クレジットカードを知る

初めて作る人へ

クレジットカードの基礎知識

モバイル決済3種類(楽天ペイ、AirPAY、Square)の選び方を比較

モバイル決済という言葉をご存知でしょうか?
モバイル決済とは、iPhoneやAndroidに対応する専用のカードリーダーを利用して、スマホでのカード決済を可能にするサービスです。

つまり、モバイル決済を導入すれば、カード決済機がない店舗でも、スマートフォンを介してVISAやMastercardなどのクレジットカードが使えます。

モバイル決済を導入する際は、決済会社や決済代行会社にインターネットから申し込めば、カード会社や銀行との契約手続きがありません。

モバイル決済の導入を検討されている人は、モバイル決済3種類の比較を参照して、検討材料にしてみてください。

モバイル決済とは

モバイル決済という言葉には、下記の3つの意味があります。

この記事内の「モバイル決済」は、上記の「モバイルPOS決済」の意味で使われています。

モバイルPOS決済

モバイルPOS決済とは、スマートフォンや電子タブレットを利用して、カード決済を行う仕組みのこと指します。
つまり、モバイル決済を導入すると、iPhoneやAndroidに対応した専用のカードリーダーを利用して、カード決済が行えるクレジットカード加盟店になれます。

モバイルPOS決済は、個人経営の店舗にも導入されています。例えば、美容室やカフェの中には、レジの代わりにiPadやsurfaceで利用代金の支払いを行っている店舗もあります。

スマホアプリ決済

スマホアプリ決済とは、クレジットカードや電子マネーの情報をアプリに登録して、スマートフォンで決済する仕組みのことを指します。

例えば、スターバックスのアプリなどがスマホアプリ決済に当たります。

モバイルFeliCa/NFC決済

モバイルFeliCa/NFC決済とは、非接触ICカードが使われている近距離無線通信技術のFeliCaやNFCを利用した仕組みのことを指します。
例えば、Apple payやおサイフケータイがモバイルFeliCa/NFC決済に当たります。

※FeliCa:非接触型ICカードの技術方式の略称
※NFC:近距離無線通信の略称

入会キャンペーンの比較

比較項目 楽天ペイ AirPAY
キャンペーンの内容 カードリーダー代金19,800円(税込)が無料 カードリーダー代金21,167円(税込)が無料
キャンペーン条件 1.お申し込み時、フォームの「クレジットカード電子マネー決済導入0円キャンペーン参加条件確認」欄にて「参加する」を選択してください。
2.2021年2月1日(月)0:00 ~ 2021年4月30日(金)23:59 の期間に、楽天ペイ(実店舗決済)お申し込みにて「登録完了」いただく、もしくはお申し込みにおいて仮完了が済み、「本人確認書類提出のお願い」が表示されることでキャンペーンの対象となります。
3.2021年2月1日(月)0:00以降にお申し込みいただき、審査を通過された加盟店様にカードリーダーを発送します。審査結果はメールにてお知らせいたしますが、必要資料が正常にアップロードされていない場合、審査が開始されていないことがございます。
4.申込月を含む3ヶ月以内に審査通過にいたらなかった方は、本キャンペーンの適用にはなりません。
5.審査通過月を含む6か月以内に、カードリーダー端末でクレジットカードまたは電子マネーでの1円以上の決済が確認できない場合は、端末の代金を請求させていただきます。※アプリ決済、au PAYの決済は対象外となります。
※無料の対象となるカードリーダーは、1店舗につき1台のみとなります。
※カードリーダー発送時点で加盟店解約となった場合は、キャンペーン対象外となります。
※規約に反する行為(加盟店代表者及び関係者による決済等)は禁止されております。
1.キャッシュレス導入0円キャンペーン(以下、本キャンペーン)期間中にAirペイに新規加盟申込みをしていること。
2.お申込み月の6か月後の月末までに審査を通過されていること。
3.Airペイに新規のお申込みであること。(既にAirペイにお申込み済みの店舗は本キャンペーンの対象外となります。また既に加盟店である店舗の、解約後の再申込は基本的に本キャンペーン対象外となります。)

3社のうち、楽天ペイとAirPAYには、導入時のキャンペーンがあります。

適用される条件は異なりますが、「新規申し込み」「審査を通過する」という点は共通です。

なお、Squareが開催していた決済端末実質0円キャンペーンは、2020年1月20日で終了しました。導入機器によっては有料となるため、Squareを検討している人は、「Squareサポート」からプランを相談しましょう。

