クレジットカードを知る

初めて作る人へ

おすすめクレジットカード一覧

クレジットカードのキャッシングとは

クレジットカードを持っている人の中には、ショッピング機能は利用したことがあっても、キャッシング機能は利用したことがない人もいますよね。それゆえ、仕組みが分からず、クレジットカードのキャッシング機能を利用できずにいる人もいるでしょう。

クレジットカードのキャッシング機能はお金を借りる機能となるため、商品を購入する際のショッピング機能とは仕組みが異なります。仕組みが異なることにより、キャッシング機能を利用した際は必ず金利手数料が発生するなど、事前に知っておくべき情報もあります。

クレジットカードのキャッシング機能を利用したい人は、利用後に後悔することのないよう、事前に仕組みと注意点を知っておきましょう。

キャッシングとは現金を借りられる機能のこと

クレジットカードのキャッシングとは、現金を借りられる機能のことです。ショッピング機能とは仕組みが異なるため、クレジットカードを利用している人は詳細を確認しておきましょう。

【クレジットカードのショッピングとキャッシング】

名称 詳細
ショッピング 後払いで商品代金や各種料金を決済できる機能
キャッシング 現金を借りられる機能

クレジットカードのショッピング機能を利用すれば、様々な支払いを後払いできます。ショッピングの支払方法では、一括払いや分割払い、リボルビング払い(リボ払い)を選択可能です。

一方、クレジットカードのキャッシング機能を利用すれば、コンビニATMやCD(キャッシュディスペンサー)を使って現金を借りられます。キャッシングの返済方法では、ショッピング同様、一括返済や分割払い、リボ払いを選択可能です。

クレジットカードのキャッシングを検討している人は、まずはショッピングとの違いを理解しておきましょう。

カードローンとキャッシングの違いは定義にある

カードローンとキャッシングの違いは、そもそもの定義にあります。それぞれの機能を理解するためにも、クレジットカードのキャッシングを検討している人は、カードローンとキャッシングの定義を確認しておきましょう。

【カードローンとキャッシングの定義】

名称 定義
カードローン 現金の借入れを希望する人に融資するサービス
キャッシング クレジットカード利用者に融資する機能

カードローンは、現金の借入れを希望する人に融資するサービスです。融資を受けるには、所定の審査に通過し、ローンカードを発行する必要があります。

一方、キャッシングは、クレジットカード利用者に融資する機能です。ショッピング機能同様、クレジットカードに付帯する機能の一つです。

それぞれの定義は異なりますが、カードローンとキャッシングは“現金での融資”という点が共通しています。クレジットカードのキャッシングを検討している人は、利用者側にとって、カードローンとキャッシングの用途は同じという点を覚えておきましょう。

キャッシングするには審査に通る必要がある

キャッシング機能を利用するには、所定の審査に通る必要があります。クレジットカードの審査に通った人でも、キャッシングの審査に通らなければ、現金を借入れできません。

クレジットカードには、利用枠が設定されています。ショッピングの利用枠はショッピング枠と呼ばれ、キャッシングの利用枠はキャッシング枠と呼ばれます。

ショッピング枠は、ショッピング機能に対応しており、クレジットカードの審査に通った全員に設定される利用枠です。そのため、クレジットカードの審査に通った人は、ショッピング機能を利用できます。

キャッシング枠は、クレジットカードの審査に通った人の中で、キャッシングの審査に通った人に設定される利用枠です。キャッシング枠はショッピング枠に追加される形になるため、キャッシング枠を希望する人は、ショッピング枠のみの人よりも高い返済能力を求められます。

なお、ショッピング枠とキャッシング枠には、使える金額の上限として利用限度額が定められています。利用限度額はそれぞれ別々の法律によって決められており、ショッピング枠の審査基準よりもキャッシング枠の審査基準のほうが高めに設定されています。

キャッシングの審査基準はカード会社ごとに異なりますが、“学生やアルバイトはキャッシングの審査に通りにくい傾向がある”という点は共通です。誰でも審査に通過できるわけではないため、クレジットカードのキャッシングを検討している人は、「クレジットカードのキャッシング審査について」を確認しておきましょう。

年収の3分の1を超える金額はキャッシングできない

クレジットカードのキャッシングを利用する場合、年収の3分の1を超える金額は借入れできません。クレジットカードのキャッシングは、総量規制の対象だからです。

総量規制とは、貸金業者からの借入れを定める貸金業法の一部です。総量規制では、貸金業者からの借入限度額を年収の3分の1以内に定め、借り手の返済能力を超えないよう制限しています。

そのため、消費者金融やクレジットカード会社など、貸金業者からの借入額が年収の3分の1を超える人は、キャッシングを利用できません。

キャッシングの利用方法は大きく2つに分けられる

クレジットカードのキャッシング機能の利用方法は、大きく2つに分けられます。そのため、キャッシングを検討している人は、事前に利用方法の確認が必要です。

【クレジットカードのキャッシング機能の利用方法】

利用方法 概要 利用対象者
ATMとCD(キャッシュディスペンサー) コンビニや銀行のATM、商業施設のCDを利用して現金を借りられるサービス すぐに現金を調達したい人
振込サービス インターネットや電話で申し込んだ金額が登録している銀行口座へ振り込まれるサービス 手数料を節約したい人

