クレジットカードを知る

初めて作る人へ

クレジットカードの基礎知識

楽天カードの審査基準と審査に通りにくい人の特徴

楽天カード株式会社が発行する楽天カードは「年会費無料」「ショッピングに利用すると楽天ポイントを獲得できる」などの特徴を持ったクレジットカードです。
矢野経済研究所の調査によれば、2019年度にはクレジットカードのショッピング取扱高でナンバー1を獲得(自社発行ベース)したカードであり、多くの人に使われている様子がうかがえます。

「多くの人が楽天カードを持っているということは、誰でも審査に通過できるのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、楽天カードの審査は誰でも通過できるほど甘いものではありません。
カード会社は返済能力のある人にしかクレジットカードを発行できないので、返済能力がないと判断された人は審査に落ちてしまうからです。

では、どんな人が審査に通りにくいのでしょうか? この記事では、楽天カードの審査が甘くないといえる理由や申込条件、審査に通りにくい人の特徴などについて解説します。

楽天カードの審査基準は甘くない

前提として知っておきたいことは「楽天カードは審査基準を公表していない」ということです。審査基準が甘いかどうかを知るには審査基準の内容を知ることが不可欠ですが、そもそも公表されていないので、審査基準が甘い、あるいは厳しいと判断することはできません。

とはいえ、誰でも審査に通過できるほど甘いわけでないと考えられます。楽天カードの審査は誰でも通過できると言えない理由について、以下で詳しく見ていきましょう。

カード会社は返済能力のない人にクレジットカードを発行できない

楽天カードの審査が誰でも通過できるほど甘いものではないと言える根拠になるのが、「割賦販売法」という法律の存在です。
割賦販売法とは、楽天カード株式会社をはじめとするクレジットカード会社が、カード会員に対してカードを発行する際に順守しなければならない法律のことです。

割賦販売法に基づき、楽天カードをはじめとするクレジットカード会社には、カード会員の支払能力を超えない範囲内でカードを利用させる義務(過剰与信防止義務)があります。
そして、過剰与信防止義務を果たすため、カード会社にはカード会員の返済能力をチェックしなければなりません。

「過剰与信防止義務」とは、消費者がクレジットの支払いのために日々の生活に困窮したり、住宅などの財産を手放したりすることなく、自分の支払い能力を超えない範囲で安心してクレジットの利用ができるよう、クレジット会社に対して、消費者の支払い能力を調査する義務を負わせ、その範囲内で与信をさせることです。

※引用:政府広報オンライン「消費者の安心・安全を守るクレジット契約の新ルール ~改正割賦販売法~

過剰与信防止義務がある以上、楽天カード株式会社は返済能力のない人にクレジットカードを発行することはできません。そのため、「返済能力のない人は楽天カードの審査に落ちる」と考えられます。

楽天カードの申込条件

楽天カードの申込条件は「18歳以上(高校生を除く)」と公式サイトに明記されています。

Q. 未成年・学生のカードお申し込みについて
A. 回答
18歳以上の方(高校生の方は除く)であればどなたでもお申し込みいただけます。
※ただし5年制一貫高校に在籍の方はお申し込み可能です。
※家族カードについては18歳(高校生を含む)を迎えた方はお申し込み可能です。
(以下略)

※引用:楽天カード公式サイト「よくある質問

「18歳未満」や「18歳以上でも高校生の人」など、申込資格を満たしていない人は楽天カードの審査に通過できないと考えましょう。なお、高校生であっても、5年制一貫高校に在籍する18歳以上の人は申し込むことができます。

学生・主婦・フリーターも申込可能

楽天カードの申込フォームに設けられた「お勤め先・学校について」という欄には「学生の方」という項目があります。そのため、楽天カードは学生でも申し込めるクレジットカードと言えるでしょう。

ちなみに、楽天カードには18歳から28歳までの学生のみが入会可能な「楽天カード アカデミー」というクレジットカードもあります。
「楽天トラベル経由で高速バスを予約すると獲得できるポイントが通常の3倍になる」など、楽天カードにはない特典を利用できるカードなので、学生は楽天カード アカデミーへの申し込みもあわせて検討してみましょう。

