カードローンの審査基準と審査に落ちる原因

カードローンと契約するには、審査に通る必要があります。そして、今までカードローンを利用したことがない人は、「審査基準はどうなっているのか?」「審査では何が確認されるのか?」といった不安を感じるでしょう。

消費者金融カードローンと銀行カードローンでは、それぞれ審査基準が異なると考えられます。そのため、カードローンの利用を検討している人は、審査項目と審査基準の違いを申込前に確認しておきましょう。

当記事では、カードローンの審査を受けたことがない人も理解できるように、「カードローンの審査基準と審査に落ちる原因」というテーマで解説していきます。

【当サイトからのお願い】
※当サイト「お金借りる」では、「生活支援・資金援助で不幸になる人を少しでも減したい」というスローガンのもと、「多重債務者・自己破産者の減少運動」を行っています。
カードローンを利用する際には使用上の注意をよく読み、無理のない返済計画を立ててから利用しましょう。

カードローンの審査基準と審査難易度は公表されていない

はじめてカードローンに申し込む場合、カードローンの審査基準や審査難易度が気になる人もいるでしょう。しかし、各カードローンは自社の審査基準や審査難易度を公表しておりません。

実際に、メガバンクや大手消費者金融のカードローンに電話調査をしたところ、いずれの会社からも「審査基準や審査難易度については回答できない」との回答を得られました。

とはいえ、消費者金融と銀行は遵守している法律が異なります。メガバンクと大手消費者金融のカードローンを例に出すと、それぞれが遵守している法律は下記のとおりです。

【メガバンクと大手消費者金融が遵守する法律】
法律
大手消費者金融 貸金業法
銀行 銀行法

それぞれ遵守する法律が異なるため、審査基準や審査難易度も違う可能性があると推測できます。

なお、貸金業法では、「貸金業者の融資額を年収の3分の1までに制限する」という規制である総量規制が定められています。貸金業者から年収の3分の1ほどの借入があると、貸金業法を遵守する消費者金融の審査には通りません。

また、銀行法を遵守する銀行は総量規制の対象外ですが、過去に自己破産者が急増した背景から、金融庁から融資額の規制をするように命じられています。

実際、令和元年に金融庁が発表した「銀行カードローンのフォローアップ調査結果について」では、95%の銀行が利用限度額の上限を設けたと記載されています。

総量規制をもとに自主規制を定めているため、年収の3分の1ほどの借入があると、銀行カードローンの審査に通らない可能性があります。

つまり、審査基準や審査難易度は異なる可能性があるとはいえ、年収の3分の1ほどの借入があると消費者金融や銀行の審査に通りづらいと考えられるのです。

審査でみられる可能性がある項目でお借入WEB診断をしてみる

当サイトには、年齢、年収、他社借入額、現在の返済状況、勤務形態というカードローンの審査でみられる可能性がある項目から適切な借入先を診断できるお借入WEB診断があります。

総量規制などを考慮して作成されているため、カードローンの審査に絶対に通過しない人がお借入WEB診断を受けても、カードローンが結果に出ることはありません。

また、お借入WEB診断は借入の可能性を提示するだけであり、審査通過を約束するものではありません。もし診断結果でカードローンが出ても、カードローン各社の基準に満たなければ審査には通らない可能性があるので注意してください。

カードローンの審査では申込条件を満たしていることが必要

カードローンを利用する際には審査を受ける前に、申込条件を満たしているかを確認しておきましょう。申込条件は申し込むための最低条件として定められているため、条件を満たせなければカードローンを利用できません。

例えば、メガバンク(三菱UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行)と、大手消費者金融(アコム・SMBCモビット・プロミス・アイフル・レイクALSA)のカードローンの申込条件を一覧にすると下記のようになります。

【メガバンクのカードローンの申込条件】
申込条件
三菱UFJ銀行カードローン(商品名:バンクイック) ・年齢が満20歳以上65歳未満の国内に居住する個人のお客さま
・原則安定した収入があるお客さま
・保証会社(アコム(株))の保証を受けられるお客さま
みずほ銀行カードローン 契約時、満20歳以上満66歳未満の方
安定かつ継続した収入の見込める方
保証会社の保証を受けられる方
三井住友銀行カードローン お申込時満20歳以上満69歳以下の方
原則安定したご収入のある方
当行指定の保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる方

