クレジットカードを知る

初めて作る人へ

クレジットカードの基礎知識

ブラックリスト入りした方はアメックスカードの審査には通過できない

「プロパーのアメリカン・エキスプレス・カード(アメックスカード)はブラックリスト入りした方でも審査通過可能」と聞いて、申し込もうと思った方も多いと思います。

過去に自己破産や任意整理等の債務整理を経験した方や、クレジットカードやカードローン等の支払を長期遅延もしくは短期遅延を何度も繰り返した方は、個人信用情報に異動情報(金融事故情報、ブラック情報とも)が記録され、いわゆるブラックリスト入りの状態になります。

クレジットカードの審査では、必ず個人信用情報が参照され、異動情報が記録されている方は支払い能力の無い方と判断されます。一度ブラックリスト入りした方は、個人信用情報から異動情報が消去される5~10年後まで、一般的なクレジットカードの審査通過が困難です。

にもかかわらず、一般的に審査が厳しいと言われるアメックスカードをブラックリスト入りした方が持てるという噂を聞いて不思議に感じる方も多いでしょう。

実はこの噂には語弊があり、正しくは「属性情報(勤続年数や雇用形態)が低い方でも年収が高ければ、アメックスの審査に通過できる可能性がある」というのが正解です。

アメックスカードを申し込んだ際の審査について解説していきます。

なぜ、ブラックでも審査に通過できた事例があるのか?

インターネットで「ブラックリストに載っていたけれど、アメックスカードを発行できた」という内容の口コミや記事を見たことがある方も多いと思います。

ブラックの方でもアメックスカード審査に通過できた事例がある理由は、実は申し込み者がブラックリストに登録されていないからです。
アメックスカードが作れないブラックリストに該当する方は、基本的に下記の項目に該当する方です。

「消費者金融の借金が少し残っている」「カード利用代金の振り込みを数日忘れた」などの理由では、アメックスカードが作れないブラックリストになることはありません。

ちなみに、上記の項目に1つでも当てはまり、ブラックリスト入りした方はアメックスカードの審査には通過できないので注意しましょう


ポイントを航空マイルへ移行可能

空港ラウンジ無料利用サービスあり
日常から旅行までサポートする特典

入会特典で最大30,000円相当のポイントをプレゼント!

属性情報が低い方でも年収が高ければ、アメックスの審査に通過可能な理由

属性情報が低い方でも年収が高ければ、アメックスの審査に通過可能な理由は、「AMEXは一般的なクレジットカードとは違う、独自の審査を行っている」からです。

外資系なので審査基準が異なる

アメックスカードを発行するアメックス社は、外資系カード会社なので、日本の楽天カードやJCBカードとは異なる審査基準を設けています。

アメリカン・エキスプレス社は、属性情報(勤続年数や雇用形態)が低い方も年収が高ければ積極的に入会させる方針を取っています。
これは、アメックス社が、属性情報が低くても年収が高ければカードを頻繁に利用する優良会員になると考えているためです。そのため、他社クレジットカードの審査に落ちる方も、年収が高ければアメックスカードの保有できる可能性があります。

年収額を重視する

アメックスカードは、他社クレジットカードに比べ、審査で年収額を重視する傾向にあります。

アメックス社は、アメックスカードを富裕層に持ってもらい、海外旅行の旅費や高級ホテルの料金支払いに利用してもらいたいと考えています。そのため、高額決済が見込める高収入の方を優遇し、属性情報が低くても審査に通過させる場合もあります。

他社クレジットカードはアメックス社ほど富裕層の利用を想定せず、小額決済を期日まで確実に返済できる方を評価します。そのため、いくら年収額が高くても属性情報が低い方は審査に落ちる確率が高くなります。


ポイントを航空マイルへ移行可能

空港ラウンジ無料利用サービスあり
日常から旅行までサポートする特典

入会特典で最大30,000円相当のポイントをプレゼント!

アメックスカードでクレヒスを作ると、今後の審査で有利に働く

属性情報が低い方は、アメックスでクレヒスを作ることで、今後の審査で有利に働く可能性があります。

一般的に、クレジットカードの審査では、クレジットカードやカードローンの利用履歴であるクレヒス(クレジットヒストリーとも)が参照されます。クレヒスはカード申込者の支払い能力を調査する重要な資料です。定期的にアメックスを利用し、遅延なく支払いを繰り返すことで、カード会社に高く評価される良好なクレヒスを作れます。

対して、ブラックリスト入りしてしまうと、異動情報が個人信用情報から消去されるまで一切クレヒスを作れません。ブラックリスト入りした方はクレジットカードやローン等の信用契約審査に通過できず、利用や返済によるクレヒス作りができないためです。

そのため、個人信用情報から異動情報が消去された方がクレジットカードに申し込んでも、過去に一切のクレヒスがないことから元ブラックリストだとカード会社に気づかれ審査落ちすることが多々あります。

ブラックリストに登録されると10年間はアメックスカードを発行できない

アメックスカードの審査では、一般的なクレジットカードに比べ古い個人信用情報まで参照されます。これは、アメックスカードの審査において、全銀協(KSC)の個人信用情報を参照するためです。

一般的なクレジットカードは、CICとJICCという2つの個人信用情報機関のみ審査に利用します。

しかし、アメックスカードの審査では、CICとJICCに加えKSCの個人信用情報も参照します。CICとJICCに記録された異動情報は最長5年で消去されますが、KSCに記録された異動情報は最長10年間記録され続けます。
そのため、一度ブラックリストに登録されてしまうと10年間はアメックスカードを発行できません。

