お金を知る

更新日 : 2022.08.30

お役立ち情報

カードの再発行(作り直し)の手続き方法と注意点

カードの再発行は、所有しているカードの発行元(カード会社や銀行)に依頼すれば対応してもらえます。
手続きの方法は電話やインターネットなどカードの発行元によって異なりますが、基本的な流れはどこも同じです。

なお、カードを再発行するときはいくつかの注意点があります。カード再発行時の注意点を知らないまま手続きを進めてしまうと、定期的な支払いが必要なサービスの利用に支障が出るおそれがあります。
カードについている電子マネーを使っている場合は、電子マネーの残高を失うおそれもあるので注意してください。

カードの再発行が必要になる理由の例

カードの再発行が必要になる理由はさまざまですが、たとえば以下のようなケースが考えられます。

【カード再発行が必要になる理由の例】

  • カードの紛失
  • カードの盗難
  • 磁気不良
  • カードの破損
  • 改姓や改名による氏名の変更
  • ICチップ付きカードの暗証番号の変更

カードを紛失した場合や盗難されたときは、カードを不正利用される危険性があるため、ただちにカードの機能を止めて再発行手続きを行う必要があります。

カードを再発行するときの流れ

カードを再発行するときの流れはカードによって異なりますが、おおむね以下のように進みます。

【カードを再発行するときの流れ】
1.電話もしくはWebから再発行を申し込む
2.カード会社もしくは銀行からの質問に答える
3.再発行されたカードを受け取る

カード会社や銀行は、カードの再発行手続きを電話で受け付けています。中には、インターネットでの手続きを受け付けているところもあります。
電話の場合は電話口の担当者から口頭で、インターネットの場合は画面上に質問が表示される形で、再発行したい理由などを尋ねられることがあるので、その場合は聞かれたことに答えてください。

再発行したカードは申込手続きが完了してから3週間以内に届くとされていることが大半ですが、カードの発行元や配送業者の業務が立て込んでいる場合は3週間以上かかるケースもあります。
カードがなかなか届かない場合は、カード会社や銀行に問い合わせれば状況を確認できる可能性があるので、気になる場合は電話してみましょう。

なお、新しいカードが届いたとき、手元に古いカードがある場合は、磁気ストライプとICチップの部分をハサミなどで切断してから処分するようにしましょう。
磁気ストライプやICチップには決済をする際に必要となるさまざまな情報が記録されているので、これらを切断すれば誰かがカードを拾って悪用しようと企んでも被害に遭うのを防げます。切断したカードは、住んでいる自治体のルールに従って捨てましょう。

カードを再発行するときの注意点

カードを再発行するときは、以下の点を理解した上で手続きを進めましょう。

【カードを再発行するときの注意点の例】

  • カード情報などが変更になることがある
  • 電子マネーの残高は引き継がれない可能性がある
  • カード再発行時には審査が行われる

カードを再発行するときの注意点を知っておかないと、公共料金などの支払いを滞納してしまったり、電子マネーの残高を失って損をしたりするおそれがあるので気を付けてください。

カード情報が変更になることがある

カードを再発行すると、カード番号やセキュリティコード、有効期限などのカード情報が変更される可能性があります。
カード情報が変更されるかどうかは再発行の理由次第です。たとえば、カードの紛失・盗難による再発行であればカード情報は変わる可能性が高いですが、磁気不良や氏名の変更による再発行の場合は変わらないかもしれません。

公共料金やサブスクリプションサービスなどの支払いに使っていたカードの情報が変更されると、カードの登録を改めて行わなければならない場合があります。
カード情報を更新しないままでいると支払いが滞り、利用しているサービスを今までどおり使えないおそれがあるので注意してください。

電子マネーの残高は引き継がれない可能性がある

一部のカードは電子マネーの機能が一体になっている場合があります。旧カードに電子マネーのチャージ残高がある場合、残高を再発行後のカードに移行できるとは限りません。

電子マネーの残高を再発行後のカードに引き継げない場合は「旧カードの残高をすべて使い切る」「払い戻しを受ける」など、必要な作業を行ってください。残高がある状態で古いカードを破棄すると、古いカードの残高は無駄になるおそれがあります。

カードの紛失や盗難にあったなどの事情で急いでカードを再発行する必要がある場合は、カード会社もしくは銀行の担当者に電子マネー残高の取り扱いがどうなるのか確認しておきましょう。

再発行時には審査が行われることがある

カードの種類にもよりますが、再発行時には審査が行われることがあります。審査に落ちた場合はカードを再発行してもらえないので、カードは自動的に解約となります。

カードの再発行手続きをしてから3週間が経過してもカード会社から何も連絡がない場合は、再発行時の審査に落ちている可能性も考えられます。気になるときは、カード会社に電話して状況を確認してみてください。

PAGE TO TOP