クレジットカードを知る

初めて作る人へ

クレジットカードの基礎知識

三井住友カード(旧:三井住友VISAカード)の審査基準と審査難易度

三井住友カードの審査基準

三井住友カード入会審査は厳しいのか?」と不安に思っている人もいるのではないでしょうか。

三井住友カード(旧:三井住友VISAカード)を発行している三井住友カード株式会社は、三井住友銀行(SMBC)と同じ三井住友ファイナンシャルグループに所属する企業です。三井住友カード株式会社が発行するカードには、一般カードだけでなく、初めてクレジットカードを作る人をターゲットにした三井住友カードデビュープラスなど複数の券種が存在します。

たとえば、三井住友カードデビュープラスは初めてクレジットカードを作る人をターゲットにしたクレジットカードなので、通常の三井住友カードよりも学生や未成年からの申し込みがあることを想定して作られていると考えられます。

また、三井住友カード株式会社はSMBCファイナンスサービスと合算で4,985万人(2020年度)の会員数を誇り、多くの人にカードを発行している実績があります。

この記事では、三井住友カードが発行する、様々なクレジットカードの審査基準と審査難易度を解説していきます。

三井住友カードの申込資格

三井住友カードの公式サイトに記載されている、各カードの申込資格(お申し込み対象)は下記の通りです。

カード名 申込資格(お申し込み対象)
三井住友カードデビュープラス 満18~25歳の方(高校生は除く)
※未成年の方は親権者の同意が必要です。
三井住友カード(一般カード) 満18歳以上の方(高校生は除く)
※未成年の方は親権者の同意が必要です。
三井住友カードプライムゴールド 満20歳以上30歳未満で、ご本人に安定継続収入のある方
三井住友カードゴールド 原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方

三井住友カードデビュープラスは、満18~25歳であれば、社会人でも申込可能です。

三井住友カードは、カード利用者のライフスタイルに合わせてさまざまな特徴を持つクレジットカードを発行しています。そのため、カードによって申込資格が異なるのは自然な成り行きであるといえるでしょう。

三井住友カードの審査難易度と審査基準

三井住友カードの各券種の審査基準は公開されていないため、審査難易度も不明です。ただし、三井住友カードの各券種は、それぞれに申込資格や利用限度額などが異なることから、審査基準や審査難易度も異なると推測されます。

【三井住友カードの利用限度額一覧】

カード名 利用限度額
三井住友カード
三井住友カード(NL)
三井住友カード デビュープラス
三井住友カード Revostyle
最高100万円
三井住友カード(学生)
三井住友カード デビュープラス (学生)
最高30万円
三井住友カード ゴールド
三井住友カード ゴールド(NL)
三井住友カード プライムゴールド
最高200万円
三井住友カード プラチナ
三井住友カード プラチナプリファード
~500万円

2010年に改正された割賦販売法により、カード会社には申込者の支払能力をチェックすることが義務付けられました。
そのため、カード会社はクレジット契約を締結する際、申込者が記入した内容などをもとに申込者の支払能力をチェックする必要があります。

クレジット会社や信販会社等は、利用者等が申込書に記入した内容や指定信用情報機関が保有するクレジット債務などの信用情報を利用して、支払可能見込額を算定する調査をします。

※引用:日本クレジットカウンセリング協会「消費者ローン・クレジットのルールが変わりました!

支払可能見込額とは、申込者がクレジット代金として1年間に無理なく支払えると想定される金額のことで、具体的には以下の公式に従って決定されます。

支払可能見込額に借入状況が関係することの説明

※引用:日本クレジットカウンセリング協会「消費者ローン・クレジットのルールが変わりました!