※各商品名に参照元のリンクがあります

【大手消費者金融のカードローンの申込条件】
申込条件
アコム 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方
SMBCモビット 満年齢20才~69才の安定した収入のある方(当社基準を満たす方)
プロミス 年齢20~69歳のご本人に安定した収入のある方
アイフル 満20歳以上69歳までの定期的な収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方
レイクALSA 満20歳以上70歳以下の方で安定した収入のある方

※各商品に参照元のリンクがあります

メガバンクや大手消費者金融のカードローンの申込条件では、「契約時の年齢が満20歳以上で安定した収入がある人」という点が共通しています。

安定した収入についてメガバンクや大手消費者金融のカードローンに問い合わせたところ、「原則働いており、毎月収入があること」との回答を得られました。

安定した収入があれば、アルバイトやパート、派遣・契約社員もカードローンの審査に通る可能性があります。
一方で、無職などの安定した収入がない人は、申込条件を満たしていないため、カードローンの審査に通ることはありません。

カードローンの審査の仕組み

カードローンでは、審査の詳細を公表していません。しかし、メガバンクや大手消費者金融を調査したところ、審査で確認される項目や仕組みに大きな違いはないと考えられます。

例えば、銀行や消費者金融のカードローンの審査は、「申し込み→審査→融資」という流れで行なわれており、申し込みから融資までの流れは同じです。

申込時に申告する個人情報から返済能力を判断される

カードローンに申し込む際は、名前や年収、勤務先の情報などを申告する必要があります。メガバンクや大手消費者金融を調査したところ、申込時には下記のような情報を申告することがわかりました。

【申込時に申告する情報】
個人情報 ・氏名
・年齢
・性別
・生年月日
・電話番号
・固定電話の有無
・メールアドレス
勤務先情報 ・勤務先名
・勤務先住所
・勤務先電話番号
・従業員数
・勤続年数
・雇用形態
・年収
住居・家族形態 ・自宅住所
・持ち家/賃貸
・子どもの有無
・ローンの返済額
その他 ・保険証の種類
・他社借入の残高と件数
・希望する利用限度額

※カードローンによって項目が異なる場合があります。参考程度にお考えください。

過去に自己破産者が急増した背景から、金融庁は多重債務者を減らす方針を定め、各業者に返済能力のない人への融資を制限しました。そのため、カードローンの審査では、申込者に返済能力があるのかを調査していると考えられます。

申込時に申告が求められる以上、年収や勤務先の情報などは、カードローンの審査担当者が返済能力を判断する材料の一つである可能性があります。申告した情報から返済能力を認められれば、カードローンの審査に通過できると推測できるのです。

審査で返済能力が認められる可能性がある情報は推測できる

カードローンの審査では、個人情報や勤務先情報といった項目から返済能力が判断されている可能性があります。明確な基準は公表されていませんが、カードローンの審査で返済能力を認められる可能性がある情報を推測することは可能です。

カードローンの審査で返済能力が認められる可能性がある情報には、下記が挙げられます。

【返済能力が認められる可能性がある情報の例】
項目 返済能力を認められる可能性がある人 推測できる理由
勤務先の規模 大企業 中小企業よりも倒産する危険性が低いため
勤続年数 長い 勤続年数が長いほど退職して収入がなくなるリスクが低いため
雇用形態 正社員・公務員 非正規社員よりも収入が安定しているため
年収 高い 年収が高ければ借金を返済できなくなる可能性が低いため
他社借入 なし 他社借入がなければ多重債務者となる可能性が低いため

※実際のカードローンの審査では総合的な判断によって結果が出るため、必ず返済能力を認められるとは限りません。目安程度にお考えください。

実際の基準は公表されていないためあくまで目安ですが、年収の高い人や勤続年数が長い人は、カードローンの審査担当者から返済能力を認められる可能性があります。

審査では必要書類の確認が行われる

カードローンの審査では、個人情報の申告以外にも必要書類の提出が求められます。そのため、必要書類もカードローンの審査担当者が返済能力を判断する材料であると推測できます。

