クレジットカードを知る

初めて作る人へ

クレジットカードの基礎知識

アメックスが店舗で使えない理由

アメリカン・エキスプレス(アメックス)は、6大国際ブランド(VISA、MasterCard、JCB、ダイナース、アメックス、銀聯)のひとつです。アメックスは国際ブランドの中でも世界シェアが4位で、日本国内でも幅広い地域で使用できます

しかし、アメリカン・エキスプレス・カードは店舗での支払いの際に、稀にアメックスは使用できませんと断られた方もいるのではないでしょうか。

そこで、なぜアメリカン・エキスプレス・カードは稀に店舗で使えないといわれてしまうのか、その理由について解説しています。


ポイントを航空マイルへ移行可能

空港ラウンジ無料利用サービスあり
日常から旅行までサポートする特典

入会特典で最大30,000円相当のポイントをプレゼント!

店員がアメリカン・エキスプレス・カードをJCB加盟店で使えることを知らないから

アメリカン・エキスプレス・カードが店舗で使えないといわれる理由として挙げられるのが、加盟店の店員がアメリカン・エキスプレス・カードをJCBカード加盟店舗で使えることを知らないということです。

アメックスは加盟店手数料が高いのでアメックス加盟店の数が他の国際ブランドに比べ少ないです。
しかし、アメックスは国際ブランドJCBと業務提携したので、JCBカード加盟店でもアメリカン・エキスプレス・カードを使用できます。
そのため、店頭にアメックスのロゴがなくても、JCBカード加盟店舗であれば基本的にアメリカン・エキスプレス・カードを利用できます。

しかし、JCBカード加盟店舗でアメリカン・エキスプレス・カードが使えることを知らない店員が対応すると、アメリカン・エキスプレス・カードでの支払いを断られてしまう可能性があります。
ただし、JCBカード加盟店の中でも契約内容によりアメリカン・エキスプレス・カードでクレジットカード決済できない場合があるので注意してください。

店側の決済機が古いから

店側のカード決済機が古いとJCB加盟店であってもアメリカン・エキスプレス・カードでのクレジットカード決済ができない場合があります。アメックスとJCBが提携したのは2,000年頃なので、それ以前のカード決済を使っている地方のJCB加盟店ではアメリカン・エキスプレス・カードが使えない場合があります

アメックスカードが使えない時の助け船
PayPayにアメックスを登録することで
コンビニ・飲食など全国200万店舗で支払可能!
スマホひとつで簡単支払いはPayPay

カード番号数が少ないから

アメリカン・エキスプレス・カードはカード番号数が少ないためネット店舗では使えない場合があります。インターネットショッピングではクレジットカード決済の場合、16桁のクレジットカード番号を入力する必要があります。
しかし、アメリカン・エキスプレス・カードはカード番号数が15桁しかないため、インターネットのJCB加盟店では使えない場合があります。

アメリカン・エキスプレス・カードが利用限度額に達しているから

利用限度額が原因でアメリカン・エキスプレス・カードが店舗で使えなく場合があります。アメリカン・エキスプレス・カードには利用限度額がないと思う方が多いですが、アメリカン・エキスプレス・カードにも利用限度額があります。

アメリカン・エキスプレス・カードの利用限度額はカード発行時に通知されません。そのため、利用限度額を知るにはアメックス相談窓口に問い合わせる必要があります。
相談窓口の電話番号はカード裏面に記載されています。相談窓口への電話は通話料無料で利用可能です。ただし、携帯電話の種類によっては通話料が発生します。

カード有効期限が切れているから

アメリカン・エキスプレス・カードの有効期限はカード発行から5年です。アメリカン・エキスプレス・カードの有効期限が切れていると、店舗での支払いにアメリカン・エキスプレス・カードは使えません。
有効期限が近づくと、カード更新の済んだ新しいアメリカン・エキスプレス・カードが郵送で届きます。更新前のカードは一切のサービスが利用できないので、ハサミで裁断して廃棄しましょう。

加盟店ではなかったから

アメリカン・エキスプレス・カードが店舗で使えない理由として一番に考えられるのが、店舗がアメックス、JCB加盟店ではなかったということです。アメックスとJCBを合わせた加盟店数は日本のクレジットカード加盟店の 98%以上なので、国内であればアメリカン・エキスプレス・カードはほとんどどこでも使えます

