カードローンでお金を借りる方法を比較

キャッシングでお金を借りたい人のなかには、「キャッシングする方法には何があるのか?」「どの商品を選べばいいのか?」と悩んでいる人もいるでしょう。

キャッシングでお金を借りる方法には、大きく分けてカードローンを利用する方法と、クレジットカードのキャッシング機能を利用する方法があります。

商品ごとに特徴が異なるため、お金を借りたい人は「キャッシングやカードローンのランキング」を鵜呑みにするのではなく、自分の欲求に合った方法を探すことが重要です。

キャッシングの利用を検討している人は、お金を借りる方法を比較して自分の欲求に合った方法を選びましょう。

キャッシングでお金を借りたい人はカードローンを検討する

キャッシングでお金を借りたい人は、銀行や貸金業者などのカードローン商品の利用を検討しましょう。クレジットカードのキャッシング機能を利用する方法と比較して、カードローンでお金を借りる方法にはメリットが多いからです。

【カードローンとクレジットカードのキャッシング機能の比較】
キャッシングする方法 利用限度額の相場(最大) 金利の目安
カードローン 最大800万円 年14.0%~18.0%
クレカのキャッシング機能 最大100万円 年18.0%

キャッシング機能は、クレジットカードに付帯するサービスのひとつに過ぎません。一方、カードローンはキャッシング専用の商品であり、商品自体の利用限度額が高く、金利がクレジットカードのキャッシング機能より低い傾向があります。

初めてカードローンを利用する人は大手の商品を比較する

初めてカードローンを利用する人は、大手の商品を比較しましょう。大手のカードローンは法令を遵守して融資を行なっているため、利用者に対して違法な取り立てや法外な金利設定などを絶対にしないからです。

大手の金融機関が提供するカードローンの比較表は、下記の通りです。

【大手の銀行系カードローン比較】
商品名 金利 利用限度額 審査時間
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 年1.8%~14.6% 500万円 最短翌営業日
三井住友銀行カードローン 年1.5%~14.5% 800万円 最短翌営業日
みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0%(※1) 800万円 最短2~3営業日

(※1)住宅ローンの利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

【大手の消費者金融系カードローン比較】
商品名 金利 利用限度額 審査時間
アコム 年3.0%~18.0% 800万円 最短即日
プロミス 年4.5%~17.8% 500万円 最短即日
SMBCモビット 年3.0%~18.0% 800万円 最短即日
アイフル 年3.0%~18.0% 800万円 最短即日
レイクALSA 年4.5%~18.0% 500万円 最短即日
【大手の信販系カードローン比較】
商品名 金利 利用限度額 審査時間
オリックスVIPローンカード 年1.7%~14.5% 800万円 最短即日
オリコ CREST 年4.5%~18.0% 500万円 最短5営業日

大手のカードローンは、大きく分けると銀行・消費者金融・信販会社の3種類に分類できます。キャッシングでお金を借りたい人は、それぞれの金融機関が提供するカードローンの特徴を比較したうえで、利用する商品を選びましょう。

カードローンごとの利用限度額は比較する必要がない

利用するカードローンを選ぶ場合、商品ごとの利用限度額を比較する必要はありません。銀行や消費者金融、信販会社のカードローンでは、同程度の基準を設けて融資額を規制しているからです。

【カードローンの限度額を制限する規制】
金融機関 規制 限度額の決まり方
銀行のカードローン 自主規制 原則、年収の3分の1を超えない範囲で設定される(銀行によっては年収の2分の1以下に設定される)
貸金業者のカードローン
(消費者金融・信販会社など)
総量規制 年収の3分の1を超えない範囲で設定される

消費者金融や信販会社などの貸金業者は、貸金業法で定められた総量規制の対象です。総量規制とは、貸金業者が個人に対して融資できる金額を年収の3分の1を超えない範囲に制限する規制のことです。

そのため、消費者金融や信販会社が提供するカードローンでキャッシングしても、年収の3分の1を超える借り入れはできません。

また、銀行カードローンは総量規制の対象ではありませんが、借り入れできる金額は制限されています。過去に金融庁が銀行カードローンの過剰融資を指摘した経緯から、現在では銀行でも、総量規制にならって融資額を自主的に制限しているからです。

具体的な規準は定められていないものの、銀行カードローンから借りられる金額の目安は、総量規制と同程度の年収の3分の1以下だと考えておきましょう。

なお、どうしてもお金を借りたい人は、金融業者だけではなく、支援制度などを利用することも検討してみてください。

カードローンを選ぶポイントは自分の欲求に合った商品を探すこと

キャッシングするカードローンを選ぶポイントは、自分の欲求に合った商品を探すことです。商品ごとに金利や審査に関する特徴が異なるため、比較をせずに利用するカードローンを選ぶと、契約できても自分の欲求を満たせないからです。