また、楽天カードの公式サイトでは、主婦・パート・アルバイトでもカード申込が可能と明記されています。

Q. 主婦・パート・アルバイトの場合でも、カードを申し込むことはできますか?
A. 回答
18歳以上の方であれば、主婦・パート・アルバイトの方でもお申し込みいただけます。
(以下略)

※引用:楽天カード公式サイト「よくある質問

楽天カードの申込フォームに「主婦」「パート・アルバイト」という項目はないですが「18歳以上」という年齢を満たしていれば、主婦やフリーターでも楽天カードの申し込みが可能です。

【楽天カードの職業欄で選択できる項目】

派遣社員やアルバイト・パート、自営業として働いている人は「お勤めの方」を選択してください。
職業欄に「主婦」という項目はないので、主婦の人は収入の有無に合わせて「お勤めの方(家賃収入等を含む)」か「お勤めされてない方」のいずれかを選択しましょう。

未成年者が申し込んだ場合は親権者あてに電話がかかってくる

18歳、19歳の未成年者が楽天カードに申し込んだときは、審査の過程において親権者あてに電話がかかってきます。

未成年の方の場合、審査過程において親権者様にカード発行に対する同意確認のため、お電話をさせていただいております。親権者様に、事前にご相談のうえお申し込みください。親権者様のご同意が取れない場合は、カードの発行を行うことができませんのでご了承ください。

※引用:楽天カード公式サイト「よくある質問

親権者が電話でカード発行に同意しなかった場合は、楽天カードを作ることができません。楽天カードの発行を検討している未成年者は、親権者の同意を取ってから申込手続きをはじめましょう。

年会費永年無料
楽天市場などの利用でポイント還元率2倍
通常ポイント還元率も1%と高還元

楽天カードの審査に落ちる可能性がある人の特徴

楽天カードの審査基準は公表されていないので、審査に通過する方法や審査落ちする原因を明確に述べることはできません。しかし、楽天カードが遵守している法律や利用規約の内容から、楽天カードの審査に通りにくい人の特徴を推測することはできます。

【楽天カードの審査に通りにくい人の特徴】

楽天カードへの申し込みを検討している人は、審査に通りにくい人の特徴に自分があてはまっていないか確認してみましょう。

信用情報に延滞や債務整理などの記録がある

信用情報に延滞や債務整理などの記録がある人は、楽天カードの審査に落ちるおそれがあります。信用情報に延滞や債務整理などの記録がある人にクレジットカードを発行すると、カード会社は過剰与信防止義務違反に問われるおそれがあるからです。

信用情報とは、クレジットカードやカードローンなどの返済状況や利用履歴などを記録した情報のことで「個人信用情報機関」と呼ばれる機関で管理されています。
カード会社には、カード発行前に申込者の信用情報を確認する義務があります。そのため、カード申込を受け付けると、カード会社は申込者の信用情報を必ずチェックします。

以下のような行為を経験し、その履歴が自身の信用情報に記録されている人は、返済能力を疑われて楽天カードの審査に通りにくくなると推測できます。

【返済能力を疑われる行為の例】

返済能力に問題がある人にカードを発行するのは過剰与信防止義務違反になるおそれがあるので、カード会社は異動情報のある人にクレジットカードを発行しない可能性があります。

なお、信用情報に延滞に関する履歴が残る期間は最長5年です。また、個人再生や自己破産などの債務整理に関する履歴が残る期間は最長10年です。

信用情報に延滞に関する履歴が残っているうちは、クレジットカードだけではなく、カードローンや自動車ローン、住宅ローンといった審査にも通りにくくなる可能性があるため、心当たりのある人は覚えておきましょう。

延滞に関する履歴が気になる人は信用情報を開示請求してみる

延滞に関する履歴が気になる人は、個人信用情報機関に信用情報を開示請求しましょう。開示請求することにより、自身の信用情報に延滞に関する履歴が残っているかどうかを確認できます。

楽天カード株式会社は、株式会社シー・アイ・シー(CIC)と株式会社日本信用情報機構(JICC)の2社に加盟しており、審査の際に各社に登録されている信用情報を確認します。
そのため、延滞に関する履歴が気になる人は、CICかJICCに開示請求してみることを検討しましょう。