提出した必要書類に不備があった場合、審査担当者が返済能力を判断できず、カードローンの審査に落ちる危険性があるので注意しましょう。

メガバンクや大手消費者金融を調査したところ、下記の必要書類が申込後に求められることがわかりました。

【カードローンに提出する必要書類の例】
本人確認書類 ・運転免許証
・健康保険証
・パスポート
・特別永住者証明書
・外国人登録証明書
・在留カード
収入証明書類 ・給与明細書
・源泉徴収票
・所得証明書
・税額決定通知書
・確定申告書

※カードローンによって提出する必要書類が異なる場合がります。
※個人事業主・自営業者の方は、収入証明書類として確定申告書の提出を求められる場合があります。

カードローンの審査では、運転免許証などの本人確認書類2点の提出が必須です。さらに、申込者の状況によっては、給与明細書や源泉徴収票などの収入証明書類の提出を求められます。

カードローンによって認められる必要書類の種類が異なるので、申込前に公式サイトから確認しておきましょう。

ちなみに、マイナンバー制度の開始に伴い、提出する必要書類に個人番号(マイナンバー)が記載されている場合がありますが、カードローンでは申込者の個人番号を収集行為は違法となってしまいます。

そのため、提出する必要書類に個人番号が記載されている場合は、見えないように加工したうえでカードローンに提出しましょう。

審査では勤務先に在籍確認が行われる

カードローンの審査では、申込者の勤務先に在籍確認が行なわれます。

在籍確認とは、「申込者が申告した勤務先で本当に働いているのか?」を確認するための審査工程です。カードローンの審査担当者が申込者の勤務先に直接電話をする場合もあるので、「電話審査」と呼ばれることもあります。

カードローンの審査では、銀行や消費者金融といった会社を問わず、必ず在籍確認が行なわれます。そのため、「在籍確認なしのカードローンは存在しない」と言っても過言ではありません。

ただし、「WEB完結申込を利用した場合は勤務先の電話なし」と公式サイトで明言しているSMBCモビットのようなカードローンもあります。SMBCモビットのWEB完結申込を利用した場合、カードローンから勤務先に電話がくることはありません。

なお、SMBCモビットのWEB完結申込を利用できるのは、みずほ銀行・三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行のいずれかの銀行口座を持っている人です。また、社会保険証(全国健康保険協会発行の保険証)、もしくは組合保険証などの書類を提出する必要があります。

SMBCモビットの在籍確認については、「SMBCモビットのWEB完結なら在籍確認時に勤務先へ電話なし」で詳しく解説しています。

消費者金融と銀行のカードローンの審査の違い

消費者金融カードローンと銀行カードローンの審査における違いは、「銀行法」に基づいて審査を行っているか、「貸金業法」に基づいて審査を行っているかという点です。

「貸金業法」とは、貸金業者の規制等に関する法律で、1983年に施行されました。アコムやプロミスなどの大手消費者金融は、この貸金業法に準じた融資・審査を行っています。

一方、銀行カードローンは銀行法という法律に則っているため、融資速度や審査の方法が消費者金融とは異なります。

なお、消費者金融カードローンと銀行カードローンの審査や金利における比較は、「銀行カードローンと消費者金融の違いを解説」を参考にしてください。

銀行カードローンの審査では融資額の自主規制が行われている

銀行カードローンは銀行法が適用されることから総量規制の対象外ですが、2018年以降は自主規制という形で融資額を抑えている傾向があります。銀行カードローンは、2017年に金融庁から過剰融資を指摘され、カードローンの審査を厳格化する必要がありました

実際、令和元年に金融庁が発表した「銀行カードローンのフォローアップ調査結果について」では、9割の銀行が業務体制を見直したと記載されています。自主規制を敷いたことで、多くの銀行カードローンでは下記のような規制が定められました。

【銀行カードローンの自主規制の例】
  • 融資額の制限
  • 即日融資の停止
  • 専業主婦の融資を停止
  • 収入証明書類の提出を要求する基準の引き下げ