欲求ごとに選ぶべきカードローンには、下記のようなものが挙げられます。

【欲求ごとに選ぶべきカードローン】
欲求 選ぶべきカードローン
支払う利息額を抑えてキャッシングでお金を借りたい 低金利な銀行カードローン
今日中にキャッシングでお金を借りたい 即日融資可能な消費者金融カードローン
周囲にバレずにキャッシングでお金を借りたい 電話連絡なしのカードローン
10万円ほどのお金を借りたい 無利息サービスがあるカードローン
男性にお金の相談をしたくない女性 レディースキャッシングがあるカードローン

たとえば、今日中にお金が必要な人の場合、即日融資に対応しているカードローンを選ばないとキャッシングが翌日以降になることから、自分の欲求を満たせません。キャッシングでお金を借りたい人は、自分の欲求に合ったカードローンを選びましょう。

支払う利息額を抑えたい人は低金利な銀行カードローンを比較する

支払う利息額をできるだけ少なくしたい人は、低金利な銀行カードローンの利用を検討しましょう。消費者金融や信販会社の商品と比較して、銀行カードローンには上限金利の低いメリットがあるからです。

【カードローンでキャッシングする際の金利比較】
種別 上限金利の相場 具体例
銀行系カードローン 年14.5% 三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」・三井住友銀行カードローンなど
消費者金融系カードローン 年18.0% アコム・プロミスなど
信販系カードローン 年18.0% オリコCREST・オリックスVIPローンカードなど

カードローンの初回利用者は、返済実績がないことから審査担当者からの信用を得にくく、上限金利が適用される傾向があります。そのため、上限金利が低い銀行カードローンを選ぶことで、初回利用者でも利息額の支払いを抑えられるのです。

利息額の支払いをできるだけ抑えてキャッシングしたい人は、銀行カードローンの利用を検討しましょう。低金利な銀行カードローンを比較したい人は、「2021年版人気のおすすめ銀行系カードローン比較」の記事を参考にしてみてください。

銀行と貸金業者からキャッシングした場合の利息額の比較

カードローンを利用する場合、低金利な商品でキャッシングすることで支払う利息額を抑えられます。実際に銀行カードローンと貸金業者のカードローンから30万円を借りた場合、完済までに支払う利息額を計算すると下記のようになります。

【銀行のカードローンの利息比較】
銀行 金利 毎月返済額 完済までに支払う利息額
みずほ銀行カードローン 年14.0%(※1) 10,000円 71,311円
三井住友銀行カードローン 年14.5% 10,000円 74,817円
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック 年14.6% 10,000円 75,514円
【貸金業者のカードローンの利息比較】
貸金業者 金利 毎月返済額 完済までに支払う利息額
オリックスVIPローンカード 年14.5% 10,000円 74,817円
プロミス 年17.8% 10,000円 99,852円
オリコ CREST 年18.0% 10,000円 101,523円
アコム 年18.0% 10,000円 101,523円
SMBCモビット 年18.0% 10,000円 101,523円
アイフル 年18.0% 10,000円 101,523円
レイクALSA 年18.0% 10,000円 101,523円

(※1)住宅ローンの利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
(※2)あくまで上限金利が適用された場合の試算であるため、実際の利息額とは異なる場合があります。

借入額30万円を毎月1万円ずつ返済した場合、銀行と貸金業者のカードローンを比較すると、完済までに支払う利息額に最大で約3万円の差が生まれます。

支払う利息額を抑えてキャッシングしたい人は、「みずほ銀行カードローンの金利の仕組みとは?」の記事を参考に、上限金利が低い“みずほ銀行カードローン”の利用を検討してみてください。

[mizuho]

今日中にお金が必要な人は消費者金融カードローンを比較する

今日中にお金が必要な人は、消費者金融カードローンの利用を検討しましょう。銀行や信販会社のカードローンと比較して、消費者金融カードローンは審査が早いメリットがあるからです。

大手カードローンの審査にかかる時間の比較表は下記の通りです。

【消費者金融系カードローンの審査時間】
商品名 審査にかかる時間
アコム 最短30分
プロミス 最短30分
SMBCモビット 最短30分(※)
アイフル 最短25分(※WEB申込の場合)
レイクALSA 最短30分

※申し込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなる場合があります。

【銀行系カードローンの審査時間】
商品名 審査にかかる時間
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック 最短翌営業日
三井住友銀行カードローン 最短翌営業日
みずほ銀行カードローン 最短2~3営業日
【信販系カードローンの審査時間】
商品名 審査にかかる時間
オリックスVIPローンカード 最短即日
オリコ CREST 最短5営業日

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

大手消費者金融カードローンであれば、審査が最短30分で完了します。急ぎでお金が必要な人は、消費者金融カードローンを利用して即日融資を受けられないかを検討しましょう。