ただし、過去に銀行や信用金庫のローンで延滞したことがある場合は、全国銀行個人信用情報センター(KSC)に情報が登録されている可能性があります。
KSCに登録された情報は、「CRIN」という情報交流の仕組みによってCICとJICCに共有されるので、CICとJICCに延滞の情報がなくてもKSCに延滞の情報があれば楽天カードの審査に影響するおそれがあります。

銀行や信用金庫などのローンでの延滞に心当たりがある人は、KSCへの開示請求も検討してみると良いでしょう。

なお、CICJICCはインターネットによる開示請求を受け付けていますが、KSCは郵送による開示請求のみです。
申込用紙に現住所や勤務先の情報を記入し送付する必要があるため、KSCに開示請求したい人は公式サイトから申込用紙をダウンロードしましょう。

配偶者の信用情報も審査結果に関係する可能性がある

楽天カードの審査においては、申込者本人の信用情報だけでなく、配偶者の信用情報も審査に影響を及ぼす可能性があります。

第3条(指定信用情報機関への登録・利用)
当社が加盟する個人信用情報機関(個人の支払能力・返済能力に関する情報の収集及び加盟会員に対する当該情報の提供を業とする者)及び当該機関と提携する個人信用情報機関に照会し、会員(家族会員は除く)及び当該会員の配偶者の個人情報が登録されている場合には、会員(家族会員は除く)の支払能力・返済能力の調査のために、当社がそれを利用することに同意します

※引用:楽天カード公式サイト「利用規約

楽天カードの利用規約には、提携する個人信用情報機関に申込者本人や配偶者の信用情報が登録されている場合、支払能力や返済能力を調査するために利用する可能性があることが記されています。

楽天カードへの申し込みを検討している人は、カード申込手続きを行う前に、配偶者に長期にわたる延滞、自己破産などの経験がないか確認しておきましょう。

携帯電話の分割払いに注意が必要

携帯料金の支払いが遅れると、信用情報に記録が残るおそれがあります。携帯電話の本体代の支払いが遅れた場合、信用情報に記録されるケースがあるからです。

携帯電話の本体を分割払いで購入している場合、携帯料金の支払いには本体代が含まれます。
分割払いは割賦販売法の規制対象である「個別信用購入あっせん契約」に該当するため、本体代の支払いが遅れると信用情報に影響が及びます。

本体代が携帯料金に含まれている場合、携帯料金の支払いが遅れることは本体代の支払いが遅れることを意味します。
そのため、携帯電話の本体を分割払いで購入したことがあり、携帯料金の支払いが遅れた経験のある人は、信用情報に記録が残っているおそれがあります。

過去に携帯電話を分割払いで購入し、携帯料金の支払遅延を起こした経験のある人は、カード申込前に信用情報を確認しておくのがいいでしょう。

クレジットカードを利用したことがない

クレジットカードを利用したことがない人は、楽天カードの審査に通過できないおそれがあります。
クレジットカードを利用したことがない人は、信用情報を確認しても返済能力の有無を判断できないおそれがあるからです。

クレジットカードの利用履歴がない人は、信用情報に記録が何も残っていない可能性があります。信用情報に記録がなければ、カード会社の審査担当者は申込者に返済能力があるのか判断できません。そのため、クレジットカードの利用履歴がない人は審査に落ちるおそれがあるのです。

クレジットカードを利用したことがない人は、携帯電話の本体を分割払いで購入するなどして、信用情報に良好な返済履歴が記録された状態を作ることを検討してみましょう。

多重申込の状態になっている

多重申込の状態になっている人は、楽天カードの審査に落ちるおそれがあるので注意しましょう。

多重申込とは、2枚以上のクレジットカードに同じタイミングで申し込む行為のことです。たとえば、楽天カードと三井住友カードに同じタイミングで申し込むと、多重申込の状態になります。

カード会社は割賦販売法に従って利用限度額を決定する義務があります。そのため、クレジットカードの利用限度額は、法律に基づいて算出された限度額の範囲でしか設定することができません。

法律に基づく限度額の上限は、申込者の年収や現在の債務を考慮して算出されます。そのため、すべてのカード会社は、申込者に対して返済能力を超える割賦枠が設定されないよう注意する可能性があります。

