クレジットカードを知る

初めて作る人へ

クレジットカードの基礎知識

セディナカードJiyu!da!の特徴と審査は甘いのかの検証と最短発行する方法

セディナカードJiyu!da!は、SMBCファイナンスサービス株式会社が発行するリボ払い専用クレジットカードです。
カード利用額をリボ払いで支払う必要があるので、利用代金に加えて手数料を毎月支払う必要があるものの、ポイントを獲得できたり、国際ブランドを選択できたりと、その他の点については他社が発行するクレジットカードと比較しても大きな違いはありません。

セディナカードJiyu!da!を発行するには審査に通過する必要があります。セディナカードJiyu!da!の審査基準は公表されていないので詳細は不明ですが、関連する法律や利用規約などを調べていくと、審査に落ちるおそれがある人の特徴などを推測することができました。

この記事では、セディナカードJiyu!da!の基本情報や審査基準、審査に落ちるおそれがある人の特徴などについて解説します。

セディナカードJiyu!da!の基本情報

はじめに、セディナカードJiyu!da!の基本的な特徴を確認しておきましょう。

【セディナカードJiyu!da!の基本情報】

申込対象 高校生を除く18歳以上で電話連絡が可能な方
年会費 本人会員:永年無料
家族会員:永年無料
ポイント カード利用額200円(税込)につき1ポイント
国際ブランド VISA/Mastercard/JCB
家族カード 発行可能
ETCカード 発行可能

セディナカードJiyu!da!は、高校生を除く18歳以上の人が申し込めるリボ払い専用のクレジットカードです。
申込フォームの職業欄には「学生」「パート・アルバイト」「専業主婦(夫)」という項目があるので、大学生・専門学校生やフリーター、専業主婦(夫)でも申込可能です。

クレジットカードの支払方法といえば、前月分の利用代金を翌日に一括で支払うのが一般的です。
しかし、セディナカードJiyu!da!は毎月の支払額を、カード利用代金の範囲内で最低5,000円以上から自分で自由に設定できるのが特徴です。
毎月の経済状態に合わせて自由に返済できるというメリットがあるものの、利用金額に応じて手数料と利息が発生するので、無計画にカードを利用すると返済額が想定以上に増える危険性があります。

しかし、セディナカードJiyu!da!には、お金に余裕があるときにインターネットやATMから利用代金を追加返済できる「よゆう払い」という仕組みもあります。
セディナカードJiyu!da!を利用するならば、通常の支払いとよゆう払いを上手に活用して計画的に返済することを心がけましょう。

カードの基本機能はセディナカードと同じ

セディナカードJiyu!da!には利用代金をリボ払いでしか返済できないという特徴がありますが、カードの基本機能は通常のセディナカードと同じです。
たとえば、セディナカードJiyu!da!はカード利用額200円(税込)につき1ポイントを獲得することができます。
貯まったポイントはJCBギフトカードやVJAギフトカードといった商品券と交換できるほか、dポイントやPontaポイントといった他社ポイントやJALのマイルと交換することも可能です。

国際ブランドはVISA・Mastercard・JCBの3つから自分の好きなものを選択できます。国際ブランドはそれぞれが独自の特徴を持っており、どれを選ぶかによって使い勝手が異なってくる可能性があります。
クレジットカードの中には「Mastercardのみ」「VISAのみ」など、国際ブランドが固定されているものもありますが、セディナカードJiyu!da!は国際ブランドを選択できるので自身のライフスタイルに合ったものを選ぶのがいいでしょう。

そのほか、海外旅行傷害保険が付帯していたり、ETCカードや家族カードが発行できたりと、セディナカードJiyu!da!に付帯している機能は他社が発行しているクレジットカードと比べても遜色ありません。
支払方法に特徴があることにさえ注意すれば、他社のクレジットカードと同じように利用することができるでしょう。

セディナカードJiyu!da!の審査は甘いのか

セディナカードJiyu!da!は、インターネット上において「審査が甘いカード」として紹介されることがあります。しかし、セディナカードJiyu!da!の審査が甘いかどうかを知ることはできません。

