ベビーシッター派遣事業割引券について

目次

2021年10月より、内閣府の企業主導型ベビーシッター利用者支援事業である「ベビーシッター派遣事業」に参画することになりました。
ベビーシッター派遣事業割引券は家庭内における保育やお世話、保育等施設への送迎が対象になっており、子育てをする在宅勤務中の従業員が利用することを目的として導入しました。
内閣府HPより:https://www8.cao.go.jp/shoushi/shinseido/outline/sitter_atsukai.html

1-1ベビーシッター派遣事業割引券とは

従業員(アルバイト含む)の皆さんが就業中、ベビーシッターを利用する際に、利用料金の一部が割引となります。
※就業中の利用のみ対象で、休日や勤務時間外は対象外
詳細:http://acsa.jp/htm/babysitter/

2-1ベビーシッター派遣事業のメリット

割引額

割引券1枚あたり2,200円
(多胎児の場合は2人で9,000円、多胎児3人以上の場合は18,000円)

使用回数

対象児童1人につき、1日2枚(4,400円)まで、1ヶ月24枚(52,800円)まで
年度内280枚(616,000円)まで使用可能
(兄弟で使用する場合は人数分利用可能)

対象児童

厚生年金に加入しているスタッフ(役員、パート含む)の扶養する
乳幼児~小学3年生までの子供が対象

新型コロナウイルスの流行に伴い、通勤時の感染リスクを下げるために在宅勤務を行ったり、保育施設等でクラスターが発生した際は家庭内保育をしないといけないシーンも多く見られます。
そういったシーンで、少しでも安く、手軽にベビーシッター派遣事業割引券を使用し業務に集中していただけます。

PAGE TOP