クレジットカードを知る

初めて作る人へ

クレジットカードの基礎知識

アメリカン・エキスプレス・カードの利用限度額の確認方法と増額の仕方

アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド(アメックス社)が発行するクレジットカードを持っているけど、自分の利用限度額が分からずに困っているという人は多いのではないでしょうか。
あるいは、「カードを発行したけど想像以上に低い利用限度額が設定された」と驚いている人もいるかもしれません。

アメックス社が発行するクレジットカードの利用限度額は、カードの利用状況や支払実績に応じて適宜変動しています。また、カード会員との信頼関係に応じて変化する傾向があるので、会員になったばかりだと利用限度額が低めに設定される傾向があるようです。

この記事では、アメックスの利用限度額が決まる仕組みや利用限度額を確認する方法、利用限度額を増額する方法などについて説明します。

目次

アメリカン・エキスプレスの利用限度額は適宜変動する

アメックス社が発行するクレジットカードの利用限度額は、カードの利用状況や支払実績などに応じて適宜変動するのが特徴です。

アメックス社の公式サイトを見ると、アメックス社が発行するクレジットカードの利用限度額は「支払い実績、個人資産によって随時決定される」と書かれています。参考サイト
これは、申込時に記入した年収などの情報に加え、カードを利用し、利用代金を返済するというサイクルを繰り返すことで利用限度額が変化する可能性があることを示していると思われます。

そのため、最初は利用限度額が低めに設定されていたとしても、使い続けていれば利用限度額が次第に上がっていく可能性はあると考えられます。
思ったより低い利用限度額が設定された人は、実績を積み重ねて利用限度額が引き上げられるのを期待するのがいいでしょう。

なお、カードの利用状況や支払実績などに応じて常に変動する仕組みになっているのは、アメリカン・エキスプレス・カード(アメックスグリーンカード)や、ANAアメリカン・エキスプレス・カード(ANAアメックス)など、アメックス社が発行するクレジットカードに限ります。
株式会社クレディセゾンや楽天カード株式会社など、アメックス社以外が発行するアメックスのクレジットカードには当てはまらないので注意しましょう。

利用限度額に上限がないかどうかはわからない

アメックス社が発行するクレジットカードの利用限度額について調べていると「アメックス社が発行するクレジットカードの利用限度額には上限がない」という文章を見かけることがあります。
しかし、この説明は正確でない可能性があります。アメックス社は「利用限度額に一律の制限を設けていない」とは言っていますが、「利用限度額に上限がない」とは言っていないからです。

アメックス社は、自社の利用限度額について以下のように説明しています。

カード利用可能枠について確認したい。

(中略)
他社のクレジットカードのように、一定の可能枠を設定せず、その時々の状況によりご利用可能枠は変動いたしますが、カード会員様のご実績に応じて利用可能枠を可能な限り柔軟に対応できる特徴がございます。
(後略)

※引用:アメリカン・エキスプレス公式サイト「カード利用可能枠について確認したい。(よくある質問)

上記の引用から推測すると「一律の制限がない」というのは「状況に応じて利用限度額が柔軟に変化する」という意味であり、利用限度額がないという意味ではないと考えられます。

ちなみに、調べている中で確認できた利用限度額の最高金額は2,100万円でした。日本人の 平均年収は441万円(平成30年分民間給与実態統計調査より)とのことなので、平均的な収入の人にとっては「実質的に利用限度額のないカード」といえるかもしれません。

利用限度額を確認する方法

アメックス社が発行するクレジットカードの利用限度額は、オンライン・サービス(カード会員専用サイト)もしくはスマホアプリ「Amex Japan」から確認できます。
アメックス社はカード会員に対して利用限度額が上がったことを通知しない可能性が高いので、利用限度額が気になる人は自ら確認する必要があります。

会員専用サイトやアプリで利用限度額を確認できるのは1日で合計3回までです。上限に達した場合は、24時間が経過するまで確認することができません。

カードを複数保有している場合は、1枚のカードにつき1日最大3回まで利用限度額をチェックすることができます。
たとえば、アメックスグリーンカードとANAアメックスを保有している人の場合は、アメックスグリーンカードで1日3回、ANAアメックスでも1日3回まで利用限度額を確認できます。

利用限度額が上がってもカード会社から通知が来る可能性は少ないので、利用限度額が気になる人は会員専用サイトやスマホアプリを利用してこまめに確認するようにしましょう。