審査基準が甘いかどうかを知るには、セディナカードJiyu!da!と他社が発行するクレジットカードの審査基準を比較する必要があります。
しかし、カード会社の中で審査基準を公表しているところは、SMBCファイナンスサービス株式会社も含めて一切ありません。
審査基準を知ることができなければ比較することもできないので、セディナカードJiyu!da!の審査が甘いかどうかはわからないのです。

セディナカードJiyu!da!の審査基準が甘いと言われるようになった理由は不明です。ただ、セディナカードJiyu!da!の審査には「IBIS」というシステムが利用されており、IBISの審査では申込者の属性よりも「カードを利用してくれる見込みがあるか」が重視されると言われていることが一因となっている可能性はあるでしょう。
また、「学生や専業主婦(夫)でもカードに申し込める」など、間口を広くしているように見える点も審査が甘いと言われる理由のひとつかもしれません。

しかし、カード会社が審査基準や審査の方法を公開していない以上、すべては憶測に過ぎません。
セディナカードJiyu!da!の発行を検討している人は、出どころが確かな情報だけを信じるようにしましょう。

IBISとは何か

先ほど少し触れた「IBIS」というシステムについて、さらに詳しく説明します。IBISとは、セディナカードの審査に採用されていると言われている審査システムの名称です。

IBISはSMBCファイナンスサービス株式会社の前身である株式会社オーエムシーカード(OMCカード)が2003年に導入した審査システムです。
データーベースに保管されている会員の年齢や年収、利用額、支払実績などをもとに「収益性」と「リスク」の両面から審査合否を決めているため、貸し倒れのリスクがあると判断されても収益性が見込めると判断されれば、一定の与信枠があるクレジットカードを発行できるそうです。参考サイト

IBISは株式会社オーエムシーカードが他社に先駆けて導入した独自の審査システムであり、当時の担当者は「従来カード発行の対象外としてきた顧客層の新規獲得も可能」になると話しています。(参考サイト
インターネット上で「セディナカードの審査は独自基準なので甘い」と言われるのはそのためと考えられますが、約20年も前の話なので現在でも同じシステムが使われているかはわかりません。
株式会社オーエムシーカードは他社と合併して株式会社セディナとなり、その後SMBファイナンスサービス株式会社へと変わっています。合併を繰り返す中で、審査システムが見直されていたとしても不思議ではないでしょう。

SMBファイナンスサービス株式会社の使用している審査システムは公表されていないので不明です。過去の情報を信じすぎるのは避けたほうがいいでしょう。

セディナカードJiyu!da!の審査基準

セディナカードJiyu!da!を発行しているSMBCファイナンスサービス株式会社は、審査基準を公表していません。そのため、正確な審査基準を知ることは不可能です。
しかし、クレジットカードに関係する法律を調べていくと、セディナカードJiyu!da!の審査基準には「申込者の返済能力」が関係している可能性があることがわかってきました。

カード会社は、クレジット契約に関するルールを定めた「割賦販売法」という法律を遵守してクレジットカードを発行しています。
そして、割賦販売法では消費者が過剰な債務を負うのを防ぐため、カード会社に対して申込者の返済能力を調査する「過剰与信防止義務」を課しています。

「過剰与信防止義務」とは、消費者がクレジットの支払いのために日々の生活に困窮したり、住宅などの財産を手放したりすることなく、自分の支払い能力を超えない範囲で安心してクレジットの利用ができるよう、クレジット会社に対して、消費者の支払い能力を調査する義務を負わせ、その範囲内で与信をさせることです。

※引用:政府広報オンライン「消費者の安心・安全を守るクレジット契約の新ルール~改正割賦販売法~ | 暮らしに役立つ情報 | 政府広報オンライン

割賦販売法を守らなければ罰金などの処分を受けるおそれがあるので、カード会社はクレジットカードを発行する前に申込者の返済能力を必ずチェックしていると考えられます。
また、割賦販売法の定めにより、カード会社は返済能力のない人にクレジットカードを発行することができません。そのため、返済能力の有無はひとつの審査基準になっていると言えるでしょう。

