クレジットカードを知る

初めて作る人へ

おすすめクレジットカード一覧

クレジットカードの審査にかかる期間

クレジットカードの申し込みをして、使いたい時までにカードが届かないかもと不安になったり、審査結果の連絡がこなかったりして心配になりますよね。クレジットカードは、最短で申し込み当日に受け取れるものもあれば、手元に届くまで1か月程度かかるものもあります。

そこで今回はクレジットカードの審査にかかる期間についての解説と、カードがすぐに必要な方に、最短即日発行が可能なクレジットカードをご紹介します。

クレジットカードの審査に時間がかかる理由

クレジットカードの審査にかかる期間は、申し込みをしたカードによって異なります。審査期間が短いクレジットカードは最短で30分、審査が遅いカードだと1ヵ月近くかかります。

ちなみに、最短で申し込みの当日に審査結果がわかるクレジットカードもありますが、「最短即日発行」に対応していない場合は、審査結果が分かってもその日のうちにカードを受け取れないので注意してください。

最短30分で審査結果がわかるクレジットカード

年会費永年無料
自動キャッシュバックあり
収入がある20歳以上の人は申込可能
申し込み前にWEB3秒診断で発行できるか確認可能

アコムACマスターカードは、インターネットから申し込むことで最短30分で審査結果が通知されます。手続きがスムーズに進めば、申し込み当日にカードを受け取ることも可能です。

また、アコムの自動契約機「むじんくん」を利用することで、最短で申し込み当日にカードが発行されます。インターネットから申し込むことで、自動契約機に審査結果が通知され、カードが発行されます。

入会審査の流れと信用情報の調査

申し込みからカード発行までの間に、カード会社は申込者の信用情報を調査してカード発行の可否を決めていると推測されます。

また、調査の過程で「勤務先への在籍確認」が行われる場合もあります。ただし、在籍確認は必ず行われるわけではなく、カード会社が必要ないと判断すれば省略されます。在籍確認が行われなければ、その分審査にかかる時間は短くなる可能性があります。

審査期間はカードによって変わる

クレジットカードの審査にかかる期間は、カードによって異なります。

クレジットカードがいつ届くのか知りたい、クレジットカードが届かないという人は下記の表を目安としてください。

【クレジットカードの発行期間の例】

発行期間の目安 カード例
最短30分 アコムACマスターカード
最短即日 セゾンカード・インターナショナル、エポスカード
最短翌営業日 三井住友カード(一般)、MUFGカードスマート、JCB一般カード
最短3~4営業日 ライフカード、au PAYカード
最短1週間~10日程度 楽天カード、オリコカード ザ ポイント

なお、各クレジットカードを最短で発行するには、それぞれに条件があります。詳細は各クレジットカードの公式サイトで確認しましょう。

クレジットカードの審査落ちの連絡と理由

クレジットカード発行会社の審査基準に達さず、審査に落ちた場合でも審査結果の連絡が必ず届きます。審査に落ちた人でも必ず連絡はあるので、申し込みから2週間程度は審査結果を待ってみましょう。

審査結果はメールまたは郵送で届きます。メールの場合、メールボックスの迷惑メールのフォルダにメールが届くこともあるので、クレジットカードに申し込んだ後は迷惑メールのフォルダもチェックしてみてください。

もし審査結果が2週間以上届かない場合は、カード会社の電話窓口へ状況を問い合わせてもいいでしょう。

なお、審査に落ちた場合、「カードの発行をいたしかねる」や「カードの発行をお見送りする」などの通知が届きますが、審査に落ちた理由は教えてもらえません。

審査に落ちた理由の一つとして考えられるのは、個人信用情報機関にクレジットカードやローンの延滞や債務整理といった、俗にいう「金融事故」の情報が残っていることです。

個人信用情報機関に登録されている情報は、開示請求をすることで確認できます。審査落ちの原因が不明なときは、信用情報の開示請求をしてみるのも一つの方法です。個人信用情報機関への開示請求の方法については、「個人信用情報機関(CIC,JICC,KSC)に信用情報を開示請求する方法」にて解説しています。

なお、金融事故の情報が残っている間は、情報が消えるまでクレジットカードの審査に通らないおそれがあるので注意してください。

インターネット申し込みは郵送申し込みより審査期間が短くなる可能性がある

申込書を郵送してクレジットカードに申し込むよりもインターネットから申し込みを行うほうが、審査が早く終わる可能性があります。申込書を郵送した場合は郵送に時間がかかるだけでなく、申込書がカード会社に届いた後、内容をデータとして取り込む作業が発生すると推測されるからです。

また、申込書に記入漏れや誤字脱字があると、書き直して再送する手間がかかり、その分審査期間も長くなってしまいます。

なお、クレジットカードによっては「web申し込み」や「オンライン入会」とも表現されますが、全てインターネットからの入会申し込みと同じ意味です。

ちなみに、出来るだけ早くクレジットカードが必要だという場合は、申し込み前に自分の信用情報を把握しておくと良いでしょう。

クレジットカードやローンの支払いを61日以上または3か月以上延滞したことがある場合、その情報が「異動情報」として信用情報に記録されている可能性があります。その場合、俗にいう「ブラックリストに乗っている状態」となり、審査に通りにくくなるおそれがあります。

もし、自分の支払い状況がわからない場合は、個人信用情報期間へ情報の開示請求をしてみましょう。

クレジットカードを最短で発行するにはオンラインで支払い口座を指定しなければならない場合がある

クレジットカードによっては、最短期間でカードを発行するために、インターネット申し込みで「オンラインで支払い口座の指定」を求められる場合があります。

オンラインで口座の指定をしないと、審査が完了しても、書面での銀行口座の登録が完了するまでカードが発行されない可能性があるため、注意してください。

なお、オンラインで指定できる銀行の種類は、クレジットカードによって異なります。出来るだけ早くクレジットカードを発行したい場合は、オンラインで支払い口座に設定できる銀行を申し込み前に確認しておきましょう。