即日融資を受けたい人は審査時間内に申し込む

即日融資を受けたい人は、消費者金融カードローンの審査時間内に申し込みましょう。消費者金融カードローンは、24時間申し込みを受け付けているものの、審査に対応している時間は限られているからです。

大手消費者金融カードローンから即日融資を受けられる時間は下記の通りです。

【大手消費者金融カードローンから即日融資を受けられる時間】
商品名 即日融資を受けられる時間
アコム 21時までの契約で可能
プロミス 21時までの契約で可能
SMBCモビット 21時までの契約で可能
アイフル 21時までの契約で可能
レイクALSA 21時までの契約で可能

たとえば、アコムから即日融資を受けるには、21時までに申し込みから契約までの手続きを済ませる必要があります。

即日融資を受けたい人は「アコムカードローン即日融資は20時までの申し込みが必須」の記事を参考に、混雑なども考慮して20時までに申し込みを済ませましょう。

利用がバレたくない人は電話連絡なしのカードローンを比較する

カードローンの利用を家族や職場の人にバレたくない人は、電話連絡なしで審査が完了するカードローンを利用しましょう。自宅や職場への電話連絡が必要なカードローンに申し込むと、家族や同僚にキャッシングをした事実が知られる危険性があるからです。

銀行や貸金業者のカードローン審査では自宅や職場に電話がかかってくるため、申し込むと周囲にカードローンの利用がバレるリスクが生じます。しかし、電話連絡なしで利用できるカードローンであれば、カードローンの利用を知られるリスクがありません。

【電話連絡なしで利用できる可能性があるカードローン】
商品名 条件
SMBCモビット WEB完結申し込みを利用する(※)
アイフル アイフルの審査担当者に電話で相談
セブン銀行カードローン 特になし

※WEB完結申込には三菱UFJ銀行・みずほ銀行・三井住友銀行・ゆうちょ銀行のいずれかの普通預金口座と健康保険証(社会保険証か組合保険証に限る)が必要

中でもセブン銀行カードローンは、追加の書類提出などの条件がないうえに、公式サイトで「原則として自宅や勤務先に電話連絡することはない」と公表しています。

そのため、カードローンの利用を家族や職場の人にバレたくない人は、「セブン銀行カードローンは在籍確認の電話連絡なし?審査の流れも解説」の記事を参考にセブン銀行カードローンの利用を検討してみてください。

借入額が少額なら無利息サービスのあるカードローンを比較する

10万円程度の少額の借り入れが目的の人は、無利息サービスがある消費者金融カードローンを利用しましょう。少額を借りて数か月内に完済する計画を立てている人であれば、低金利な銀行カードローンと比較しても支払う利息額を抑えられるからです。

無利息サービスとは、定められた期間内なら利息がかからないサービスのことです。定められた期間内に返済したお金に利息がかからないため、無利息サービスのある消費者金融からキャッシングをすれば、支払う金額を抑えてお金を借りられます。

ただし、商品ごとに利用条件が定められていることから、無利息サービスを利用してキャッシングしたい人はカードローンごとの条件を確認しましょう。

【無利息サービスのあるカードローン】
商品名 無利息サービス 利用条件
アコム 契約日の翌日から30日間 初回利用時のみ
プロミス 初回借り入れした日の翌日から30日間 初回利用時・メールアドレス登録とWEB明細利用者のみ
アイフル 契約日の翌日から30日間 初回利用時のみ
レイクALSA 契約日の翌日から60日間 初回利用時・契約額が1万円~200万円の場合のみ
契約日の翌日から180日間(5万円分のみ) 初回利用時・契約額が1万円~200万円の場合のみ

各消費者金融が定める利用条件を満たしている人でなければ、無利息サービスを利用できません。少額のキャッシングを検討している人は、条件を満たしている無利息サービスのなかから利用する商品を選びましょう。

最も利息額を抑えられるのはレイクALSAの無利息サービス

最も利息額の支払いが少なくて済むのは、レイクALSAの無利息サービスです。レイクALSAの無利息サービスは、他の大手消費者金融カードローンと比較して期間が長く設定されているため、他の商品と比較すると利息額の支払いが少なくて済むからです。

【レイクALSAの無利息サービス】
  • 初回契約日の翌日から60日間無利息
  • 初回契約日の翌日から180日間5万円分だけ無利息

たとえば、借入額が5万円以内の人であれば、他の商品の無利息サービスであれば31日後から利息が発生するのに対して、レイクALSAの180日間無利息サービスであれば、181日後まで利息を1円も支払わずに済みます。

少額の借り入れで無利息サービスのあるカードローンの利用を検討している人は、レイクALSAの利用を検討しましょう。

男性にお金の相談をしたくない女性はレディースキャッシングを比較する

男性にお金の相談をしたくない女性は、レディースキャッシングの利用を検討しましょう。レディースキャッシングであれば、電話による本人確認や在籍確認をすべて女性のオペレーターに対応してもらえるからです。

