クレジットカードを知る

初めて作る人へ

おすすめクレジットカード一覧

クレジットカードの有効期限

クレジットカードは、一度発行した後にいつまでも使い続けることは出来ません。クレジットカードは有効期限が過ぎたら使えなくなります。

クレジットカードの有効期限はカード会社やカードを作成する人により様々です。
しかし、クレジットカードの有効期限は初めてクレジットカードを作った人や年齢が低い人だと短くなる傾向があり、約2年で有効期限が切れます。
クレジットカードを持って、長く支払いの実績を重ねてきた人は3~5年と有効期限を長めに設定してもらえます。

有効期限が切れたら新しくクレジットカードを発行しなおさなくちゃいけないの?と疑問を感じている人への回答と、なぜ有効期限が必要なのかについて説明していきます。

世界シェアNo.1のVISAカード
業界最高水準の不正使用検知システムを導入
ポイントUPモールでポイント最大20倍

最大5,000円相当プレゼント

有効期限前に新しいカードが送られてくる

クレジットカードの有効期限が迫ると、更新された新しいクレジットカードが郵送で届きます。
新しいクレジットカードが送られてくるタイミングは状況によって異なりますが、有効期限が切れる1か月前ごろのことが多いです。

クレジットカードの利用状況が良好なカード会員は、特別な手続きを必要とせず、新規に発行されたカードを受け取ればカード更新が終了します。

ただし、「過去に支払遅延をしたことがある」「クレジットカードをあまり使っていない」などのケースに当てはまる人は、カード会社の判断で新しいクレジットカードが送られてこないことがあります。

有効期限が近いにもかかわらず新しいカードが送られてこない場合は、カード会社に一度問い合わせるのがいいでしょう。

クレジットカードになぜ有効期限があるか

クレジットカードに有効期限があるわけとして、以下のような理由が考えられます。

カードが劣化するため

インターネットでクレジットカードを使用する際は自分でクレジットカードを見ながらカードの番号を入力していきますが、買い物をしてクレジットカードで支払いをする場合は専用の機械にカードを通します。

クレジットカードが古くなってくるとカード表面やICチップも古くなり読み取り辛くなります。そのため、劣化したカードを定期的に取り換える目的で、カード会社は有効期限を定めている可能性があります。

防犯のため

紛失、盗難やハッキングによってカード番号やパスワードを抜かれてしまい、クレジットカードを不正利用されてしまうことがあります。
こういった犯罪を未然に防ぐために、カード会社は有効期限が迫ったらカード番号を変えることで、新しいクレジットカードに更新してもらうようにしていると考えられます。

利用者に対する再審査を行うため

カードを作った時は優良な人物だと思っても、何年もクレジットカードを持てば利用者の状況やお金の使い方なども変わってきます。そのため、カード会社はカード更新する際に利用者に対して再審査を行うことにより、継続してカードを利用させてもよいのかを検討しているものと考えられます。

クレジットカードの有効期限を確認する方法

気が付いたら有効期限が切れていた、なんてことにならないために自分が持っているクレジットカードの有効期限はいつまでなのか、確認をしておくことは大切です。

クレジットカードの有効期限を確認するには、クレジットカードの券面を見てください。 そこに、「GOOD THRU」や「VALID THRU」という文字が確認できるはずです。

「THRU」はthroughの略で「~を通して」という意味で、「MONTH/YEAR」が月と西暦を表していて、下の数字が有効期限になっています。

例えば、その数字が「11/19」となっているなら2019年11月末日まで有効ということになります。
西暦が前にきて、月が後ろにくるのは見慣れない表記かもしれませんが、年と月を逆にしないように注意をしてください。

また、「11/’19」や「11-19」のようにカード会社によって表記が若干異なりますが、クレジットカードの有効期限の記載は月が前、西暦が後ろで2019年11月末日までが有効期限ということを表しています。

クレジットカードが使えるのは有効期限月の末日まで

クレジットカードは有効期限の月末日まで使用することが可能です。しかし、クレジットカードの有効期限月をまたいで、海外旅行に行くため事前に新しく更新したカードが欲しいという人もいるかと思います。そのような場合は、事前にカード会社のカスタマーサポートセンターに連絡をしておけば対応してもらえる可能性があります。

