クレジットカードを知る

初めて作る人へ

おすすめクレジットカード一覧

審査が甘いクレジットカードを探している時の解決策

「フリーター・学生で収入が少なく、クレジットカードの入会審査が不安」、「クレジットカードの審査が甘い極甘審査ファイナンスのカードはないのか?」と気になっている人はいると思います。

この記事では、審査が甘いクレジットカードを探している時の解決策を説明していきます。

審査が甘いクレジットカードとは?

まず、前提として審査が甘いクレジットカードがあるかどうかは分かりません。クレジットカードの審査基準は、公開されていないからです。基準が公開されていない以上、審査の甘さを測ることもできません。

ただし、クレジットカードにはそれぞれに申込資格が定められており、その中でも申し込みの間口が広いクレジットカードは存在します。申込資格の条件が厳しくないカードは、より多くの人の申し込みを受け付けているカードであり、より多くの人が発行できる可能性があると考えられます。

【クレジットカードの申込資格の例】

カード名 申込資格
三井住友カード 満18歳以上の方(高校生は除く)
ANAカード 満18歳以上の方(高校生・大学生は除く)
オリコカード ザ ポイント 原則として年齢18歳以上の方(高校生は除く)
セディナカード 高校生を除く18歳以上で電話連絡が可能な方
エポスカード 日本国内在住の満18歳以上の方(高校生の方を除く)
ライフカード 日本国内にお住まいの18歳以上(但し高校生を除く)で、電話連絡が可能な方
JALカード 18歳以上(高校生を除く)の日本に生活基盤のある方で、日本国内でのお支払いが可能な方
MUFGカード ゴールド 18歳以上で安定した収入のある方(学生を除く)

たとえば、三井住友カードは高校生を除く18歳以上であれば申し込めるのに対し、MUFGカードゴールドは、18歳以上でも安定した収入がないと申し込めません。そのため、MUFGカードよりも三井住友カードの方が、より多くの人が申し込めるカードだと言えます。

消費者金融系カードの審査はブラックでも通るほど甘いのか?

消費者金融系カードは最も審査が甘いのか

消費者金融系カードとは、消費者金融が発行するクレジットカードです。消費者金融系カードは他のカード会社とは異なる審査基準を持っている可能性があります。

消費者金融が発行するクレジットカードは、クレジット機能ではなくカードローン・キャッシング機能がメインの商品です。
実際に、大手消費者金融であるアコムの公式サイトには、クレジットカードの紹介として次のように記載されています。


カードローン・キャッシング機能に加え、日々のお買い物などにもご利用いただけるクレジット機能が付いた「ACマスターカード」。

引用元:アコム公式サイト「クレジットカード

一方、カード会社が発行するクレジットカードは、クレジット機能がメインでキャッシング機能が付帯したカードです。つまり、消費者金融が発行するクレジットカードは、カード会社が発行するクレジットカードとは主となる機能が異なるため、審査で重視する観点も異なる可能性があります。

カード申込前に審査通過の可否をWebで仮診断できる!

大手消費者金融のアコムが発行する「アコムACマスターカード」の申込資格は「20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方」です。
そのため、収入がある方ならば、正社員、契約社員、派遣社員、パート・アルバイトを問わず、アコムACマスターカードに申し込みができます。

また、アコムACマスターカードの特徴の一つはカードの申し込み前に、「3秒診断」を利用すれば、審査に通過できる可能性があるか診断できるということです。

3秒診断では、公式サイト上で「年齢」「年収(総支給額)」「他社からの借り入れ状況」を入力するだけで、クレジットカードを発行できる可能性があるかがわかります。
クレジットカードの審査に不安を感じている人は、まずは3秒診断を利用してカード発行の見込みを確認してみると良いでしょう。

年会費永年無料
自動キャッシュバックあり
収入がある20歳以上の人は申込可能
申し込み前にWEB3秒診断で発行できるか確認可能

審査が甘いクレジットカードを探している時のカード作成方法

審査が甘いクレジットカードを探している時は、下記の手順に沿ってクレジットカードの発行を進めると良いでしょう。

  1. 申込資格が厳しくないカードや独自の審査基準を持つカードを選ぶ
  2. 入力ミスの無いように申込書を記入する
  3. キャッシング枠を付けないで申し込みを完了させる

クレジットカードの審査が甘いかどうかは分かりませんが、申込資格が厳しくないカードや独自の審査基準を持つカードは存在します。審査が甘いクレジットカードを探している人は、申し込みの間口が広いカードか、他社と異なる基準で審査してもらえる可能性があるカードへの申し込みを検討してみましょう。

記入のミスや漏れが無いように申込書を記入する

クレジットカードを作る際は、申し込みの際に記入のミスや漏れが無いように、丁寧に申込書を書きましょう。
記入内容にミスがあると、虚偽の申告をしたとカード会社に判断されて審査に落ちるおそれがあります。また、申込時の必要事項に記入漏れがあると、審査を進めてもらえません。