銀行カードローンでは、即日融資や専業主婦の融資を停止するとともに、融資額を制限するなどの自主規制を行なっています。

自主規制は総量規制をもとに定められているため、銀行カードローンは、総量規制対象外であるものの、年収の3分の1以上の融資を受けられる可能性は低いと考えておきましょう。

「成約率が高い=審査が甘い」は違う!カードローンの成約率を比較

カードローンが公式サイトで公開しているIR情報(業績情報)には、成約率が掲載されています。ここで注意したいのは、成約率が高いからといって、カードローンの審査が甘いわけではありません。

カードローンの成約率は「契約者数÷申込者数」で計算されており、審査通過後にキャンセルした人は契約者に含まれていません。つまり、審査に通過したけど契約していない人の数は把握できないので、成約率から審査の甘さを判断することは不可能なのです。

とはいえ、各カードローンの成約率が気になる人もいるでしょう。メガバンクは成約率を公表していませんが、大手消費者金融のなかには公式サイトで成約率を公表している会社もあります。

それでは、大手消費者金融のカードローンの成約率を見ていきましょう。

【大手消費者金融のカードローンの成約率の比較表】
成約率
アコム 40.4%(2021年2月時点)
プロミス 35.8%(2021年2月時点)
アイフル 40.5%(2020年12月時点)
レイクALSA 33.1%(2020年12月時点)

※SMBCモビットは成約率を公表していません。

消費者金融カードローンの成約率は30%~40%台であり、約10人に3人~4人が審査に通過している計算となります。(SMBCモビットは非公開なので除く)

一方、銀行カードローンはIR情報で審査通過率を公表しておらず、明確な数字が分かりません。

成約率はカードローンの審査の甘さや厳しさを表すものではありませんが、カードローンを選択するひとつの目安として考えておきましょう。また、カードローンの審査の甘さや厳しさが気になる人は、「審査に通りやすいカードローン会社が存在しない理由」を参考にしてください。

カードローンの審査時間は銀行と消費者金融で異なる

カードローンの審査にかかる時間は、銀行と消費者金融で異なります。まずは、銀行と消費者金融のカードローンの審査にかかる時間を確認しましょう。

【カードローンの審査時間】
業者 審査時間(期間)の目安
消費者金融カードローン 最短30分~1時間程度
銀行カードローン 最短翌営業日~1週間程度

審査時間は各カードローンによって異なりますが、消費者金融カードローンには、「審査時間は最短30分」「融資までは最短1時間」と最短即日融資に対応している会社もあります

一方、銀行カードローンは審査結果の回答が最短でも翌営業日であり、申込者の条件によっては審査に1週間程度の時間を要する場合があります。2018年に行なわれたカードローンの審査の厳格化に伴い、銀行カードローンが即日融資を自主規制しているからです。

そのため、消費者金融のカードローンであれば、急ぎの融資に対応できる可能性があります。

なお、大手消費者金融(アコム・SMBCモビット・プロミス・アイフル・レイクALSA)と、メガバンク(三菱UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行)のカードローンの審査時間を下記の表にまとめました。

【大手消費者金融のカードローンの審査時間】
カードローン 審査時間
アコム 最短30分
SMBCモビット 最短30分(※)
プロミス 最短30分
アイフル 最短25分(※WEB申込の場合)
レイクALSA 最短30分

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※プロミスとレイクALSAの審査時間は電話調査結果によるものです。

【三大メガバンクのカードローンの審査時間】
カードローン 審査時間
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 最短翌営業日
三井住友銀行カードローン 最短翌営業日
みずほ銀行カードローン 最短2~3営業日

※それぞれの審査時間は電話調査結果によるものです。

カードローンの審査時間は申込者の条件によっても異なるので、一概に「○時間」とは言えません。各カードローンが公表している審査時間は、あくまでも「最短」という条件なので注意しましょう。

なお、即日融資を希望する場合は、事前にカードローンに電話してみてください。カードローンの担当者の判断にもよりますが、融資を急ぐ旨を電話で相談することで優先して審査を行なってくれる可能性があるからです。