たとえば、三井住友カード プラチナの利用限度額は「~500万円」となっています。

一方、三井住友カード デビュープラスの利用限度額は「最高100万円」です。利用限度額は100万円以内に設定されるということなので、生活維持費やクレジット債務の状況によっては年収が100万円以下でもカードを発行してもらえる可能性があると推測できます。

つまり、三井住友カード プラチナと三井住友カード デビュープラスは、年収の面において審査基準が異なる可能性があると考えられます。

三井住友カードへの申し込みを検討している人は、自分の支払能力に見合ったカードに申し込むのがいいでしょう。

審査が不安な人はキャッシング枠を0円で申し込む

キャッシング枠は0円で申請する

三井住友カードの審査に不安を感じる人は、キャッシング枠を0円にして申し込むといいかもしれません。キャッシング枠を設定しなければ、総量規制の観点に立った審査が行われない可能性があるからです。

総量規制とは、「貸金業者からの借入金額の合計が年収の3分の1を超えてはならない」という貸金業法上のルールです。カード会社や消費者金融が発行するクレジットカードのキャッシング枠は、貸金業法に基づいて総量規制の範囲内でキャッシング枠が設定されます。

キャッシング枠が貸金業法に基づいて決定されるのに対し、ショッピング枠は割賦販売法という法律に基づいて決定されます。
そのため、キャッシング枠とショッピング枠の両方を希望すれば、貸金業法と割賦販売法という2つの法律に基づいた審査が行われる可能性があります。

一方、ショッピング枠しか希望しない場合、貸金業法に基づく審査は行われない可能性があるので、審査で見られるポイントが減る可能性があります。

三井住友カードの審査項目を増やしたくない人は、キャッシング枠を0円にして審査でチェックされる項目が減ることを期待するのがいいかもしれませんね。

キャッシング枠の利用限度額は独自基準で判断されている可能性がある

なお、総量規制の対象にならない、銀行や信用金庫の教育ローンなどの無担保借入(ローン)についても、三井住友カードの申込時に申告する必要があります。

総量規制の対象にならない無担保借入も申告する必要があるということは、三井住友カードでキャッシング枠の上限判断基準を独自で持っている可能性が考えられます。

三井住友カードの場合、キャッシング枠が10万円、30万円、50万円、その他の中から選択できます。
キャッシング枠を「その他」で申請すれば、申し込み時にはキャッシング枠なし(ゼロ円)で申し込みでき、必要に応じてクレジットカード発行後にキャッシング枠付与申請(キャッシング枠を付ける申請)が行えます。

審査に落ちるおそれがある人の特徴

三井住友カードの審査に落ちる原因として考えられることについて解説します。

信用情報に延滞や債務整理などの記録がある

信用情報に延滞や債務整理などの記録がある人は、三井住友カードの審査に落ちるおそれがあります。信用情報に延滞や債務整理などの記録がある人にクレジットカードを発行すると、カード会社は過剰与信防止義務違反に問われるおそれがあるからです。

過剰与信防止義務とは、消費者が過剰な債務を負うことを防ぐため、カード会社に対して申込者の返済能力を調査することを義務付けるルールのことです。

「過剰与信防止義務」とは、消費者がクレジットの支払いのために日々の生活に困窮したり、住宅などの財産を手放したりすることなく、自分の支払い能力を超えない範囲で安心してクレジットの利用ができるよう、クレジット会社に対して、消費者の支払い能力を調査する義務を負わせ、その範囲内で与信をさせることです。

※引用元:政府広報オンライン「消費者の安心・安全を守るクレジット契約の新ルール~改正割賦販売法~

カード会社が申込者の返済能力(支払能力)を調べる際に参考にするのが「信用情報」です。信用情報とは、クレジットカードやカードローンなどの返済状況や利用履歴などを記録した情報のことで「個人信用情報機関」と呼ばれる機関で管理されています。

カード会社は、カード申込を受け付けると申込者の信用情報を必ずチェックします。
その際、自身の信用情報に以下のような情報が記録されている人は、返済能力を疑われて三井住友カードの審査に通りにくくなると推測できます。

【返済能力を疑われる行為の例】

なお、信用情報に延滞に関する履歴が残る期間は最長5年です。また、個人再生や自己破産などの債務整理に関する履歴が残る期間は最長10年です。

信用情報に延滞に関する履歴が残っているうちは、クレジットカードだけではなく、カードローンや自動車ローン、住宅ローンといった審査にも通りにくくなる可能性があるため、心当たりのある人は覚えておきましょう。