会員専用サイト(Web)で確認する方法

Webから利用限度額を確認したい人は、はじめにアメックス社の会員専用サイトにアクセスしましょう。
会員専用サイトにアクセスしたら、ログインIDとパスワードを入力してマイページに進んでください。

会員専用サイトにアクセスしたら、画面右下にある「特典とサービス」という項目を探して、カードご利用可能額の確認をクリックします。
「ご利用予定金額」の欄に金額を入力すると、入力した金額の決済の可否が表示されます。適宜金額を変えながら、決済可能な金額の上限を探りましょう。

注意してほしいことは「自分の利用限度額を一回で確認することはできない」ということです。面倒に感じる人もいるかもしれませんが、利用限度額を知りたい人はコツコツと数字を入力していきましょう。

アプリで利用限度額を確認する方法

スマホアプリで利用限度額を確認する場合は、はじめにアプリをダウンロードする必要があります。iPhoneの場合は「App Store」、Android端末の場合は「Google Play」にアクセスして「Amex Japan」と検索しましょう。

アプリのダウンロードが完了したら、ログインIDとパスワードを入力してログインします。画面一番下にある「ご利用状況」をタップすると「カードご利用額の確認」という項目があるので、それをタップしてください。
金額を入力すると、入力した金額の決済の可否が表示されます。適宜金額を変えながら、決済可能な金額の上限を探りましょう。

Webで確認するときと同じく、アプリでも自分の利用限度額を一回で確認することはできません。面倒に感じる人もいるかもしれませんが、利用限度額を知りたい人はコツコツと数字を入力していきましょう。

アメリカン・エキスプレス・カード入会時の利用限度額の目安

アメックス社のクレジットカードは、年収や他社借入情報、支払実績などによってカード会員ごとに利用限度額が決定されます。
カード発行直後でも100万円の限度額をもらえたという口コミがある一方で、5万円や1万円など10万円以下の限度額しかもらえなかったという声もあるので、カード発行当初に設定される利用限度額は人によって大きく異なるようです。

では、利用限度額の平均はどれほどなのでしょうか。編集部では、アメックスグリーンカードとアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックスゴールドカード)の、入会時の利用限度額を調査しました。

アメックスグリーンカードの入会時の利用限度額は10~30万円

編集部で調べたところ、アメックスグリーンカードの入会時の利用限度額は10~30万円の間で設定されることが多いようです。
「思ったより少ない」と感じた人もいるかと思いますが、カード発行直後は利用実績がないこともあり、利用限度額は低めに設定される傾向があるのかもしれません。

カードを使い続けている人の中には、毎月10万円前後の支払いをコツコツと続けたら、現在の利用限度額が400~500万円になっているという人もいました。
カード発行直後の利用限度額が低めに設定されていたとしても、カードを利用し続ければ利用限度額は上がっていくものと考えられます。

筆者の体験談

ちなみに、編集部に所属する筆者もアメックスグリーンカードを保有しています。25歳のときにカードを発行し、約6年が経過しました。
インターネットでたまたま見かけたカードのデザインに惹かれて申し込んではみたものの、年収が300万円くらいしかなかったので審査に通過できるか不安だったことを覚えています。

無事にカードは発行されましたが、発行直後の利用限度額は10万円でした。当時、他にもクレジットカードを2枚持っていましたが、それらのカードよりも低い利用限度額だったことに驚きました。

発行したカードは、スーパーマーケットやコンビニ、レストラン、カフェなど、日常生活を送る上で必要な支払いに利用することが多かったので、毎月の支払いは1~2万円に収まることが多かったです。

ただし、年に1~2回は国際線の航空券を購入していたので、そのときは利用額が10万円を超えることもあったほか、海外旅行に行った先でカードを利用することもありました。
通勤定期券の購入に利用したことはありますが、公共料金や保険料をはじめとする定期的な支払いに利用したことはありません。また、過去に支払いが遅れたこともありません。

こうした利用実績を積み重ねた結果、現在の利用限度額は500万円に設定されています。
毎月の支払額が1〜2万円だとしても、定期的にカードを使い続ければアメックスグリーンカードの利用限度額を引き上げてもらうことはできるのかもしれません。

ただし、上記の内容はあくまでも筆者の体験談であり、すべての人が同じ経過をたどるとは限りらない点に注意してください。

アメックスゴールドカードの入会時の利用限度額は50~100万円

編集部の調べによれば、アメックスゴールドカードの入会時の利用限度額は50~100万円の範囲で設定されるケースが多いようです。
ただし、50~100万円というのはあくまでも目安です。アメックスグリーンカードと同じく、5万円や1万円など、50万円以下の利用限度額を設定されたという声もありました。