SMBCファイナンスサービス株式会社が申込者の返済能力をどのように調査しているのか、具体的に知ることはできません。
しかし、クレジットカードの審査では「本人の属性」と「信用情報」がチェックされていると考えられるので、SMBCファイナンスサービス株式会社も同様にして返済能力を調査している可能性があります。
クレジットカードの審査についてさらに詳しい情報を知りたい人は「クレジットカードの審査基準と審査に落ちるおそれがある人の特徴」の記事を参考にしてください。

クレジットカードを更新する際にも審査が行われる

セディナカードJiyu!da!には有効期限が定められており、有効期限を超えてカードを使い続けることはできません。
有効期限が近づくとカード会社から新しいカードが送られてくるので、今後も使い続けたい場合は古いカードを処分して新しいカードを使う必要があります。

日本クレジット協会の公式サイトによれば、クレジットカードを更新する際は「利用状況や支払履歴を確認し、利用可能枠を増減する」審査が行われるそうです。
ただし「カードの支払残高が5万円未満」「支払いが正常に行われている」という条件を満たしていれば、更新審査なしで新しいカードを発行できます。

SMBCファイナンスサービス株式会社は更新審査の基準も示していないので、具体的なことはわかりません。
ただ、利用状況や支払履歴に問題があるとカードを更新できないおそれがあることだけは覚えておきましょう。

審査期間とカードが手元に届くまでに必要な日数

セディナカードJiyu!da!を発行しているSMBCファイナンスサービス株式会社の公式サイトには、「インターネット申込の場合で1週間~2週間前後」「(郵送の場合は)通常お申込書が当社に届いてから約2~3週間ほどで発送」と書かれています。
そのため、セディナカードJiyu!da!が手元に届くまでに必要な日数は1~3週間前後と考えられます。

審査期間については、公式サイトに明確な記載がありません。しかし、カード発行までにかかる期間を考慮すれば、インターネットから申し込んだ場合の審査結果は遅くてもカード申込から2週間以内には判明するものと考えられます。
郵送で申し込んだ場合は、申込書をカード会社へ送ってから3週間以内には審査結果が判明するでしょう。

インターネット上の口コミを見ていると、審査結果はカード申込から2~3日で通知されるケースが多いようです。中には、カード申込から数時間後に結果が判明したという口コミもありました。
カードが手元に届くまでにかかった日数は8~10日という報告が多いので、申込手続きから1週間弱が経過すればカードを受け取れる可能性があると言えるでしょう。

ただし、SMBCファイナンスサービス株式会社の公式サイトには「申込書に記入不備等があった場合はカードの発行が遅れることがあります」と書かれています。
状況によってはカード発行までに通常より時間がかかることも考えられるので、余裕をもって申込手続きを行いましょう。

審査状況は専用WEBサイトから確認できる

セディナカードJiyu!da!の審査状況やカードの発行状況は、専用のWEBサイトから24時間いつでも確認できます。

カードの審査状況は「審査状況確認」のページにアクセスして、申込画面の最後に記載された「申込番号」と「生年月日」「電話番号」を入力することで確認できます。

なお、申込番号は申込画面の最後でしか確認することができず、再発行することができません。
そのため、申込完了時に申込番号をメモしたり、画像として保存したりしていない人は、WE B上で審査状況を確認することができません。

申込番号を控え忘れてしまった人は、セディナカードのコールセンター(アンサーセンター)に電話してみましょう。アンサーセンターの電話番号は、SMBCファイナンスサービス株式会社の公式サイトで確認できます。

カードが届かない場合は審査状況を確認してみる

セディナカードJiyu!da!に申し込んで2週間以上が経過してもカードが届かない場合は、審査状況を確認してみましょう。カードがいつまでも届かない場合は、セディナカードJiyu!da!の審査に落ちているおそれがあるからです。