延滞に関する履歴が気になる人は信用情報を開示請求してみる

延滞に関する履歴が気になる人は、個人信用情報機関に信用情報を開示請求しましょう。開示請求することにより、自身の信用情報に延滞に関する履歴が残っているかどうかを確認できます。

三井住友カード株式会社は、株式会社シー・アイ・シー(CIC)と株式会社日本信用情報機構(JICC)の2社に加盟しており、審査の際に各社に登録されている信用情報を確認します。
そのため、延滞に関する履歴が気になる人は、CICかJICCに開示請求してみることを検討しましょう。

ただし、過去に銀行や信用金庫のローンで延滞したことがある場合は、全国銀行個人信用情報センター(KSC)に情報が登録されている可能性があります。
KSCに登録された情報は、「CRIN」という情報交流の仕組みによってCICとJICCに共有されるので、CICとJICCに延滞の情報がなくてもKSCに延滞の情報があれば三井住友カードの審査に影響するおそれがあります。

銀行や信用金庫などのローンでの延滞に心当たりがある人は、KSCへの開示請求も検討してみると良いでしょう。

なお、CICJICCはインターネットによる開示請求を受け付けていますが、KSCは郵送による開示請求のみです。
申込用紙に現住所や勤務先の情報を記入し送付する必要があるため、KSCに開示請求したい人は公式サイトから申込用紙をダウンロードしましょう。

携帯電話の分割払いに注意が必要

携帯料金の支払いが遅れると、信用情報に記録が残るおそれがあります。携帯電話の本体代の支払いが遅れた場合、信用情報に記録されるケースがあるからです。

携帯電話の本体を分割払いで購入している場合、携帯料金の支払いには本体代が含まれます。
分割払いは割賦販売法の規制対象である「個別信用購入あっせん契約」に該当するため、本体代の支払いが遅れると信用情報に影響が及びます。

本体代が携帯料金に含まれている場合、携帯料金の支払いが遅れることは本体代の支払いが遅れることを意味します。
そのため、携帯電話の本体を分割払いで購入したことがあり、携帯料金の支払いが遅れた経験のある人は、信用情報に記録が残っているおそれがあります。

過去に携帯電話を分割払いで購入し、携帯料金の支払遅延を起こした経験のある人は、カード申込前に信用情報を確認しておくのがいいでしょう。

多重申込の状態になっている

多重申込の状態になっている人は、三井住友カードの審査に落ちるおそれがあるので注意しましょう。

多重申込とは、2枚以上のクレジットカードに同じタイミングで申し込む行為のことです。たとえば、三井住友カードと楽天カードに同じタイミングで申し込むと、多重申込の状態になります。

カード会社は割賦販売法に従って利用限度額を決定する義務があります。そのため、クレジットカードの利用限度額は、法律に基づいて算出された限度額の範囲でしか設定することができません。

法律に基づく限度額の上限は、申込者の年収や現在の債務を考慮して算出されます。そのため、すべてのカード会社は、申込者に対して返済能力を超える割賦枠が設定されないよう注意する可能性があります。

信用情報に複数のカード申込履歴が残っている場合、ほかのカード会社がカードの発行を決定すると、自社でカードを発行した際に法律で定めた利用限度額を超えるおそれがあります。 新規にカードを発行して法律に抵触するリスクを減らすため、カード会社は多重申込している人を審査で落とす可能性があるのです。

勤務先の会社情報も審査に影響する可能性がある

三井住友カードを申し込む際、勤務先会社情報などの個人情報を入力する必要があります。審査で見られていると考えられるので、嘘を書かず正しい情報を記入しましょう。

勤務先名

会社が実在するかどうか、上場企業か中小企業か、会社の歴史、会社規模などを勤務先名から確認されている可能性があります。

入社年月日(勤続年数)

入社年月日を見れば、現在の勤務先で勤務している年数を知ることができます。審査は様々な項目を総合的に判断されるので、勤続年数が短くても、必ずしもマイナス要因になるとは限りません。

