クレジットカードを知る

初めて作る人へ

おすすめクレジットカード一覧

クレジットカードのコンシェルジュサービスとは?

クレジットカードを探している時に、コンシェルジュという言葉を見つけて疑問を持った経験のある人は多いでしょう。聞きなれない言葉なので、サービス内容が想像できなくても無理はありません。

コンシェルジュとは、カード会員がお願いするさまざまな要望を最適な形で実現してくれる秘書のような人のことです。

たとえば、「1週間ほどハワイを旅行したいのでプランを考えて欲しい」と頼めば、コンシェルジュが予算や希望に応じて航空券やホテル、ツアーなどを手配してくれます。
自力でやると時間がかかる作業をコンシェルジュに任せれば時間の節約になるので、日頃から忙しい人には便利なサービスと言えるでしょう。

ただし、コンシェルジュサービスが付帯するのは、高額な年会費が必要になる一部のクレジットカードに限られます。
コンシェルジュサービス付きのクレジットカードが欲しい人は、コンシェルジュサービスが付帯していることを確認してからカードを申し込みましょう。

コンシェルジュを利用すると調査の時間を節約できる

クレジットカードのコンシェルジュが提供するサービスは、「旅行」「買い物」「予約代行」の3つが中心です。旅行の手配やプレゼントの準備をすべて自分で行うと膨大な時間がかかってしまいますが、コンシェルジュに依頼すれば、それらを一任できるので自分の時間を節約できます。

【コンシェルジュサービスが提供するサービスの例】

相談内容 サービスの詳細
旅行 ・海外旅行のプラン提案
・旅行中のトラブルに対する対応策の提案
・簡単な通訳サービスなど
買い物 ・人気商品の在庫確保
・ギフトの相談
・ショップ情報の提供など
予約代行 ・航空券、切符の手配と予約
・コンサートチケットの手配
・レストランの手配と予約
・ゴルフコースの予約など

コンシェルジュが対応してくれる相談内容は、カード会社や担当者によって異なります。旅行、買い物、予約代行以外の相談でも受け付けてくれることがあるので、相談したいことがあるときは遠慮せずコンシェルジュに連絡してみましょう。

コンシェルジュを利用できるのはプラチナカード以上に限られる

コンシェルジュを利用できるのは、プラチナカード以上のクレジットカードを持っている人に限られます。クレジットカード会社がコンシェルジュサービスを運営・維持するには、多額の出費が必要だからです。

クレジットカードのコンシェルジュは、カード会員の要望を細かく聞き取り、ニーズに合った提案をする必要があります。質の高いサービスを提供するには手間や時間がかかるので、人件費をはじめとするコストが高額になるのは避けられません。
そのため、年会費が無料もしくは数千円しか発生しない一般カードや、年会費1万円程度のゴールドカードにコンシェルジュサービスを付帯させると採算がとれなくなります。

プラチナカードを保有するには、最低でも2万円の年会費がかかります。つまり、クレジットカードのコンシェルジュを利用するには、最低でも毎年2万円の出費を覚悟する必要があるということです。

クレジットカードのコンシェルジュを利用したい人は、毎年2万円の年会費を支払ってでもサービスを利用する必要があるのか慎重に検討しましょう。

コンシェルジュの質はカード会社によって異なる

クレジットカードのコンシェルジュは、カード会社によってサービスの質に違いがあります。コンシェルジュサービスの運営体制は、カード会社によって異なるからです。

クレジットカード会社は、コンシェルジュサービスを自社運営か委託運営のどちらかで提供しています。自社運営と委託運営の違いは、以下のとおりです。

【自社運営と委託運営の違い】

自社運営 自社内にコンシェルジュサービス専用のスタッフがいる
委託運営 コンシェルジュサービスを他社に委託している

自社運営の場合は、自社で保有するカード会員の情報を元に、顧客の趣味嗜好を把握しながらコンシェルジュサービスを提供できます。そのため、委託運営のカード会社よりもきめ細やかな提案をしてもらえるケースが多いのが特徴です。

ただし、コンシェルジュを自社で持っているカード会社が発行するクレジットカードの年会費は、コンシェルジュを委託運営しているカード会社のクレジットカードより高い傾向があります。

