クレジットカードを知る

初めて作る人へ

クレジットカードの基礎知識

審査が甘いクレジットカードを探しているときの解決策

クレジットカードを発行するには、審査に通過する必要があります。審査は法律に基づいて行われるため「必ず審査が通るクレジットカード」や「審査が緩い極甘審査ファイナンス」は存在しません。また、審査基準は公開されていないので、審査が甘いカードがあるかどうかも分かりません。

ただし、他とは異なる独自の基準で審査を行なっている可能性があるカードや、クレジットカードの中でもより多くの人が申し込めるカードは存在します。「クレジットカードを発行したいが審査に不安がある」という人は、そうしたカードに申し込むのも選択肢の一つでしょう。

この記事では、クレジットカードの審査基準について説明するとともに、独自の基準で審査しているカードや申し込みの間口が広いカードをピックアップして紹介します。

審査が甘いクレジットカードがあるかは分からない

クレジットカードの審査基準はどのカード会社も公開していません。審査基準が分からない以上、各カードの審査が甘いかどうかを判断したり、審査難易度を比較したりすることは不可能です。

また、割賦販売法に定められた「過剰与信防止義務」により、カード会社がクレジットカードを発行する際には、必ず申込者の支払い能力を調査する必要があります。

「過剰与信防止義務」とは、消費者がクレジットの支払いのために日々の生活に困窮したり、住宅などの財産を手放したりすることなく、自分の支払い能力を超えない範囲で安心してクレジットの利用ができるよう、クレジット会社に対して、消費者の支払い能力を調査する義務を負わせ、その範囲内で与信をさせることです。


※引用元:政府広報オンライン「消費者の安心・安全を守るクレジット契約の新ルール~改正割賦販売法~ | 暮らしに役立つ情報 | 政府広報オンライン

法律に基づく調査の結果、支払い能力がないと判断された人には、原則としてクレジットカードは発行されません。
このような法律的な観点から、少なくとも「誰でも通過できるほど審査が甘いクレジットカード」や「審査が緩い極甘審査ファイナンス」と言われるような会社は存在しないと言えるでしょう。

「流通系カードだから審査が甘い」とは言えない

クレジットカードは、発行元の会社の業種によって分類されることがあります。たとえば、銀行の関連会社が発行している場合は「銀行系カード」、流通・小売業者の関連会社が発行している場合は「流通系カード」といった俗称で呼ばれます。

インターネット上では、「流通系カードや消費者金融系カードは審査が甘く、銀行系カードや交通系カードは審査が厳しい」といった話も散見されます。

しかし、審査基準が公開されていない以上、本当に発行会社の業種によって審査難易度が変わるのかは不明です。また、そもそも流通系、銀行系といった呼び方自体も俗称であり、カード会社が公式に使っている言葉ではありません。

「流通系カードだから審査が甘い」「銀行系だから審査が厳しい」というのはあくまでも憶測にすぎないということは理解しておきましょう。

カードのランクによって審査難易度が変わる可能性はある

クレジットカードにはランクが設定されている場合があり、一般カードよりも、ゴールドやプラチナ、ブラックといったカードのほうが、ランクが高いとされています。

クレジットカードの審査難易度は正確には分かりませんが、同じカード会社が発行しているカード同士で比較した場合、ランクが高いカードのほうが、審査が厳しい可能性は否定できません。カードのランクが上がると、利用限度額が高くなる傾向があるからです。

クレジットカードの利用限度額は、申込者の年収などを元に計算される「支払い能力」の範囲内で、カード会社の判断によって定められます。そのため、利用限度額が高いカードであれば、その分必要とされる支払い能力も高くなると考えられます。

たとえば、三井住友カードゴールドの利用限度額は「最高200万円」、三井住友カードプラチナの利用限度額は「原則300万円~」です。
つまり、三井住友カードでゴールドからプラチナにランクアップするには、最低300万円の利用限度額を設定できるだけの支払い能力が求められると考えられます。

このように、ゴールドカードやプラチナカードなどにランクが上がるほど高い利用限度額を設定される場合は、その分求められる支払い能力が高くなり、審査に通るのも難しくなる可能性があると言えるでしょう。

