銀行ローンの種類一覧

カードローンや住宅ローン以外にも、銀行は様々なローン商品を提供しています。そのため、初めて銀行ローンを利用する人の中には、「どういう仕組みでお金を貸してくれるのか?」「どのローン商品を利用すればいいのか?」という疑問を持つ人もいるでしょう。

銀行が提供するローン商品は、資金使途によって利用できる商品が変わります。また、銀行ローンの仕組みを理解せずに借入すれば、返済負担が膨らみ、借入後の生活が苦しくなりかねません。

ローンの利用を検討する際は借入の目的に適した銀行ローンを選ぶ必要があります。銀行からお金を借りたい人は、申し込む前に銀行ローンの仕組みや種類を確認しましょう。

銀行ローンの仕組み

日々の生活資金から住宅の購入資金など、銀行は様々な資金需要に応じて借入できる商品を用意しています。

たとえば、3千万円の住宅の購入を検討している人は、一括購入する資金がなくても、住宅ローンを利用することでマイホームを購入できる金額を借りられます。

ただし、銀行ローンで借入した場合、金利による利息が毎日発生します。借入額が多ければ多いほど利息額の支払い負担も大きくなるため、無計画にローンに頼れば、毎月の借入額の返済で生活が苦しくなりかねません。

銀行ローンの利用を検討している人は、借入前に明確な返済計画を立てたうえで、借入の目的に合った商品に申し込みましょう。

多くの種類の銀行ローンから目的に合った商品を選べる

利用者の資金使途に合わせて、銀行はさまざまな種類のローン商品を提供しています。銀行ローンの利用を検討している人は、資金使途によって利用する商品を選びましょう。

【銀行で契約できるローン商品の例】
ローン商品 資金使途
カードローン 生活費・娯楽費
住宅ローン 住宅購入費・住宅購入の諸費用
ブライダルローン 結婚式費用・新婚旅行費
自動車ローン 自動車購入費・部品購入費
教育ローン 入学金・授業料・賃貸家賃
事業者ローン 事業資金
医療ローン 医療費・美容整形費

目的別に用意されている銀行ローンは、資金使途に制限があるため誰でも審査に通過できるわけではありません。しかし、ローンによっては、大口の融資を受けられる点などの特長があります。

銀行からの借入を検討している人は、借入の目的に合った銀行ローンを利用しましょう。

カードローンでは生活資金を借りられる

カードローンであれば、借りたお金の資金使途が幅広く、事業資金や投資資金以外なら原則自由に利用できます。

ただし、銀行カードローンの金利には幅があり、年10.0%を超える数値が設定されている商品もあります。仮に金利が年13.0%のカードローンから100万円を借り入れした場合、完済までに支払う利息額の合計は下記のようになります。

【カードローンで借入をした場合の利息額の計算】
毎月返済額 返済回数 総支払利息額
20,000円 73回 448,052円
30,000円 42回 247,401円
50,000円 23回 133,205円

年13.0%のカードローンで100万円を借り入れすると、毎月50,000円ずつ借入額の返済をしても、完済までに約130,000円の利息額を支払うことになります。カードローンを利用する際は、必要以上の金額を借りないように心がけましょう。

銀行カードローンは即日融資には対応していない

即日融資に対応している銀行カードローンはありません。2018年以降、銀行カードローンは個人向けの融資について警視庁のデータベースへの紹介を義務付けられたことにより、即日融資に対応できなくなったためです。

即日融資を希望する人は、銀行ローン以外の商品を検討してください。

住宅ローンでは住居を購入する費用を借りられる

銀行の住宅ローンは、マイホームの購入資金を借入できる商品です。

住宅ローンでは、毎月決められた金額を返済することで、購入時に全額を用意できなくても住宅を購入することができます。

ただし、住宅ローンは何千万という高額資金を借入する商品であるため、完済までに支払う利息額は高額になります。無計画に銀行の住宅ローンを利用すれば、借入後の返済に苦労しかねません。

実際、4,000万円の借入額を年1.2%の金利で35年間かけて返済した場合、毎月の返済額は概算で10万円を超えてしまいます。

マンションの場合は、駐車場や管理費等も支払うと借入額がさらにかさむことも想定されるでしょう。

ブライダルローンなら結婚資金の借入ができる

銀行ローンには、結婚式の費用や新婚旅行の旅費を借入できるブライダルローンという商品があります。

結婚に関する費用は、ウエディングドレスだけでも約25万円と高額です。結婚を考えているカップルは、結婚に関する費用を確認して、ブライダルローンを利用するべきかを検討しましょう。

