クレジットカードを知る

初めて作る人へ

おすすめクレジットカード一覧

キャッシュカードとクレジットカードの違い

キャッシュカードとクレジットカードの違いの一つは、買い物に使えるかどうかです。

と、覚えて下さい。

【キャッシュカードとクレジットカードの特徴】

項目 キャッシュカード クレジットカード
買い物に使えるかどうか 使えない 使える
インターネットショッピングや、コンサートチケットのネット予約等に使えるかどうか 使えない 使える
ATMからお金を引き出せるかどうか 引き出せる 引き出せない
(キャッシングで借りることは可能)
中学生や高校生でも持てるか 持てる
(原則として年齢制限なし)
持てない
(原則として高校生を除く18歳以上で審査を通過した人のみ持てる)

以上のように、キャッシュカードとクレジットカードには様々な機能の違いがあります。それぞれの違いについて、以下で詳しく説明します。

永年年会費無料
誕生月はポイント3倍で還元率1.5%
L-Mallの活用で最大25倍のボーナスポイント
高校生を除く18歳以上で、日本在住かつ電話連絡可能なら申し込めるクレジットカード

キャッシュカードの特徴

キャッシュカードの特徴は以下の通りです。

ATMからお金を引き出せる

キャッシュカードを使えば、銀行のATMを利用し、自分の銀行口座からお金を引き出すことができます。最近は各金融機関がコンビニやスーパーなどのATMとの提携を進めているため、銀行の店舗だけでなく日本中の様々な場所でお金を引き出すことが可能です。

買い物には使えない

キャッシュカードは、買い物には使えません。

クレジットカードの特徴

クレジットカードの特徴は以下の通りです。

世界中の加盟店で買い物に使える

クレジットカードは、世界中にある国際ブランドの加盟店で買い物に使うことができる決済カードです。

多くのクレジットカードは、VISAやJCBといった国際ブランドを付帯しています。これらの国際ブランドの加盟店では、支払いにクレジットカードを使うことが可能です。
カードに付帯する国際ブランドの加盟店であれば、国内のコンビニやスーパーだけでなく、インターネットショッピングや海外旅行先などでもクレジットカードを支払いに利用できます。

クレジットカードで支払った料金は、一時的にカード会社が立て替えます。カードの利用代金は、締め日までの1か月分が後日まとめて銀行口座から引き落とされます。
また、クレジットカードは、一部のカードを除いて支払い方法を選択できます。支払い回数を選択できる「分割払い」や月々の支払額を変更できる「リボ払い」を利用すれば、高額な買い物をした際も、1回の支払額を調整することで月々の支払い負担を軽減できる可能性があります。ただし、分割払いやリボ払いには手数料がかかるため、計画的に利用することが大切です。

ATMを利用してお金を借りられる

クレジットカードは、ATMを利用してお金を借りることができます。

クレジットカードには、買い物や料金支払に利用する「ショッピング枠」のほかに、カード会社から現金を借りられる「キャッシング枠」が設定されている場合があります。キャッシングで借りたお金は、ATMで返済したり、ショッピング機能の利用額と合算して口座から引き落としたりできます。

ETCカードを追加発行できる

高速道路料金等の支払いに利用できるETCカードは、クレジットカードの付帯カードとして追加発行が可能です。

ETCパーソナルカードのように、クレジットカードに付帯しないカードとして保有可能できるETCカードもあります。ただし、ETCパーソナルカードの場合、利用開始に最低20,000円のデポジット(保証金)が必要なことや、デポジットの入金からカード到着までに2週間程度を要することなどに注意が必要です。
クレジットカード付帯のETCカードは、年会費無料で持てるものもあり、カードの種類によっては最短で申込当日中に入手可能です。

ゴールドカードやプラチナカードが存在する

クレジットカードによっては、ゴールドカードやプラチナカードといった上位カードが存在する場合があります。上位カードは一般カードと比べて年会費が高いですが、独自の優待特典が付いています。

たとえば、三井住友カードの上位カードである三井住友カードゴールドは、最高5,000万円補償の海外旅行傷害保険や、国内外の空港ラウンジを無料で利用可能なサービスなどの特典を付帯しています。

入会審査がある

クレジットカードを作るためには、カード会社が行う入会審査に通過する必要があります。これは、クレジットカードが後払いのサービスだからです。一時的に立て替えたカード利用金を会員が返済してくれるのかを確かめるため、カード会社は申込者の年齢や職業、収入額などを様々な項目を総合的に審査します。

ただし、18歳未満の人や高校生の人は、原則としてクレジットカードに申し込めないので注意しましょう。

クレジットカードの例

クレジットカードには様々な種類があります。その中から、テレビCMなどで積極的に紹介されている代表的カードを3つ紹介します。

三井住友カード

世界シェアNo.1のVISAカード
業界最高水準の不正使用検知システムを導入
ポイントUPモールでポイント最大20倍

最大5,000円相当プレゼント

三井住友カードは、三井住友カード株式会社が発行する一般カードです。日本で初めて発行されたVISAカードであり、創業から50年以上利用され続けている実績があります。