キャッシング枠を希望すると審査期間が長くなる可能性がある

クレジットカードの申込書やインターネット申し込みの申込フォームには、「キャッシング枠の希望額」を入力する欄が設けられている場合があります。キャッシング枠とは、クレジットカードで一時的にお金を借りられる上限金額のことです。

キャッシング枠は貸金業法という法律によって制限されています。キャッシング枠を設定する際、クレジットカード会社は、貸金業法に定められた制限を超えないよう申込者の年収や他社借り入れの状況などを確認します。

そのため、キャッシング枠を希望すると、キャッシング枠を希望しない場合と比べて審査の観点が増えて審査にかかる時間が長くなる可能性があります。出来るだけ早くクレジットカードを発行したい場合は、キャッシング枠の希望額を0円で申し込むことも検討しましょう。

ゴールドカードの審査期間

ゴールドカードやプラチナカードのように一般カードより上位のカードについても、審査や発行にかかる期間はカードによって異なります。また、上位カードであっても、一般カードよりも審査・発行に時間がかかるとは限りません。

たとえば、JCBゴールドカードは、オンラインで支払い口座の設定をすることで、JCB一般カードと同じく最短即日発行、翌日受け取りが可能です。一方、ゴールドカードセゾンは発行までの期間は最短3営業日とされており、最短即日発行可能なセゾンカード・インターナショナルよりも発行までに時間がかかります。

審査・発行までの期間が短いクレジットカードの例

クレジットカードは、「審査」→「発行」→「発送」→「到着(受取)」の流れで手元に届きます。そのため、出来るだけ早くクレジットカードを発行したい場合は、申し込みから審査・発行・到着までの最短時間が短いクレジットカードを選びましょう。

なお、申し込み時には以下の2点も注意してください。

ここからは審査と発行が最短で翌営業日に完了するクレジットカードを紹介します。いずれのカードも、郵送申し込みよりもインターネット申し込みのほうが早くカードを発行できる可能性が高いです。

最短翌営業日発行のVIASOカード

VIASOカードは公式サイトにて「最短翌営業日発行」と明記されているクレジットカードです。年会費が永年無料なので、クレジットカードの維持費をかけたくない人にもおすすめです。

VIASOカードの特徴はネットショッピングでポイント還元率が最大で通常の25倍になることです。VIASOカードの通常のポイント還元率は0.5%ですが、POINT名人.comを経由してネットショッピングをすると最大で買い物金額の12.5%分のポイントを獲得できます。

また、利用付帯で最高2000万円補償の海外旅行保険が付いているので、海外旅行中に事故や病気で費用がかかった際、保険の適用条件を満たしていれば規定の範囲内で補償を受けられます。

ETCカード利用でポイント還元率2倍!
学生や専業主婦でも審査に申し込み可能
最高100万円までのショッピング保険も付帯
入会キャンペーンで最大10,000円分キャッシュバック!


最短翌営業日発行の18~25歳限定カード「三井住友カード デビュープラス」

三井住友カード デビュープラス(旧:三井住友VISAデビュープラスカード)は18~25歳が申し込めるカードです。収入のない未成年や大学生、新社会人で、初めてクレジットカードを持つ人も、年齢の条件を満たしていれば申込可能です。

三井住友カード デビュープラスは、インターネット申し込みで、対象外の条件に該当する場合を除いて、最短翌営業日発行が可能です。最短翌営業日発行の対象外になる条件は、三井住友カード デビュープラスの申込画面にて確認できます。

なお、三井住友カード デビュープラスのポイント還元率は三井住友カード(一般)の2倍の1.0%です。年会費は初年度無料で、翌年以降も年1回以上カードを利用すれば無料になります。

学生でも申し込める25歳までの限定カード
入会後3か月はポイント還元率が5倍
24時間体制で不正利用をモニタリング

最大10,000円相当プレゼント♪

最短30分で発行可能なACマスターカード

年会費永年無料
自動キャッシュバックあり
収入がある20歳以上の人は申込可能
申し込み前にWEB3秒診断で発行できるか確認可能

ACマスターカードなら、申込前にカードを発行可能か仮診断できる「WEB3秒診断」を利用できます。
年齢、年収、他社からのお借入状況を入力するだけで診断できるので、審査が通るか不安な方は3秒診断をしてみて下さい。

アコムACマスターカードは自動契約機「むじんくん」またはアコムの店舗で申し込むことで、最短30分でカードが発行されます。自動契約機「むじんくん」の場合、審査通過後、その場でカードが発行されるので、審査が完了してからカードを受け取るまでの待ち時間も短く済みます。

インターネット申し込みの場合も、最短30分で審査結果が通知され、審査に通過すれば「むじんくん」を利用することで最短即日発行が可能です。

監修者 伊藤 亮太

人物 ファイナンシャルプランナー伊藤亮太
氏名 伊藤 亮太
職業 ファイナンシャル・プランナー
保有資格 CFP
DCアドバイザー
証券外務員
プロフィール

証券会社にて営業や経営企画部門、社長秘書などの業務に加えて、投資銀行業務にも携わる。
現在は独立系のファイナンシャル・プランナーとして、資産運用と社会保障を主に、相談・執筆・講演を行なっている。これまでの公演先には金融庁・日本証券業協会・大阪取引所・SBI証券・東海労働金庫・スルガ銀行など、金融業界で多数あり。