【結婚に関する費用の例】
結婚に関する費用 相場
挙式費用(会場費・料理費・撮影費など) 約360万円
婚約指輪の購入費 約37万円
新婚旅行費 約60万円

※実際の金額とは異なる可能性があります。目安として参考にしてください。

リクルートのブライダル情報誌「ゼクシィ」によると、結婚式にかかる平均費用は約357.5万円とされています。また、結婚式の費用に加え、婚約指輪の購入費や新婚旅行の費用を計算すると、結婚にかかる費用は約500万円を超える場合もあります。

ゼクシィの調査によると祝儀で約230万円を受け取れる傾向があるものの、祝儀を除いた約270万円は自己資金で準備する必要があります。

マイカーを購入したい人は自動車ローンを利用できる

銀行の自動車ローンを利用すれば、今はマイカーの購入資金が足りない人でも希望の自動車を購入できる可能性があります。新車のみでなく中古車やバイクの購入にも利用できます。

なお、自動車ローンには、銀行などが提供するマイカーローンや、自動車販売店で契約ができるディーラーローンなどがあります。

教育ローンでは入学金や授業費の借入ができる

銀行の教育ローンでは、入学金や授業費などの教育資金を借入できます。大学の入学金だけではなく、銀行から学生の生活費や教材費も調達可能です。

ただし、教育資金を調達したい親は、銀行の教育ローンを利用する前に、日本学生支援機構の奨学金も視野に入れてみてください。

日本学生支援機構の奨学金は、経済理由で就学が困難な学生に対して、教育資金を援助する制度です。給付型奨学金であれば、日本学生支援機構から借りたお金に返済の義務が生じません。

また、給付型奨学金が受けられなくても、第一種奨学金(貸与型)を利用できる場合があります。第一種奨学金(貸与型)であれば、奨学金の返済義務はあるものの、無利息で借入ができます。

医療ローンでは病気や怪我の治療費で借入できる

銀行の医療ローンは、病気や怪我をして治療する際の医療費や入院費を借入できるローンです。怪我や病気の治療費などにも利用できます。

なお、安定した収入がある人ならば、銀行の医療ローンの審査に通過できる可能性があります。安定した収入の定義は銀行によって異なりますが、メガバンクに電話調査したところ、「原則働いており、毎月収入を得ていること」と回答を得られました。

収入が安定していると審査担当者に判断されれば、学生や主婦も医療ローンを利用できる可能性があります。

事業者ローンは事業資金にしか利用できない

銀行の事業者ローン(ビジネスローン)は、法人や個人事業主を対象としたローン商品です。資金使途は、設備資金や運転資金などの事業資金に限られているため、事業者でも個人的な生活費の借入には利用できません。

事業者ローンの特徴は、事業資金を調達できる点です。そのため、機械の故障などの突然の資金需要に対応できる可能性があります。

フリーローンは原則資金使途が自由

フリーローンとは、資金使途が限定されていないローン商品のことです。

資金使途が制限されないため、「趣味関連で欲しい物がある」「ペットの治療費を借りたい」といった人も、銀行のフリーローンであれば借入できる可能性があります。

ただし、申込時に申告した資金使途以外にはお金を使えないため、フリーローンは食費などの生活費を工面する方法としては向かないでしょう。

そのため、銀行のフリーローンは、家具や電化製品の購入など、あらかじめ金額が分かっている場合の資金調達に適した商品です。なお、銀行のフリーローンを利用したい人は、「フリーローンの特徴とデメリットを徹底解説!」の記事を参考にしてください。

銀行ローンを利用するには審査に通る必要がある

銀行ローンから借入をするには、商品ごとの審査に通る必要があります。各銀行では審査基準を公表していませんが、銀行ローンの審査に落ちる可能性がある原因は下記の通りに推測できます。

【銀行ローンの審査に落ちる危険性がある原因】
  • 信用情報として延滞や債務整理の履歴がある
  • 複数のローンに申し込みをしていないこと

各銀行が設定する申込条件を満たしていても、信用情報として延滞や債務整理の履歴がある人や複数のローンに申し込みをしている人は、銀行ローンの審査に落ちる危険性があります。

銀行ローンの申し込みを検討している人は、それぞれの原因を確認しましょう。

延滞や債務整理をした人は銀行ローンの審査に落ちる可能性がある

信用情報に延滞や債務整理の履歴が残っている人は、銀行ローンの審査に通過できない危険性があります。信用情報とは、カードローンやクレジットカードなどの利用履歴のことで、個人信用情報機関という機関で保管されています。

銀行ローンでは、申込者の返済能力を判断するために、審査時に個人信用情報機関から信用情報を照会します。延滞などの履歴が確認された場合、返済能力を危惧されて、銀行ローンの審査に落ちる可能性があるのです。

返済能力を危惧される危険性がある行為の例は、下記の通りです。

【返済能力を危惧される危険性がある行為の例】
  • クレジットカードやローンで延滞をした
  • 本体代金の分割払いを含む携帯電話料金の請求額の延滞
  • 過去に5年〜10年の間に債務整理をした