カードローンの審査時間や時間を短縮する方法については、「カードローンの審査時間(期間)と早くするコツ」を参考にしてください。

カードローンの審査に落ちる原因になりうること

下記の条件に1つでも当てはまってしまうとカードローンの審査に落ちる可能性があるので注意しましょう。

【カードローンで審査に落ちる原因になりうること】
  • 安定した収入がない
  • 延滞や債務整理などを起こした経験がある
  • 他社借入件数(他社借入残高)が多い
  • 虚偽申告している

「安定した収入がない」「延滞や債務整理などを起こした経験がある」などに該当する場合、返済能力を認められず、銀行・消費者金融ともにカードローンの審査に落ちる可能性があります

そのため、これからカードローンに申し込む人は、自分がカードローンの審査に落ちる可能性がある原因に該当していないかを事前に確認しておきましょう。

安定した収入がない

「年収が〇万円以上で融資可能」という明確な基準は公表されていませんが、毎月1回以上の安定した収入がない人は、カードローンの審査に落ちる可能性があります。各カードローンの申込条件には、「安定した収入がある人」という条件が含まれているからです。

なお、大手消費者金融とメガバンクを調査したところ、給料形態は固定給・歩合給・時給制のいずれでも審査に通過する可能性があるとのことでした。ただし、年金やギャンブルなどによる収入は安定した収入とみなされないとのことです。

なお、生活保護などの国や地方自治体から給付金を受給している人は、安定した収入があるとは認められず、カードローンの審査に落ちる可能性があります。

延滞や債務整理などを起こした経験がある

延滞や債務整理などを起こした経験がある人は、カードローンの審査に通らない可能性があります。各カードローンの審査担当者から返済能力を認められないと推測できるからです。

延滞や債務整理などの履歴は、個人信用情報機関という機関に信用情報として保管されています。信用情報とは、個人のローンやクレジットカードなどの利用履歴のことであり、住宅ローンや携帯電話本体の分割払いなどの履歴も対象です。

また、信用情報は銀行・消費者金融・クレジットカード会社などに共有されており、各カードローンの審査担当者は、申込者が過去に起こした履歴を把握できます。

そのため、長期延滞や債務整理を起こした経験がある人は、過去の履歴を隠して申し込みしてもカードローンの審査に通らないと考えられます。

ただし、履歴には登録期間が決められており、期間が過ぎると個人信用情報機関から履歴が消えます。長期延滞や債務整理を起こした経験がある人は、カードローンの審査を受ける前に、過去の履歴が個人信用情報機関から消えていないかを確認しましょう。

個人信用情報機関に記録される情報の種類と登録期間

個人信用情報機関に記録される情報には、どのような種類があるのでしょうか。情報の登録期間と併せて確認していきましょう。

【情報の種類と登録期間】
種類 登録期間
長期延滞 最長5年
代位弁済 最長5年
債務整理 最長5年~10年
強制解約 最長5年
貸付自粛依頼(協会停止)※ 最長5年

参照元:JICC公式サイト「登録内容と登録機関」
※貸付自粛依頼(協会停止)は、本人の意思で取り消すことが可能です。

長期延滞や債務整理などを起こした場合、個人信用情報機関に異動情報が記録されます。インターネット上では、個人信用情報機関に異動情報が記録されている人を「ブラックリストに載っている(または信用情報に傷がある)」と表現されることもあります。

延滞などを起こしてブラックリストに載っている人は、返済能力を認められずに、銀行・消費者金融などのカードローンの審査に通らない可能性があります。

なお、情報の登録期間は発生日からではなく、問題から解消された日付からです。たとえば、5月1日に長期延滞を起こし、8月1日に長期延滞の問題を解消した場合、履歴が削除されるのは、最長で5年後の8月1日となります。

そのため、長期延滞や債務整理を起こした経験がある人は、問題が解消された日を思い返し、個人信用情報機関から履歴が消えているかを考えましょう。

延滞などに心当たりがある人は信用情報の開示請求をする

延滞などに心当たりがある人は、個人信用情報機関に信用情報の開示請求することを検討しましょう。個人信用情報機関に信用情報の開示請求を行なうことで、現在の信用情報の状態を確認できるからです。