三井住友カードには、18~25歳限定の若者向けカードである三井住友カードデビュープラスなど、独自の特典を付帯したものがいくつも存在します。

楽天カード

年会費永年無料
楽天市場などの利用でポイント還元率2倍
通常ポイント還元率も1%と高還元

楽天カードは、公共財団法人日本生産性本部の「JCSI(日本版顧客満足度指数)調査 2019年度年間発表」において、11年連続で顧客満足度1位を記録しているクレジットカードです。年会費無料で利用でき、楽天市場や楽天トラベルなどの優待特典が付帯しているため、特に楽天グループのサービスをよく利用する人にとって使いやすいカードだと言えるでしょう。

アコムACマスターカード

年会費永年無料
自動キャッシュバックあり
収入がある20歳以上の人は申込可能
申し込み前にWEB3秒診断で発行できるか確認可能

アコムACマスターカードは、最短で申込んだその日のうちに発行可能年会費無料のクレジットカードです。全国に設置された自動契約機「むじんくん」を利用すれば最短30分でカードを発行できるため、クレジットカードしか使えない料金の支払いや海外出張の予定などが急に入った場合にも、対応できる可能性があります。

キャッシュカード一体型クレジットカード

クレジットカードの中には、キャッシュカード機能を付帯した一体型のものが存在します。キャッシュカード一体型のクレジットカードを持つと、キャッシュカードとクレジットカードを別々に持ち歩く必要がないため、手持ちのカードの枚数を減らせます。

三井住友銀行のSMBC CARDや、楽天銀行の楽天銀行カードなどがキャッシュカード一体型のクレジットカードにあたります。
ただし、「キャッシュカード機能のみの場合は年会費無料で利用可能なものの、クレジットカード機能を付帯すると年会費が発生する」というキャッシュカード一体型クレジットカードも存在します。クレジット機能を一切利用しない場合も年会費は発生するため「銀行窓口で行員に勧められて作ったが、クレジットカードをほとんど使わない」という人は、クレジット機能が付いていないキャッシュカードに変更するのも選択肢の一つです。

デビットカード

デビットカードとは、クレジットカードと同様に買い物で利用可能な決済カードです。しかし、クレジットカードの利用料金が後払いなのに対し、デビットカードは支払時にその場で口座からカード利用料金が引き落とされる即時決済型です。クレジットカードに申し込めない18歳未満の人や高校生でも利用できるカードもあります。

デビットカードの中には、VISAやJCB等の国際ブランドを付帯するカードもあります。国際ブランドの加盟店であれば、国内だけでなく、ネットショッピングや海外旅行先でも利用可能です。

たとえば、三菱UFJ銀行が発行する三菱UFJデビットは、15歳以上(中学生は除く)であれば申し込み可能で、世界中のVISA加盟店またはJCB加盟店で利用できます。三菱UFJ銀行の口座1つにつき、JCBデビットかVISAデビットのどちらか1枚の発行です。

ただし、海外利用する場合には下記の手数料が発生します。

三菱UFJ-VISAデビット:海外ATM利用手数料:110円/回(消費税込)、海外事務手数料:取引金額の3.05%」三菱UFJ-JCBデビット:<海外利用時の手数料>JCBが定める基準レートにJCBが指定した料率(1.6%)と三菱UFJ銀行所定の海外事務手数料(3.05%)を上乗せしたレートで円貨換算します。<海外ATM利用手数料>110円(消費税込)/1回 ※別途ATM設置機関の所定の自動機手数料が必要な場合があります。

また、デビットカードは公共料金や携帯電話料金等の固定費の支払いや、ガソリンスタンド、高速道路等の料金の支払いに使えない場合があります。また、クレジットカードのようなポイントプログラムが用意されていない場合もあるため、カード決済でポイントを貯めたい人は注意が必要です。

なお、デビットカードでは分割払いやリボ払いは利用できません。

デビットカード一体型キャッシュカード

デビットカードの機能を付帯したキャッシュカードである「デビットカード一体型キャッシュカード」もあります。PayPay銀行が発行する「Visaデビットカード」や住信SBIネット銀行が発行する「ミライノ デビット」などがデビットカード一体型キャッシュカードにあたります。

監修者 午堂 登紀雄

人物 米国公認会計士 午堂 登紀雄
氏名 午堂 登紀雄
職業 米国公認会計士
保有資格 USCPA(米国公認会計士)
プロフィール

中央大学経済学部卒業後、東京都内の会計事務所、大手流通企業を経て、世界的な戦略系経営コンサルティングファーム『アーサー・D・リトル』で経営コンサルタントとして活躍。
2004年に独立起業。株式会社プレミアム・インベストメント&パートナーズ、株式会社エデュビジョンを設立し、個人投資家、ビジネス書作家としても活動している。

今人気のカードは?ランキングTOP5

アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カード

最高ランクのカードをあなたのもとへ…お得な入会キャンペーン実施中!

三井住友カードデビュープラス

三井住友カードデビュープラス

18~25歳までの限定カード!入会から3カ月はポイント還元率5倍

JCB CARD W

 JCB CARD W

39歳以下の若者向けクレジットカード。常時ポイント2倍特典付き!

楽天カード

楽天カード

楽天市場でポイント還元率アップ!パート・アルバイトも申し込みOK♪

ACマスターカード

acマスターカード

最短60分で即日発行可能!パート・アルバイトも申し込みOK♪