第一メディア事業部
石川 真太郎

書くことを仕事にしたかった。それがライター応募のきっかけ

もともと文章を書くことが好きで、趣味で小説を書いていました。

前職を退職したことをきっかけに、書く仕事を志すようになりました。
ライター方面で仕事を探していたところ、こちらにちょうどWEBライターの募集があって、応募しました。

ライターの中でもweb媒体を選んだ理由は、ずっと続けられる、ライターとして成長できる道を歩みたかったからです。

文章を書いて生活していきたかったので、何が一番他のライターと区別できて需要があるかなと考えて、SEO(Search Engine Optimization=検索エンジン最適化)という分野に辿りつきました。

雑誌はいろいろジャンルがあって、それに特化しちゃうんですよね。
でも、SEOという大きな概念の中でなら、金融だったり美容だったりなんでも書けるようになると思ったんです。

SEOならではの難しさ、おもしろさも経験

実際にライティングを始めて感じたのは、記事を書く時間より、書く前の調査や記事の構成に時間がかかるということです。
ライティングと調査、半々くらいで時間を割きます。

記事に載せる情報が本当かどうか、きちんと裏付けをとってから、記事の方向性などを決めていきます。

仕事で大変なことは……ライターとして時折、女性向けの記事を書くことがありまして。女性の思うところとか、意図を探ろうとするんですが、やっぱり難しくて。

検索する人は、なにか知りたいことや確かめたいことがあって検索するわけですよね。

ユーザーの検索意図にこたえなければ、検索結果で上位表示されない記事になってしまいます。それで女性の検索意図を調査するんですが、女性の気持ちとか、求めてることがわからなくて。わからないですよね、普通に(笑)

頑張ってTwitterや口コミを駆使して女ゴコロを調べるんですけど、それでちょっと、ほんとにこれでいいのかな、合ってるのかなって。

SEOライティングのおもしろさは、Google等の検索エンジンロボットによって記事の順位付けがおこなわれるところだと思います。

ただ、こちらが良い記事だと判断しても、機械(検索エンジン)に評価されなければ悪いコンテンツになってしまうので、実際にアップしてみないとわからないっていう怖さもありますね。

こちらの意図するところと、機械とのギャップを埋めるのが難しいです。

検索結果で上位表示されないということは、結局ユーザーの意図に合ってないってことなんですけど。難しいところでもあり、おもしろいところでもあります。

設備が充実していて、快適に仕事ができる

入社前の面接では、面接官の印象が良かったことが記憶にありますね。

その際に会社の中を案内されていたので、応募してから入社するまでのギャップというのは感じなかったです。

入社前に「わりと黙々と仕事してる感じだけど、大丈夫?」って面接官の方に言われていましたし、(移転前の)オフィス、施設等も見せていただいて、会社の雰囲気を感じることができました。

通勤時間は、片道1時間程度です。家を出るのは7:30くらいで、9時前後に出社します。

住んでいるところが茨城で、交通費が会社の規定を超えるって話を面接のときにしたら、交通費2万円まで出すって言ってもらえて、すごくありがたかったですね。

それから、社内設備としてウォーターサーバーやお菓子があるんですが、食べたいお菓子等の要望を言えばだいたい通ります。もちろん、高額な物は無理ですが……(笑)

入社当時、社内にはコーヒーメーカーしかなかったんですが、僕は紅茶が好きで、紅茶が欲しいって話をしたら、置いてもらえましたね。

批判するにも賛同するにも根拠が必要

クヌギは、人の個性を大切にしてくれる会社だと思います。

これ書いちゃだめって、頭ごなしに言われることはありません。
禁止ワードはありますが、それを除けば記事の構成も自分で決められます。なにか理由があって書いていれば、それは良しとされますね。

比較的自由にライティングができるので、自分の個性も出せてすごくやりやすいし、仕事に打ち込めます。

でも、自由にライティングできるからといって、個人プレーかというとそうではないです。

コミュニケーションを取り合って、「記事、書いたんだけどどう思う?」ってきいて、ダメ、ボツってときもちゃんと理由を言ってもらえます。ダメな理由を言ってもらえるとなるほどと思えますし、悪いところを自ら改善していけるので、自主性や個性が尊重されていると思いますね。

基本的に、批判するにしても賛同するにしても根拠が必要ですね。

書くことを学びたい人、自分の意見をいえる人に来てほしい

僕はweb業界未経験でクヌギに入りました。

webライティングについての専門的な知識はあとからでも身につけられるので、文章を書くことが好きで仕事にしたいって方に応募してもらえたらと思いますね。

他の会社や媒体だと、応募条件に一定の期間ライティング経験が必要だったりするんですが、クヌギはライティング経験が無い未経験者でも応募OKです。履歴書と一緒にテスト記事を送って、通れば二次面接です。

テスト記事ですか?そんなに難しいものじゃないです。
実際に僕もライティング未経験で入社してますし、文章が支離滅裂でなければ大丈夫!

クヌギに入ってほしい人は、ちゃんと意見を言える方がいいですね。

わからないことはわからないって言ってくれないと、本当にわかってるのかどうか、こちらもわからないから。黙っている人より、文句を言ってくれる人の方が嬉しいですね。

書くことで食べていきたい、プロのライターになりたいって方はどんどん応募してきてほしいと思いますね。

トップへ
戻る