【信用情報の開示請求方法と発行手数料】
個人信用情報機関 開示方法 発行手数料
シー・アイ・シー(CIC) ・PC
・スマホ(携帯電話)
・郵送
・窓口
1,000円(窓口:500円)
日本信用情報機構(JICC) ・スマホ
・郵送
・窓口
1,000円(窓口:500円)
全国銀行個人信用情報センター(KSC) ・郵送 1,000円

なお、個人信用情報機関には「シー・アイ・シー(CIC)」「日本信用情報機構(JICC)」「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」の3つが存在し、カードローンはいずれかの機関に必ず加盟しています。

カードローンによって加盟している個人信用情報機関は異なります。そのため、利用したいカードローンの公式サイトから加盟する機関を確認したうえで、信用情報の開示請求を行なってみてください。

短期間で複数社に申し込むと審査に落ちる可能性が上がる

短期間で複数社のカードローンに申し込みした場合、「申し込みブラック」と呼ばれる状態に陥り、カードローンの審査に落ちる可能性があります。

カードローンの審査担当者は、申し込みブラック状態の人に対して、返済能力を認めない可能性があるからです。

ただし、申し込みブラックは、「○件以上の申し込み」という明確な基準は公表されていません。申し込みブラックと判断する基準はカードローンの判断に委ねられるので、1社1社慎重に選んだうえで審査を受けましょう。

なお、急ぎの融資を希望していない場合は、個人信用情報機関から申込履歴が削除される6か月が経過してから、カードローンの申し込みを検討しましょう。個人信用情報機関から申込履歴が消えている場合、申し込みブラックだと判断されることはありません。

利用履歴がなくても審査落ちになる可能性がある

カードローンなどの利用経験がない人も、審査に通らない可能性は0ではありません。

利用経験がない人はいわゆる「スーパーホワイト」と呼ばれており、信用情報に利用履歴がありません。カードローンの審査では信用情報も返済能力を判断する材料の一つであるため、利用履歴がなければ、審査担当者から返済能力を認められないとも考えられるのです。

携帯電話本体の分割払いが遅れていても審査落ちの可能性がある

カードローン利用者でなくても、携帯電話本体の分割払いで延滞がある場合は、審査に落ちてしまう可能性があります。携帯本体の分割払いによる延滞は個人信用情報機関に記録されてしまうからです。

実際に、携帯ブランドのauは、「個品割賦販売契約(分割払い)にあたって」で分割払いの契約情報は信用情報に登録すると記載されています。

ただし、個人信用情報機関に記録されるのは、携帯電話の本体料金における延滞です。携帯電話の基本料金や通話料金はローンを組んでいないため、延滞をしても個人信用情報機関に登録されません。

カードローンの利用を検討している人は、毎月の携帯電話の支払いに延滞が無いように注意しましょう。

奨学金の返済が遅れていても審査落ちの可能性がある

大学や専門学校を卒業した人のなかには、奨学金を利用して学校に通っていた人もいるでしょう。奨学金の返済が遅れている場合、個人信用情報機関に記録されるので、カードローンの審査に悪影響を与える可能性があります。

奨学金の融資を行なっている日本学生支援機構(JASSO)は「個人信用情報機関への個人情報・個人信用情報の登録」にて、返済開始6か月目以降に、3か月以上の遅延・延滞をした人に限り、個人信用情報機関に延滞の履歴を登録すると記載しています。

つまり、奨学金の返済が3か月以上遅れている人は、信用情報として履歴が記録されるため、カードローンの審査担当者から返済能力を認められずに審査に通らない可能性があるのです。

そのため、奨学金を返済中の人は、完済するまで遅延・延滞のないように十分注意しましょう。

他社借入の件数や残高が多い

他社借入の件数や残高が多い人は、カードローンの審査に落ちる可能性があります。カードローンの審査担当者は、他社借入の件数や残高が多い人に対して、多重債務者とみなす可能性があるからです。