審査が甘くはないが独自審査のカードや申し込みの間口が広いカードは存在する

審査が甘いクレジットカードが存在するかどうかは分かりません。しかし、独自の基準で審査している可能性があるカードや、申し込みの間口が広いカードは存在します。

独自基準で審査している可能性があるクレジットカードは、審査が甘いわけではありませんが、他のカードとは異なる基準で審査してもらえると考えられます。そのため、クレジットカードの審査に落ちた経験がある人も発行できるかもしれません。

また、申し込みの間口が広いカードとは、クレジットカードの中でも申込資格の条件が緩やかなものを指します。申込資格が厳しくない分、年齢や職業を問わず、より多くの人にカードを発行できるチャンスがあると考えられます。

何らかの事情でクレジットカードの審査に不安を感じている人は、こうした特徴に該当するカードを選んで申し込むことを検討してみてください。

独自の基準で審査している可能性があるクレジットカード

独自の基準で審査している可能性があるクレジットカードを、4枚ピックアップして紹介します。

【独自の基準で審査している可能性があるクレジットカード】

最短即日発行・即日受取できるクレジットカード

独自の基準で審査している可能性があるクレジットカードの中でも、アコムACマスターカードとエポスカードは、最短で申し込み当日にカードを受け取れる可能性があります。

アコムACマスターカード

アコムACマスターカードは、消費者金融のアコムが発行する、年会費無料のクレジットカードです。アコム公式サイトでは、「アコムのカードローン・キャッシング機能にクレジット機能が付いたカード」と説明されています。

カードローン・キャッシング機能に加え、日々のお買い物などにもご利用いただけるクレジット機能が付いた「ACマスターカード」。


※引用元:アコム公式サイト「【アコム公式】クレジットカード(ACマスターカード)|最短即日発行|審査から受け取りまでの流れやメリットについてご紹介

このようにアコムACマスターカードは、カードローン・キャッシングの機能をメインとするクレジットカードであることから、クレジット機能をメインとする他社のカードとは異なる審査が行なわれている可能性があります。

【アコムACマスターカードの概要】

年会費 永年無料
申込資格 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方
審査・発行までの時間 ・アコム店頭または自動契約機(むじんくん)で申込:最短30分で発行
・インターネット申込:最短60分で発行
利用限度額 ~800万円
※ショッピング枠:~300万円、キャッシング(カードローン)枠:1万円~800万円
キャッシュバック カード利用額の0.25%を自動キャッシュバック

なお、アコムACマスターカードは支払い方法が自動的にリボ払いになる「リボ払い専用カード」です。一括払いで支払える他のカードとは異なる部分があるので、申し込む際は特徴をよく確認したうえで手続きを進めてください。

年会費永年無料
自動キャッシュバックあり
収入がある20歳以上の人は申込可能
申し込み前にWEB3秒診断で発行できるか確認可能

エポスカード

エポスカードは、マルイやモディを運営する丸井グループのクレジットカードです。丸井グループが公表している資料からは、エポスカードの審査が独自の基準で行なわれていることが伺えます。

業界最低水準の貸倒率を誇る丸井グループの与信基準は、他社と一線を画します


※引用元:株式会社丸井グループ「i_report2019_a3.pdf」(共創経営レポート2019)

創業からの与信ノウハウに基づいた ビッグデータを活用 他社では否認となるお客さまも 限度額を抑え謝絶率を低減


※引用元:株式会社丸井グループ「i_report2019_a3.pdf」(共創経営レポート2019)

こうした記載から、エポスカードでは、他社の審査では落ちてしまうような申込者も含めて、独自の審査基準で審査していると考えられます。

【エポスカードの概要】

年会費 永年無料
申込資格 日本国内在住の満18歳以上の方(高校生を除く)
審査・発行までの時間 ・店頭申込:最短30分で発行
・インターネット申込:最短即日発行
利用限度額 10万円~
ポイント還元 カード利用額200円につき1ポイント

なお、エポスカードは、インターネットまたはマルイ店舗のエポスカードカウンターで申し込みを行ない、カードの受取方法を店頭受取にすることで、最短即日発行・即日受取が可能です。

