「返せる範囲でのお金の借り方」と「なるべく早い完済を目指した返し方」を知るメディア

カードローンは担保や保証人を必要としない「使いみちが制限されないお金」を借りられる金融商品です。
用途として光熱費などの生活必需項目でお金が足りなくなったときや、突然の入院や冠婚葬祭など急な出費にお金を用意出来ないときなど、どうしてもお金が必要だけども工面出来ないタイミングで生活を助けることが出来ます。実際のデータでも生活費に充てるなど致し方ないケースが多いようです。(※1)

ただ、カードローンには、「利息の支払いが必要」という商品特徴があります。
必要以上借り入れをするとその後の返済に苦しむケースがあることを注意しなければいけません。
実際に金融庁の調査結果(※2)によれば、消費者金融等からの複数債務を抱える債務者や返しきれない債務を抱える債務者、つまり「多重債務者」は、改正貸金業法の成立によって年々減少しています。しかし、2016年以降下げ止まりしており2020年3月末時点でも120万人程度存在します。

さらに、2020年12月の調査では現在借り入れがある人の中で約5人に1人が年収の1/3を超える借り入れをしているというデータがあり、返せる範囲以上の借り入れをしている人が少なくない数で存在することが分かります。
返せなくなる多重債務以前に、借入時に最低限の借り入れまでしかしないことと、借りる時点で早めの完済を念頭に置くことが大切です。

とはいえ、目の前の致し方ない理由でお金を借りることを止めることは出来ません。
そこで私たちは、個人でカードローンを使わざる負えない状況の方へ「返せる範囲でのお金の借り方」や「なるべく早い完済を目指した返し方」を考えるきっかけを提供したいと考えました。

当メディア『お金借りるを知る』は多重債務者を増やさないことを目標に、返せる範囲でのお金の借り方と、なるべく早い完済を目指した返し方を考えるきっかけとなる情報を発信いたします。

※1:貸金業利用者に関する調査・研究<調査結果>
https://www.fsa.go.jp/common/about/research/20200625/01.pdf

※2:多重債務者対策をめぐる現状及び施策の動向
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/saimu/kondankai/dai16/siryou1-1.pdf