クレジットカードを知る

初めて作る人へ

おすすめクレジットカード一覧

家族カードとは

家族カードのメリット・デメリット

家族カードは家族会員カード、ファミリーカードとも呼ばれ、クレジットカード契約者である本人会員の家族に対して発行できるカードです。

年会費は本カードよりも安いか無料であることが多く、また、限度額を共有するため利用実態を把握しやすいです。
付帯保険やポイント優遇サービスなどの特典も本カードと同等の内容で付帯する場合があります。

一方で、利用明細書がまとめて見えることで、何をいくらで購入したかが家族に見られてしまうのも特徴です。この記事では、家族カードの基礎知識について解説します。

家族カードの特徴

はじめに、家族カードの基本的な特徴について解説します。

家族カードにも各種保険が付帯される場合がある

本人会員カードと同様の保証

本人会員カードに海外旅行保険・国内旅行保険・ショッピング保険が付帯されている場合、家族カードにも同様の補償が付帯する場合があります。
家族カードに保険が付帯している場合、本人会員が同伴しない旅行中に家族カード会員がケガや病気をしても、家族カードに付帯する保険の補償条件を満たしていれば補償を受けられることがあります。


1名分のコース料理代金が無料

VIP空港ラウンジサービスが無料で利用可能
ポイントを航空マイルへ移行可能

入会特典あり

利用明細書がまとまって家計を管理しやすい

利用代金明細書は、家族カードごとに利用金額が記載されるので、誰がどれくらい使ったのかを一目瞭然で判断できます。

複数のカードを持っていると、その月の家計簿をつける際に複数の明細を見なければなりません。
しかし、1枚のカードで家族カードを持っている状況であれば、1つの明細を見ればすべての支出がわかります。

引き落とし口座を分けられない

三井住友カード ゴールド(旧:三井住友ゴールドカード)をはじめとする一部のカードを除き、家族カードと本カードの引き落とし口座を別々にすることはできません。引き落とし口座を分けたい方は個別にカードを発行しましょう。


家族カードが1名様まで年会費無料
引落し口座を分けることが可能

旅行保険・ショッピング保険が自動付帯
銀行系カードなので安心のセキュリティ

三井住友カード ゴールドは、家族カード1枚目に限り年会費無料で追加発行が可能です。

また、三井住友カード ゴールドに「パーソナルアカウントタイプ」で申し込むと、家族カードの支払い口座を分けることができます
三井住友カード ゴールドの「パーソナルアカウントタイプ」は、利用代金請求書の送付先は家族会員の住所になります。

なお、三井住友カード ゴールドには、最高5,000万円補償の海外旅行傷害保険や、空港ラウンジ無料利用サービスなどが付帯します。

ポイントやマイルが貯まりやすい

ポイントやマイルが貯まりやすい

ポイントやマイルは本人会員カードと家族カード利用分の合算として集計されるので、一枚のカードで貯めるよりも効率的に貯めることが可能です。

利用明細がまとめられて届くため購入したものがバレる

購入したものがバレる

家族カードは、利用明細が本カードの明細に掲載されます。
そのため、家族カードを持っている人がカードをどのように使っているのかは、本会員にすべてバレてしまいます。

利用限度額も共通

限度額が共通

家族カードが増えた枚数分だけ、利用人数が増えるということで、限度額に達する速度も速くなってしまいます。家族カードは、本カードと利用限度額が共通だからです。

新規入会ポイントが貰えない

クレジットカードに新規で入会をすると数千円分のポイントがもらえることがありますが、家族カードの入会では基本的に入会ポイントを貰えません。

家族カードの申込から入会の方法

家族カードの作り方には、本人会員カードの申し込み時に同時に申し込む方法と、すでに契約している各カード発行会社に家族カード申込書を請求する方法があります。
※申込方法は各クレジットカード発行会社やカードによって多少異なります。

申込をすると本カードの所有者に対して発行審査が行われ、審査に通過すると晴れて家族カードが発行されます。

なお、ANA VISA Suicaカードなど一部の提携カードは、家族カードの申し込みが出来ない場合があります。

監修者 伊藤 亮太

人物 ファイナンシャルプランナー伊藤亮太
氏名 伊藤 亮太
職業 ファイナンシャル・プランナー
保有資格 CFP
DCアドバイザー
証券外務員
プロフィール

証券会社にて営業や経営企画部門、社長秘書などの業務に加えて、投資銀行業務にも携わる。
現在は独立系のファイナンシャル・プランナーとして、資産運用と社会保障を主に、相談・執筆・講演を行なっている。これまでの公演先には金融庁・日本証券業協会・大阪取引所・SBI証券・東海労働金庫・スルガ銀行など、金融業界で多数あり。

今人気のカードは?ランキングTOP5

アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カード

最高ランクのカードをあなたのもとへ…お得な入会キャンペーン実施中!

三井住友カードデビュープラス

三井住友カードデビュープラス

18~25歳までの限定カード!入会から3カ月はポイント還元率5倍

JCB CARD W

 JCB CARD W

39歳以下の若者向けクレジットカード。常時ポイント2倍特典付き!

楽天カード

楽天カード

楽天市場でポイント還元率アップ!パート・アルバイトも申し込みOK♪

ACマスターカード

acマスターカード

最短60分で即日発行可能!パート・アルバイトも申し込みOK♪