実際にアメックスゴールドカードを使っている人からは、現在の利用限度額が400万円や500万円になっているという声もありました。使い続けていれば利用限度額が引き上げられるのはアメックスグリーンカードと同じのようです。

カード利用金額が高ければ利用限度額は自動的に引き上がる

編集部の調査によれば、アメックス社が発行するクレジットカードの利用限度額は、カードを定期的に利用しており、毎月延滞もなく返済を行っていれば引き上げてもらえる可能性が高いと推測できます。

ただし、引き上げ(増枠)が行われるには半年~1年の期間がかかることもあるようです。高額利用を予定しているなどの理由で今すぐ利用限度額を引き上げたい人は、コールセンターに電話して相談してみましょう。

コールセンターに問い合わせると利用限度額を引き上げてもらえる可能性がある

通常よりも高額な決済を予定しているなどの理由で利用限度額を引き上げてもらいたい場合は、コールセンターに電話すると対応してもらえる可能性があります。
利用限度額を引き上げたい人はカード裏面に記載された電話番号に連絡してください。なお、コールセンターの電話番号は、保有しているカードによって異なります。

【カード別の電話番号一覧】

カード名 電話番号
アメックスグリーンカード
アメックスゴールドカード
アメリカン・エキスプレス ・スカイ・トラベラー・プレミア・カード
スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス ・カード
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス ・ゴールド・カード
0120-010-120
アメリカン・エキスプレス ・スカイ・トラベラー・カード
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス ・カード
ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カード
0120-020-120
プラチナ・カード 0120-376107
ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カード 0120-168062
ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード 0120-168061
ANAアメックス 0120-965877
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 0120-958677
ANAアメリカン・エキスプレス ・プレミアム・カード 0120-126626

なお、利用限度額の引き上げを希望する場合は、資産情報などの提出を求められることがあります。
資産情報というのが何を指すのかはわかりませんが、他社のクレジットカードで利用限度額を引き上げるときは、源泉徴収票や給与明細などの「収入証明書」の提出を求められることがあるので、アメックス社が発行するクレジットカードの利用限度額を引き上げるときも収入証明書を求められる可能性があることは覚えておきましょう。

また、土日祝日は利用限度額を引き上げることができないこともあわせて覚えておく必要があります。

「収入証明書を用意している時間がない」「土日祝日に利用限度額を引き上げたい」という人は、最短即日発行・即日受取可能なクレジットカードに申し込む方がいいかもしれません。

デポジットを入金することもできる

利用限度額の一時増額を断られた場合でも、デポジットによる利用限度額の引き上げであれば認めてもらえる可能性があります。

デポジットとは、カード利用前にカード会社に預ける保証金のことです。アメックス社が発行するクレジットカードは、事前にデポジットを入金すれば、入金した分だけ利用限度額を引き上げることができます。

たとえば、利用限度額30万円の人が100万円のデポジットを入金するとしましょう。この場合、利用限度額は一時的に130万円となります。
50万円の商品を購入した場合はデポジットとして預けた100万円から商品代金の50万円が引かれるので、利用限度額は80万円となります。

ただし、マネー・ロンダリング対策のため、デポジットの入金はコールセンターに認められた場合しか行うことができません。
コールセンターの都合上、土日祝日はデポジット入金の許可をもらうことができないので、土日祝日に急いで利用限度額を引き上げたい場合、デポジットによる利用限度額引き上げを利用することは不可能です。

つまり、どのような方法であっても、土日祝日に急いで利用限度額を引き上げることはできません。
利用限度額以上の買い物をしたい人は、最短即日発行・即日受取可能なクレジットカードに申し込むことも検討してみるのがいいかもしれません。

利用限度額の引き上げ(増額)に効果がありそうな行動

アメックス社が発行するクレジットカードの利用限度額を引き上げるために効果がありそうな行動を紹介します。

引き落とし日(支払日)を守る

アメックス社は、利用限度額を決定する際に支払実績を考慮していると明言しています。

アメリカン・エキスプレスのカードは、カード会員様からいただいたお申込書の情報(年収、審査時の他社借り入れ等の情報)に加えて、ご入会後のカード会員様のご利用頻度、お支払い実績等のご利用状況、また基本カード会員様の資産状況に応じて、ご利用いただける目安となるご利用可能枠をカード会員様毎に設定させていただいております。

