よくある質問

よくある質問 記事一覧

法律が改正されて上限金利が下がったと聞きましたが本当ですか?

金銭の貸し借りにおける上限金利は、利息制限法と出資法という法律によって定められています。2010年6月18日に出資法が改正されたことにより、上限金利が引き下げられました。 出資法の改正以降、金銭の貸し借りにおける上限金利は、利用者の借入額に応じて定められています。 【出資法……

どのような借入が総量規制の対象になりますか?

総量規制は、貸金業法という法律で定められた規制です。貸金業法は貸金業者が遵守する法律であるため、総量規制の対象になるのは貸金業者からの借入に限られます。 貸金業者とは、お金を貸す業務を行なう全ての会社を指す言葉ではなく、そのなかの一部の会社を指す言葉です。具体的には、消費者金融やクレジットカー……

身に覚えのないメールや電話がきたときはどうすればよいですか?

身に覚えのない請求は、架空請求の疑いもありますが、正規の手順を踏んだうえでの請求である可能性もあります。そのため、電話やメールなどで身に覚えのない請求がきた場合、すぐさま架空請求と決めつけないように注意しましょう。 架空請求か否かを見分ける対策は、請求元の社名や請求金額などに心当たりがあるか否……

貸付自粛制度へ申し込んで登録した貸付自粛情報は撤回できますか?

登録された貸付自粛情報は、下記の条件を満たしていれば、撤回できます。 【貸付自粛情報を撤回する条件】 原則として申告をした本人が撤回を申告すること 個人信用情報機関に貸付自粛情報が登録されてから3ヶ月が経過していること 参照元:日本貸金業協会「self_restraint_200……

貸付自粛情報の登録を家族が行なうことはできますか?

貸付自粛情報の登録は、原則として本人からの申告が必要です。しかし、一定の条件に当てはまる場合は、家族からの申告でも登録できます。 本人の代わりに申告できるのは、下記のような場合です。 【本人の代わりに申告できる場合】 本人の法定代理人である場合 本人が所在不明(失踪中)……

条件がよいダイレクトメールが届いたのですが、借りても大丈夫ですか?

ダイレクトメールにて、低金利であるなど条件がよい案内があった場合、悪徳業者による勧誘である可能性があります。「無審査」「他社利用者歓迎」など、安易な借入を促すような表示がある場合も、悪徳業者である可能性があると考えておきましょう。 悪徳業者からお金を借りると、さまざまなリスクが生じます。たとえ……

怪しいSMSを開いてしまったのですが大丈夫ですか?

身に覚えのない融資の案内や申し込みに関するSMSは、悪質な業者から送られていると考えられます。基本的に無担保ローンや目的別ローンなどを取り扱う会社や銀行などでは、SMSから新規申込の勧誘は行なっていません。 個人情報が流出すれば、悪徳業者や詐欺業者に悪用される恐れがあるため、怪しいSMSが届い……