インターネット上には、セディナカードは審査に落ちてもメールなどの連絡が来ないと解説している記事が散見されます。
SMBCファイナンスサービス株式会社の公式サイトには、審査に落ちたときの連絡について記載がないので正確なことは不明ですが、可能性のひとつとしてはあり得るのかもしれません。

仮にメールで審査落ちの結果を受け取ることができなかったとしても、審査状況の確認のWebページを使えば審査結果を確認することは可能です。
審査に通過しているのにカードが届かないという場合は、アンサーセンター(03-5638-3211もしくは06-6339-4074)に電話してみましょう。

審査に落ちるおそれがある人の特徴

セディナカードJiyu!da!の審査基準は公表されていないので、審査に通過する方法や審査に落ちる原因について確実な情報を述べることはできません。
しかし、セディナカードJiyu!da!が順守している法律や利用規約の内容から、審査に落ちるおそれがある人の特徴を推測することはできます。

【セディナカードJiyu!da!の審査に通りにくい人の特徴】

セディナカードJiyu!da!への申し込みを検討している人は、審査に通りにくい人の特徴に自分があてはまっていないか確認してみましょう。

信用情報に延滞や代位弁済などの記録がある

信用情報に延滞や代位弁済などの記録がある人は、セディナカードJiyu!da!の審査に通りにくいおそれがあります。
信用情報に延滞や代位弁済などの記録がある人にクレジットカードを発行すると、SMBCファイナンスサービス株式会社は過剰与信防止義務違反に問われるおそれがあるからです。

信用情報とは、クレジットカードやカードローンをはじめとする信用取引の利用履歴や返済状況などを記録した情報のことで「個人信用情報機関」と呼ばれる機関で管理されています。
過剰与信防止義務に基づき、カード会社にはカード発行前に申込者の信用情報を確認する義務があるので、カード申込を受け付けるとカード会社は申込者の信用情報を必ずチェックします。

以下に示すような記録が残っていることが判明した場合、SMBCファイナンスサービス株式会社に返済能力を疑われるおそれがあります。

【返済能力を疑われる行為の例】

返済能力に問題がある人にカードを発行するのは過剰与信防止義務違反になるおそれがあるので、SMBCファイナンスサービス株式会社は信用情報に延滞や代位弁済などの記録がある人にセディナカードJiyu!da!を発行しないおそれがあります。

なお、信用情報に延滞に関する履歴が残る期間は最長5年です。また、個人再生や自己破産などの債務整理に関する履歴が残る期間は最長10年です。

信用情報に延滞に関する履歴が残っているうちは、クレジットカードだけではなく、カードローンや自動車ローン、住宅ローンといった審査にも通りにくくなるおそれがあるため、心当たりのある人は覚えておきましょう。

スマホの端末代金や奨学金の延滞に心当たりのある人も要注意

信用情報は信用取引における利用情報のことですが、スマホの端末代金の分割払いや奨学金の返済も信用取引に含まれます。そのため、スマホの端末代金の分割払いや奨学金の返済を延滞したことがある人は、その履歴が自身の信用情報に残っている可能性があります。

【信用情報に履歴が残る延滞の例】

データ通信料や通話料など、端末代金を除くスマホの利用料金や、口座振替で支払っている公共料金の支払いなどを延滞しても、その履歴は信用情報に記載されません。
しかし、スマホ端末代金の分割払いや奨学金の返済を延滞した場合には、その履歴は信用情報に記載されるため、セディナカードJiyu!da!の審査に影響を与える可能性があります。

スマホ端末代金の分割払いや奨学金の返済を延滞したことがある人は、セディナカードJiyu!da!に申し込む前に自身の信用情報を確認することを検討してみましょう。

延滞に関する履歴が気になる人は信用情報を開示請求してみる

延滞に関する履歴が気になる人は、個人信用情報機関に信用情報を開示請求しましょう。開示請求することにより、自身の信用情報に延滞に関する履歴の有無を確認できます。

SMBCファイナンスサービス株式会社は株式会社シー・アイ・シー(CIC)と株式会社日本信用情報機構(JICC)の2社に加盟しており、審査の際に各社に登録されている信用情報を確認します。
そのため、延滞に関する履歴が気になる人は、CICかJICCに開示請求することを検討しましょう。