しかし、地方に行くとアメックス、JCBにも加盟していない店舗が稀にあります。

海外ではアメックスは使えない

アメックスは海外(特にアジア圏や中東)では使えない場合が多いです。アメックス社が発行するアメリカン・エキスプレス・カードは元々富豪層向けに発行されているクレジットカードです。そのため、アメックスの加盟店の多くが、先進国の大都市などに集中しています。

アジア圏や中東にはまだ経済が成長していない、発展途上国が多く存在します。発展途上国では国際シェア率の高いVISAやMasterCardを採用している店舗がほとんどです。そのため、アジア圏や中東の一部地域ではアメックスが使えない場合が多いです。

コストコではアメックスが使えなくなる

コストコはアメックス社と業務提携しているため、コストコでのクレジットカード支払いはアメリカン・エキスプレス・カードしか使えません。
しかし、アメックス社は2018年1月31日を持ってコストコホールセールジャパンとの提携を解消することを発表しました。

そのため、2018年2月1日からはコストコでアメリカン・エキスプレス・カードが使えなくなるので注意しましょう。

アメックスが使える店舗

アメックスはどこで使えるのか疑問に思った人にために、アメックスが使える代表的な店舗を一覧にしました。

業種 店舗名
スーパー イオン
スーパー イトーヨーカドー
スーパー コストコ
コンビニ セブンイレブン
コンビニ ファミリーマート
コンビニ ローソン
コンビニ ミニストップ
ホームセンター 東急ハンズ
ガソリンスタンド 出光
ガソリンスタンド エネオス
ガソリンスタンド 昭和シェル石油
コインパーキング タイムズ

上記以外でもアメックスが使える店舗が多くあります。また、楽天市場、Amazon、Yahoo!ショッピングなどのインターネットショッピングでもアメックスは使用可能です。


ポイントを航空マイルへ移行可能

空港ラウンジ無料利用サービスあり
日常から旅行までサポートする特典

入会特典で最大30,000円相当のポイントをプレゼント!

サブカードにおすすめのクレジットカード

アメリカン・エキスプレス・カード1枚だけではやはり支払いの際に不安という方はサブカードを作ることをおすすめします。ここではアメリカン・エキスプレス・カードのサブカードにおすすめのクレジットカードを紹介します。

三井住友カードデビュープラス

学生でも申し込める25歳までの限定カード
入会後3か月はポイント還元率が5倍
24時間体制で不正利用をモニタリング

最大10,000円相当プレゼント♪

三井住友カードデビュープラスはクレジットカード発行会社三井住友カードと国際ブランドVISAの提携カードです。三井住友カードデビュープラスは三井住友カードのなかでも若者向けに発行しているクレジットカードです。
三井住友カードデビュープラスの申し込み対象は高校生を除く18~25歳の方です。18~25歳の方であれば、学生でも申込可能です。
三井住友カードデビュープラスは初年度年会費無料です。2年目以降は年会費1,375円(税込)が発生しますが、前年度1回以上のカード利用で年会費無料になります。

26歳以上で自動ランクアップ

三井住友カードデビュープラスは26歳を過ぎると上位カードの三井住友カードプライムゴールドに自動ランクアップします。三井住友カードプライムゴールドには、最高5,000万円の海外旅行傷害保険や空港ラウンジサービスが付帯しています。

楽天カード

楽天カードのカードブランドはVISA、MasterCard、JCB、アメックスから選択できます。楽天カードは年会費無料カードで、カード審査も甘めです。
そのため、楽天カードは学生や専業主婦の方でも申込可能です。
楽天カードは、楽天市場のショッピングに利用した際、ポイント還元率が最大7倍になるポイント優待サービスがあります。そのため、楽天市場を頻繁に利用する方は楽天カードをメインカードとしておすすめできます。

監修者 伊藤 亮太

人物 ファイナンシャルプランナー伊藤亮太
氏名 伊藤 亮太
職業 ファイナンシャル・プランナー
保有資格 CFP
DCアドバイザー
証券外務員
プロフィール

証券会社にて営業や経営企画部門、社長秘書などの業務に加えて、投資銀行業務にも携わる。
現在は独立系のファイナンシャル・プランナーとして、資産運用と社会保障を主に、相談・執筆・講演を行なっている。これまでの公演先には金融庁・日本証券業協会・大阪取引所・SBI証券・東海労働金庫・スルガ銀行など、金融業界で多数あり。