信用情報に複数のカード申込履歴が残っている場合、ほかのカード会社がカードの発行を決定すると、自社でカードを発行した際に法律で定めた利用限度額を超えるおそれがあります。 新規にカードを発行して法律に抵触するリスクを減らすため、カード会社は多重申込している人を審査で落とす可能性があるのです。

過去に楽天カードの審査に落ちた経験がある

過去に楽天カードの審査に落ちた経験がある人は、再度申し込んでも審査に通りにくいおそれがあります。

そもそも、過去に楽天カードの審査に落ちたのは、当時の審査担当者に返済能力があると認められなかったからと考えられます。
そのため、年収などが変化していない状態で申し込めば、やはり返済能力がないと判断されてしまい、審査に落ちてしまうおそれがあります。

「年収がアップした」「他社借入金額が減った」など、自身の返済能力が向上していることを示す明確な証拠がない人は、楽天カードへの申し込みを控えましょう。

在籍確認に対応できない

在籍確認に対応できない場合は、楽天カードの審査に落ちるおそれがあります。在籍確認に対応できないと、審査手続きが終わらないおそれがあるからです。

在籍確認とは、申込者が申告した勤め先で本当に働いているのかを確認するための作業のことです。場合によっては、カード会社の審査担当者が申込者の勤務先に電話をかけることもあります。

在籍確認は審査の一環として行われるものです。そのため、在籍確認が取れなければ審査手続きは完了しません。
審査手続きが終わらなければカードを発行できないので、最悪の場合は審査に落ちるおそれがあると考えられます。

楽天カードを発行したい人は、在籍確認に対応できるよう準備しておきましょう。

電話連絡による在籍確認では申告した電話番号に連絡が来る

電話連絡によって在籍確認が行われる場合、申告した勤務先の電話番号に審査担当者から電話がかかってくることになります。そのため、楽天カードに申し込む際は、在籍確認に対応できる勤務先の電話番号を申告する必要があります。

自身の状況からどの勤務先の電話番号を申告すべきか迷っている人は、カード申込前に楽天カードのコールセンターに問い合わせて確認してみましょう。

虚偽申告をしている

虚偽申告をした人は、楽天カードの審査に落ちるおそれがあります。

楽天カードの利用規約には「会員が虚偽の申告をしたら、会員資格を取り消すことができる」と書かれています。

3. 当社は、会員が次の各号のいずれかの事由に該当した又は当社が該当したと判断した場合、会員資格を取消すことができ、加盟店等に当該カードの無効を通知又は登録することがあります。

(1)会員がカードの申込若しくはその他の当社への申込等で虚偽の申告をした場合。

※引用:楽天カード公式サイト「利用規約

虚偽の申告は、会員資格を強制的に取り消されるおそれがある行為です。すでに資格を保有している人でも強制的に取り消されるおそれがあるのならば、カード申込前に虚偽申告が判明した場合、審査に通過できないおそれも考えられます。

楽天カードの審査に通過したい人は、嘘をつかずに正直な情報を申告することを心がけましょう。

楽天カードの審査に既に落ちてしまったけど、クレジットカードが必要な人は独自審査のカードを検討する

本記事をご覧の方の中には既に審査に落ちてしまって、審査に対して不安な方も人も居るかと思います。

クレジットカードの中には、他のクレジットカードにはない独自の特徴を持つクレジットカードがあります。
そのため、クレジットカードの審査に対して不安を感じている人は、独自の特徴を持つカードへの申し込みを検討してみましょう。

発行見込みを診断できる「アコムACマスターカード」

「アコムACマスターカード」は、クレジットカードの中で唯一、消費者金融が発行するクレジットカードです。アコムのカードローン機能とショッピング機能を利用でき、利用限度額がカードローンとショッピングの合計で最大800万円までで設定されるのが特徴です。

アコムACマスターカードの公式サイトには「3秒診断」という機能が用意されていて、カードを発行できる見込みがあるかどうかを申し込み前に診断できます。

3秒診断に必要な情報は、「年齢」「年収」「他社借入額」の3つです。必要事項を入力して「診断開始」を押した後、「お借入れできる可能性が高いです」と表示されれば、アコムACマスターカードを発行できる可能性があります。