他社借入が原因の審査落ちは、カードローンを利用したことがない人も、知らず知らずのうちに該当している場合があるので注意が必要です。

たとえば、すでにクレジットカードのキャッシング枠を利用してお金を借りている人は、年収の3分の1を超える借入残高がある場合、総量規制の対象となる消費者金融カードローンの審査には通りません。

なお、審査落ちとなる他社借入件数の基準は公表されておらず、一概に「○件以上は審査落ち」と言うことができません。

しかし、日本信用情報機構の『信用情報提供業務に関する統計(2019)』によると、貸金業者の平均利用件数は1人あたり1.5件と記載されています。

そのため、2件以上の借入があると多重債務者とみなされる可能性があり、カードローンの審査に落ちる危険性があると言えます。

虚偽申告している

カードローンの審査を受ける場合、少しでも自分を良く見せようと「嘘」をついてしまう人もいるかもしれませんが、審査落ちの原因になりかねません。嘘をついてカードローンに申し込みした人は、カードローンの担当者から返済能力を認められない可能性があるからです。

さらに、カードローンに嘘をついてそれが発覚した場合、詐欺未遂に問われる危険性もあるので絶対にやめましょう。

虚偽申告がバレてしまう理由については、「カードローンの審査で嘘をついてもすぐにバレてしまう」でも解説しているので参考にしてください。

カードローンの審査に落ちないための対策

それでは、これから申し込む人のために、カードローンの審査に落ちないための対策を解説していきます。下記の方法を行なうことで、カードローンの審査に通る可能性があります。

【カードローンの審査に落ちないための対策】
  • 利用限度額を低めに設定する
  • クレジットヒストリー(クレヒス)を作る
  • 利用目的の回答に注意する

「利用限度額を低めに設定する」「利用目的を明確にする」といった方法を行なえば、銀行・消費者金融のカードローンの審査に通る可能性があります。カードローンの審査に通りたい人は、審査に落ちないための対策を参考にしましょう。

利用限度額を低めに希望する

カードローンの審査に落ちないための対策には、利用限度額を低めに希望することが挙げられます。

消費者金融カードローンの審査を受ける場合は、利用希望額を低めに申告することで、総量規制の制限である年収の3分の1の範囲内に収めやすくなります。

また、銀行カードローンも自主規制により融資額を制限している傾向があるため、利用限度額を下げれば、制限に抵触しない可能性もあるのです。

つまり、利用限度額を低めに設定することは、「総量規制や自主規制の問題を回避できる可能性がある」というメリットがあるのです。

そのため、カードローンの審査に通りたい人は、必要最低限の利用限度額でカードローンに申し込みましょう。

クレジットヒストリー(クレヒス)を作る

カードローンの審査では、申込者の信用情報から返済能力を判断しています。実際に、大手消費者金融5社を調査したところ、いずれも信用情報から返済能力を判断していることがわかりました。

信用情報には、カードローンだけでなく、クレジットカードや携帯電話本体の分割払いなどの履歴も登録されています。必ずとは限りませんが、支払期日を守ったうえで支払い履歴(クレジットヒストリー)を作れば、返済能力を認めてもらえる可能性があるのです。

とはいえ、クレジットヒストリーを作る方法は時間がかかるため、すぐにカードローンの審査に通りやすくなるとは言えません。すぐにカードローンを利用したい人は、まずは他の審査に落ちない対策を意識しましょう。

利用目的の回答に注意する

カードローンによっては、申込時に借入額の利用目的を申告する場合がありますが、回答には十分に注意しましょう。借入額の利用目的は原則自由ですが、回答次第ではカードローンの審査に悪影響を及ぼす危険性があるからです。

たとえば、大手消費者金融のアコムは公式サイト「商品内容のご説明」にて、資金使途は生計費に限ると記載しています。

そのため、借金の返済費用やギャンブルなどの生計費以外を利用目的として申告すると、アコムの定める利用目的とは異なるため、審査に落ちる可能性も0ではないのです。

嘘の利用目的を伝えるのは絶対にいけませんが、回答次第では審査担当者からの印象が悪くなる危険性があると覚えておきましょう。

カードローンの審査が不安な人は「お借入れ診断」を試してみる

カードローンの審査に通るか不安な人は、まずは「お借入れ診断」を試してみましょう。お借入れ診断では、カードローンに申し込む前に借入可能かどうかの目安を簡易的に調べられるからです。

