クレジットカードを知る

初めて作る人へ

おすすめクレジットカード一覧

クレジットカードのセキュリティコードとは?

Amazonや楽天市場など、ネットショッピングの決済手段としてカード払いを選択した際、クレジットカードのセキュリティコードの入力を求められ、戸惑った人も多いですよね。

セキュリティコードとは、インターネット上でクレジットカードを安全に使うために必要となる3桁もしくは4桁の番号のことです。暗証番号とは異なるので、クレジットカードのセキュリティコードを入力する際は注意が必要です。

また、セキュリティコードの位置は、国際ブランドごとに異なります。自分が持っているクレジットカードのセキュリティコードを知りたい人は、事前に国際ブランドを把握しておきましょう。

セキュリティコードの位置は国際ブランドによって異なる

セキュリティコードは、すべてのクレジットカードに記載されています。ただし、セキュリティコードの書かれている位置は、クレジットカードの国際ブランドによって異なります。

【セキュリティコードが書かれている場所】

国際ブランド セキュリティコードの位置
VISA 裏面
Mastercard 裏面
JCB 裏面
アメリカン・エキスプレス(アメックス) 表面
ダイナースクラブ 裏面

VISAやMastercardなど、大半の国際ブランドはセキュリティコードが裏面に記載されていますが、アメリカン・エキスプレス(アメックス)のセキュリティコードは表面に記載されています。

自分が持っているクレジットカードのセキュリティコードを知りたい人は、クレジットカード表面の右下に書かれた国際ブランドを確認しましょう。

VISA・Mastercard・JCB・ダイナースはカード裏面に記載されている

VISA・Mastercard・JCB・ダイナースクラブのクレジットカードは、セキュリティコードがカード裏面に記載されています。

【VISA・Mastercard・JCB・ダイナースクラブのセキュリティコードの位置】

VISA・Mastercard・JCB・ダイナースクラブのセキュリティコードの位置

VISA・Mastercard・JCB・ダイナースクラブのセキュリティコードは、署名欄の右端に記載された3桁の数字です。

なお、クレジットカードの種類によっては、署名欄に他の数字も記載されています。署名欄に他の数字が記載されていたとしても、右端にある3桁の数字がセキュリティコードであることに変わりはないので、入力する際は惑わされないようにしましょう。

アメックスはカード表面に記載されている

アメックスのクレジットカードは、セキュリティコードがカード表面に記載されています。

【アメックスのセキュリティコードの位置】

アメックスのセキュリティコードの位置

アメックスのセキュリティコードは、カード表面の右端中央付近にある4桁の数字です。VISA・Mastercard・JCB・ダイナースクラブとは、セキュリティコードの書かれている場所が違うので注意しましょう。

カード裏面に記載された番号を使うことはほとんどない

アメックスのクレジットカードは、カード裏面にある署名欄にも3桁の数字が記載されています。カード裏面の数字もセキュリティコードですが、カード表面のセキュリティコードほど使う機会はありません。

アメックスのコールセンターによれば、「ごく稀に、カード表面の番号ではなく、カード裏面にあるセキュリティコードが必要になる」とのことです。ただし、カード裏面の番号が必要になる頻度は少なく、使用する機会が多いのはカード表面のセキュリティコードです。

アメックスのカードを持っている人は、セキュリティコードを求められたらカード表面にある4桁の数字を入力しましょう。カード表面の数字を入力しても上手くいかない場合は、カード裏面の数字を入力してください。

インターネット上での取引にはセキュリティコードが必要になる

ネットショッピングやWEBでのホテル予約など、セキュリティコードは、インターネット上でクレジットカードを利用する際に求められるケースが大半です。セキュリティコードは、スキミングされたクレジットカード情報の不正利用を防ぐ目的があるからです。

スキミングとは、クレジットカードの磁気を不正に読み取り、抜き取った情報を悪用する犯罪のことです。クレジットカードの磁気には、カード番号や有効期限などの情報が含まれ、その情報はネットショッピングする際に求められる情報と一致しています。

そのため、クレジットカードの磁気を不正に読み取られた場合には、インターネット上でカード情報を悪用される危険性があります。

ただし、クレジットカードの磁気情報の中には、セキュリティコードが含まれません。セキュリティコードはスキミングで読み取れない情報なので、セキュリティコードの入力を求めることで、インターネット上での不正利用を防止する効果が見込めるのです。

セキュリティコードは、インターネット上で安心してクレジットカードを使うために重要なものです。第三者に知られると安全性が損なわれるおそれがあるので、セキュリティコードを他人に教えるのは、絶対にやめましょう。

