プロミスの即日借り入れ方法

プロミス フリーキャッシング

ポイント

  • WEB完結で振込融資を受けられる
  • 初回借入日の翌日から30日間無利息サービス
  • 女性専用レディースコールの設置あり
金利(実質年率) 年4.5%~17.8%
※新規契約の方が対象
利用限度額 500万円まで
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間
担保・保証人 不要
無利息期間 初回利用日の翌日から30日間
返済期間・回数 最長6年9ヶ月・1~80回
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
借入・返済が可能な
コンビニATM
・セブン銀行ATM(セブン-イレブンなど)
・ローソン銀行ATM(ローソンなど)
・イーネットATM(ファミリーマート・デイリーヤマザキなど)
・ゆうちょ銀行ATM(ファミリーマートなど)

プロミスは、WEB申し込みで手続きをインターネットで完結できて、最短即日融資に対応しているカードローンです。インターネットで申し込みをした後、最短30分で審査が完了するため、お急ぎの方や入院や旅行など急に現金が必要な場面にも対応できる可能性があります。

また、利用ごとに貯まるプロミスポイントでの「無利息サービス」や、初回利用者限定の「初回借入日の翌日から30日の無利息期間」もあるので、利息を抑えられる可能性があるカードローンです。
※初回借入日の翌日から30日間無利息サービスは、メールアドレスとWeb明細利用の登録が必要です。


※カードローンは利用上の注意を良く読み、無理のない返済計画を立ててから使用しましょう。

最短即日で借入する流れ

プロミスのカードローンはSMBCグループの「SMBCコンシューマーファイナンス」が提供するカードローン商品です。

プロミスのカードローンは、「申し込み」→「審査」→「契約」→「借入」というステップで、最短即日での借入ができます。ここでは、プロミスカードローンの申し込み方法や審査について説明します。

WEBであれば来店せずに24時間申し込みが可能

プロミスの公式サイト「お申込方法」を見ると、申込方法には「WEB」「電話」「郵送」「来店」の4つがあるとわかります。

なかでも、WEBからであれば、来店の必要がなく、24時間365日いつでも申し込みが可能であり、公式サイトから必要な項目を入力することでプロミスに申し込めます。

プロミスに問い合わせたところ、「WEBからであれば、原則メールでのやり取りとなるため、本人確認として自宅や携帯へ電話をかけることは原則ない」との回答を得られました。

「来店の手間をかけたくない」「自宅や携帯に電話を掛けてきて欲しくない」という場合、WEBで申込手続きを進めると良いでしょう。

Web完結であれば銀行口座への振込融資で借入できる

銀行口座へ振込のWeb完結サービス
プロミスなどのカードローンでは、「ローンカード」というカードを発行し、ATMから現金を引き出して借入できます。

しかし、プロミスにはWeb完結という「申し込みから借入まで」をネット上で行えるサービスがあります。この場合、ローンカードを受け取る必要がなく、指定の銀行口座へ必要な額を振り込む形での借入が可能です。

プロミスの公式サイト「Web完結のご紹介」を見ると、Web完結の利用には、公式サイトから申し込みを行い、必要な書類の写真を送り、審査に通過すれば契約後に借入できることが記載されています。

申し込みの時に下記4点を選択するとWeb完結で申し込むことができます。

  • 希望契約方法欄で「Web」を選択する
  • ローンカードの「郵送希望」なしを選択する
  • 連絡方法は「メール」を選択
  • 返済方法は「口座振替返済」を選び「カード発行なし」で契約

瞬フリなら原則24時間最短10秒でお振込可能

プロミスの瞬フリなら、原則24時間最短10秒で振込融資を受けられます。

三井住友銀行やPayPay銀行など、24時間振込可能な銀行の口座を持っていれば、平日15時以降や休日も振込融資を受けられます。

Web完結なら最短即日融資可能で周囲にもバレる可能性が低い

プロミスのWeb完結は、申し込みから契約や融資までの手続きをWeb上でできるため、「来店不要」「郵送物なし」で利用できます。

来店する必要や自宅への郵送物がなくなるため、プロミスにWEBから申し込めば、家族や近所の人に利用を知られる危険性が低いです。プロミスからの借入を知られたくない人は、WEBから申し込むことを検討してみてください。