※引用:アメリカン・エキスプレス公式サイト「 カード利用可能枠について確認したい。(よくある質問)

「支払実績」という言葉が何を指すのかは不明ですが、この言葉の中に「期日を守って利用代金を支払っている」という意味が含まれる可能性は否定できません。

そのため、カード利用代金を支払日に払っており、支払いの遅延や延滞をしたことがない人は、利用限度額を引き上げてもらえる可能性が高くなると考えられます。支払日が近づいたときは、口座の中に必要なお金が入金されていることを常に確認するよう心がけましょう。

可能な限りクレジットカードを利用する

アメックス社は、利用限度額を決定する際にカードの利用頻度を考慮していると明言しています。そのため、アメックス社のクレジットカードを頻繁に使っている人は、利用限度額を引き上げてもらいやすくなると推測できます。

アメックス社のクレジットカードは、コンビニ、スーパーマーケット、ドラッグストア、本屋などで使えるほか、携帯電話や公共料金の支払いにも利用できます。
日常生活でクレジットカードよりも現金を使うことが多い人は、支払方法をカードに変えれば利用限度額を引き上げてもらいやすくなるかもしれませんね。

長期間にわたってアメックスのカードを利用する

アメックス社は、利用限度額を引き上げる際にこれまでの利用実績を考慮していると明言しています。

アメリカン・エキスプレスのカードはご利用や期日決済の実績を積まれることでご利用可能枠は変動いたしますので、ご利用いただければいただくほどにカード会員様にとってさらに便利なカードとなってまいります。

※引用:アメリカン・エキスプレス公式サイト「 カード利用可能枠について確認したい。(よくある質問)

アメックス社のクレジットカードを長期間にわたって利用している人は、カードを作ったばかりの人よりも利用実績があるので、利用限度額も引き上げてもらいやすいと推測できます。

アメックス社のクレジットカードを保有するならば、カード発行時の利用限度額が少なかったからといってすぐに解約するのではなく、じっくりと付き合っていく姿勢が必要といえそうですね。

自分の属性を向上させる

アメックス社が発行するクレジットカードの利用限度額を引き上げたいならば、年収をはじめとする自分の属性を向上させることも有効な手段のひとつと考えられます。

アメックス社をはじめとするカード会社は、利用限度額を決定する際に「支払可能見込額」を調査します。
支払可能見込額とは、カード利用者がクレジット代金として1年間に無理なく支払えると想定される金額のことで、以下の公式に基づいて決定されます。

支払可能見込額に借入状況が関係することの説明

※引用:日本クレジットカウンセリング協会「消費者ローン・クレジットのルールが変わりました!

支払可能見込額が増えれば、利用限度額を増額してもらえる可能性があります。そして、支払可能見込額は年収から生活維持費とクレジット債務を引いて算出されます。
そのため、生活維持費とクレジット債務が変わらない状態で年収が増えれば、利用限度額を増額してもらえる見込みが出てきます。

自分の属性を上げるのは容易ではありませんが、できる努力を続けていくのがいいでしょう。

利用限度額は引き下げられる(減額)こともある

インターネット上にある口コミを見ていると「利用限度額を下げられてしまった」という書き込みが散見されます。
真相は不明ですが、アメックス社が発行するクレジットカードの利用限度額は適宜変動しているので、利用限度額を引き下げられるおそれがないとは言い切れません

では、利用限度額を引き下げられるおそれがある行動とは、どんなものでしょうか。以下で詳しく説明します。

カード代金の支払いが遅れた

クレジットカードの利用代金の支払いが遅れてしまった場合は、利用限度額が引き下げられるおそれがあります。

繰り返しになりますが、アメックス社は利用限度額を決定する際に、過去の利用実績を考慮しています。支払遅延は信頼関係を壊す行為であると考えられるので、利用限度額の引き下げが行われても不思議ではないでしょう。

ただし、一度支払いが遅れただけでも利用限度額を引き下げられることがあるのかは不明です。
インターネット上の口コミを見ると「一度支払いが遅れただけで利用限度額を引き下げられた」という声もあれば「支払いが遅れたことが何回かあるけど利用限度額に変更はない」という声もあるので、人によって異なるようです。