審査に通過できるか不安な人は、まずは3秒診断から試してみると良いでしょう。

なお、アコムACマスターカードは支払方法が自動的にリボ払いになる「リボ払い専用カード」です。一括払いを選択できる他社のクレジットカードとは支払いの面で異なる部分があるので、申し込み前に違いをよく理解するようにしてください。

  • カード発行・年会費永年無料
  • 20歳以上で収入があればアルバイト・パートの人も申込可能
  • カード発行可能か分かる3秒診断あり

インターネットから申込後、全国のアコム店頭窓口や自動契約機「むじんくん」で最短即日発行・即日受取が可能。

三井住友カードの特殊な1枚「三井住友カードRevoStyle」

三井住友カードRevoStyleは、三井住友カード株式会社が自社単独で発行するクレジットカードの中で唯一、リボ払い利用者向けに作られているカードです。創業55年の歴史を誇る三井住友カード株式会社の中でも、特殊な位置づけのクレジットカードであると言えます。

昨今のキャッシュレス化の広がりに伴いクレジットカードの利用者も増加しており、支払手段の一つであるリボ払いも今まで以上に利用が増えてきております。
そこでリボ払いをご利用いただいているお客様がこれまで以上に「安心・便利」にご利用いただけることをコンセプトに、新たなカードを発行することといたしました。



※引用元:三井住友カード公式サイト「リボ払い専用「三井住友カード RevoStyle(リボスタイル)」発行開始

リボ払いは、月々の支払額を一定にして支払いの負担を調整できる支払方法です。そのため、三井住友カードRevoStyleは、自分のペースで利用料金を支払いたい人をターゲットとして発行されていると考えられます。

ただし、三井住友カードRevoStyleはリボ払い専用カードなので、一括払いを利用できる他のクレジットカードとは異なる部分があります。三井住友カードRevoStyleの発行を検討している人は、申し込み前に特徴をよく確認するようにしてください。

  • 年会費永久無料
  • 安心と安全のお買い物保険が付帯
  • 家族カード・ETCカードも年会費無料

三井住友カードが発行しているリボ払い専用カード。お得な入会キャンペーン実施中♪

楽天カードに申し込むときの流れ

楽天カードに申し込むときの流れは、以下のとおりです。

【楽天カードに申し込むときの流れ】

  1. 公式サイトにアクセスする
  2. 申込フォームに必要事項を記入する
  3. 審査結果を待つ
  4. カードを受け取る

はじめに、パソコンかスマホで楽天カードの公式サイトにアクセスしましょう。楽天カードはWebサイトからの申し込みしか受け付けていません。郵送や電話で申し込むことはできないので注意してください。

公式サイトにアクセスしたら「カンタン申し込み」と書かれたボタンを押します。申込フォームが表示されるので、画面の指示に従って必要事項を入力してください。
中でも、暗証番号は今後カードを利用するにあたって必要になる情報なので、個人情報から推測しやすい番号(生年月日、電話番号など)や、同一数字4ケタ(0000、9999など)は避けて、自分が覚えやすい番号を登録するようにしましょう。

なお、暗証番号をメモして財布の中などに保管しておくと、財布とクレジットカードを紛失したときに不正利用の被害に遭うおそれがあります。
設定した暗証番号をメモして保管しておくことは危険なので、書き留めなくてもすぐに思い出せる番号を設定するようにしてください。

申込フォームを送信したら、審査結果が来るのを待ちます。審査結果が気になる人は「カード発行状況の確認ページ」を利用して状況をこまめにチェックしましょう(カード発行状況の確認ページの詳細については後述します)。

審査に通過したら、申込時に申告した自宅住所宛に楽天カードが送られてきます。カードを受け取るときは、運転免許証やマイナンバーカードなど、顔写真付きの本人確認書類を配達員に提示する必要があるので、事前に準備しておきましょう。
なお、本人確認書類記載の「氏名」「住所」「生年月日」は申告した内容と合致している必要があります。

