クレジットカードを知る

初めて作る人へ

クレジットカードの基礎知識

クレジットカードの暗証番号を忘れたときの対処法

クレジットカードを利用している人の中には、暗証番号を忘れたことにより、カード決済を利用できない人もいますよね。とくに、海外旅行の予定が入っている人は、事前にクレジットカードの暗証番号を確かめておきたいでしょう。

カード会社に問い合わせれば、担当者からクレジットカードの暗証番号を確認する手続きを案内してくれます。問い合わせ先は、クレジットカードの裏面に記載されているサポート用電話番号や、クレジットカードのウェブサイトで確認することができます。

暗証番号は電話で教えてくれるわけではなく、登録された住所に郵送されるか、会員用ウェブサイトで確認できます。もし郵送での通知しか出来ない場合、暗証番号を確認するのに1週間かかる場合もあるので、海外旅行などの予定が入っている人は早めに手続きすることをおすすめします。

暗証番号とは買い物するときに必要な4桁の数字のこと

クレジットカードの暗証番号とは、カード決済の安全性を高めるために設定された4桁の番号のことです。暗証番号を求められるのは店舗で買い物をする時が多く、インターネットショッピングで求められることは滅多にありません。

クレジットカードの暗証番号は、利用者本人が好きな番号を設定できます。カード申込時に暗証番号の設定を求めるカード会社が大半なので、クレジットカードの暗証番号がわからずに悩んでいる人は、暗証番号を忘れている可能性が高いです。

暗証番号を忘れてしまった人は、早めにカード会社に連絡して、自分の暗証番号を確認しましょう。

自分の暗証番号を知るにはカード会社に問い合わせるしかない

自分の暗証番号を知る唯一の方法は、カード会社に問い合わせることです。ただし、暗証番号を確認する方法は、カード会社ごとに異なります。

【暗証番号を確認する方法】

郵送での確認方法は、郵送物が到着するのを待つ必要があるため、暗証番号が分かるまでに時間がかかります。一方、会員専用WEBサイトであれば、知りたいときにすぐに暗証番号を確認できます。

そのため、どちらの方法でもクレジットカードの暗証番号を確認できる人は、会員専用WEBサイトを利用するのがおすすめです。

クレジットカードの暗証番号を知りたい人は、自分が持っているクレジットカードを発行している会社が、どちらの確認方法に対応しているのかを事前に把握しておきましょう。

会員専用WEBサイトで暗証番号を確認する方法

クレジットカードの暗証番号を会員専用WEBサイトで確認する際の手順は、以下の通りです。

【会員専用WEBサイトで暗証番号を確認する方法】

  1. 会員専用WEBサイトにログインする
  2. 「暗証番号の照会」をクリックする
  3. カード番号やセキュリティコードなどを指示に従って入力する

暗証番号は極めて重要な情報なので、インターネット上で確認する際は本人確認の手続きが必要です。保有しているクレジットカードのカード番号やセキュリティコードなどを入力する必要があるので、クレジットカードは手元に用意しておきましょう。

郵送で暗証番号を確認する方法

クレジットカードの暗証番号を郵送で確認する際の手順は、以下のとおりです。

【郵送で暗証番号を確認するときの手順】

  1. 会員専用WEBサイトにアクセスする(または電話をかける)
  2. カード番号やセキュリティコードなどを指示に従って入力する
  3. 郵送物が届くのを待つ

暗証番号を確認するための手続きを終えた後は、カード会社から葉書が送られてきます。暗証番号の書かれた葉書は、全ての手続きを終えてから約1週間後に、カード会社に届け出ている住所へと送られてきます。

なお、カード会社の多くは郵送物の海外発送に対応していないので、海外に住んでいる人は暗証番号を郵送してもらえません。
海外に住んでいる人は、会員専用WEBサイトを利用してクレジットカードの暗証番号を確認しましょう。また、会員専用WEBサイトで暗証番号を確認できない場合には、カード会社の担当者に相談してください。

暗証番号の確認方法をカード会社別に紹介

クレジットカードの暗証番号の確認方法をカード会社別にまとめました。クレジットカードの暗証番号を確認したい人は、ぜひ参考にしてください。

【主要なカード会社が提供する暗証番号の確認方法】

カード会社名 暗証番号の確認方法
アプラス 郵送
アメリカン・エキスプレス(アメックス) 郵送・WEB
イオンカード 郵送・WEB
エポスカード 郵送
オリエントコーポレーション(オリコカード) 郵送
クレディセゾン(セゾンカード) 郵送・WEB
JCBカード 郵送・WEB
ジャックス 郵送
セディナカード 郵送
トヨタファイナンス(TSキュービックカード) 郵送
ビューカード 郵送
三井住友トラストクラブ(ダイナースクラブカード) 郵送
三井住友カード 郵送
三菱UFJニコス(MUFGカード・DCカード・ニコスカード) 郵送
ライフカード 郵送
楽天カード 郵送・WEB
ワイジェイカード(ヤフーカード) 郵送・WEB

