クレジットカードを知る

初めて作る人へ

おすすめクレジットカード一覧

楽天カードは過去に債務整理を経験した人でも審査通過できるか

インターネット等で楽天カードは、「債務整理者でも審査に通過できる」という話がありますが、これは間違いです。
正しくは、楽天カードは過去に債務整理を経験した人でも審査に通過できる可能性がある」です。現在、債務整理中の人は、楽天カードの審査に通過できない可能性が高いので注意しましょう。

このページでは、過去に債務整理を経験した人が楽天カードの審査に通過できる理由を説明します。

過去に債務整理を経験した人でも審査に通過できる可能性がある理由

過去に債務整理を経験していても楽天カードの審査に通過できる可能性があるといえるのは、債務整理をしたという事実をカード会社に気づかれないことがあるからです。

債務整理をしたという事実がカード会社に伝わるのは、信用情報に記録が残ってしまうからです。
カード会社は、発行審査の際に申込者の信用情報を確認します。そのため、債務整理の記録が信用情報に残っている場合はカード会社に必ず伝わります。

ただし、債務整理の記録は永遠に残るわけではありません。債務整理の情報が信用情報に記録されるのは最大10年間と決まっており、破産・民事再生手続き決定の日から10年が経過した場合は記録が自動的に削除されます。

つまり、発生日から10年が経過した債務整理については、カード会社の審査担当者に知られることはありません。
そのため、債務整理をしたのが10年以上前であれば、楽天カードの審査に通過できる可能性があります。

信用情報は個人信用情報機関と呼ばれるところに保管されており、所定の手続きを踏むことで開示請求を行うことができます。債務整理の記録が信用情報に残っているか不安な人は、自分の情報を開示してみましょう。
信用情報を開示する方法は「個人信用情報機関(CIC,JICC,KSC)に信用情報を開示請求する方法」を参考にしてください。

楽天カードの審査で見られる可能性があるポイント

楽天カードの審査では、以下の点がチェックされている可能性があります。

異動情報の有無

楽天カードの審査では、異動情報の有無がチェックされている可能性があります。異動情報とは、自己破産をはじめとする債務整理や、代位弁済などの記録のことで、個人信用情報機関に保管されている信用情報に残されています。

クレジットカードの審査で参照される信用情報は、以下に示す個人信用情報機関に保管されています。

異動情報の保管期間は、情報の種類や個人信用情報機関によって異なります。

異動情報の内容 CIC JICC KSC
自己破産 最大5年 最大5年 最大10年
個人再生 なし 最大5年 最大10年
任意整理 なし 最大5年 最大5年

自己破産や個人再生の場合は最大10年間記録が残りますが、任意整理の場合は最大でも5年間しか記録が保管されません。

他社借入額

他社借入額が年収の3分の1以上ある場合は、楽天カードの審査に落ちるおそれがあります。他社借入額が年収の3分の1以上ある人は、総量規制に抵触しているからです。

総量規制とは「貸金業者は利用者に対して、年収の3分の1を超える貸し付けを行ってはならない」と定めたルールのことです。
クレジットカード会社や消費者金融などの貸金業者は総量規制を守って事業を営んでいるので、他社借入額が年収の3分の1以上ある人に対してお金を貸すことはありません。

クレジットカードには、ATMなどを利用して現金を借りることができる「キャッシング機能」を付けることができます。
キャッシングはカード会社からお金を借りる行為にあたるので、総量規制の対象となります。
そのため、他社借入額が年収の3分の1を超えている人がキャッシング枠を希望した場合は、審査に落ちるおそれがあります。

楽天カードの申し込みを検討している人は、他社借入額が年収の3分の1以内に収まっていることを事前に確認しておくのがいいでしょう。