プロミスの金利は年4.5%~17.8%

消費者金融カードローンの広告には、下限金利から上限金利まで幅広い金利が記載されています。下限金利を見ると、低い数値が設定されていますが、金利は審査によって決定されるため、必ず低い金利が適用されるわけではありません。

申込者の状況によっては上限金利(プロミスは年17.8%)が適用される可能性もあるため、下限金利だけでカードローンを選ばずに、上限金利も見ておくと良いでしょう。

プロミスの金利は他の大手消費者金融にくらべて上限金利が年0.2%低い設定です。

カードローン名 金利 返済期日パターン
プロミス 年4.5~17.8% 毎月「5日・15日・25日・末日」から選択
アコム 年3.0~18.0% 「35日ごと」or「毎月指定期日」
SMBCモビット 年3.0~18.0% 毎月「5日・15日・25日・末日」から選択
アイフル 年3.0~18.0% 「35日ごと」or「毎月指定期日」
レイクALSA 年4.5~18.0% 自分で希望した日にちを選択できる

※各商品名に参照元のページがあります。

プロミスには初回借入日の翌日から30日間無利息サービスがある

無利息期間は借りた翌日から
プロミスには初回の利用に限り、初回借入日の翌日から30日間無利息サービスがあり、借入から30日以内で返済した場合、利息の支払いは必要ありません。

なお、プロミス以外の大手消費者金融の無利息期間は“初回契約日の翌日から”なのに対し、プロミスは“初めてお金を借りた日の翌日から30日間無利息”となり、システム上で違いがあります。

プロミスでは初めてお金を借りた日の翌日から30日間は無利息となり、追加の借入も無利息の対象なので、契約だけして後から借入をしても無利息期間を無駄に使ってしまうことはありません。

ただし、初回借入日の翌日から30日間無利息サービスの利用には「Eメールアドレスの登録」と「書面の受取方法を“プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認“を選択」する必要があります。

カードローン名 無利息期間
プロミス 初回借入日の翌日から30日間
アコム 初回契約日の翌日から30日間
アイフル 初回契約日の翌日から30日間
レイクALSA 初回契約日の翌日から60日間
SMBCモビット ー(無利息サービスを提供していないため)

申込資格は安定した収入
引用元:プロミス公式サイト「30日間無利息サービス」

プロミスカードローンの審査について

プロミスなどの大手消費者金融は審査基準を公表していません。しかし、各消費者金融により申込条件や審査を行なう保証会社が異なるため、審査基準も違う可能性があると推測できます。

ここからは、プロミスの審査についてご紹介します。

プロミスカードローンの申し込み資格

プロミスの公式サイト「お申込条件と必要なもの」を見ると、安定した収入のある20歳~69歳までの人が申込条件であることがわかります。主婦や学生であっても、パートやアルバイトでの安定した収入がある場合は申し込めると考えられます。

プロミスではインターネットで「お借入シミュレーション」ができます。お借入シミュレーションは年齢や他社からの借入を入力すれば、借入可能かの目安を診断できますので、審査が不安な人は申し込み前に試してみると良いでしょう。

プロミスカードローンへの申し込みに必要な書類

プロミスの公式サイト「お申込条件と必要なもの」には、「本人確認書類」と「収入証明書類」の提出が必要と記載されています。

「本人確認書類」とは、運転免許証やパスポート、健康保険証、住民票などのことです。なお、外国籍の方は在留カードもしくは特別永住者証明書が必要となるので忘れないようにしてください。

「収入証明書類」は借入希望額が50万円を超える場合、もしくは他社借入との合計額が100万円を超える場合に必要です。

収入証明書には下記が挙げられます。

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給料明細書(直近2か月+1年分の賞与明細書)
  • 税額通知書
  • 所得証明書

プロミスの審査基準

プロミスは審査基準を公表していませんが、貸金業者の商品であるため、総量規制の対象となります。

総量規制とは、貸金業者の融資額を年収の3分の1までに制限する規制です。プロミスは総量規制を遵守するため、融資額が年収の3分の1を超えていないかが審査基準の一つであると推測できます。

そのため、すでに年収の3分の1ほどの借入があるとプロミスの審査に通りません。複数の会社から借入しているという人も、借入総額が年収の3分の1未満であれば審査に通る可能性はあります。

