クレジットカードを知る

初めて作る人へ

クレジットカードの基礎知識

大手クレカサイトの編集長に学ぶ! キャッシュレス決済の普及に必要なこと

皆さんこんにちは、ライターのイシカワです。

最近では、paypayやd払いなどの台頭、政府のマイナポイント事業やキャッシュレス促進施策により、クレジットカードやスマホ決済を使う人が増えましたね。
しかしながら、日本のキャッシュレス決済比率は約25%と、キャッシュレス先進国から比べるとまだまだ低い状況にあるようです。

キャッシュレスオタクの私としては、もっと皆さんにスマホ決済やクレジットカードを使って欲しいと思っていますが、具体的にどうすればキャッシュレス決済の普及率が上がるのかは分からず、いつも悩んでしまいます。

そこで、今回は分からないことは専門家に聞けということで、「クレジットカード研究Lab」の 編集長でもある志田さんに、キャッシュレス決済の普及には何が必要かお話を伺ってきました!

アイキャッチ画像

志田 愛仁 (しだ あいに)
株式会社バリューファースト所属 「クレジットカード研究Lab」 編集長
プロフィール/情報誌の編集者を経て、旅行・グルメ・ライフスタイルといったジャンルの紙媒体とWEBのライターとして活動。ライフスタイルのひとつであるクレジットカードや貯金の運用などに興味を持ち、その後、クレジットカード研究Labを運営するVALUE FIRSTの編集責任者に。「読んで良かった」と読者に思ってもらえる価値あるページを作るため邁進中。

先進国に学べ! キャッシュレス決済の普及に必要なこと

石川
単刀直入に聞きます! キャッシュレス決済の促進において日本に必要なものは何だと思いますか?
志田さん
本当に、何の前置きもなくいきなりですね。
石川
はい、文章はいつも結論から述べろと言われているので!
志田さん
なるほど(笑)。では、私も結論から言わせていただきますね。キャッシュレス決済の促進において、必要なことは“国を主導とした社会施策”かなと思います。
石川
というと?
志田さん
例えば、キャッシュレス先進国の韓国は、クレジットカードの年間利用額の20%が所得税から控除される施策を行っていました。現在は、カード利用の最大15%までに控除が引き下げられていますが、こういった税優遇措置は全ての人に恩恵がありますし、わかりやすくていいですよね。
石川
たしかに、毎月の給料から取られる税金ほど悲しいものはありません……
志田さん
また、韓国ではこのような優遇に加えて「クレジットカードを1,000円以上利用すると、宝くじの参加権が付与される」「約年商240万円以上の店舗ではクレジットカードの取り扱いを義務化」するなどの施策を行っています。
石川
1,000円以上の買い物をするだけで、宝くじが貰えるんですか?
志田さん
1,000円以上の買い物をクレジットカードで支払うとレシートに抽選番号が印刷される仕組みになっています。月に1回、総額約2億円が当たるチャンスがありますよ。
石川
それって普段の買い物で、夢も買えるってことですね!
志田さん
そうですね(笑)。日本がこうした施策を行うのであれば、今が良い機会だと思います。 私たちが500人を対象に"クレジットカードの発行理由”を調査したところ、新型コロナウイルスを予防するためにカード発行した人が10%ほどいました。
発行理由 割合
カードのポイントが貯まるから 71.4%
支払いの手間をなくすため 47.4%
キャッシュレス・ポイント還元キャンペーンがあったから 42.4%
スマホ決済サービス会社の独自のキャンペーンがあったから 19.4%
支払いを管理したいと思ったから 15%
新型コロナウイルスの感染予防のため 11.2%
流行っているから使ってみた 2.8%
好きなタレントが宣伝をしていたから 0.4%
その他 1.2%

※500人を対象にインターネットで調査
※調査期間2020年7/9~7/12
※複数回答あり

志田さん
こちらの調査を行ったのが7月中旬ごろなので今では、もう少し感染予防を理由にクレジットカードを発行している方がいるかもしれません。
石川
なるほど、たしかに誰が触ったかわからない現金を手に取るのは、ちょっと怖いです。
志田さん
Withコロナが叫ばれている状況だからこそ、キャッシュレス決済の有能性をもっとアピールすると、普及率も上がってくるかなぁと思っています。

キャッシュレス決済は何がおすすめ?