年収

年収は返済能力があるかどうかを判断するために確認されていると考えられます。また、ショッピング枠のうち、リボ払い・分割払いの上限金額を決める際に適用される割賦販売法において、支払可能見込額(ショッピング枠の上限の基準となる金額)を計算する際にも、年収が利用されます。

勤務先住所

勤務先名と住所を照合することにより、同名や類似名の会社が存在する場合でも正確な勤務先を判別できると考えられます。

勤務先電話番号

カード申込時に入力した情報について確認が必要な場合に、カード会社から在籍確認の電話がかかってくる可能性があります。
在籍確認の電話は、必ず行われるわけではなく、カード会社が必要だと判断した場合のみ行われます。

勤務先の資本金、勤務先の従業員数

勤務先の資本金と従業員数を把握することにより、会社の規模感を判断していると推測されます。

預金残高

預金残高は返済能力を判断するために確認されていると考えられます。多めに申告したりせず、出来るだけ正確に申告しましょう。

審査期間・審査日数

三井住友カードは、申し込みと支払い口座設定が完了したら、最短で翌営業日にはカードが発行されます。そのため、審査にかかる時間は最短で翌営業日以内になると考えられます。

審査が完了すると、郵送にてカードと書類が送付されます。そのため、カードの申し込みから到着までは、約1週間程度かかると考えておきましょう。

また、気をつけなければいけないのが、三井住友カードは日本郵便の「本人限定受取郵便」で発送されるため、クレジットカード名義人しか受け取ることができません。

郵送されたカードを受け取るためには、本人が在宅している必要があります。三井住友カードの受け取りには、下記のような本人確認書類が必要になるので、事前に用意しておきましょう。

【本人確認書類の例】

クレジットカードの審査では、申込手続完了後にカード会社から電話がかかってくることがあります。
カード会社から自宅の電話もしくは携帯電話にかかってくる連絡のことを俗に「本人確認」と呼ぶのに対し、勤務先にかかってくる連絡のことは俗に「在籍確認」と呼ばれています。

三井住友カードの審査では、申込者が申告した電話番号(自宅もしくは勤務先)に審査担当者からの電話が入る可能性があります。
電話に出られない場合は審査結果が出るまでに時間がかかるおそれがあるので、審査通過の連絡をもらうまではいつ電話が来てもいいように準備しておきましょう。

審査結果のメールが来ない場合

審査結果のメールが来ない場合は、審査に時間がかかっている可能性があります。三井住友カードは最短で申し込みの翌営業日には発行されますが、必ず最短の時間で発行されるわけではありません。

三井住友カードの審査結果は、公式サイト内にある「審査状況照会ページ」から確認できます。
審査状況照会ページにアクセスしたら「お申込番号」「生年月日」「電話番号」を入力して「照会する」をクリックしましょう。

オンライン入会の場合、お申込番号は申込手続き完了後に送られてくるメール(お申込み受付メール)に記載されています。店頭で申し込んだ場合は、申込時に受け取った書類に記載されています。
お申込番号は15桁の数字で構成されているので、審査状況照会ページに入力する際は5桁ずつ区切る必要があります。

なお、「メールが届かない」「書類をなくしてしまった」などの理由でお申込番号がわからない場合は、コールセンター(入会案内デスク)に問い合わせると教えてもらえる可能性があります。
お申込番号がわからない人は、入会案内デスク(0120-816-437)に電話して確認してください。

審査状況照会ページを確認した結果「審査中」と表示された場合は、まだ審査を行っている段階です。審査結果が出るまでもうしばらく待ちましょう。

審査に落ちた場合

三井住友カードの審査に落ちた場合の対応例を解説します。

6ヶ月後に三井住友カードを再度申し込みする

三井住友カードの審査に落ちたあと、再申し込みしたい場合は、前回の申し込みから6ヶ月以上空けるのがいいでしょう。6か月以内に再申し込みをしてしまうと、審査に何らかの影響が出るおそれがあるからです。

カード会社の中には、再申込の条件を「前回の申し込みから6か月以上が経過していること」としているところがあります。

以前カードを申し込んだ際、入会審査に通らなかったのですが、再度申し込みできますか?

