お金を知る

更新日 : 2022.09.30

キャッシュレス

JCBカード

JCBカードは日本発の国際ブランドである「JCB」を付帯するクレジットカードです。JCBカードには、海外旅行の際、海外に設置されたサービス窓口(JCBプラザなど)を使って観光などに関する予約ができるサービスや、東京ディズニーリゾート(R)・パークチケット(ペア)が当たるキャンペーンやイベントに申し込めるなどの特典があります。

JCBカードには、他にもさまざまな特典があります。しかし、どれだけ特典に魅力を感じても、審査に通過できなければJCBカードを作ることはできません。では、JCBカードの審査はどのように行われるのでしょうか。

JCBカードの審査基準や審査難易度はカードの種類によって異なる可能性が高い

JCBカードと言っても、その種類はさまざまです。そのため、まずはJCBカードの種類を整理することから始めましょう。

JCBカードと呼ばれているクレジットカードは、大きく分けると以下の3つに分類できます。

【JCBカードの種類】
株式会社ジェーシービーが発行するカード プロパーカード カード会社や国際ブランドのライセンスを持つ会社が他者と提携することなく独自に発行しているカード
提携カード カード会社と国際ブランドに加えて、他の会社もカード発行に関係しているカード
株式会社ジェーシービー以外が発行するカード 株式会社ジェーシービー以外のカード会社が発行する、国際ブランドがJCBのカード

クレジットカードの審査は、カードを発行しているカード会社が行うのが原則です。つまり、株式会社ジェーシービーが発行するカードの審査を行うのは株式会社ジェーシービーですが、株式会社ジェーシービー以外が発行するカードの審査を行うのは、該当するカードを発行しているカード会社ということになります。

つまり、一口にJCBカードの審査といっても、カードの種類やカードを発行している会社によって審査基準や審査難易度などは異なる可能性があります。
そのため、JCBカードの審査基準や審査難易度が知りたいのであれば、発行しようとしているJCBカードの種類を詳しく知ることが大切です。

ここからは、株式会社ジェーシービーが発行するプロパーカードの審査基準と審査難易度について説明します。

JCBカードの審査基準として使われている可能性がある情報

株式会社ジェーシービーの会員規約を読むと、JCBカードの審査では以下に示すような情報を審査基準として利用している可能性があると考えられます。

【JCBカードの審査で利用されている可能性がある情報】

  • 本人の属性に関する情報
  • 電話帳、住宅地図、官報等において公開されている情報
  • 信用情報

それぞれの項目について、以下でさらに詳しく確認していきましょう。

本人の属性に関する情報

属性とは、申込者本人の個人情報や社会的地位を推察するのに使える情報などのことです。株式会社ジェーシービーの会員規約を読む限り、以下に示すような情報は審査の際に利用されている可能性があると考えられます。

【JCBカードの審査で利用されている可能性がある属性情報の例】

  • 氏名
  • 住所、生年月日、電話番号
  • 勤務先の情報(勤務先の名称、住所、電話番号など)
  • 収入と負債に関する情報
  • 家族構成

※参照元:JCB会員規約(個人)

会員規約には、「虚偽申告があった場合は会員資格を取り消すおそれがある」と書かれています。
本人の属性に関する情報の中には、収入と負債に関する情報など、正確に思い出しにくいことを尋ねられるケースもありますが、正しい情報を記載するよう心がけましょう。

電話帳、住宅地図、官報等において公開されている情報

株式会社ジェーシービーの会員規約には、電話帳や住宅地図、官報などにおいて公開されている情報を利用していることが明記されています。
会員規約には「電話帳、住宅地図、官報等」と書かれているので、利用されている資料は他にもある可能性があります。
出版物などを通じて公開されている情報については、すべて参考にされている可能性があると考えるのが無難かもしれませんね。

信用情報

信用情報に延滞や債務整理などの記録があると、JCBカードの審査に落ちるおそれがあります。信用情報に延滞や債務整理などの記録があると、返済能力を疑われることがあるからです。