クレジットカードの発行会社は、カード裏面に記載されています。クレジットカードの暗証番号を知りたい人は、カード裏面に書かれたカード会社を確認してみましょう。

暗証番号の入力を複数回間違えるとクレジットカードが使えなくなる

クレジットカードの暗証番号を忘れた場合、思いついた番号を適当に入力するのはやめましょう。クレジットカードは、暗証番号の入力を複数回間違えば、使えなくなる仕組みになっているからです。

暗証番号はカード会員本人しか知らない番号なので、何度も間違えるのは不自然です。そのため、暗証番号を何度も間違えば、カード会社に不正利用のおそれがあると判断され、クレジットカードを止められます。

暗証番号の入力ミスが原因でクレジットカードを止められた場合には、ロックを解除するまでに1週間以上かかります。クレジットカードが使えない期間を作らないためにも、暗証番号を適当に入力するのは避けましょう。

暗証番号がわからない人はサイン決済をお願いする

クレジットカードの暗証番号がわからない人は、店員にサインでの決済をお願いしてみましょう。サイン決済であれば、クレジットカードの暗証番号がわからなくても買い物ができるからです。

クレジットカード決済で暗証番号が必要な理由は、カードを利用しているのがカード会員本人であることを確認するためです。本人確認はサインでも代用できるので、サイン決済を認めている店舗であれば、暗証番号が分からなくてもクレジットカードを使えます。

ただし、2018年に行われた法改正の影響により、今後は暗証番号を求められる場面が増えると推測されます。暗証番号がわからない人は、自分が持っているクレジットカードの暗証番号を早めに確認しておきましょう。

海外で暗証番号を使うときには注意すべき点がある

海外でクレジットカードの暗証番号を利用するときは、以下の点に注意しましょう。

【海外で暗証番号を利用するときの注意点】

決済システムの違いやスキミングの危険性がある海外では、日本国内以上に暗証番号の取り扱いに気を付ける必要があります。海外旅行や海外出張の予定がある人は、海外でクレジットカードの暗証番号を使うときの注意点を確認しておきましょう。

4桁以外の暗証番号を求められる場合がある

中国やベトナム、イタリアなどの国では、暗証番号を入力する際に4桁以外の暗証番号を求められることがあります。一部の国では、5桁や6桁の暗証番号が使われているからです。

4桁以外の暗証番号を求められたときは、「いつもどおり4桁の暗証番号を入力する」「4桁の暗証番号の後ろに0を追加する」といった対応が必要です。ただし、対応は国ごとに異なるので、クレジットカードの暗証番号を入力する際は店員に確認してみることをおすすめします。

事前に確認しておきたい人は、マネパカードの公式サイトに詳しい情報が掲載されているので、必ず読んでおきましょう。

暗証番号とサインの両方が必要な場合がある

中国やタイなどの国では、暗証番号とサインの両方を求められる場合があります。暗証番号とサインの両方を求められるのは珍しいことではないので、安心して対応してください。

ただし、クレジットカードを利用するお店が信頼できるかどうかを考えることは大切です。世界的に名の通ったブランド店やホテル、大手スーパーマーケットは安心ですが、人気のない店や屋台などの場合には、カード決済前に安全性を疑ったほうがいいでしょう。

暗証番号を入力する時は誰にも見られないようにする

海外でクレジットカードの暗証番号を入力する時は、他人に見られないよう細心の注意を払う必要があります。クレジットカードの暗証番号を悪用された場合には、不正利用の被害に遭っても補償してもらえないからです。

海外では、クレジットカード情報を不正に抜き取る「スキミング」と呼ばれる犯罪被害に遭い、クレジットカードを不正利用される事例が多発しています。
不正利用の被害に遭ったとしても、暗証番号が漏れていない場合は被害額を補償してもらえる可能性がありますが、暗証番号が漏れた場合はカード会社の補償を受けられません。

そのため、海外では、一層の注意を持って暗証番号を管理する必要があります。海外で暗証番号を利用する時は、カード端末のテンキーを手で覆いながら、慎重に入力するよう心がけましょう。