たとえば、クレジットカードやローンの支払いを61日またはを3か月以上延滞した人は、信用情報として履歴が残り、銀行ローンの審査に落ちる危険性があります。

自分の信用情報を確認したい人は、「個人信用情報機関(CIC,JICC,KSC)に信用情報を開示請求する方法」 の記事を参考に開示請求をして、自分の信用情報を確認しましょう。

複数の銀行ローンに申し込みすると審査に落ちる

銀行ローンの利用を検討している人は、複数の商品に同時に申し込みしてはいけません。いくつもローンに申し込みをしている人は、審査担当者に多重債務者と疑われる危険性があるからです。

過去に自己破産者が急増した背景から、金融庁は多重債務者を減らすために、各銀行にローン商品の業務内容の見直しを指示しました。そのため、銀行各社は多重債務者への融資を行ないません。

ローン商品の申込履歴は、信用情報として6か月保管されます。銀行ローンを利用したい人は、審査に落ちないために、利用する商品を1つに絞って申し込みましょう。

FP監修者プロフィール

人物 内山 貴博氏 ファイナンシャル・プランナー(CFP®)
氏名 内山 貴博 FP・内山貴博氏の詳細
職業 ファイナンシャル・プランナー
保有資格 ファイナンシャル・プランナー(CFP®)
1級FP技能士
経営修士課程修了(MBA)
九州共立大学経済学部非常勤講師
プロフィール 証券会社の本社部門に勤務した後、2006年に独立する。FP相談業務を中心に、セミナーや金融機関への研修、FP・証券外務員の資格対策講座などを担当。 経営者向けのFP業務や、日本での生活やお金のことに疑問を抱える外国人に向け、FPコンサルティング(英語)を開始するなど、ファイナンシャル・プランナーとしてできることを模索しながら挑戦を続ける。

銀行ローンの種類一覧 記事一覧

クラウドローンの特徴は?審査の流れや評判について解説

クラウドローンは、個人が銀行や消費者金融などから融資の提案を受けられる国内初のプラットフォームです。希望する条件をクラウドローンに登録すると、銀行や消費者金融などから直接プランの提案を受けられる可能性があります。 とはいえ、クラウドローンは今までにないサービスであるため、「どのような特徴を持つ……

クラウドローンとは?国内初の銀行から提案を受けられるプラットフォームについて聞いてみた

クラウドローンは、2020年1月にクラウドローン株式会社が提供を開始した“個人向け融資プラットフォームサービス”です。自身が希望する融資条件を入力するだけで銀行から融資のオファーが届くため、借入先を選ぶ手間を省いて融資を受けられます。 2020年から提供が開始されたサービスであり、インターネッ……

バンクイックの審査時間(審査期間)と審査結果が来ない時の対処法

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、平日だけでなく土日祝日もカードローンの審査を行なっています。 バンクイック の審査時間は最短翌営業日とされていますが、バンクイックの審査時間が長引いている方は、「審査時間(審査期間)はどれくらいなのか?」「なぜ審査結果の連絡が来ないのか?」と不安に……

千葉銀行カードローンの特徴と金利・返済・審査を解説

千葉銀行(ちばぎん)のカードローン“クイックパワー<アドバンス>”は、千葉県に本店を構えている千葉銀行が提供するカードローン商品です。 パートやアルバイトの人は、居住地域や年齢が条件に該当していれば千葉銀行カードローンに申込可能です。千葉銀行カードローンを検討している人は、金利や返済方法を申込……

福岡銀行カードローンの審査基準と審査落ちの原因を解説

福岡銀行カードローンの利用を検討している人のなかには、「福岡銀行カードローンの審査基準を知りたい」「福岡銀行カードローンの審査に落ちてしまったが原因が分からない」という人もいるのではないでしょうか。 福岡銀行カードローンは、審査基準を公表していません。しかし、申込条件に当てはまっていなかった場……

千葉銀行カードローンの審査時間について

千葉銀行カードローン(ちばぎんカードローン)は、平日が営業日です。そのため、平日に審査を行ない、土日祝日は審査を行なっていないと考えられます。 土日祝日も申し込み自体は可能ですが、千葉銀行カードローンに電話調査したところ、審査結果は最短で翌営業日以降になるとのことでした。 当記事では、千……

レイクALSAの金利、借入方法、融資速度

レイクは、ノーローン、アプラスなどを運営する新生銀行のカードローンです。 レイクは消費者金融系カードローンと思われがちですが、実は銀行の商品。消費者金融だったレイクを新生銀行が買収したことで、2011年9月30日以降は銀行系カードローンとして新しくスタートしています。 今回は銀行系カード……