一方、委託運営は自社内にスタッフを持つ必要がないので、コストを削減できます。そのため、コンシェルジュサービスを委託運営しているカード会社のクレジットカードは、自社運営でコンシェルジュサービスを提供しているカード会社のクレジットカードよりも年会費が安いのが特徴です。

ただし、委託運営の場合はカード会社が持っている会員情報を利用できないので、自社運営ほど細やかなサービスは期待できません。

クレジットカードのコンシェルジュサービスを選ぶ際は、「質を求めて高い年会費を支払う」「年会費の安さを求めて質を妥協する」のどちらかを選択する必要があることを覚えておきましょう。

コンシェルジュサービスが利用できるおすすめのクレジットカード

コンシェルジュサービスを使いたい人におすすめのクレジットカードを、運用形態別に紹介します。クレジットカードのコンシェルジュサービスを使いたい人は、それぞれのカードの特徴を理解した上で申し込みましょう。

自社運営のコンシェルジュが使えるおすすめのクレジットカード

自社運営のコンシェルジュが使えるおすすめのクレジットカードを紹介していきます。どのカードもコンシェルジュサービスについては定評があるので、安心して利用できます。

【自社運営のコンシェルジュが使えるおすすめのクレジットカード】

自社運営のコンシェルジュが使えるクレジットカードの年会費には幅があります。自社運営のコンシェルジュが使えるクレジットカードが欲しい人は、無理なく年会費を支払えるカードを発行しましょう。

手頃な年会費で保有できるJCBプラチナ

JCBプラチナは、日本発のクレジットカードとして有名なJCBが発行するプラチナカードです。自社でコンシェルジュサービスを提供しているにもかかわらず、年会費は27,500円(税込)と手頃なので、自社運営のコンシェルジュサービスを試してみたいと考えている人におすすめです。

JCBプラチナは、「海外利用分のポイント付与率が2倍」「最高1億円補償の海外旅行傷害保険」「海外9都市に設置されたJCBラウンジを利用可能」など、海外で使える特典が充実しているのも特徴です。そのため、旅行や出張などで海外に行く機会の多い人にもおすすめできます。

自社運営のコンシェルジュサービスを気軽に試したい人や、海外渡航の頻度が多い人はJCBプラチナを作りましょう。

年収400万円が審査通過の目安
日本国内で抜群のステータス性
最高1億円の旅行傷害保険が付帯
最高ランクのコンシェルジュサービス利用可能!

所有する喜びを楽しめるラグジュアリーカード

ラグジュアリーカードは、アメリカに本社を置くBlack Card LLCと、日本のクレジットカード会社であるアプラスが提携して発行するクレジットカードです。

ラグジュアリーカードのグレードは「チタン」「ブラック」「ゴールド」の3種類に分かれています。年会費は55,000円から220,000円(どちらも税込)と幅がありますが、自社運営のコンシェルジュサービスはどのグレードにも付帯しているので、コンシェルジュサービスにしか興味がない人にはチタンカードをおすすめします。

ラグジュアリーカードのコンシェルジュサービスは、自動音声への応答や複雑な本人確認など、煩わしい手続きを通さずに使えるのが特徴です。
電話をかけるとすぐオペレーターと話せるので、用件をスピーディーに伝えたい人にはありがたいサービスといえるでしょう。

また、ステータス性の高さを実感できる点も、ラグジュアリーカードが支持される理由のひとつです。

46個の特許技術を駆使して作られた金属製のカードは唯一無二の存在であり、ラグジュアリーカードのセールスポイントでもあります。
金属製カードならではの重厚感と輝きがカード保有者に特別感を与えてくれるので、所有する喜びを感じられるのは間違いありません。

スピーディーに使えるコンシェルジュサービスを使いたい人や、他とは違うクレジットカードを持ちたい人は、ラグジュアリーカードを発行しましょう。

年収400万円が審査通過の目安
日本国内で抜群のステータス性
最高1億円の旅行傷害保険が付帯
最高ランクのコンシェルジュサービス利用可能!

