福利厚生や社内制度について

目次

福利厚生について

1-1外部のセミナーや講座などの参加費用補助

自己啓発に取り組むメンバーを支援するため、社外のセミナーや勉強会への参加費用を補助しています。
過去には、グロービス・マネジメント・スクールの「クリティカル・シンキング」や「リーダーシップと人材マネジメント基礎」のほか、宣伝会議オンラインの「文章力養成講座講座」の受講費用を補助しました。その他有料セミナーの参加費用も多数補助しています。

 

1-2マイコーピング株式会社によるカウンセリングサポートや社内セミナーの実施

メンタルヘルスケアやストレスコーピング習得の一貫として、オンラインカウンセリングの体制を整えています。メンバーは必要に応じて、マイコーピング株式会社所属の臨床心理士によるカウンセリングや面談を受けることができます。
また、同社による認知行動療法に基づいたストレスコーピングの全社向け研修やリーダーシップ講義も行っています。

1-3書籍購入補助制度(購入時の申請は不要、事後精算/毎月税抜5000円まで)

マーケティングやSEO関連書籍、担当するクライアントの業界知識を得るための書籍、その他仕事におけるマインドセットに関わる書籍など、メンバーそれぞれが必要と思う書籍の購入費用を補助しています。

1-4クヌギ図書館(お勧めの書籍貸し出し)

メンバーが書籍購入補助制度を利用し購入した書籍や、業務を行う上でぜひ読んでほしい書籍などを貸し出しています。
(※これらの書籍はオフィスに所蔵しており、リモートワーク体制の現在は利用しづらくなっています。そのため、読みたい本がある場合は「1-3書籍購入補助制度」を活用して下さい)

1-5ベビーシッター利用時の補助(内閣府ベビーシッター割引券の支給)

従業員のみなさんが就業中にベビーシッターを利用する際に
児童一人あたり1日4,400円まで利用料金が助成される制度です。詳しくは以下の記事で解説しています。
(※ベビーシッター券について書いた記事のURL入れる)

1-6在宅勤務時の通信費補助(毎月3,000円)、リングライトの支給

原則在宅勤務体制への移行に伴い、毎月3,000円の通信費の補助と、オンライン会議で利用できるリングライトを支給しています。

社内制度について

2-1外部講師を招いての勉強会

社内の知見や読書だけで学ぶことのできない領域については、その領域のスペシャリストにお願いして、勉強会をお願いすることがあります。これまでには、デジタルマーケティングやアクセス解析について幅広い難易度の勉強会を開催しました。

2-2社内メンバーによる勉強会・成果発表会

メンバー間で研究結果を共有する勉強会を開催したり、クライアントへの提案で成果が出た施策の発表を行う機会が多くあります。勉強会のテーマについては、リーダー陣からの提言だけではなくメンバーが発案する文化が醸成されています。

2-31on1セッション

月に一度30分~1時間、マネージャーとメンバーがコミュニケーションを取るため、そしてメンバーの成長を一番の目的として実施しています。
評価や査定を行う場ではなく、日々の業務の振り返りや相談をする場としています。仕事におけるマインドセットなども含め、テーマ設定は仕事に関わることであれば自分自身で自由に決めることができます。
1on1で振り返りと立て直しを短いスパンで行うことにより、個々人の中長期的な目標達成のサポートを行っています。

PAGE TOP