また、クレジットカードを更新すると券面デザインが変更になることがあります。以前に使っていたカードが期間限定デザインだった場合は、キャンペーン終了に伴いカード更新時に通常のデザインに変更されることがあります。

学生向けクレジットカードは在学中にカード更新が不要

学生向けクレジットカードの有効期限は基本的に卒業年度の3月までとなるので、在学中の有効期限によるカード更新は必要ありません。在学中はカードの更新が必要ないクレジットカードを、編集部独自の基準でピックアップして紹介します。

三井住友カードデビュープラス

学生でも申し込める25歳までの限定カード
入会後3か月はポイント還元率が5倍
24時間体制で不正利用をモニタリング

最大5,000円相当プレゼント♪

三井住友カードデビュープラスならカード申請の際に卒業予定年を記入しておけば、在学中はカードの更新が不要になります。三井住友カードデビュープラスは卒業すると自動的に三井住友カードに変更されます。
初年度年会費は無料で、2年目以降も前年度1回以上のカード利用があれば、年会費無料です。申込資格があるのは「高校生を除く18歳以上25歳以下の方」です。新規入会特典として、通常ポイント還元率0.5%が、ポイント入会から3か月間は5倍の2.5%になります。

JALカード navi

在学中年会費無料
普通カードの2倍マイルが貯まる
卒業時にボーナスマイル獲得可能

JALカード naviは高校生を除く18~30歳までの学生のみ申込み可能です。在学中は年会費無料です。また、在学中は獲得したマイルに有効期限がありません。学生の間はカード更新の必要がなく、カードの有効期限は卒業する年の3月となっています。ただし、進学や編入する際はカード更新が必要です。

有効期限が過ぎると自動更新

JALカード naviは有効期限である卒業予定日の末日を過ぎると、自動でJAL CARD(一般)に切り替わります。また、JAL CARD(一般)に切り替わる際は卒業記念特典として2,000マイルが付与されます。JAL CARD(一般)の年会費は入会後1年間無料でそれ以降は2,200円(税込)が必要になります。

ANAカード 学生用

ANAカード 学生用は年齢問わず、高校生を除く学生であれば申し込み可能です。

ANAカード 学生用はマイルの有効期限を36か月としています。そのため、1年生の時に貯めたマイルが卒業旅行の際に使えなくことがあるので注意してください。

自動更新でマイルがもらえる

ANAカード 学生用もJALカード naviと同じように、学校を卒業後自動でANA一般カードに切り替わります。カード更新の際には2,000マイルが特典としてプレゼントされます。ANA一般カードは年会費として2,200円(税込)必要になりますが、旅行賠償保険(旅行傷害保険)や提携ホテルなどの割引が受けられるなどの特典が付帯します。

登録情報が変更されたら有効期限が来る前に、登録情報変更の手続きが必要

住所や名前など登録者の情報が変更された場合は、有効期限が来る前に登録情報の変更が必要になります。
有効期限が近いと新しいクレジットカードが発送されますが、登録情報が間違っていると配達されない可能性があります。そのため、登録情報が変更になる場合は登録情報変更の手続きを忘れないようにしましょう。

有効期限が切れたクレジットカードの処理方法

新しいクレジットカードが届いたら、有効期限が切れたクレジットカードは必要なくなりますよね。
クレジットカードは個人情報である名前やカード番号も入っているので、取っておかないで有効期限が過ぎたら処分するようにしてください。

有効期限が切れたクレジットカードは、ハサミで切ってから処分するのが一般的です。 ハサミでカードを切る時は、裏面の黒い帯状の磁気の部分とICチップの部分をカットしてデータが読み取れないようにしましょう。

今人気のカードは?ランキングTOP5

アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カード

最高ランクのカードをあなたのもとへ…お得な入会キャンペーン実施中!

三井住友カードデビュープラス

三井住友カードデビュープラス

18~25歳までの限定カード!入会から3カ月はポイント還元率5倍

JCB CARD W

 JCB CARD W

39歳以下の若者向けクレジットカード。常時ポイント2倍特典付き!

楽天カード

楽天カード

楽天市場でポイント還元率アップ!パート・アルバイトも申し込みOK♪

ACマスターカード

acマスターカード

最短60分で即日発行可能!パート・アルバイトも申し込みOK♪