ただし、過去に銀行や信用金庫のローンで延滞したことがある場合は、全国銀行個人信用情報センター(KSC)にも情報が登録されている可能性があります。
KSCに登録された情報は、「CRIN」という情報交流の仕組みによってCICとJICCに共有されるので、CICとJICCに延滞の情報がなくてもKSCに延滞の情報があればセディナカードJiyu!da!の審査に影響するおそれがあります。

信用情報を開示する方法についてさらに詳しく知りたい人は「個人信用情報機関(CIC,JICC,KSC)に信用情報を開示請求する方法」の記事を参考にしてください。

社内情報に問題がある

過去にSMBCファイナンスサービス株式会社が発行するクレジットカードを保有しており、支払延滞などの問題を起こした経験のある人は、セディナカードJiyu!da!の審査に落ちるおそれがあります。SMBCファイナンスサービス株式会社は、過去にカード会員だった人の情報を一定期間保管しているからです。

第10条(退会後または会員資格喪失後の場合)
退会の申し出または会員資格の喪失後も、第1条(1)、第2条に定める目的および開示請求等に必要な範囲で、法令等または会社が定める所定の期間個人情報を保有し、利用します。

※引用元:SMBCファイナンスサービス株式会社公式サイト「個人情報の取扱いに関する同意条項

条文を読むと、SMBCファイナンスサービス株式会社は会員が退会した後も、会員の個人情報を保有していることが伺えます。
個人情報をどれくらいの期間保有し、どのように利用しているのかはわかりません。しかし、過去の情報を保有しているのであれば、それをカード発行審査に利用している可能性がないとは言い切れません。
過去の情報を発行審査に利用しているのであれば、カードを保有していたときに起こした問題が審査に影響を与えたとしても不思議ではないでしょう。

過去にSMBCファイナンスサービス株式会社が保有するクレジットカードで何らかの問題を起こした経験のある人は、他社が発行するクレジットカードに申し込むことを検討するのも選択肢のひとつかもしれませんね。

在籍確認の電話に対応できない

セディナカードJiyu!da!を含め、クレジットカードの審査では在籍確認が行なわれる可能性があります。在籍確認とは、申込者の申告した勤務先が正しいかどうかを確かめる審査工程のひとつです。

在籍確認の一環として、審査担当者から勤務先へ電話がかかってくる場合があります。電話に対応できないと、在籍確認が完了しないため審査が進まず、最悪の場合は審査に落ちるおそれがあります。

もし、電話連絡によって在籍確認が行われる場合は、申告した勤務先の電話番号に審査担当者から電話がかかってくることになります。そのため、セディナカードJiyu!da!に申し込む際には、在籍確認に対応できる勤務先の電話番号を申告する必要があります。

「派遣社員の場合は派遣元電話番号と派遣先電話番号のどちらを申告するべきか」「フリーターだけど実際の勤務先の電話番号と本社の電話番号のどちらを申告するべきか」など、自身の状況からどの勤務先の電話番号を申告すべきか迷っている人は、申し込み前にアンサーセンター(03-5638-3211もしくは06-6339-4074)に連絡して相談してみると良いでしょう。

セディナカードJiyu!da!は最短即日発行・即日受取できない可能性が高い

SMBCファイナンスサービス株式会社の公式サイトを見ても、セディナカードJiyu!da!の最短即日発行・即日受取に関する情報はありません。そのため、セディナカードJiyu!da!を最短即日発行・即日受取することはできないと推測できます。

SMBCファイナンスサービス株式会社の公式サイトによれば、カードが手元に届くまでの期間は申込方法によって異なるようです。

【カードが届くまでに必要な期間(申込方法別)】

インターネット申込の場合 郵送申込の場合
1~2週間 2~3週間

※SMBCファイナンスサービス株式会社の公式サイトの記載を参考に、編集部で表を作成。

申込方法別にカードが届くまでに必要な期間を比べてみると、インターネット申込の方が早く受け取れる可能性があるようです。
インターネットから申し込めば最短1週間でカードが届くので、急いでいる人はインターネットから申込手続きを行いましょう。

セディナカードJiyu!da!の審査にまつわる質問

最後に、セディナカードJiyu!da!の審査にまつわる質問をまとめます。

キャッシング枠の有無は審査に関係しますか?