カードローンには、年齢や年収、他社借入状況などの項目を入力するだけで、すぐに借入可能かの目安が分かる無料診断サービスを提供しています。

【大手消費者金融のカードローンのお借入れ診断】
  • アコム(3秒診断)
  • SMBCモビット(お借入診断)
  • プロミス(お借入シミュレーション)
  • アイフル(1秒診断)

「お借入れ診断」は信用情報(延滞の有無など)に関する入力項目がないので、カードローンの審査を受ける前の目安にしかなりません。診断結果で「融資可能」と表示されても、カードローンの審査の通過を保証するものではないので注意しましょう。

とはいえ、「他社から○件以上借入していたら審査落ち」「他社から○万円以上借入していたら融資不可」という目安にはなるので、カードローンの審査に不安を感じている人は、お借入れ診断を活用しましょう。

なお、カードローンの審査に通るかがどうしても不安な人は、「カードローンの審査に不安がある人の対策」を参考にしてください。

FP監修者プロフィール

人物 阿久津 和宏氏、ファイナンシャル・プランニング技能士
氏名 阿久津 和宏 FP・阿久津氏和宏の詳細
職業 ファイナンシャル・プランナー/行政書士
保有資格 2級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)
トータルライフコンサルタント(生命保険協会認定)
DCマイスター(DCマイスター協会認定)
プライベートバンキングコーディネーター(日本証券アナリスト協会)
健康経営アドバイザー(東京商工会議所)
個人情報保護士(全日本情報学習振興協会)
プロフィール 国内の大手金融機関にでの勤務を経た後、ファイナンシャル・プランナーとして独立する。 独立系ファイナンシャル・プランナーとして、中小企業の経営者・会社員・OL向けにセミナーやカウンセリング活動を展開。そのほかに、学校の先生や店舗経営に携わる方向けのコミュニケーションセミナーも好評を得ている。セミナー開催回数:47回(2017年実績)

カードローンの審査基準と審査に落ちる原因 記事一覧

在籍確認なしのおまとめローンは存在しないのか?

消費者金融や銀行カードローン、クレジットカードのキャッシング機能などから融資を受けている人のなかには、「借金をまとめたいけど、勤務先に電話が来るのは嫌だ」と思っている人もいるでしょう。 そこで気になるのは、「在籍確認なしのおまとめローンはないのか?」という点ではないでしょうか。今回は、「在籍確……

カードローンの審査で嘘をついてもすぐにバレてしまう

銀行カードローンや消費者金融といったカードローンの審査を受ける際、審査に通る可能性を高めようと「嘘」をつくことを考える人もいるのではないでしょうか。 しかし、嘘をついてもカードローンの会社から虚偽を見抜かれる可能性は高いです。また、虚偽申告が発覚した場合、審査に落ちるだけでなく、詐欺未遂として……

審査の甘い銀行カードローンを探している時の解決方法

銀行カードローンは誰でも利用できるほど審査が甘くありません。そんな中で審査の甘い銀行カードローンをお探しの方は、次のどれかの条件に当てはまる方もいるのではないでしょうか。 【審査の甘い銀行カードローンを探す人の特徴】 銀行カードローンの審査に落ちてしまった 信用情報に延滞や債務整理の履……

審査なしのカードローンを利用したい時の解決策

カードローンでお金を借りたい時、審査をなしにすることは出来ません。 カードローンは無担保でお金を借りられる商品で、返済能力がある人にしか融資を行ないません。そのため、申込者の返済能力を測るためにカードローンの審査は実施されていると考えられます。 誰でも審査に通過できるほどカードローンの審……

カードローンの在籍確認の内容と電話連絡なしの業者

カードローンの利用申し込みをすると、申込者に返済能力があるかどうかを確認するため、必ず契約前に審査が行われます。 そして審査の過程で行われるのが、勤務先への在籍確認です。 通常、カードローンでお金を借りることを職場の方たちに知られたくはありませんし、できれば在籍確認を避けて通りたいと考える方……