記入漏れが心配な方はWEB申し込みでクレジットカードを作るようにしましょう。WEB申し込みは、必要事項の入力漏れがあると申し込みが完了しない仕組みになっています。

キャッシング枠を付けないで申し込みを完了させる

クレジットカードを作る際は、キャッシング枠を0円に設定しましょう。
キャッシングとは、クレジットカードを利用して銀行・コンビニATMなどで現金を借りるサービスです。

キャッシング枠はショッピング枠と異なる法律によって規制されているため、キャッシング枠を希望すると審査の観点が増えるおそれがあります。

キャッシング枠は、クレジットカードの発行後でも設定できます。そのため、どうしてもキャッシング枠を設定したいという方は、クレジットカードを作った後にキャッシング枠の申し込みを検討してください。

クレジットカードの審査前に知っておきたいポイント

クレジットカードの審査に通るか不安な人も多いと思います。そこでクレジットカードの審査前に知っておきたいポイントについて説明します。

複数のクレジットカードに同時に申し込むのを避ける

複数のクレジットカードに同時に申し込むことを「多重申し込み」と言います。多重申し込みをすると、審査に落ちるおそれがあるので注意が必要です。

カード会社はクレジットカードを発行する際、申込者の返済能力を超えないように利用可能枠を設定しなければなりません。複数のクレジットカードの審査が同時に行われている場合、全てのカードが発行されると返済能力を超える利用可能枠が付与されてしまうリスクがあります。

そのため、カード会社は多重申し込みをしている人を厳しく審査する可能性があります。

審査落ちが不安な人や早くクレジットカードが欲しい人も、クレジットカードに申し込むときは出来るだけ1枚ずつ手続きを進めましょう。

固定電話の番号を申告する

携帯電話と固定電話の両方を持っている人は、クレジットカードに申し込む際に両方の電話番号を申告しましょう。電話番号を二つ申告することで、連絡が付きやすくなり審査がスムーズに進む可能性があるからです。

クレジットカードの審査では、カード会社から申込内容の確認のために電話がかかってくる場合があります。カード会社からの電話に対応できないと、申込内容が正しいことをカード会社が確認できないため審査が進まず、最悪の場合は審査に落ちてしまうおそれもあります。

携帯電話と固定電話の両方の番号を申告しておけば、カード会社からの電話に対応できる可能性が高まり、審査落ちのリスクを減らせると考えられます。

独自の基準で審査するクレジットカードもある

クレジットカードの中には、独自の審査基準で審査すると明言しているカードもあります。年収や信用情報に問題があり、クレジットカードの審査が不安という人は、独自審査のクレジットカードへの申し込みを検討しましょう。

たとえば、ライフカードchの公式サイトでは、「独自の審査基準で一人ひとり個別に審査する」ことが明記されています。独自審査のクレジットカードは、他のクレジットカードの審査とは異なる観点で、審査が行われる可能性があります。

そのため、クレジットカードの審査に落ちたことがある人でも、独自審査のクレジットカードであれば、審査に通過できる可能性があります。

他社の審査に落ちた人も発行できる可能性あり
独自の基準で一人ひとりを個別に審査
公式が認めた審査に不安がある人専用カード
過去に延滞・遅延がある方でも申し込み可能!

申し込みやすいクレジットカード

主婦・学生専用カード

クレジットカードの中には、申込資格の条件が少なく申し込みやすいカードが存在します。
クレジットカードの審査に落ちた経験のある人も、自分の属性に合ったクレジットカードに申し込めばカードを発行できる可能性があります。

ただし、申し込みやすいカードは、クレジットカードの審査基準が甘いという意味ではなく、「カードを発行できる申込対象者が広い」ということです。そのため、延滞や債務整理などの記録がある、いわゆる「ブラックリスト」に登録されている人が審査に通過できるとは限らないので注意しましょう。

18歳以上で電話連絡可能なら主婦も申し込めるイオンカード

年会費無料
ポイントの二重取りが可能
イオン銀行の普通預金金利が年0.1%UP

今なら新規入会でポイントプレゼントのキャンペーン中!