信用情報とは、ローンやクレジットの返済状況や利用履歴などを記録した情報のことで「個人信用情報機関」と呼ばれるところで管理されています。
カード会社には、カード発行前に申込者の信用情報を確認する義務があります。そのため、カード申込を受け付けると、カード会社は申込者の信用情報を必ずチェックします。

カード会社が信用情報をチェックしたとき、以下の記録がある場合は返済能力を疑われ、JCBカードをはじめとするクレジットカードの審査に通りにくくなると言われています。

【審査に通りにくくなるおそれがある情報の例】

  • 返済日から61日以上または3か月以上の延滞
  • 債務整理(個人再生や自己破産など)
  • 保証会社の代位弁済

信用情報に延滞に関する履歴が残る期間は最長5年です。また、個人再生や自己破産などの債務整理に関する履歴は最長で10年残ります。

JCBカードの審査難易度はランクによって異なるのか?

JCBカードの審査難易度はカードのランク(一般、ゴールド、プラチナなど)によって異なると言われています。
しかし、この情報の真偽を確かめることはできません。株式会社ジェーシービーは、JCBカードの審査基準を一切公開していないからです。審査基準がわからないのであれば、審査難易度を調べることもできません。

ただ、カードのランクによって、審査通過に必要な年収が違う可能性はあります。一般的に、カード利用限度額はランクが上がるほど高くなる傾向があるからです。

カード申込者の利用限度額を設定する際、カード会社は申込者の年収や負債の金額をもとに「支払可能見込額」と呼ばれるものを算出します。
そして、法律の定めに基づき、カード会社は支払可能見込額よりも高い利用限度額を設定することができません。

つまり、利用限度額を上げるためには支払可能見込額を上げる必要があります。負債の金額などにもよるので一概には言えませんが、年収が上がれば支払可能見込額も上がる可能性が高いので、利用限度額が高くなるほど求められる年収も高くなる傾向があると考えられます。

JCBカードの利用限度額がどのように増えていくのかは公表されていませんが、一般的なカードと同じように利用限度額が上がる場合は、年収の基準も上がる可能性はあるかもしれません。

JCBカードの審査期間

JCBカードを申し込んでから受け取るまでにかかる期間は、支払い口座の設定方法や本人確認の方法によって異なります。

【JCBカードを申し込んでから受け取るまでにかかる期間】
本人確認方法 カードの発行期間
インターネットで支払い口座を設定 最短3営業日
カードお届け時、運転免許証で本人確認 最短3営業日
画像データで本人確認書類を提出 画像データ確認後、約1週間
郵送で必要書類を提出 書面内容を確認後、約1週間

※参照元:JCBカードを申し込み後、どれくらいで発行されますか? | よくあるご質問(個人・法人のお客様)

カードが届くということは、審査に通過したということです。そのため、JCBカードの審査結果は、本人確認の方法にもよりますが3日~1週間以内に受け取れる可能性が高いと考えられます。

なお、すでにカードを申込済の場合は、株式会社ジェーシービーの公式サイトなどからカードの発行状況を確認できます。

JCBカードの審査に落ちる原因として考えられること

JCBカードの審査基準は公表されていないので、審査に通過する方法や審査落ちする原因を明確に述べることはできません。
しかし、JCBカードが遵守している法律や会員規約の内容から、JCBカードの審査に落ちる原因となり得る要素を推測することはできます。

JCBカードの審査に落ちる原因として考えられることは、以下のとおりです。

【JCBカードの審査に落ちる原因として考えられること】

  • クレジットカードを利用したことがない
  • 過去にJCBカードの審査に落ちた経験がある
  • 在籍確認に対応できない

JCBカードへの申し込みを検討しているのであれば、自分が審査落ちの原因になり得る要素を持っていないか確認してみましょう。

クレジットカードを利用したことがない

クレジットカードを利用したことがないと、JCBカードの審査に通過できないおそれがあります。
クレジットカードを利用したことがないと、信用情報を確認しても返済能力の有無を判断できないおそれがあるからです。