加盟店手数料の比較

比較項目 楽天ペイ AirPAY Square
VISAの手数料 3.24% 3.24% 3.25%
Mastercardの手数料 3.24% 3.24% 3.25%
アメックスの手数料 3.24% 3.24% 3.25%
JCBの手数料 3.74% 3.74% 3.95%
ダイナースの手数料 3.74% 3.74% 3.25%

クレジットカード加盟店が、モバイル決済の決済会社に支払う加盟店手数料は、支払いに利用されたクレジットカードの国際ブランドにより異なります。

加盟店手数料の安さで選ぶ人には、楽天ペイかAirPAY がおすすめです。楽天ペイおよびAirPAYの加盟店手数料は、Squareの加盟店手数料よりも低い数字になっています。

ただし、ダイナースが利用された時に発生する加盟店手数料に限っては、Squareが最も安く設定されています。そのため、ダイナースを利用する人が多い店舗は、Squareを検討する方法もあります。

導入スピードの比較

比較項目 楽天ペイ AirPAY Square
導入スピード 最短3日で導入可能 最短11日で導入可能 最短当日に導入可能

導入スピードで選ぶ人にはSquare がおすすめです。Squareは、最短で申し込み当日にカード決済が可能になります。

ただし、Squareを最短で導入するには、事前にカードリーダーを購入しておく必要があります。
そのため、Square を即日利用したい場合は、アマゾンや公式サイトからカードリーダーを事前に購入しておくと良いでしょう。


最短即日利用できる

5大国際ブランド全てに対応

入金スピードで比較

比較項目 楽天ペイ AirPAY Square
入金スピード 最短翌日入金 月3~6回 最短翌日営業入金

入金スピードは、3種類の中で、楽天ペイが最速です。楽天ペイは、指定口座を楽天銀行にすると、営業・休業日に関わらず翌日に自動入金されます。
また、楽天銀行以外の金融機関を指定口座にしても、翌営業日には入金可能です。

Squareも指定口座を三井住友銀行とみずほ銀行にすれば、最短で翌日入金可能ですが、土日祝日には入金されません。
AirPAYは、振り込み口座にみずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行のいずれかを選択すると月6回の入金になります。上記の3銀行以外を選択するとAirPAYの入金は月3回になるので注意しましょう。

対応電子マネーで比較

対応電子マネー 楽天ペイ AirPAY Square
楽天Edy × ×
Suica
PASMO
QUICPay
iD ×
Applepay

対応電子マネーで選ぶ人には楽天ペイがおすすめです。楽天ペイは電子マネー5種類(楽天Edy、Suica、nanaco、QUICPay、iD)すべてに対応しています。

電子マネーの加盟店手数料

対応電子マネー 楽天ペイ AirPAY Square
楽天Edy 3.24% - -
Suica 3.24% 3.24% 3.25%
PASMO 3.24% 3.24% 3.25%
QUICPay 3.74% 3.74% 3.75%
iD 3.74% 3.74% 3.75%
Applepay 3.74% 3.74% 3.75%

電子マネーが利用された場合も、クレジットカードが利用された時のように加盟店手数料が発生するので注意しましょう。楽天ペイの手数料は、QUICPayとiD、Apple payを除けば一律で3.24%です。

3種類のモバイル決済の中で、Squareには最も高い手数料がかかります。

料金体系で選ぶ人にはSquareがおすすめ

比較項目 楽天ペイ AirPAY Square
アカウント作成 無料 無料 無料
月額固定費 無料 無料 無料
初期手数料 無料 無料 無料
振込手数料 楽天銀行であれば無料 無料 無料
解約手数料 無料 無料 無料
カードリーダー代金 19,800円(税込) 20,167円(税込) 7,980円(税込)

初期手数料や振り込み手数料は、基本的にどのモバイル決済を導入しても無料です。しかし、カードリーダー代金はSquareが一番安くなっています。


最短即日利用できる

年会費・入会金が無料
5大国際ブランド全てに対応

今なら初期費用無料のキャンペーン中!

監修者 伊藤 亮太

人物 ファイナンシャルプランナー伊藤亮太
氏名 伊藤 亮太
職業 ファイナンシャル・プランナー
保有資格 CFP
DCアドバイザー
証券外務員
プロフィール

証券会社にて営業や経営企画部門、社長秘書などの業務に加えて、投資銀行業務にも携わる。
現在は独立系のファイナンシャル・プランナーとして、資産運用と社会保障を主に、相談・執筆・講演を行なっている。これまでの公演先には金融庁・日本証券業協会・大阪取引所・SBI証券・東海労働金庫・スルガ銀行など、金融業界で多数あり。