※他社を利用している場合、状況によって利用できない場合もあります。

プロミスカードローンの新規成約率

プロミスを運営するSMBCコンシューマーファイナンスの「月次データ」には、新規成約率が書かれています。

たとえば、「月次データ」 の2021年3月期によると、2021年2月時点の成約率は、35.8%です。

ただし、なかには審査に通過しても契約を辞退した人もいるため、成約率は明確な審査通過率とはなりえません。成約率は、あくまで「どれぐらいの人が契約をしたのか」を計るために活用すると良いでしょう。

プロミスカードローンのその他の特徴

審査が最短30分のプロミスは「Web完結」が可能で、自宅から出ずに借金を他人に知られることなく契約できる可能性がある商品です。

審査結果によっては利用限度額が低くなる可能性がある

プロミスでは、カードローンの審査の時すでに他社からの借入が多い場合、総量規制という法律により審査に通らなかったり、利用限度額が低くなったりする場合もあります。

総量規制が適用される消費者金融カードローンは、年収の3分の1を超過する融資をせず、利用限度額が50万円を超える場合は収入証明書の提出が必要になるので、高額の融資を希望する場合は収入証明書を持参しましょう。

ポイントサービスで無利息期間の適用やATM手数料が無料になる

プロミスのカードローンには特典がいくつかあり、そのひとつが「ポイントサービス」です。

ポイントサービスを利用すると提携先ATMの手数料無料や、借入申込から一定期間の無利息サービスが受けられます。

例えば、収入証明書の提出では160ポイント、プロミスポイントサービスへの申込で100ポイントが貯まります。250ポイントまで貯めると7日間の無利息期間、700ポイント貯めれば30日間無利息のサービスを受けられます。

ポイントを貯める方法 獲得ポイント
プロミスポイントサービス申込 100ポイント
プロミスインターネット会員のサービスログイン
※毎月初回時のみ
10ポイント
プロミスインターネット会員サービス内の「プロミスからのお知らせ」の確認 5~20ポイント
収入証明書類の提出
※同年中は初回のみ
160ポイント
ご返済日お知らせメール・取引確認メール・パソコンまたはケータイによる書面の受取登録 1ポイント

参照元:プロミス公式サイト「プロミスポイントサービス」

ポイントの使い道 必要ポイント
提携ATM手数料無料サービス 40ポイント
7日間無利息 250ポイント
15日無利息 400ポイント
30日間無利息 700ポイント

参照元:プロミス公式サイト「プロミスポイントサービス」
※無利息期間中であっても、返済日が経過した場合、その他の事情によりサービスの提供を停止することがあります。

プロミスポイントにより無利息サービスが適用されれば、完済までに発生する利息を抑えられます。

アプリ利用でクーポンもあり

プロミスの公式アプリを利用すると、IDやパスワード入力が省力され、会員ページへのログインができます。

さらに、「アプリdeクーポン」という会員限定クーポンもあり、おもにファストフード店などで利用できるクーポンが手に入ります。

アプリdeクーポンの具体例については、「会員様向け「おとくらぶ」」を参考にしてください。

女性専用サービスがある

プロミスには、女性が担当してくれる「レディースキャッシング」があります。消費者金融の利用に抵抗を感じる女性やシングルマザーなど特別な事情を持った女性もお金の相談ができるサービスです。

なお、金利や申し込み条件など基本的な内容は、通常のプロミスカードローンと同じです。

プロミスの口コミ・評判まとめ

編集部でクラウドワークスを利用して、プロミスの利用経験がある人の口コミや評判を集めました。ここからは、プロミス利用者の口コミや評判をまとめてご紹介します。

フリーターや他社借入があっても借りられた

  • 「30代・女性のフリーターだが融資を受けられた」
  • 「30代・男性で他社借入があったが融資を受けられた」

プロミスはフリーターや主婦の方も、パート、アルバイトなどによる安定した収入があれば申込みできます。年収や職業や職種で審査に不安を感じている人や、他社での借入がある方も審査に通ったという声がありました。
※他社利用の場合、状況によって利用できない場合もあります。

即日融資を受けられた

  • 「自動契約機での申し込みから1時間程度で借りられた」
  • 「在籍確認に不安があったが即日でお金を借りられた」

申し込みから最短1時間で融資を受けられるプロミスは、自動契約機やネット申し込みサービスがあります。とくに、「Web完結」なら24時間手続き可能で、店舗に出向かずに申し込めるので、周囲に知られずにお金を借りられる可能性があります。