クレジットカードの利用履歴がなければ、信用情報に記録が何も残っていない可能性があります。その場合、カード会社の審査担当者は信用情報から申込者の返済能力を知ることができません。そのため、クレジットカードの利用履歴がないと審査に落ちるおそれがあるのです。

クレジットカードを利用したことがない場合は、携帯電話の本体を分割払いで購入するなどして、信用情報に良好な返済履歴が記録された状態を作ることを検討してみましょう。

過去にJCBカードの審査に落ちた経験がある

過去にJCBカードの審査に落ちた経験がある場合は、再度申し込んでも審査に通りにくいおそれがあります。

そもそも、過去にJCBカードの審査に落ちたのは、当時の審査担当者に返済能力があると認められなかったからと考えられます。
そのため、年収などが変化していない状態で申し込めば、やはり返済能力がないと判断されてしまい、審査に落ちてしまうおそれがあります。

「年収がアップした」「他社借入金額が減った」など、自身の返済能力が向上していることを示す明確な証拠がないのであれば、JCBカードへの申し込みは控えるのが無難と考えられます。

在籍確認に対応できない

在籍確認に対応できない場合は、JCBカードの審査に落ちるおそれがあります。在籍確認に対応できないと、審査手続きが終わらないおそれがあるからです。

在籍確認とは、申込者が申告した勤め先で本当に働いているのかを確認するための作業のことです。場合によっては、カード会社の審査担当者が申込者の勤務先に電話をかけることもあります。

在籍確認は審査の一環として行われるものです。そのため、在籍確認が取れなければ審査手続きは完了しません。
審査手続きが終わらなければカードを発行できないので、最悪の場合は審査に落ちるおそれがあると考えられます。

JCBカードで審査落ちするリスクを減らせる可能性がある対策

関連法令や審査の仕組みを考えると、以下の点に注意すればJCBカードの審査に落ちるリスクを減らせる可能性があります。

【審査落ちのリスクを減らせる可能性がある対策】

  • キャッシング枠を0にして申し込む
  • 固定電話の番号も書く

それぞれの対策について、以下でさらに詳しく説明します。

キャッシング枠を0にして申し込む

キャッシング枠とショッピング枠の審査基準は異なると考えられます。そのため、キャッシング枠を希望せずに申し込めば、JCBカードの審査に落ちるリスクを減らせるかもしれません。

ショッピング枠が割賦販売法という法律に基づいて規制されているのに対し、キャッシング枠は貸金業法という法律に基づいて規制されます。
規制の根拠となる法律が違えば利用限度額の決め方なども違うと考えられるので、審査基準に違いがあったとしても不思議ではありません。

審査基準が違う場合、ショッピング枠とキャッシング枠を希望すると、貸金業法と割賦販売法の両方の観点から審査が行われると考えられます。
一方、キャッシング枠を希望しなければ貸金業法の観点からの審査は行われないと考えられます。

審査で見られるポイントが少ないほど審査落ちするリスクは減る可能性が高くなると考えられるので、キャッシング枠が必要ないのであれば0にして申し込んでみましょう。

固定電話の番号も申告する

携帯電話の番号に加えて固定電話の番号も持っているのであれば、両方の番号を申告しておくことをおすすめします。申告する電話番号は、多ければ多いほど連絡がスムーズに進む可能性があるからです。

JCBカードの審査では、申込内容の確認や在籍確認などのために審査担当者から電話がかかってくる可能性があります。
電話に出なければ審査が進まないので最悪の場合は審査に落ちるおそれがありますが、固定電話と携帯電話の電話番号を申告しておけば、審査担当者からの電話に対応できる可能性が高くなります。
そのため、電話に出られないことが原因で審査に落ちる危険性を減らすことができるかもしれません。

FP監修者プロフィール

人物 伊藤 亮太氏 ファイナンシャル・プランナー(CFP®)
氏名 伊藤 亮太
職業 ファイナンシャル・プランナー
保有資格 CFP
DCアドバイザー
証券外務員

PAGE TO TOP