リボ払いや個別クレジットの利用金額が増えた

クレジットカードのリボ払いや個別クレジット(ショッピングローン)の利用金額が増えた場合も、利用限度額が引き下げられるおそれがあります。

支払可能見込額を算出する際は、クレジット債務の金額も考慮されます。日本クレジット協会の資料によれば、リボ払いや個別クレジットの残債はクレジット債務に該当するので、年収や生活維持費が変わらない状態で残債が増えれば支払可能見込額は減少します。支払可能見込額が減少すれば、利用限度額を引き下げられたとしても不思議ではありません。

住宅ローンや自動車ローンが利用限度額に影響するかはわからない

インターネット上には「住宅ローンや自動車ローンを利用しているとアメックスの利用限度額を引き下げられるおそれがある」と解説しているサイトがありますが、実際のところは不明です。

アメックス社は、住宅ローンや自動車ローンが利用限度額に影響するとは言っていません。コールセンターに「住宅ローンや自動車ローンは利用限度額に影響しますか?」と問い合わせましたが「申し訳ございませんが、お答えできかねます」との回答でした。

日本クレジット協会の資料をみても、住宅ローンや自動車ローンがクレジット債務として扱われるのかは書かれていません。そのため、現状ではなんとも言えないというのが正直なところです。

途上与信の際に属性が変わっていた

アメックス社は、カード発行後も継続的な「途上与信」を行なっています。途上与信とは、カード発行後に行われる審査のことです。
アメックス社が途上与信を行なった際、信用情報などに問題があることが判明すると、利用限度額を引き下げられるおそれがあります。

突然に利用限度額を下げられてしまった場合は、信用情報に何らかのマイナスな情報が記録されたおそれがあります。
自身の信用情報が気になる人は「個人信用情報(CIC,JICC,KSC)に信用情報を開示請求する方法」の記事を参考にして、登録内容を確認してみましょう。

アメリカン・エキスプレスの利用限度額に関する注意点

最後に、アメリカン・エキスプレスの利用限度額に関する注意点をまとめました。

利用限度額は毎月の支払上限額ではない

利用限度額とは「クレジットカードでショッピングできる金額の上限」のことです。利用限度額が100万円のクレジットカードで買い物できる金額は最大100万円までであり、限度額を使い切ってしまった場合は利用代金を返済するまでカードを使えなくなります。

クレジットカードの利用代金は、今月の利用分を来月に返済するのが一般的です。利用限度額はカード会社が利用代金の支払いを確認するまで元に戻らないので、1か月で利用限度額の上限までカードを利用すると翌月はカードで買い物ができなくなるおそれがあります。

利用限度額は「カードで買い物ができる金額の上限」を表したものであり「毎月利用できる金額の上限」を示したものではありません。言葉の意味を勘違いすると思わぬ不便を強いられるおそれがあるので注意してください。

そのため、1か月で利用限度額を上限まで使ってしまうと、翌月はカードを利用できなくなってしまうので注意しましょう。

カードのランクが上がっても利用限度額が上がるとは限らない

アメックスの利用限度額は、グリーン、ゴールドなど、ランクごとに決められているわけではありません。
どのランクでも適宜変動する仕組みであることに変わりはないので「Aさんのアメックスゴールドカードよりも、Bさんのアメックスグリーンカードの利用限度額の方が高い」という状況が起こり得ます。

だからといって、アメックスゴールドカードを持つ価値がないとは言い切れません。アメックスグリーンカードとアメックスゴールドカードでは、付帯するサービスに違いがあるからです。
アメックスのクレジットカードに申し込むときは、利用限度額よりも付帯サービスに注目するのがいいでしょう。

利用限度額が下がるとアメックスから手紙が届くことがある

インターネット上では、利用限度額が下がったときにアメックスから手紙が届いたという口コミが散見されます。
手紙には引き下げ後の限度額が書かれている場合もあれば、書かれていないこともあるようなので、文面は統一されていないと思われます。

一方、「手紙は届いていないけど利用限度額が下がった」という口コミもあるので、利用限度額が下がるときに必ず手紙が届くというわけではないようです。
そのため、手紙が来ないからといって利用限度額が下がっていないと考えることはできません。高額な買い物をするときは、事前に利用限度額を確認してからカードを使うのが安全といえるでしょう。


ポイントを航空マイルへ移行可能

空港ラウンジ無料利用サービスあり
日常から旅行までサポートする特典

入会特典で最大30,000円相当のポイントをプレゼント!


1名分のコース料理代金が無料

VIP空港ラウンジサービスが無料で利用可能
ポイントを航空マイルへ移行可能

入会特典あり