石川
キャッシュレス決済の普及について、必要なことはわかりました。
でも、実際に私たちがキャッシュレス決済を利用しようとすると、色々な種類があって何を使えば良いのか迷ってしまいます。おすすめのキャッシュレス決済は何なのでしょうか?
志田さん
基本的は自分の好きなものを使えば良いと思いますが、使いやすさやキャンペーン内容を重視するならpaypayなどのスマホ決済。特典の充実性や利便性で選ぶならクレジットカードですかね。
石川
Paypayやメルペイはここ1、2年でだいぶ社会に浸透しましたよね。
志田さん
Paypayなどのスマホ決済は広告とキャンペーン戦略が非常にうまいですね。
お会計が50回に1回タダになるとか、わかりやすいですし。これまで他のキャッシュレス決済がやっていない魅力的なキャンペーンをどんどんやっていくので、単純なお得感であればスマホ決済がいいですね。
石川
50回に1回タダなるキャンペーンの時は、私の周りの人もみんな使っていました。
志田さん
一方、場所を問わない利便性、生活を魅力的にする特典サービスについてはクレジットカードが優れています。クレジットカードは世界共通のキャッシュレス決済手段であるので、海外でも使用できます。
石川
言われてみればそうですね、paypayとかは海外では使えませんし……
志田さん
さらに、クレジットカードには、海外旅行保険、コンシェルジュサービス、ホテルアップグレード特典などがついているものがあります。これらの特典はどれもスマホ決済にはないですよね。また、クレジットカードはスマホ決済よりも利用限度額が高く一部のステータスカードでは、クルマも購入できます。
石川
クレジットカードで車を買えるんですか?
志田さん
買えますよ! ダイナースやアメックスなど一部のクレジットカードでは決められた限度額がないので、1,000万円のクルマでもカード購入することができます。高額決済ができるというのもクレジットカードならではの魅力ですね。

おすすめのクレジットカードは?

石川
最後に、志田さんおすすめのクレジットカードを教えてもらえませんか? ムック本などで色々なクレジットカードについて詳しく紹介しているのを拝見して、一番お得なクレジットカードって何なのか聞いてみたいと思っていました!
志田さん
一番は、よく利用する先や身近なもののクレジットカードを選べば良いかなと思います。
例えば、楽天市場を利用する方なら、楽天カード、ドコモキャリアを長く使っているならdカード、イオンによく行くならイオンカードなどです。そうすることで、ストレスなく日常的にお得に使えると思いますよ。
石川
なるほど、そうすると私の場合は楽天カードが良さそうですね。
志田さん
ただ、初めてクレジットカードを発行する方であれば、三井住友カードが良いかなとも思います。以前、レジでカード番号を瞬時に覚えられて不正利用されたニュースがありましたよね。
三井住友カードであれば、カード番号が裏面記載なので、仮にレジでカードの裏面を見られても“なぜ裏面を見たのか?” と自然に店員さんに確認できます。また、自身の写真入りカードも作成できるため、紛失や盗難にあったとき、他人が実店舗で使うことを防げるメリットもありますね。
石川
たしかに、国内ならまだしも海外でカードを使う時は不正に情報を取られていないか心配になります……
志田さん
今は国内・海外を含めて実店舗でもクレジットカードを自分で操作して使うところが増えてきましたが、それでも備えておくことに越したことはないと思いますよ。

まとめ

志田さん写真

難しい題材のインタビューだったにも関わらず、わかりやすく解説してくださった志田さんありがとうございました!
確かに、Withコロナといわれる現在においては、キャッシュレス決済の需要は増えていくので、クレジットカードやスマホ決済の魅力を伝えるには今がチャンスだと感じました。

クレジットカードやスマホ決済は、感染予防にもなるので引き続き私も積極的に使っていこうと思います!

<取材/文 石川真太郎(@WEB_editor3)>