クレジットカードを知る

初めて作る人へ

おすすめクレジットカード一覧

国際クレジットカード(国際ブランド)とは

国際クレジットカード(国際ブランド)とは、全世界で使えるクレジットカードのブランドです。国際ブランドには、VISAやマスターカード、アメリカン・エキスプレス、JCB、銀聯カード、ダイナースなどがあります。

ここでは、それぞれの国際ブランドの特徴について解説します。カード発行会社選びの参考になれば幸いです。

世界シェアNo.1のVISAカード
業界最高水準の不正使用検知システムを導入
ポイントUPモールでポイント最大20倍

最大5,000円相当プレゼント

国際クレジットカードと言っても特別なカードではない

手元に持っているカードのブランドが「VISA」「マスターカード(MasterCard)」「アメリカン・エキスプレス(Amex)」「JCB」「ダイナース」であれば、それらのカードは国際ブランドのクレジットカードです。

つまり、国際的に利用できるクレジットカードを、国際クレジットカード(国際ブランドのクレジットカード)と呼びます。国際ブランドとして認知されているものには、以下のような特徴があります。

日本で発行できるクレジットカードには、国際ブランドが直接発行するカードや、国際ブランドとカード会社が提携して発行するカードなどがあります。
なお、米国の調査会社ニールセンの調査によると、各ブランドごとのカード発行枚数と加盟店数は以下の様な状況です(ダイナースを除く)

  カード発行枚数 加盟店数
MasterCard 10億枚 3000万店
VISA 6億枚 3000万店
JCB 0.5億枚 1000万店
Amex 0.6億枚 750万店

発行枚数と加盟店数を比較すると、VISAとMasterCardが大多数を占めています。この2社は、加盟店数を増やして「どこでも使えるカード」という点を強みにしています。「どこでも使える」特徴を持つ2社のカードのことを「決済カード」と呼ぶ場合もあります。日本国外で利用する場合には、VISAやMasterCardをお勧めします。

一方、アメックスやJCB、ダイナースは、「T&Eカード」呼ばれる場合があります。T & Eとは「Travel and Entertainment」のことで、現地での情報提供や旅行関連サービスに重点を置いたものです。決済カードに比べて、加盟店数は少ないですが、トラベルデスクをはじめとするサポートに特徴があります。

JCBは日本発の国際ブランド

JCBは、日本発の国際ブランドです。
日本国外では、VISAやMasterCardに比べて、利用できる店舗が少ない傾向があります。

なお、JCBは、世界の主要都市の60か所に「JCBプラザ(JCB PLAZA)」を構えています。JCBプラザは日本語対応が可能なため、外国語に不安がある人でも安心して利用できます。

【JCBプラザのサービスの例】

また、JCBプラザ以外に、世界主要都市9箇所には「JCBプラザ ラウンジ」があり、ドリンクサービスやマッサージ機、インターネットサービスなどを提供しています。

【JCBプラザ ラウンジのサービスの例】

JCBプラザ ラウンジは、フランスのパリ、アメリカのロサンゼルスやホノルル、グアムの他に、香港やソウル、台北、シンガポール、バンコクなど、世界各地にあります。

なお、JCBプラザコールセンターに依頼すれば、海外渡航前であっても、現地のレストランやオプショナルツアーを予約することもできます。
JCBプラザの詳細は、JCB公式サイト「JCB PLAZA」から確認してください。

VISA

visa

VISAカードは、MasterCardと並び、加盟店数とカード発行数に特徴があります。

VISAの本社はアメリカにあり、設立は2007年です。前身であるBANK AMERICARDは1958年に設立しているなど、歴史ある国際ブランドと言えます。

なお、VISAは、自身でクレジットカードの発行を行っていません。日本の三井住友カードをはじめ、他社にVISAのライセンスを与えています。
利用可能な店舗数が多いクレジットカードを希望する人は、VISAを検討しましょう。

MasterCard

mastercard

MaserCardは、VISAと同様の加盟店数と、VISAを超えるカード発行枚数に特徴があります。以前は、ヨーロッパならMasterCardのシェアが高いと言われていましたが、現在では、VISAとMasterCardのシェアはほぼ同数になっています。

アメリカン・エキスプレス

amex

アメックスの略称で有名なアメリカン・エキスプレスは、トラベラーズチェックなども発行しているアメリカの企業です。旅行代理業なども行っている旅行系企業の一面も持っており、クレジットカードの付帯サービスに繋がっています。

たとえば、旅行に関するサービスとして、旅行保険の他にも、空港ラウンジの無料サービスや手荷物の無料宅配サービス荷物を運んでくれるポーターサービスなどが付帯しています。

また、ショッピングでも、返品に応じない購入店の代わりにアメックスが返品を受け付ける「リターン・プロテクション」や、国内外問わずアメックスのカードで買った商品の破損や盗難の損害を年間500万円まで補償する「ショッピング・プロテクション」など、様々なサービスが付帯しています。

なお、ゴールドカードやプラチナカード(実はプラチナカードの商標権はアメックスが持っています)、そしてセンチュリオン・カード(ブラックカード)と言われるステータスカードを発行したのは、アメリカン・エキスプレスが初めてです。

そのため、一部の人には、富裕層向けというイメージを持たれている場合があります。

ダイナース

diners

ダイナースは、アメリカで設立された会社です。ダイナース自体は紆余曲折があり、2000年にシティグループに買収され、2008年にはシティグループからディスカバー社に売られるなど、経営権が転々としています。

クレジットカードにステータスを求める人には、ダイナースを希望する人もいます。

複数持ちも可能

上記5つの企業が、日本のクレジットカードで選択できる国際ブランドの代表です。

ブランドごとに異なる特徴があり、特に「決済カード」「T&Eカード」と称される特徴の違いは重要です。決済カードを1種類か2種類、T&Eを1種類など、クレジットカードを複数枚発行すれば、クレジットカードの用途を広げられる可能性があります。

世界シェアNo.1のVISAカード
業界最高水準の不正使用検知システムを導入
ポイントUPモールでポイント最大20倍

最大5,000円相当プレゼント

今人気のカードは?ランキングTOP5

アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カード

最高ランクのカードをあなたのもとへ…お得な入会キャンペーン実施中!

三井住友カードデビュープラス

三井住友カードデビュープラス

18~25歳までの限定カード!入会から3カ月はポイント還元率5倍

JCB CARD W

 JCB CARD W

39歳以下の若者向けクレジットカード。常時ポイント2倍特典付き!

楽天カード

楽天カード

楽天市場でポイント還元率アップ!パート・アルバイトも申し込みOK♪

ACマスターカード

acマスターカード

最短60分で即日発行可能!パート・アルバイトも申し込みOK♪