アメックスの審査基準は見直された

アメックスカードの審査は、他社クレジットカードに審査が厳しいと言われていましたが、現在では審査基準が見直されました。

ただし、審査基準が見直されたといっても、アメックスカードの中で最も下位に属するアメリカン・エキスプレス・カード(アメックスグリーン)の審査に通過するためには、最低でも年収300~350万円程度が条件と言われています。
そのため、ブラックリストに登録されていなくても、収入額の少ない方は審査通過が困難です。

アメックス社発行のアメックスカードはプロパーカードと同様の審査基準

アメックス社が発行する、ANAアメリカン・エキスプレス・カードやアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードなどのアメックスカードは、プロパーのアメックスカードと同様の審査基準です。そのため、これらのアメックス社が発行する提携カードは、属性情報が低くても年収が高ければ審査通過できる可能性があります。

また、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード等の法人カードも、属性情報(設立年数など)が低くても業績が良ければ審査通過できる可能性があります。
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは、法人設立直後の方でも申し込めるクレジットカードです。そのため、「新事業を立ち上げたばかりの方」にも向いています。

ブラックリスト入りした方は他社発行アメックスカードも審査通過が困難

他社発行のアメックスカードは、ブラックリスト入りした方が申し込んでも審査通過が困難です。一般的なクレジットカードと同様に、審査落ちの可能性が高いといえます。

他社発行のアメックスカードとは、クレディセゾン発行のセゾン・アメリカン・エキスプレス(R)・カード(以下セゾンアメックス略)や、MUFGニコス発行のMUFGアメリカン・エキスプレス・カード等のことです。これらのアメックスカードは発行元のカード会社が審査を担当します。

借金返済を滞納している方はアメックスカードの審査通過が困難

借金の返済を滞納している方は、アメックスカードに申込んだ場合も審査通過が困難です。

現在進行形で借金返済を滞納している方は、アメックスカードの支払いを滞納する可能性が高いと考えられます。
アメックス社も、カード料金を滞納している方は、貸し倒れの可能性が極めて高いと判断
し、審査に落とします。

アメックスカードの審査に通過できない方はデビットカードに申し込む

ブラックリスト入りしていることや、年収額が足りないことなどを理由にアメックスカードの審査に通過できない方は、デビットカードに申し込みましょう。

デビットカードは、コンビニやインターネットショッピング、海外旅行先等でクレジットカードと同様に利用できる決済カードです。後払いのクレジットカードと異なり、決済時に利用額が紐付け口座から即時に引き落とされるため、審査不要で発行可能です。

ただし、デビットカードはクレジットカードに比べポイント還元率が低く、海外旅行傷害保険や優待割引等の特典も付帯しません。また、ガソリンスタンドや高速道路料金といった後払い制サービスには利用できないことも多々あります。
さらに、デビットカードは分割払いやリボ払いといった支払い方法を選択できないため、高額な商品を購入した際にも毎月の支払い額を調整できません。

デビットカードを利用するにあたって上記の点が気になる人は、ブラックリスト状態が解消してからクレジットカードに申し込みましょう。

入会直後のアメックスカードは分割払いやリボ払いを利用できない

入会直後のアメックスカードは、分割払いやリボ払いを利用できません。
アメックスカードで分割払いやリボ払いを利用するためには、以下の条件を満たす必要があります。

分割払いの利用方法

アメックスカードで分割払いを利用する場合は、カード裏面に記載された電話番号に連絡して申し込んで下さい。申し込み後に行われる審査に通過すると、設定された利用可能枠の範囲内で分割払いが利用可能になります。また、同じ利用可能枠の中でボーナス一括払いも使えるようになります。

ただし、アメックスの分割払い・ボーナス一括払いは、伊勢丹百貨店や小田急百貨店など、一部の取り扱い加盟店しか利用できません。

リボ払いの利用方法

アメックスカードのリボ払いサービスはペイフレックスと呼ばれます。事前に設定した金額以上の利用分が自動的にリボ払いになる「自動リボ」と、一括払いを選択した決済を後日リボ払いに変更できる「あとリボ)のどちらかに登録できます。

ペイフレックスは、カード入会後3カ月以降の基本カード会員を対象に、アメックス社が順次審査のうえで登録手続きを行います。登録手続きが完了したら書面にて案内があるので、書面を受け取ったらペイフレックスを利用できます。

アメックスカードはキャッシングができない

アメックスカードは、キャッシング機能を付帯していません。海外キャッシングも利用できないため、国外で現地通貨を引き出すことはできません。

キャッシングを利用できるクレジットカードとしては、たとえばアコムACマスターカードが挙げられます。アコムACマスターカードは、キャッシング枠が最大800万円まで付帯され、最短で即日発行が可能です。

年会費永年無料
自動キャッシュバックあり
収入がある20歳以上の人は申込可能
申し込み前にWEB3秒診断で発行できるか確認可能

監修者 伊藤 亮太

人物 ファイナンシャルプランナー伊藤亮太
氏名 伊藤 亮太
職業 ファイナンシャル・プランナー
保有資格 CFP
DCアドバイザー
証券外務員
プロフィール

証券会社にて営業や経営企画部門、社長秘書などの業務に加えて、投資銀行業務にも携わる。
現在は独立系のファイナンシャル・プランナーとして、資産運用と社会保障を主に、相談・執筆・講演を行なっている。これまでの公演先には金融庁・日本証券業協会・大阪取引所・SBI証券・東海労働金庫・スルガ銀行など、金融業界で多数あり。