キャッシング枠を付帯させることが、セディナカードJiyu!da!にどのように関係するのかはわかりません。

キャッシング枠とは、クレジットカードを利用してカード会社から現金を借りるときに必要なものです。
そのため、クレジットカードを買い物だけでなく、現金借入にも利用したいと考えているのであれば、キャッシング枠の申し込みは必須となります。

たしかに、インターネット上で「キャッシング枠を0円にして申し込むと審査で有利になる」という話が広がっているのは事実です。
しかし、 SMBCファイナンスサービス株式会社はキャッシング枠と審査の関係について何も説明していないので、キャッシング枠なしで申し込むことが本当に有利になるのかどうかを知る術はありません。

審査への影響がどうしても気になるのであれば、キャッシング枠なしで申し込むこともひとつの選択かもしれません。
ただし、キャッシング枠なしで申し込んだからといって、審査に通過しやすくなると言えないことだけは覚えておきましょう。

無職でもカードを発行することはできますか?

無職の人はセディナカードJiyu!da!を発行することができません。セディナカードJiyu!da!の申込フォームの職業欄に「無職」という項目は存在しないからです。

セディナカードJiyu!da!を発行するには、申込手続きを行ったのち審査に通過する必要があります。しかし、無職という項目が存在しない以上、無職の人は申込フォームを埋めることができません。
申込フォームを埋めることができなければ申込手続きを完了させることもできないので、無職の人がセディナカードJiyu!da!を作ることは不可能です。

セディナカードJiyu!da!の申し込みを検討している無職の人は、何らかの職に就いてから申込手続きを始めましょう。パート・アルバイトの人は申し込めるので、まずはアルバイトから始めるのがいいかもしれませんね。

ブラックでもカードを発行することはできますか?

クレジットカードやカードローンなどを利用したときに、長期にわたる支払延滞や強制解約などの履歴が信用情報に記録された結果、信用が失われた状態になることを「ブラック」と言うことがあります。

返済能力に問題がなければ利用代金を期日通りに返済できるはずなので、長期にわたる支払延滞や強制解約などの履歴が信用情報に記録されている人は返済能力に問題のあるおそれがあります。
返済能力に問題がある人にクレジットカードを発行すると、カード会社は過剰与信防止義務違反となる危険性があります。
そのため、いわゆるブラックの人がセディナカードJiyu!da!を発行するのは難しいと考えられます。

しかし、そもそも本当にブラックと呼ばれる状態になっているのでしょうか? ブラックと呼ばれる状態になるのは一定の条件を満たしたときです。
また、過去にいわゆるブラックの状態だったとしても、一定の期間が経過している場合は信用情報から記録が消滅している可能性があります。

自分がいわゆるブラックの状態ではないかと疑っている人は、自分の信用情報を確認してみるのがいいかもしれません。
信用情報を確認する方法については「個人信用情報機関(CIC,JICC,KSC)に信用情報を開示請求する方法」を参考にしてください。
いわゆるブラックと呼ばれる状態と信用情報の関係について知りたい人は、「ブラックリストが消えるまでの期間」の記事を参考にしてください。

監修者 午堂 登紀雄

人物 米国公認会計士 午堂 登紀雄
氏名 午堂 登紀雄
職業 米国公認会計士
保有資格 USCPA(米国公認会計士)
プロフィール

中央大学経済学部卒業後、東京都内の会計事務所、大手流通企業を経て、世界的な戦略系経営コンサルティングファーム『アーサー・D・リトル』で経営コンサルタントとして活躍。
2004年に独立起業。株式会社プレミアム・インベストメント&パートナーズ、株式会社エデュビジョンを設立し、個人投資家、ビジネス書作家としても活動している。