実店舗でもセキュリティコードを聞かれることがある

ドン・キホーテをはじめとする一部の店では、店頭でクレジットカードを利用する場合であっても、セキュリティコードが必要になります。実店舗で買い物をするときにセキュリティコードを求められたとしても、怪しむことなく落ち着いて対応してください。

また、テレビ通販や新聞の折り込み広告など、商品を電話で購入する場合も同様、電話口でカード番号やセキュリティコードを申告するよう求められることがあります。電話口でカード番号やセキュリティコードを聞かれるのは、珍しくないので安心してください。

なお、カード番号やセキュリティコードを聞かれたときに気をつけるべき点は、「相手の会社が信用できるかどうか」です。口頭でカード情報を聞かれたからといってすぐに警戒するのではなく、信用できる会社かどうかを見極めた上で判断しましょう。

セキュリティコードと暗証番号は異なる

クレジットカードには、セキュリティコードの他に暗証番号と呼ばれる番号があります。一見すると同じように見えますが、セキュリティコードと暗証番号は異なります。

【セキュリティコードと暗証番号の違い】

セキュリティコード 暗証番号
・インターネット上で利用する
・番号の変更はできない
・カードが変わると番号も変わる
・実店舗で利用する
・自分の意思で番号を変更できる
・カードが変わると番号は引き継がれる

暗証番号とは、実店舗でクレジットカードを利用する際に必要となる4桁の数字のことです。カード契約者が望む任意の番号を設定することが可能であり、クレジットカードを申し込むときに設定するのが一般的です。

どちらの番号もクレジットカードを安全に使うために欠かせないものですが、性質に違いがあるので、これを機会にセキュリティコードと暗証番号の違いを理解しておきましょう。

必要になる場面が違う

セキュリティコードと暗証番号では、それぞれ必要となる場面が異なります。セキュリティコードはインターネット上での取り引きをする際に求められるケースが大半ですが、暗証番号は実店舗での買い物をする際に求められるケースが大半です。

インターネット上での取り引きで暗証番号を求められた場合には、フィッシング詐欺のおそれがあります。インターネット上での取り引きで暗証番号を求められた場合は、決済手続きを完了する前に、カード会社へ確認の連絡を入れましょう。

セキュリティコードは番号を自分で決められない

セキュリティコードは、クレジットカードに印刷されているものであり、カードが発行されたときに自動で割り当てられる番号です。自分の意思で番号を変更することや任意の番号を設定することはできないので、自由度は低めです。

一方、暗証番号は自分の好きな番号を設定できます。カード会社のコールセンターに連絡すれば、何度でも自分の好きな番号に変更できるので、セキュリティコードと比べると自由度が高いのが特徴です。

ただし、暗証番号を変更する場合はクレジットカードの再発行が必要となるケースがあるので、むやみに変更するのは止めましょう。

カードが変わるとセキュリティコードも変わる

セキュリティコードはクレジットカードが変わると変更されるのに対し、暗証番号はクレジットカードが変更されると自動的に次のカードへと引き継がれます。

セキュリティコードはクレジットカードを再発行すれば変更できますが、暗証番号はクレジットカードを再発行しても変更できない点に注意してください。

セキュリティコードを隠すのは避けたほうがいい

セキュリティコードの書かれている箇所を油性ペンで塗りつぶしたり、シールで隠したりする行為は避けましょう。セキュリティコードを隠したクレジットカードを利用した場合には、店員に不正利用を疑われるおそれがあるからです。

セキュリティコードは、クレジットカードに分かりやすく書かれているので、誰でも認識できます。そのため、悪意のある人が盗み取ろうと思えば、容易に盗み取れるのは事実です。

とはいえ、大半の人は何も気にせずクレジットカードを利用しているので、セキュリティコードを隠すほうがかえって店員に不審に思われるおそれがあります。

クレジットカードを悪用するには、セキュリティコードのほかにカード番号やカードの有効期限などの情報が必要です。セキュリティコードを盗み取られたとしても、その情報だけでクレジットカードが悪用される確率は低いので、心配しすぎないようにしましょう。

今人気のカードは?ランキングTOP5

アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カード

最高ランクのカードをあなたのもとへ…お得な入会キャンペーン実施中!

三井住友カードデビュープラス

三井住友カードデビュープラス

18~25歳までの限定カード!入会から3カ月はポイント還元率5倍

JCB CARD W

 JCB CARD W

39歳以下の若者向けクレジットカード。常時ポイント2倍特典付き!

楽天カード

楽天カード

楽天市場でポイント還元率アップ!パート・アルバイトも申し込みOK♪

ACマスターカード

acマスターカード

最短60分で即日発行可能!パート・アルバイトも申し込みOK♪