前回のお申込日より6ヶ月以上経過している場合、再度お申し込みいただけます。ただし、カードの発行に際しては弊社の所定の審査があるため、ご希望に添えない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

※引用:アメリカン・エキスプレス公式サイト「よくあるご質問 - クレジットカードはアメリカン・エキスプレス(アメックス)

三井住友カードは前回の申し込みから6か月以内の再申込について何も言及していません。そのため、発行できる可能性がないとは言い切れませんが、発行できない可能性がないとも言い切れません。

ただ、前回の申し込みから6か月以内の再申込を認めていないカード会社があるのは事実なので、ひとつの参考にしてみるのがいいのではないでしょうか。

状況にいい変化があるまで2度目の申し込みはしないのが無難

三井住友カードの再申込を検討している人は、自身の状況にいい変化があったタイミングで申込手続きをするのがいいでしょう。

1度目の審査に落ちたのは、三井住友カードの審査通過に必要なラインを超えられたかったからと考えられます。
そのため、1度目とまったく同じ状態で2度目の申込手続きをしても、審査に通過できる可能性は低いでしょう。

三井住友カードに再び申し込もうとしている人は「収入が増えた」「昇進した」など、自身の状況が上向くまで申込手続きをするのは控えましょう。

審査基準の異なる別のカードを検討する

三井住友カードの審査に落ちてしまったけどクレジットカードを早めに作りたいと考えている人は、別のクレジットカードに申し込むのもひとつの方法です。

国内には多くのカード会社が存在しており、それぞれの会社が異なる属性の人をターゲットにしてクレジットカードを発行しています。
ターゲットが異なるということは審査基準も異なっている可能性があるので、三井住友カードの審査に落ちたとしても、他社のクレジットカードであれば審査に通過できる可能性はあるでしょう。

とはいえ、他に発行したいクレジットカードを見つけるのは簡単ではないかもしれません。編集部で調べたところ、国内には少なくとも約1,100種類のクレジットカードが存在しています。つまり、他のクレジットカードを発行するとは、約1,100種類の中から自分に適した1枚を選択する必要があるということです。

そのため、他に発行したいクレジットカードを見つけるときは「カード選びの基準」を作って選別していくのがいいかもしれません。
たとえば、なるべく早めにクレジットカードを発行したい人は最短即日発行・即日受取可能なカードを選ぶという方法が考えられます。審査に不安がある人は独自審査のクレジットカードを選ぶのもいいでしょう。

クレジットカードを作ろうとしているのには、何らかの理由があるはずです。別のクレジットカード発行を検討する人は、自分がなぜクレジットカードを作りたいのかを改めて思い出してみましょう。

自分に合った三井住友カードを選ぶ

三井住友カードには複数の券種があります。そこで、三井住友カードの公式サイトにある情報を参考に、三井住友カードをタイプ別に分類しました。

最短5分で発行可能な三井住友カード

世界シェアNo.1のVISAカード
業界最高水準の不正使用検知システムを導入
ポイントUPモールでポイント最大20倍

最大10,000円相当プレゼント

※最短5分発行受付時間:9:00~19:30

三井住友カードは、最短5分でカード番号を発行する「即時発行」というサービスを行っています。
即時発行されたカード番号はネットショッピングやスマホゲームの課金に利用できるほか、Apple PayやGoogle Pay対応のスマホに登録すれば電子マネー「iD」を経由して実店舗での買い物にも利用できます。

即時発行できるのは、クレジットカードそのものではなくカード番号です。物理的なカードが手元に届くのは申込完了から数日後なので、カード番号ではなく、物理的なカードが必要な場面では買い物をすることができません。

即時発行サービスに対応している三井住友カードは「三井住友カード(NL)」「三井住友カード ゴールド(NL)」「三井住友カード デビュープラス」の3枚です。
急ぎでインターネットショッピングをしたい人や、iDが使えるお店での買い物を考えている人は、紹介した3枚のいずれかを検討してみてください。