レディースキャッシングとは、女性専用のカードローン商品のことです。大手消費者金融の中には、女性専用のレディースキャッシングを提供している会社があります。

【大手消費者金融のレディースキャッシングの比較表】

商品名 金利(実質年率) 利用限度額 審査時間
プロミス「レディースキャッシング」 年4.5%~17.8% 500万円 最短30分
アコム「働く女性のカードローン」 年3.0%~18.0% 800万円 最短30分
アイフル「SuLaLi」 年18.0% 10万円 最短30分

なかでも上限金利を抑えてお金を借りられるのは、プロミスのレディースキャッシングです。そのため、プロミスのレディースキャッシングを利用すれば、他の女性専用カードローンと比較して、完済までに支払う利息額を抑えられます。

男性にお金の相談をすることに抵抗がある女性は、プロミスのレディースキャッシングの利用を検討してみましょう。

手持ちのクレジットカードでもキャッシングできる

すでにクレジットカードを持っている人は、キャッシング機能を利用してお金を借りられる可能性があります。カード会社に申し込めば、クレジットカードを発行した後でもキャッシング機能を付帯できる可能性があるからです。

手持ちのクレジットカードにキャッシング機能を付帯できれば、提携している銀行やコンビニのATMからすぐにお金を借りられます。さらに、手元にあるクレジットカードでキャッシングができるため、カードローンの審査を受けるよりも手間が必要ありません。

すでにクレジットカードを持っている人は、カードローン商品を比較するのではなく、キャッシング機能を付帯できないかをカード会社に電話で相談しましょう。

なお、キャッシング機能について詳しく知りたい人は、「キャッシングとは?クレジットカードでお金を借りる方法」の記事を参考にしてみてください。

FP監修者プロフィール

人物 内山 貴博氏 ファイナンシャル・プランナー(CFP®)
氏名 内山 貴博 FP・内山貴博氏の詳細
職業 ファイナンシャル・プランナー
保有資格 ファイナンシャル・プランナー(CFP®)
1級FP技能士
経営修士課程修了(MBA)
九州共立大学経済学部非常勤講師
プロフィール 証券会社の本社部門に勤務した後、2006年に独立する。FP相談業務を中心に、セミナーや金融機関への研修、FP・証券外務員の資格対策講座などを担当。 経営者向けのFP業務や、日本での生活やお金のことに疑問を抱える外国人に向け、FPコンサルティング(英語)を開始するなど、ファイナンシャル・プランナーとしてできることを模索しながら挑戦を続ける。

FP監修者プロフィール

人物 阿久津 和宏氏、ファイナンシャル・プランニング技能士
氏名 阿久津 和宏 FP・阿久津氏和宏の詳細
職業 ファイナンシャル・プランナー/行政書士
保有資格 2級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)
トータルライフコンサルタント(生命保険協会認定)
DCマイスター(DCマイスター協会認定)
プライベートバンキングコーディネーター(日本証券アナリスト協会)
健康経営アドバイザー(東京商工会議所)
個人情報保護士(全日本情報学習振興協会)
プロフィール 国内の大手金融機関にでの勤務を経た後、ファイナンシャル・プランナーとして独立する。 独立系ファイナンシャル・プランナーとして、中小企業の経営者・会社員・OL向けにセミナーやカウンセリング活動を展開。そのほかに、学校の先生や店舗経営に携わる方向けのコミュニケーションセミナーも好評を得ている。セミナー開催回数:47回(2017年実績)

カードローンでお金を借りる方法を比較 記事一覧

保険証でお金を借りられるカードローン

カードローンを利用したくても運転免許証やパスポートが手元にないため、健康保険証でカードローンの手続きができないかと考える人もいるでしょう。 健康保険証のみでカードローンの契約はできませんが、現住所の分かる追加書類を準備し、営業時間内に審査に通過できれば、最短即日で借入できる可能性がある商品もあ……

最短即日融資を受けられる低金利なカードローンとは?

カードローンの中には、最短即日融資に対応している商品があります。 しかし、低金利なカードローンについては、一概にいうことはできません。なぜなら、実際に適用される金利は、カードローンごとだけでなく、利用限度額などによっても異なる可能性があるためです。 たとえば、金利年3.0%〜年18.0%……

2021年版人気のおすすめ銀行系カードローン比較

無担保・保証人なしでお金を借りられるカードローンは、メガバンク・地方銀行・ネット銀行など、多くの銀行で取り扱われています。 特に、銀行が取り扱っているカードローン商品を利用したい人は、金利・利用限度額・審査時間・返済額など、それぞれに特徴があるため、自分に合ったカードローンを選択しましょう。 ……