「ATMとCDによるキャッシング」と「振込サービスによるキャッシング」では、それぞれ利用対象者が異なります。クレジットカードのキャッシングについて知りたい人は、それぞれの詳細を確認しておきましょう。

ATMとCDによるキャッシング

ATMとCDによるキャッシングは、クレジットカード会社の処理を待つことなく、現金を借りられます。

ATMとCDによるクレジットカードのキャッシングは、コンビニエンスストアやスーパー、ショッピングモールにあるATMやCDで手続きを行います。

【ATMとCDによるキャッシングの流れ】

  1. 対応するATM・CDにクレジットカードを挿入する
  2. 「キャッシング」を選択する
  3. 「金額」および「暗証番号」を入力する
  4. クレジットカードと現金を受け取る

クレジットカードでキャッシングする流れは、ATMとCDで共通です。手続きにかかる時間は2分~3分程度となるため、ATMとCDの営業時間内であれば、その場で早めに現金を借りられます。

手続きにかかる時間が短く現金を借りられるため、早めに現金を調達したい人は、ATMとCDによるキャッシングを選択しましょう。

手数料を節約したい人には振込サービスが向いている

クレジットカードによるキャッシングの手数料を節約したい人は、振込サービスが利用できます。振込サービスによるキャッシングには、振込手数料がかからないからです。

振込サービスによるキャッシングは、WEBや電話から手続きできます。

【振込サービスによるキャッシングの流れ】

利用方法 キャッシングの流れ
WEB(ネットキャッシング) 1.クレジットカード会社の「ネットキャッシング専用ページ」にアクセスする
2.表示に従い申込内容を記入する
3.登録口座に希望金額が振り込まれる
電話(テレフォンキャッシング) 1.クレジットカード会社の「テレフォンキャッシング専用ダイヤル」に電話する
2.オペレーターもしくは音声ガイダンスに従い手続きする
3.登録口座に希望金額が振り込まれる

クレジットカード会社では、振込サービスによるキャッシングの窓口として「WEB(ネットキャッシング)」と「電話(テレフォンキャッシング)」を用意しています。いずれも手続きにかかる時間は3分~5分程度です。

なお、「即日振込(即時振込)」を利用すれば、数分~数時間後には、登録口座に希望金額を振り込まれます。即日振込を希望する人は、お手持ちのクレジットカードの公式サイトから即日振込の有無を確認しましょう。

キャッシングの返済方法は複数用意されている

クレジットカードのキャッシングには、複数の返済方法が用意されています。クレジットカードのキャッシングを検討している人は、事前にそれぞれの返済方法を確認しておきましょう。

【キャッシングの返済方法】

名称 詳細
一括返済 借入額(元金)と金利手数料(利息)を翌月の支払日に全額返済する方法
分割払い 希望の回数に分割した借入額に月割の利息を上乗せして返済する方法
リボ払い ショッピングリボ同様に、「元金定額方式」「元利定額方式」「残高スライド方式」のいずれかの返済方式で返済する方法

キャッシングした金額の返済方法には、「一括返済」「分割払い」「リボ払い」のいずれかを選択できます。

給料日までの生活費としてキャッシング機能を利用した人は、次の給料日に一括返済すれば完済となるため、翌月以降には返済は発生しません。ただし、キャッシングの返済方法を分割払いやリボ払いにすると、返済している期間は金利が発生してしまうため、返済総額が増えてしまいます。

またキャシング総額により、毎月の最低支払い金額が決められているクレジットカードもあります。

そのため無理のない返済計画を立てた上で、キャッシングを検討する必要があります。

選択できる返済方法はクレジットカードごとに異なるため、キャッシングを検討している人は、お手持ちのクレジットカードの公式サイトから選択できる返済方法を確認しておきましょう。

金利手数料が必ず発生する

クレジットカードのキャッシングには、1ヶ月のみの利用であっても必ず金利手数料が発生します。そのため、同じ金額を一括返済しても、キャッシングの返済総額はショッピングの返済総額よりも大きくなります。

クレジットカードのショッピングは、支払時に一括返済を選択すれば、利用者に対する金利手数料が発生しません。一方、同じ一括返済を選択しても、キャッシングには利用日数に応じて金利手数料がかかります。

そのため、クレジットカードのキャッシングの利用金額を一括返済する場合、元金に金利手数料を上乗せして支払う必要があります。クレジットカードのキャッシングを検討している人は、当日中の返済でない限り、元金のみの一括返済では完済にならないことを覚えておきましょう。