初めてカードを持つ人におすすめの三井住友カード

学生でも申し込める25歳までの限定カード
入会後3か月はポイント還元率が5倍
24時間体制で不正利用をモニタリング

最大10,000円相当プレゼント♪

初めてカードを持つ人におすすめの三井住友カードは「三井住友カード デビュープラス」です。
三井住友カード デビュープラスは、三井住友カードの公式サイトで「初めてのクレジットカードにおすすめ」とされています。

三井住友カードデビュープラス(旧:三井住友VISAデビュープラスカード)は、18歳~25歳の人だけが申し込めるクレジットカードです。
初年度の年会費が無料になるだけでなく、翌年度以降も条件を満たせば年会費の割引が受けられます。獲得できるポイントは三井住友カードの2倍貯まるのも特徴のひとつです。

ワンランク上のサービスを体験できる三井住友カード

三井住友カードの公式サイトが「ワンランク上のサービスを体験できる」と説明しているのは「三井住友カードゴールド」「三井住友カード プライムゴールド」「三井住友カード プラチナ」の3枚です。

三井住友カード プライムゴールド

  • 海外旅行傷害保険最高5,000万円補償
  • 空港ラウンジ無料利用可能
  • 20代限定カード

20歳~29歳限定で作れるゴールドカード。年会費は30歳以上で発行できる通常のゴールドカードの半額の5,500円(税込)で、割引特典を適用すると最安1,650円(税込)で利用可能。

三井住友カード プライムゴールド(旧:三井住友VISAプライムゴールド)は、20歳~29歳の人だけが発行できるゴールドカードです。
通常の三井住友カード ゴールドは年会費が11,000円(税込)かかりますが、プライムゴールドは半額の5,500円(税込)で利用できます。

最高5,000万円補償の海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険が付帯しているため、海外旅行中や国内旅行中に事故に遭った場合に補償を受けられる可能性があります。また、20歳以上30歳未満で本人に安定継続収入があれば申込可能です。

三井住友カード ゴールド

  • 海外旅行傷害保険最高5,000万円補償
  • 空港ラウンジ無料利用可能 ※条件があります
  • 24時間体制で不正利用をモニタリング

年会費11,000円(税込)で国内旅行傷害保険と海外旅行傷害保険が最高5,000万円補償される三井住友のゴールドカード。インターネット申し込みで初年度年会費無料の入会キャンペーン中!

三井住友カード ゴールド(旧:三井住友VISAゴールドカード)は申込資格が「原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方」となっており、三井住友カード株式会社が発行するクレジットカードの中でも申込資格が厳しめのカードです。

三井住友カード プラチナ

三井住友カード プラチナ(旧:三井住友VISAプラチナカード)の申込資格は、三井住友カード ゴールドと同じく「原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方」です。ただし、三井住友カードプラチナの公式サイトには、「三井住友カードプラチナ独自の審査基準により発行」と明記されているため、三井住友カード ゴールドとは審査基準が異なると推測されます。

三井住友カード プラチナには、家族や大切な人との特別な日をスペシャルな思い出にするための特典が付帯しています。
具体的には、東京・大阪を中心に約100店舗の一流レストランで2名以上のコース料理を利用する際、会員1名分の料金が無料になる「プラチナグルメクーポン」や、ワインソムリエの田崎真也氏がプラチナカード会員のために厳選したワインを特別販売する「プラチナワインコンシェルジュ」などがあります。

監修者 伊藤 亮太

人物 ファイナンシャルプランナー伊藤亮太
氏名 伊藤 亮太
職業 ファイナンシャル・プランナー
保有資格 CFP
DCアドバイザー
証券外務員
プロフィール

証券会社にて営業や経営企画部門、社長秘書などの業務に加えて、投資銀行業務にも携わる。
現在は独立系のファイナンシャル・プランナーとして、資産運用と社会保障を主に、相談・執筆・講演を行なっている。これまでの公演先には金融庁・日本証券業協会・大阪取引所・SBI証券・東海労働金庫・スルガ銀行など、金融業界で多数あり。