年会費永年無料
高校生を除く18歳以上であれば申し込み可能
マルイやエポスカード提携店で割引特典多数

定期的にキャンペーン実施中

三井住友カードRevoStyle

三井住友カードRevoStyleは、三井住友カード株式会社が自社単独で発行するクレジットカードの中で唯一、リボ払い利用者向けに作られているカードです。創業55年の歴史を誇る三井住友カード株式会社の中でも、他のカードとはターゲット層が異なることから、審査基準も独自のものになっている可能性があります。

【三井住友RevoStyleの概要】

年会費 永年無料
申込資格 満18歳以上の方(高校生は除く)
審査・発行までの時間 インターネット申込で最短翌営業日発行
利用限度額 非公開
ポイント還元 カード利用額200円につき1ポイント

なお、三井住友カードRevoStyleはリボ払い専用カードなので、一括払いを利用できる他のクレジットカードとは異なる部分があります。三井住友カードRevoStyleの発行を検討している人は、申し込み前に特徴をよく確認するようにしてください。

三井住友カードが発行しているリボ払い専用カード
年会費永年無料
オンライン申し込みで最短翌営業日発行
お買物安心保険も付帯

ライフカード デポジット型

ライフカード デポジット型は、公式サイトにて「『過去に延滞がある方』『初めてクレジットカードを作る方』『審査に不安のある方』におすすめ」とされているクレジットカードです。

ライフカードデポジット型公式サイトの「審査に不安がある方」の記載

※引用元:ライフカード公式サイト「クレジットカードはライフカード

このような記載は他社では見られないため、ライフカードデポジット型では、他社のクレジットカードとは異なる審査基準で審査が行なわれている可能性があると考えられます。

【ライフカード デポジット型の概要】

年会費 5,500円(税込)~22,000円(税込)
申込資格 日本国内にお住いの20歳以上で、電話連絡が可能な方
審査・発行までの時間 インターネット申込で最短3営業日発行
利用限度額 5万円~190万円
※上限・下限は年会費によって異なる
※希望する限度額と同額の保証金(デポジット)が必要
※キャッシング枠は付帯しない
ポイント還元 カード利用額1,000円につき1ポイント

なお、ライフカードデポジット型は、その名の通り保証金(デポジット)が求められるクレジットカードです。カードを受け取る際に、希望する利用限度額と同額の保証金を初年度の年会費と合わせて代金引換にて支払う必要があります。

申し込みの間口が広いクレジットカード

この記事では、「申込対象の年齢が18歳以上とされているクレジットカード」を申し込みの間口が広いカードと呼びます。該当するクレジットカードの中から、5枚をピックアップして紹介します。

【申し込みの間口が広いカードの例】

最短即日~翌営業日までに発行できるクレジットカード

申し込みの間口が広いカードの中でも、セゾンカードインターナショナルとVIASOカードは最短で申し込み当日~翌営業日までに発行できるカードです。

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナルは、有効期限がない「永久不滅ポイント」が貯まる年会費無料のクレジットカードです。18歳以上(高校生は除く)で電話連絡が可能な人で、発行元の株式会社クレディセゾンと提携する金融機関に口座を持っている人であれば申し込めます。

提携金融機関としては、みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行といったメガバンク以外にも、ゆうちょ銀行や全国の地方銀行、一部のネット銀行も含まれるので、全国どこに住んでいても申し込める可能性があると言えるでしょう。

【セゾンカードインターナショナルの概要】

年会費 永年無料
申込資格 18歳以上(高校生は除く)でご連絡が可能な方で、所定の金融機関に決済口座をお持ちの方
審査・発行までの時間 最短即日発行
(郵送受取の場合は最短3~7営業日で発行)
利用限度額 非公開
ポイント還元 カード利用額1,000円につき1ポイント

なお、セゾンカードインターナショナルのプラスチックカードを最短即日発行・即日受取するには、セゾンカードカウンターにてカードを受け取る必要があります。
ネットショッピングやApple Pay、QUICPayによる決済に利用できるデジタルカードであれば、セゾンカードカウンターに行かなくても最短5分でスマートフォンアプリ上に発行可能です。


最短即日発行
年会費永年無料
ポイントに有効期限がない
西友でのお買物が毎日3%OFF!