カード受取時に使える本人確認書類

楽天カードを受け取るときに利用できる本人確認書類は、カードの配送方法によって以下のとおり異なります。

【カード受取時に使える本人確認書類の例】

配送方法 運送会社 利用可能な本人確認書類の種類
本人限定郵便
(特定事項伝達型)
日本郵便株式会社 ・運転免許証
・パスポート(日本政府発行)
・マイナンバーカード など
受取人確認サポート 佐川急便株式会社 ・運転免許証
・パスポート(日本政府発行)
・マイナンバーカード
・在留カード
・特別永住者証明書

令和2年2月4日以降に申請されたパスポートには、住所記載欄(所持人記入欄)がありません。単体では本人確認書類として利用できないので、補足書類として公共料金の領収書、国税・地方税の領収書あるいは納税証明書を提示する必要があります。

学生証や健康保険証を本人確認書類として利用することはできません。本人確認書類として利用できるものを持っていない場合は、日本郵便か佐川急便に問い合わせましょう。

【日本郵便と佐川急便の問い合わせ先】

運送業者 営業時間 電話番号
日本郵便 平日:8:00~21:00
土日休日:8:00~21:00
固定電話:0120-23-28-86
携帯電話:0570-046-666
佐川急便 営業所によって異なる 営業所によって異なる

年会費永年無料
楽天市場などの利用でポイント還元率2倍
通常ポイント還元率も1%と高還元

審査結果がわかるまでに必要な時間

楽天カードの審査に通過すると、申込手続きが完了して7~10日後にクレジットカードが送られてきます。最短即日発行・即日受取には対応していないので注意してください。

カードは「お申し込み受付のお知らせ」メールを受け取られてから、通常約1週間~10日前後でのお届けとなります。
年末年始やゴールデンウィークなどの連休が重なる場合や、審査状況または配送地域などにより、通常より遅くなる場合がございます。

※引用:楽天カード公式サイト「お申し込みの流れ

そのため、審査結果はカード申込から10日以内には送られてくるものと考えられます。
審査結果は、カード申込時に登録したメールアドレスへと送られてきます。メールソフトやアプリの設定によっては、審査結果のメールが迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうことがあるので、なかなかメールがこない場合は迷惑メールフォルダも確認してみましょう。

なお、楽天カードは審査状況を専用WEBサイトで確認できます。カード申込から日数が経過しているにもかかわらず連絡がこない場合は、専用WEBサイトで現在の状況を確認してみましょう。

審査状況は専用WEBサイトから確認できる

楽天カードの審査状況やカードの発行状況は、専用のWEBサイトから24時間いつでも確認できます。

カードの発行状況が気になる場合は、お申し込み受付のお知らせメールの本文に記載された「カード申し込み受付ID」「生年月日」「カード会社に申告した電話番号の下4桁」を準備して、カード発行状況の確認ページから現在の発行状況を確認してみましょう。

カード申し込み受付IDが不明な場合は、専用のWEBサイトを利用することができません。カード申し込み受付IDがわからない人は、楽天カードコンタクトセンターに直接問い合わせましょう。

【楽天カードコンタクトセンターの問い合わせ先】

営業時間 電話番号
9:30~17:30(土日祝日営業) 0570-66-6910(有料。ナビダイヤル)
092-303-7188(有料)
092-474-6287(有料)

ナビダイヤルへの電話は、携帯電話のかけ放題サービスの対象外です。かけ放題サービスに加入している場合でも、ナビダイヤルに電話すると通話料が発生します。
かけ放題サービスの対象になる電話番号を利用したい人は、092から始まるいずれかの電話番号に連絡してください。

年会費永年無料
楽天市場などの利用でポイント還元率2倍
通常ポイント還元率も1%と高還元

監修者 伊藤 亮太

人物 ファイナンシャルプランナー伊藤亮太
氏名 伊藤 亮太
職業 ファイナンシャル・プランナー
保有資格 CFP
DCアドバイザー
証券外務員
プロフィール

証券会社にて営業や経営企画部門、社長秘書などの業務に加えて、投資銀行業務にも携わる。
現在は独立系のファイナンシャル・プランナーとして、資産運用と社会保障を主に、相談・執筆・講演を行なっている。これまでの公演先には金融庁・日本証券業協会・大阪取引所・SBI証券・東海労働金庫・スルガ銀行など、金融業界で多数あり。