいるまたは勤務している地域に設置されたJAバンクに問い合わせてみると良いでしょう。

仮審査に通っていれば必要書類の提出が求められる

JAバンクの仮審査に通過した後は、住んでいるまたは勤務している地域のJAバンクの窓口で契約手続きを行なう必要があります。契約手続き時には、必要書類の提出が求められます。

JAバンクの担当者の判断によって提出が求められる必要書類は異なりますが、いずれの場合であっても下記の書類の提出は必須です。

【提出する必要書類】
必要書類 具体例
本人と確認できる書類 運転免許証やパスポートなどの身分証明書
年収を確認できる書類 給与所得者か自営業者によって異なる
給与所得者:源泉徴収票、住民税決定通知書など
自営業者:納税証明書または確定申告書
資金使途を確認できる書類 見積書、売買契約書など

参照元:「JAネットローン」

なお、JAバンクの問い合わせ窓口では、ローンに関する相談や質問を申込前に行なえます。他にどのような書類が必要になるのかを調べる際は、申込先となるJAバンクの問い合わせ窓口を利用すると良いでしょう。

JAバンクのローンに関するQ&A

ここからは、下記の質問に対する回答と解説をしていきます。

【JAバンクのローンに関するQ&A】

(※)各質問をタップ・クリックすることで、それぞれの解説を確認できます。

JAバンクのローンを利用する際に疑問点がある場合、それぞれの質問に対する回答と解説を参考にしてみてください。

普段から農協を利用していても審査で優遇されない?

JAバンクは、「農協の利用者であれば審査で優遇される」のような情報を公表していません。
また、東京都内のJAバンク3行に電話調査したところ、「農協を利用しているからといって審査で優遇するとは言えない」との回答を得ています。

そのため、普段から農協を利用していれば、JAのローンの審査で優遇されるとは言えません。農協の利用者であっても、申込内容などによってはJAバンクのローンの審査に通らないこともあります。

毎月の返済額や利息などを事前に調べられる?

JAバンクは、毎月の返済額の目安を診断できる「各種ローン返済シミュレーション」を用意しています。毎月の返済額は返済シミュレーションの利用によって確認が可能です。

また、各地域のJAバンクでは、定期的にローン相談会が実施されています。ローン相談会では、ローンの利用に関する相談や質問が可能なため、利息に関する質問がある場合はローン相談会の利用も検討してみてください。

PAGE TO TOP