VIASOカード

VIASOカードは、株式会社三菱UFJニコスが発行する年会費無料のクレジットカードです。18歳以上で安定した収入のある人か、高校生を除く18歳以上の学生が申し込めます。

VIASOカードの申込フォームでは、「パート・アルバイト」「派遣・嘱託・契約社員」「主婦/主夫」「無職」といった選択肢も用意されています。そのため、申込資格を満たしていれば主婦や無職の人でも申し込みが可能です。

【VIASOカードの概要】

年会費 永年無料
申込資格 18歳以上で安定した収入のある方、または18歳以上で学生の方(高校生を除く)
審査・発行までの時間 最短翌営業日発行
利用限度額 非公開
ポイント還元 カード利用額1,000円につき5ポイント

なお、VIASOカードが最短翌営業日に発行されるには、営業日の9時までにオンライン入会の手続きを完了させる必要があるので注意してください。また、発行されたカードを実際に受け取るまでには、さらに数日かかる可能性があります。

ETCカード利用でポイント還元率2倍!
学生や専業主婦でも審査に申し込み可能
最高100万円までのショッピング保険も付帯
入会キャンペーンで最大10,000円分キャッシュバック!


楽天カード

楽天カードは、大手ショッピングサイトの楽天市場を運営する楽天グループのクレジットカードです。年会費は無料で、高校生を除く18歳以上であれば申し込みが可能です。

2020年6月30日時点の楽天カード株式会社の発表によると、楽天カードでは2020年6月までの5か月間でカード会員数が100万人増加しているとされており、多くの人にカードを発行していることが伺えます。

【楽天カードの概要】

年会費 永年無料
申込資格 18歳以上の方(高校生を除く)
審査・発行までの時間 通常1週間~10日前後
利用限度額 非公開
ポイント還元 カード利用額100円につき1ポイント

年会費永年無料
楽天市場などの利用でポイント還元率2倍
楽天以外のサービスでも通常ポイント還元率1%

セブンカード・プラス

セブンカード・プラスは、セブンイレブンやイトーヨーカドーを運営するセブン&アイグループの年会費無料のクレジットカードです。18歳以上で本人または配偶者に安定した収入がある人か、高校生を除く18歳以上の学生が申し込めます。自身に収入がない専業主婦/主夫の人も、配偶者に収入があれば申し込みが可能です。

【セブンカード・プラスの概要】

年会費 永年無料
申込資格 原則として18歳以上で、本人または配偶者に継続して安定した収入がある方、18歳以上で学生の方(高校生除く)
審査・発行までの時間 最短1週間(通常2~3週間)
利用限度額 非公開
ポイント還元 カード利用額200円につき1ポイント

イオンカードセレクト

イオンカードセレクトは、クレジットカードとイオン銀行のキャッシュカード、電子マネーWAONの機能が一体となったカードです。18歳以上で電話連絡が可能な人であれば申し込みが可能で、高校生も卒業年度の1月1日以降であれば申し込めるのが特徴です。

【イオンカードセレクトの概要】

年会費 永年無料
申込資格 18歳以上で電話連絡可能な方
※高校生は卒業年度の1月1日以降であれば申込可能
審査・発行までの時間 通常1~2週間程度
利用限度額 非公開
ポイント還元 カード利用額200円につき1ポイント

なお、イオンカードセレクトを発行するには、イオン銀行の口座が必要です。イオン銀行の口座を持っていない場合は、イオンカードセレクトの申し込みと同時に口座開設も行なうことになるので覚えておきましょう。

年会費無料
ポイントの二重取りが可能
毎月20日・30日はイオングループで5%OFF

今なら新規入会でポイントプレゼントのキャンペーン中!