内緒で借入できた

  • 「インターネットから申し込んで、家族にバレることなく申込当日に借入できた」
  • 「会社に個人名で在籍確認の電話はあったが、個人的な電話のような連絡だったため勤務先の人に利用を知られなかった」
  • 「プライバシ―面を考慮して自動契約機から申し込んだところ借入できた」

利用者のプライバシーに配慮するプロミスは、郵送物なしでのネット契約もでき、在籍確認時の電話オペレーターを、男性か女性か指定することも可能です。
※オペレーターの指定は、申し込み後に電話相談の必要があります。

コンビニの利用で借入や返済ができる

  • 「地方に住んでいても、近所のコンビニのATMで借入や返済できた」
  • 「コンビニのATMで手続きできる点もプロミスを選んだ一つの理由だった」

飲み会や生活費、入院、旅行など現金が急に必要なこともありますよね。その場合も、プロミスと契約していれば、近所のコンビニのATMで借入が可能です。

30日無利息サービスで利息を抑えられた

  • 「あまり大きな金額を借りる予定がなかったため、初回借入日の翌日から30日間の無利息サービスがあって助かった」

プロミスには初回借入の翌日から30日間無利息サービスが用意されています。

他の大手消費者金融の無利息期間サービスは初回契約日の翌日から適用されますが、プロミスの30日間無利息サービスは初回借入日の翌日から無利息期間となるため、借入するまで無利息の期間が適用されることがありません。

プロミスのデメリットに関する口コミ・評判

編集部でクラウドワークスを利用したところ、プロミスの利用経験がある人からはデメリットの口コミや評判もありました。借入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

金利設定

  • 「契約時は金利を気にしていなかったが、パートによる収入では思った以上に金利による返済負担が大きかった」
  • 「高い金利が設定されたため、指定された返済額だけを返済していてもなかなか元金が減らなかった」

口コミのなかには、金利による返済負担が大きかったとの意見もありました。プロミスには初回借入日の翌日から30日間の無利息期間があるため、初回借入の翌日から30日以内で一括返済した場合は無利息となります。

「次の給料日まで少しだけ借りたい」といった場合には、無利息期間が適用される期間内に借入を完済することを心がけましょう。

コンビニでの借入・返済に手数料が必要

  • 入金するときに振込みやコンビニのATMだと手数料が取られてしまった

プロミスの場合、プロミスまたは三井住友銀行のATMなら借入・返済が手数料無料です。一方、ゆうちょ銀行やコンビニATM(セブン銀行・ファミリーマートなどのイーネット・ローソン銀行など)での借入と返済には以下の手数料が必要です。

■ 1万円以下…110円(税込)
■ 1万円以上…220円(税込)
※ローソンのLoppi、ミニストップのLoppi、ファミリーマートのFamiポートを利用すると、返済手数料は0円です。

コンビニATMを利用するときは手数料に注意しないと、利息よりも高く付く可能性もあります。ただし、プロミスにはポイント制度があり、40ポイント使えばATM手数料が約1か月は無料になります。

返済シミュレーション

プロミスのカードローンでは、返済期間が最長61年9か月、返済回数が最大80回までと定められています。借りている金額によって返済期間や返済回数は異なります。

たとえば、利用限度額50万円の場合は、返済額や返済期間などにより利息負担が下記のように異なります。

借入額 返済期間(回数) 返済額 総返済額
10万円 1年(12回) 9,000円 109,896円
2年(24回) 5,000円 119,568円
3年(36回) 4,000円 129,780円
4年(48回) 3,000円 140,496円
5年(60回) 2,500円 151,680円
20万円 1年(12回) 18,000円 219,792円
2年(24回) 10,000円 239,160円
3年(36回) 7,000円 259,560円
4年(48回) 6,000円 280,992円
5年(60回) 5,000円 303,360円
30万円 1年(12回) 28,000円 329,700円
2年(24回) 15,000円 358,752円
3年(36回) 11,000円 389,340円
4年(48回) 9,000円 421,488円
5年(60回) 8,000円 455,100円
40万円 1年(12回) 37,000円 439,596円
2年(24回) 20,000円 478,344円
3年(36回) 15,000円 519,120円
4年(48回) 12,000円 561,984円
5年(60回) 11,000円 606,780円
50万円 1年(12回) 46,000円 549,504円
2年(24回) 25,000円 597,912円
3年(36回) 18,000円 648,936円
4年(48回) 15,000円 702,480円
5年(60回) 13,000円 758,520円