無利息期間中は金利手数料がかからない

一部のクレジットカードのキャッシングには、一定期間金利0円となる無利息期間が設けられています。無利息期間中であれば、キャッシングしても金利手数料はかかりません。

【無利息期間を設けているクレジットカードの例】

名称 無利息期間
SMBC JCB CARD クラシック 7日間
セディナカード 7日間
ACマスターカード 30日間 ※契約日の翌日から起算
エポスカード 30日間 ※初回利用時のみ

たとえば、実質年率18%の金利手数料が発生するクレジットカードでは、10万円をキャッシングすると、30日後に1,479円の金利手数料が発生します。一方、エポスカードでは、キャッシングの初回利用時に限り、30日以内に返済すれば金利手数料がかかりません。

なお、エポスカードは初回利用時に限り無利息期間が適用されますが、SMBC JCB CARDクラシックやセディナカードでは、2回目以降の利用にも無利息期間が適用されます。

また、ACマスターカードは、「利用日の翌日から30日間」ではなく、契約日の翌日から30日間です。そのため、ACマスターカードを契約した日の翌日から30日を過ぎた場合は、無利息期間が無くなります。

クレジットカードごとに無利息期間の内容が異なるため、自身のクレジットカードにキャッシングの無利息期間が設けられている人は、公式サイトから詳細を確認しておきましょう。

年会費永年無料
自動キャッシュバックあり
収入がある20歳以上の人は申込可能
申し込み前にWEB3秒診断で発行できるか確認可能

キャッシングの多用はローン審査に悪影響を与える

クレジットカードのキャッシングの多用は、ローン審査に悪影響を与えます。キャッシングの利用履歴は、あらゆるローン審査に利用されるからです。

【各種ローンに悪影響を与えるキャッシングの情報】

種類 詳細
申込情報 申込件数が多ければ多いほど、審査に悪影響を与える
支払情報 遅延や延滞を繰り返していれば、審査に悪影響を与える
利用情報 利用情報が無ければ、返済能力を疑われる

たとえば、キャッシングの申込件数が多ければ多いほど、審査担当者から「お金に困っている印象」を持たれる原因となるため、他社のローン審査に悪影響を与えます。また、支払情報に遅延や延滞の履歴があれば、さらにローン審査に悪影響を与えることになります。

ただし、遅延や延滞なく、返済日を守れていた場合には、審査担当者から返済能力を認められ、審査に好影響を与える可能性もあります。クレジットカードのキャッシングを検討している人は、必ず返済期日を守り、良好な利用実績を積みましょう。

海外での現金調達手段として海外キャッシングもある

クレジットカードには、海外での現金調達手段として海外キャッシングが付帯しています。海外キャッシングのサービスは、海外旅行や海外出張など、海外に行く機会がある人向けのキャッシングです。

海外キャッシングとは、渡航先にあるATMやCDから現地通貨を引き出せる機能です。

【海外キャッシングの特徴】

たとえば、海外キャッシング利用時に、通貨の両替手数料は発生しません。そのため、渡航先の現地通貨の為替レートで海外で現金をキャッシング可能です。ただし、海外キャッシングの場合も金利手数料は発生するため、翌月一括返済するとしても返済金額多くなる点に注意しましょう。

また、海外キャッシングはATMやCDを利用するため、手続き時に現地の人と会話する必要がありません。外国語が苦手な人や現地の人との交渉に抵抗を感じる人でも、海外キャッシングを利用可能です。

海外キャッシングサービスを設定しておけば、現金を必要以上に持ち歩かずに済むため、スリやぼったくりといったトラブルを防げます。海外キャシング利用できるATM・CDの設置台数は外貨両替所の件数よりも多く、現金の必要時には、海外キャッシングの利用を検討可能です。

海外旅行や海外出張など、日本国外に出る頻度が高い人は、お手持ちのクレジットカードに海外キャッシングが備わっているかどうかを確認しておきましょう。

監修者 伊藤 亮太

人物 ファイナンシャルプランナー伊藤亮太
氏名 伊藤 亮太
職業 ファイナンシャル・プランナー
保有資格 CFP
DCアドバイザー
証券外務員
プロフィール

証券会社にて営業や経営企画部門、社長秘書などの業務に加えて、投資銀行業務にも携わる。
現在は独立系のファイナンシャル・プランナーとして、資産運用と社会保障を主に、相談・執筆・講演を行なっている。これまでの公演先には金融庁・日本証券業協会・大阪取引所・SBI証券・東海労働金庫・スルガ銀行など、金融業界で多数あり。

今人気のカードは?ランキングTOP5

アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カード

最高ランクのカードをあなたのもとへ…お得な入会キャンペーン実施中!

三井住友カードデビュープラス

三井住友カードデビュープラス

18~25歳までの限定カード!入会から3カ月はポイント還元率5倍

JCB CARD W

 JCB CARD W

39歳以下の若者向けクレジットカード。常時ポイント2倍特典付き!

楽天カード

楽天カード

楽天市場でポイント還元率アップ!パート・アルバイトも申し込みOK♪

ACマスターカード

acマスターカード

最短60分で即日発行可能!パート・アルバイトも申し込みOK♪