クレジットカードの審査に落ちる可能性がある人の特徴

クレジットカードの審査基準は分かりませんが、公開されている情報から、どんな人が審査に落ちる可能性があるかは推測できます。

【クレジットカードの審査に落ちる可能性がある人の特徴の例】

上記のいずれかに該当している人は、クレジットカードの審査に通らない可能性があります。心当たりがある人はそれぞれの項目で対策を確認しておきましょう。

信用情報に問題がある

信用情報とは、クレジットカードやローンに関する客観的な取引事実を記録した個人の情報のことです。クレジットカードやローンの返済の延滞や強制解約などを起こした場合は、信用情報にその情報が記録され、俗に言う「ブラックリスト入り」の状態になります。

信用情報に延滞や強制解約などの記録がある人は、返済能力を疑われるおそれがあり、クレジットカードやローンの審査に通過するのが難しくなると考えられます。

延滞が2~3か月以上続くと、「個人信用情報機関」に延滞情報が登録されます。その場合、今後のクレジットやローンの利用に支障が出るのが通例です(クレジットカードを作れない、カードの利用を止められる、自動車ローンや住宅ローンを組めない、など)。


※引用元:金融広報中央委員会 知るぽると「クレジットカード、カードローンと上手につきあう方法 ─ Let'sチョイ読み!お金の知恵の活かし方|知るぽると

延滞や強制解約などの情報は、最長で5~10年の間、信用情報に残り続けます。信用情報の内容は、個人信用情報機関に対して開示請求を行なうことで確認できるので、不安な人は開示請求を検討してみてください。

携帯電話端末の分割払いや奨学金の延滞も信用情報に記録が残る

携帯電話の本体端末代金を分割払いで支払っている場合、その契約内容や返済状況も信用情報に記録されます。そのため、クレジットカードやローンを利用していなくても、携帯電話端末の分割払いを延滞している場合は審査に悪影響が出るおそれがあります。

また、日本学生支援機構の奨学金を借りている人は、3か月以上返済が滞るとその情報が全国銀行個人信用センター(KSC)に記録されます。奨学金の延滞に心当たりがある人は、KSCへの信用情報の開示請求を検討してみましょう。

キャッシング枠を希望している

クレジットカードを利用してカード会社からお金を借りる「キャッシング枠」を希望すると、審査の観点が増える可能性があると考えられます。

クレジットカードの利用可能枠のうち、ショッピング枠は割賦販売法が適用されますが、キャッシング枠には貸金業法が適用されます。つまり、キャッシング枠を希望すると、割賦販売法に加えて貸金業法の観点でも審査されると言えます。

そのため、クレジットカードの審査が不安な人は、キャッシング枠を希望せずに申し込むことを検討しましょう。

すでに複数のクレジットカードを持っている

すでに複数のクレジットカードを持っている人が新しいクレジットカードを申し込んだ場合、審査に通過できないおそれがあります。

カード会社には、支払い能力を超えるクレジット利用を防止する「過剰与信防止義務」があります。新しいカードを発行することで支払い能力を超えたクレジット利用が可能になるのを防ぐために、すでにクレジットカードを複数契約している人に対してカード会社は慎重に審査する可能性があります。

すでに複数のクレジットカードを持っていて審査が不安な人は、使わないクレジットカードを解約する、カードの利用残高を減らすといった対策を取りましょう。

申込時に正しい情報を申告できていない

クレジットカードを申し込む際に誤った情報を申告した場合、審査に通過できない可能性があります。誤った情報で申し込んだ場合、虚偽申告を疑われるおそれがあるからです。

各カード会社は、会員規約にて「虚偽の情報で申し込んだことが発覚した場合は会員資格を失う」といったルールを定めています。そのため、たとえ単なる記入ミスでも、虚偽申告とみなされた場合は審査に通過できないと考えられます。

カード会社は、さまざまな方法で申込内容が正しいかどうかを確認していると推測されます。クレジットカードに申し込む際は、嘘をつかず正しい情報で申し込むとともに、申込フォームの入力ミスにも注意してください。

審査なしで発行できるカードが欲しい人はデビットカードを検討する

クレジットカードの審査に不安を感じていて、審査なしで発行できる決済用のカードが欲しい人は、デビットカードに申し込むことを検討してみてください。

デビットカードとは、カードを利用して決済すると利用額がその場で銀行口座から引き落とされる、即時払い式のカードです。クレジットカードのように利用額をカード会社が立て替える必要がないため、一部のカードを除いて与信審査なしで発行できます。

また、VisaやJCBといった国際ブランドが付いたデビットカードを発行すれば、コンビニや飲食店、ショッピングサイトなど各国際ブランドの加盟店で支払いに利用することが可能です。