老舗の安心感があるアメックスプラチナ

アメックスプラチナは、アメリカン・エキスプレス社が発行するクレジットカードです。年会費は143,000円(税込)と高額ですが、100年以上の歴史を持つカード会社が発行しているので安心感があります。

アメックスプラチナのコンシェルジュサービスは、カード会員の趣味嗜好を理解した上できめ細かい対応をしてくれると評判です。
希望の条件に合うホテルやレストランが見つからなかったときは、条件に近い代替案を提示してくれることがあるため、柔軟性にも優れています。

老舗ならではの安心感があるコンシェルジュサービスを利用したい人は、アメックスプラチナを作りましょう。

委託運営のコンシェルジュが使えるおすすめのクレジットカード

委託運営のコンシェルジュが使えるおすすめのクレジットカードを紹介していきます。どのカードも年会費は22,000円(税込)前後なので、コンシェルジュサービスを気軽に試したい人におすすめです。

【委託運営のコンシェルジュが使えるおすすめのクレジットカード】

委託運営のコンシェルジュが使えるクレジットカードは、ポイント還元率にも優れている傾向があります。そのため、委託運営のコンシェルジュが使えるクレジットカードは、ポイントを利用してお得に生活することに関心がある人にもおすすめです。

JALプラチナカード

JALプラチナカードは、株式会社JALカードとカード発行会社が提携して発行しているプラチナカードです。
コンシェルジュサービスは、国内・海外でのレストラン予約や、ミュージカル等のチケット手配、緊急時の支援まで対応しています。

JALプラチナカードは、カード利用額100円につき1JALマイルが貯まるクレジットカードです。
そのため、コンシェルジュサービスだけではなく、海外旅行や国内旅行に関心がある方は、JALカードを使ってマイルを貯めて特典航空券を入手すると良いでしょう。

最高位ステイタスカード
JALマイルが直接たまる
最高1億円保障の海外旅行傷害保険
世界の空港ラウンジが無料で利用できる

オリコカード・ザ・プラチナは誕生月のポイント還元率が2倍になる

オリコカード・ザ・プラチナは、株式会社オリエントコーポレーションが発行するプラチナカードです。コンシェルジュサービスはMastercardコンシェルジュに委託しており、24時間365日利用できます。

オリコカード・ザ・プラチナは、カード利用額100円につき1ポイントが貯まるカードなので、ポイント還元率は1.0%です。
クレジットカードのポイント還元率は0.5%が平均と言われているので、オリコカード・ザ・プラチナはポイント還元率が平均よりも高いクレジットカードと言えるでしょう。

また、オリコカード・ザ・プラチナには、誕生月に利用するとポイント還元率が2.0%になる特典があります。誕生月のポイント還元率は通常の2倍になる計算なので、高額商品は誕生月にまとめて購入するのがお得です。

委託運営のコンシェルジュサービスだけでなく、ポイントの貯まりやすさにも関心がある人は、オリコカード・ザ・プラチナを発行しましょう。

海外でもカードを使うならMUFGプラチナアメックスがおすすめ

MUFGプラチナアメックスは、三菱UFJニコスが発行するクレジットカードです。コンシェルジュサービスは日本エマージェンシーアシスタンス株式会社に委託しており、24時間365日体制でカード会員のサポートにあたっています。

MUFGプラチナアメックスは、カード利用額に1,000円につき最大5円相当のポイントを獲得できるクレジットカードです。
通常のポイント還元率は最大0.5%なので特別に優れているわけではありませんが、海外で利用するとポイント還元率が2倍になる特典があるので、海外利用時のポイント還元率は1%と平均よりも高くなります。

委託運営のコンシェルジュサービスに加え、海外でもお得に使えるクレジットカードが欲しい人は、MUFGプラチナアメックスを作りましょう。

今人気のカードは?ランキングTOP5

アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カード

最高ランクのカードをあなたのもとへ…お得な入会キャンペーン実施中!

三井住友カードデビュープラス

三井住友カードデビュープラス

18~25歳までの限定カード!入会から3カ月はポイント還元率5倍

JCB CARD W

 JCB CARD W

39歳以下の若者向けクレジットカード。常時ポイント2倍特典付き!

楽天カード

楽天カード

楽天市場でポイント還元率アップ!パート・アルバイトも申し込みOK♪

ACマスターカード

acマスターカード

最短60分で即日発行可能!パート・アルバイトも申し込みOK♪