お金を知る

更新日 : 2022.08.30

お役立ち情報

住所や電話番号など登録情報の変更について

住所や電話番号など、キャッシュレス決済手段を利用するにあたって必要な登録情報の変更は、速やかに行いましょう。
手続きはインターネットから行うのが基本ですが、事業者によっては電話や郵送など他の方法でも受け付けています。

なお、登録情報を変更するときは本人確認を求められることがあります。どんなケースにおいて本人確認が必要になるのかあらかじめ確認しておき、手続きをスムーズに進められるようにしましょう。

住所や電話番号などの登録情報はインターネットで変更できる

キャッシュレス決済手段を利用するときに登録した情報は、インターネット上で変更できます。
登録した情報を変更する方法はキャッシュレス決済手段を提供する事業者によって異なりますが、おおむね以下の方法で手続きすることができます。

【登録情報の変更方法の例】
1.Webもしくはアプリから会員向けサイトにアクセスする
2.「お客様情報の変更(※)」と書かれたところをクリック
3.変更したい情報を修正する
※表記は事業者により異なる場合がある

自分が利用しているキャッシュレス決済手段の登録情報を変更する方法について具体的に知りたい場合は、各事業者の公式サイトにアクセスするか、コールセンターに問い合わせて確認してみてください。

電話や郵送などにより変更できる可能性もある

一部のキャッシュレス決済手段を提供する事業者は、登録情報の変更をインターネット以外でも受け付けています。
利用可能な変更方法は事業者によって異なりますが、電話や郵送のほか、街中に店頭カウンターがある事業者の場合は店頭でも手続きできることがあります。

電話や店頭カウンターの場合は、営業時間内に手続きをする必要があります。営業時間は事業者の公式サイトなどで確認できることがあるので、事前に調べて営業時間に間に合うようにしておきましょう。
カードの登録情報を変更するときはカード番号を聞かれることがあるので、手元にカードを用意しておくことをおすすめします。

郵送で手続きをする場合は、事業者に電話して登録情報の変更届を取り寄せなければならないことがあります。
変更届を取り寄せるのにかかる時間、記入した変更届を返送する時間の両方が必要なので、郵送はその他の変更方法より手続きに時間がかかることに注意してください。

変更可能な登録情報の例

キャッシュレス決済手段を利用し始めてからでも変更できる登録情報には、以下のものがあります。

【使い始めてからでも変更可能な登録情報の例】

  • 氏名・住所・電話番号
  • メールアドレス
  • 勤務先情報
  • 支払いに利用する銀行などの口座情報
  • チャージなどに使う口座やカードなどの情報

変更できる登録情報は、キャッシュレス決済手段によって異なります。利用しているキャッシュレス決済手段で変更可能な登録情報について詳しく知りたい場合は、サービスを提供している事業者の公式サイトや会員向けサイトなどをチェックしてください。

住所や電話番号など登録情報の変更に関する注意点

住所や電話番号をはじめとする登録情報を変更する場合は、注意すべき点があります。

【登録情報を変更する際の注意点】

  • 登録情報の変更が必要になったときは早めに届け出る
  • 登録情報を変更するときは本人確認が必要になるケースがある

キャッシュレス決済手段を提供する事業者の中には、登録情報の変更手続きを速やかに行うよう求めているところがあるので、登録情報の変更はなるべく早めに行いましょう。
また、キャッシュレス決済手段によっては、登録情報を変更する際に本人確認を求められるケースがあることにも注意してください。

登録情報の変更が必要になったときは早めに届け出る

すでに届け出ている登録情報に変更が生じたときは、新しい情報をなるべく早めに事業者へ知らせるようにしましょう。

たとえば、カード会社の会員規約には「届出事項に変更が生じた場合は、遅滞なく変更事項を届け出ること」と書かれていることがあります。
会員規約に違反した場合はカードを利用できなくなることもあるので、登録情報の変更を届け出ないままでいると強制退会などの処分を受けるおそれも否定できません。

引っ越しによる住所変更や転職による勤務先情報の変更など、届け出ている情報の更新は可能な限り速やかに行ってください。

登録情報を変更するときは本人確認が必要になるケースがある

登録情報を変更するときは、本人確認を求められるケースがあります。たとえば、コード決済の機能の中には事前の本人確認が必要なものがありますが、すでに本人確認済の登録情報(氏名、住所など)の変更を届け出る場合は、新しい情報を届け出る際に再度本人確認を行わなければいけないことがあります。

本人確認の手続きをする際は、マイナンバーカードや運転免許証などが必要になります。必要な書類や手続き方法などはキャッシュレス決済を提供する事業者によって異なるので、詳しくは各社の公式サイトなどを確認してください。

PAGE TO TOP