※返済計画は参考値のため、実際の返済内容と異なる場合があります。

プロミスの基本情報

申込条件 年齢満20歳~69歳までの安定した収入がある人
学生、主婦も仕事をしていれば申し込み可能
利用限度額 1~500万円
利用期間 毎月一定日
金利 年4.5%~17.8%
借入方法 店頭窓口
プロミスATM
提携先ATM
振り込み融資
返済方法 提携先ATM
口座振替
ネットバンキング口座からの振込
銀行振り込み
返済期日 毎月一定日
担保・保証人 不要
保証会社 なし

参照元:プロミス公式サイト「フリーキャッシング」

ポイント

  • Web完結で最短即日融資可能
  • 初回借入日の翌日から30日間無利息サービス
  • 女性専用レディースコールの設置あり
金利 利用限度額 審査時間 融資速度
年4.5%~17.8% 1~500万円 最短30分 最短1時間

プロミスの即日借り入れ方法 記事一覧

プロミスの利用可能額が0円で借り入れできない時の復活方法

大手消費者金融であるプロミスのカードローンを利用している時、利用可能額0円になってしまうと、新たに借り入れができません。 プロミスが急に利用できなくなり、借入停止になれば焦るかもしれませんが、原因や対策を事前に知っておけば、対応できる可能性があります。 ここではプロミスの利用額が0円にな……

プロミスの解約後に再度審査を受けて再契約するまでの流れ

プロミスのカードローンを解約した後、再契約をすることは可能なのでしょうか? その答えを簡潔にいうと、再審査に通過できれば再契約が可能になります。再契約の審査では、信用情報をチェックされますので、延滞や債務整理をした人は審査に落ちる可能性があります。 また、長い間プロミスを利用しておらず、……

プロミスから在籍確認なし(電話なし)でお金を借りる方法

プロミスのカードローンを契約する際、在籍確認があるのかを気にしている方もいると思います。プロミスの公式サイトには「『ご本人様がお勤めされている事』の確認のため、お勤め先にお電話させていただきます」と書かれていますが、勤務先にプロミスから電話がかかってくるのは抵抗がある人もいるでしょう。 では、……

プロミスの審査は甘いのか厳しいのか?

プロミスは平日、土日祝日問わずに審査が最短30分で完了する特徴を持ちます。そのため、営業時間内に審査に通過できた人は、最短即日融資を受けることが可能です。 ただし、プロミスは誰でも通るほど審査が甘くはありません。「貸金業法第十三条」によって「返済能力を調査しなければならない」と規定されており、……

プロミスの審査時間と審査結果が遅い時の対処法

大手消費者金融のプロミスは、審査時間は最短30分、最短即日融資にも対応しています。しかし、あくまでも「最短」なので、実際に申し込んだ場合、審査時間が30分以上かかる可能性もあります。 当記事では、プロミスの審査時間と審査結果が遅い時の対処法などについて説明していきます。 プロミス……

プロミスの金利は高いのか?

大手消費者金融のプロミスの金利は年4.5%~年17.8%です。しかし、一見すると他のカードローンと比べて金利が高いのか低いのかよくわからない方もいるのではないでしょうか。 また、金利と似たような言葉に利息や利子といった表現もあり、プロミスから融資を受ける際には意味の違いも把握しておきたいところ……

プロミスで学生が親バレせずに審査を受けて借入する方法

アルバイト代や奨学金だけではお金が足りず、消費者金融でお金を借りたいと考えている学生の方もいるのではないでしょうか。SMBCグループの一員で、テレビなどでCMを放送している大手消費者金融のプロミスであれば、学生も申し込みが可能です。 ただし、学生のなかにはプロミスから借入をする際に、親に内……

プロミスレディースキャッシング

「借金」「カードローン」は男性が利用するイメージですが、女性も突然の出費や、友人の結婚式などお金が必要になるケースがありますよね。長い不況に苦しむ日本経済が回復したとは言いがたく、物価や社会保障費は増える一方で、女性も自立してお金をやりくりする必要性に迫られています。 今すぐ現金が必要なとき、……