2019.12.16

健康経営への取り組み

インフルエンザの予防対策実施について

株式会社クヌギでは、東京都が「インフルエンザ流行注意報」を発出したことを受け、社内において以下の取組を周知いたします。

インフルエンザ予防接種

従業員のインフルエンザ予防接種を促進するため、勤務時間内での予防接種の許可、及び、インフルエンザ予防接種費用を補助しておりましたが、まだ予防接種を受けていない方がいることもあり、改めて周知いたします。

社内におけるインフルエンザ予防対策

厚生労働省のインフルエンザ予防対策をもとに、外出後に社内に帰社する際は手洗いを実施しやすいよう手指消毒液とハンドソープを設置し、またうがいを実施するよう周知いたします。

加えて、社内の湿度を感染予防として推奨されている50-60%を目指せるよう、加湿器を設置します。

3)  適度な湿度の保持
空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下し、インフルエンザにかかりやすくなります。特に乾燥しやすい室内では加湿器などを使って、十分な湿度(50-60%)を保つことも効果的です。

参考 : 厚生労働省 Q.7:インフルエンザにかからないためにはどうすればよいですか?

会社でマスクを常備することにより、マスクの着用率向上も目指します。

以上です。

株式会社クヌギでは、引き続きインフルエンザ予防に取り組みをいたします。

PAGE TO TOP

PAGE TO TOP