イオンカードは、高校生を除く18歳以上で電話連絡が可能な人であれば申し込みが可能なクレジットカードです。高校生の場合は卒業年度の1月1日以降であれば申し込めます。

イオンカードの申込資格には職業や年収に関する条件がないため、主婦も申し込みが可能です。

また、イオンカードを発行するイオンクレジットサービスの公式サイトによると、2021年2月末時点の同社のクレジットカード会員の64%が女性です。そのため、イオンクレジットサービスが発行するカードでは男性より女性に対する発行実績が多いと言えます。

主婦も作れるクレジットカードを探している人は、イオンカードの発行を検討してみましょう。

なお、専業主婦の人が審査でチェックされるポイントなどについては、「主婦・専業主婦のクレジットカード審査」の記事を参考にしてください。

学生限定の学生向けクレジットカードも存在する

学生向けクレジットカードは、一般向けクレジットカードと異なり学生が申し込む前提で用意されているため、審査の際に見られるポイントも一般向けカードとは異なる可能性があります。また、学生向けクレジットカードでは、一般向けのカードにはない特典を利用できる場合があります。

学生向けクレジットカードを2枚紹介します。

学生専用ライフカード

年会費永年無料
海外利用で3%キャッシュバック ※条件があります
最高2,000万円の海外旅行保険が付帯
卒業後も使える学生専用クレジットカード

学生専用ライフカードは、年会費無料の学生向けカードです。高校生を除く満18歳以上満25歳以下で、大学・大学院・短期大学・専門学校に在学中の人は申し込めます。

学生専用ライフカードには、最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が自動付帯します。

学生専用ライフカードの海外旅行傷害保険は、在学期間中は自動付帯です。そのため、カード発行後、在学中の海外旅行の際には、最長90日間自動で保険が適用されます。学生専用ライフカードの海外旅行傷害保険を適用するために保険料を支払ったり、旅行前に手続きをしたりする必要はありません。

また、ライフカードの学生特典として、海外旅行先で学生専用ライフカードを使うと、条件を満たす場合にカード利用額の3%をキャッシュバックされます。
海外旅行先で入ったレストランの飲食代や空港で買ったお土産代などの一部が、クレジットカード利用代金の支払いに使用している口座に現金で振り込まれます。

学生専用ライフカードは世界中に加盟店を持つVisaやMastercardを国際ブランドとして選択できるので、留学や海外旅行先でも利用しやすいでしょう。

エポスカード

エポスカードは、高校生を除く18歳以上の方が申し込みできるクレジットカードです。
エポスカードの公式サイトには学生向けのページが用意されており、高校生を除く18歳以上であれば、学生でも申し込めることが明記されています。

エポスカードはカード利用額200円(税込)につき1ポイント(ポイント還元率0.5%)が貯まるクレジットカードです。
カラオケ店での優待や居酒屋・レストランでの割引など、学生も使いやすい特典が複数用意されているのも特徴です。

ブラックリストの人はクレジットカードを発行できない可能性が高い

申し込みの間口が広いクレジットカードであっても、ブラックリストに登録されている方はカードを発行できない可能性が高いので注意しましょう。

ブラックリストとは、個人信用情報機関(CIC,JICC,KSCなど)に、延滞や債務整理といったいわゆる「金融事故」の情報が登録されている状態を指す俗称です。
たとえば、下記のような事例に当てはまる人は、個人信用情報機関に金融事故の情報が記録されている可能性があります。

個人信用情報機関に登録された金融事故の情報は、最長5~10年の間残り続けます。
そのため、ブラックリストに登録されてしまうと、5~10年間はクレジットカードを作れない可能性が高いと考えましょう。

デビットカードは審査なしで発行できる場合がある

デビットカードの中には、審査なしで発行できるカードがあります。
たとえば、楽天銀行デビットカードは公式サイトに「入会審査なし」と書かれています。
そのため、ブラックリストに登録されている人でも、楽天銀行デビットカードを発行する際に個人信用情報機関の情報を確認される心配はないでしょう。

デビットカードの支払い方法はクレジットカードとは違い、即時決済方式です。即時決済方式のデビットカードは、登録してある銀行口座から、カード利用と同時に現金が自動的に引き落とされます。

そのため、即時決済方式のデビットカードではカードの利用代金の遅延や延滞のおそれがないことから、カード発行の際にクレジットカードのような審査が行われないのだと考えられます。

また、楽天銀行デビットカードは16歳以上であれば申し込めるので、クレジットカードを持てない高校生でも発行可能です。

  • 年会費永年無料
  • 利用額の1%分の楽天ポイント還元
  • 楽天市場の利用でポイント2倍

ポイント還元率1%のデビットカード。16歳以上なら未成年でも申し込み可能。

関連記事:即日発行のクレジットカードは審査が甘いのか?

監修者 伊藤 亮太

人物 ファイナンシャルプランナー伊藤亮太
氏名 伊藤 亮太
職業 ファイナンシャル・プランナー
保有資格 CFP
DCアドバイザー
証券外務員
プロフィール

証券会社にて営業や経営企画部門、社長秘書などの業務に加えて、投資銀行業務にも携わる。
現在は独立系のファイナンシャル・プランナーとして、資産運用と社会保障を主に、相談・執筆・講演を行なっている。これまでの公演先には金融庁・日本証券業協会・大阪取引所・SBI証券・東海労働金庫・スルガ銀行など、金融業界で多数あり。