5万円を借りる方法

ローン商品や公的制度など、5万円を借りる方法は多数存在します。それぞれの公式サイトなどを調査したところ、5万円を借りる方法によって、特徴や利用対象、利用条件は違いました。

当記事では、編集部で調査した5万円を借りる方法とともに、それぞれの特徴、利用対象、利用条件を解説していきます。

続きを読む

10万円を借りたい人がお金を借りる方法

10万円ほどのお金を借りるには、さまざまな方法があります。

たとえば、審査を受けたうえでカードローンでお金を借りたり、質屋のように対価となる商品を預けることで審査なしでお金を借りたりする方法などです。

ただし、自身の状況によっては、申し込めるものと申し込めないものがあります。また、お金を借りるのにかかる時間などもそれぞれ異なるため、「自身が申し込めるかどうか」「必要なタイミングまでに借りられそうか」などを目安に適した方法を選ぶとよいでしょう。

続きを読む

臨時特例つなぎ資金貸付制度

臨時特例つなぎ資金貸付制度は、現時点で住居がなく、失業などで離職した人を対象に、失業保険のような他の公的制度から給付や貸付が開始されるまでの間に必要な生活費を貸付する制度です。

「住居がなく離職しており、申請している公的制度からお金を受け取るまでの生活費がない」という場合、臨時特例つなぎ資金貸付制度を利用することも一つの手です。

臨時特例つなぎ資金貸付制度を利用するには、厚生労働省や住んでいる地域で定められた貸付対象を満たす必要があります。当記事では、臨時特例つなぎ資金貸付制度の概要や貸付対象、申請方法について解説していきます。

続きを読む

生活福祉貸付制度制度の総合支援資金

失業や休業などにより収入が減少して生活が苦しい場合、総合支援資金を利用することで、足りない生活費や一時的に必要なお金を借りられます。

総合支援資金を利用するには、特定の条件を満たしたうえで、審査に通過しなければなりません。当記事では、総合支援資金の概要や貸付対象、利用するまでの流れを解説していきます。

続きを読む

生活福祉資金貸付制度

生活費に困っていて市役所や区役所からお金を借りたい場合、「生活福祉資金貸付制度」を利用することも一つの手です。生活福祉資金貸付制度を利用すれば、「生活を立て直すための資金」「介護や医療にかかる費用」などとして使えるお金を借りられます。

貸付対象に該当しており、申請後に行なわれる審査に通過すれば、生活福祉資金貸付制度でお金を借りられます。当記事では、生活福祉資金貸付制度の概要や貸付対象、利用するまでの流れを解説していきます。

続きを読む

日本政策金融公庫のセーフティネット貸付

日本政策金融公庫のセーフティネット貸付とは、売上の減少や取引のある銀行・会社の影響によって、一時的に資金繰りが難しい事業者の支援を目的にした公的制度です。

セーフティネット貸付を利用すれば、中長期的に経営状態を安定させるための運転資金や設備資金を借りられます。ただし、資金を借りるには、面談や企業訪問などを含む審査に通る必要があります。

当記事では、セーフティネット貸付の概要や利用対象を説明したうえで、個人事業主・小規模事業者・中小企業ごとの必要書類や申し込みの流れについて解説していきます。
続きを読む

公衆接遇弁償費

「定期券を落としてしまった」「財布が盗まれてしまった」といった緊急時には、「公衆接遇弁償費(こうしゅうせつぐうべんしょうひ)」を利用できます。

公衆接遇弁償費を利用するには条件を満たしている必要がありますが、条件を満たせば警察官から交通費などに使用できるお金を借りられます。

「財布をなくしてしまって家に帰れない」などの理由から公衆接遇弁償費の利用を検討している場合、利用するための条件やお金を借りるまでの流れを確認してみてください。

続きを読む

年金担保貸付制度

年金担保貸付制度は、年金受給権を担保に融資を受けられる公的制度です。年金担保貸付制度を利用することで、年金を担保に一時的に必要な少額の資金を借りられます。

ただし、年金担保貸付制度でお金を借りると、今後受け取れる年金の一部が返済に充てられるため、今後の生活に影響を及ぼす危険性も否定できません。

年金担保貸付制度の利用を検討している人は、制度の概要や貸付対象だけでなく、返済の仕組みについても把握して、今後の生活に支障が出ないかどうかを考慮しながら利用するべきかを検討してみてください。

続きを読む

求職者支援資金融資制度

求職者支援資金融資制度とは、職業訓練受講給付金を受けても、職業訓練を受講している間の生活費が足りないという方に向けた貸付制度です。

求職者支援資金融資制度を利用するには、厚生労働省やハローワークで定められた条件を満たす必要があります。当記事では、求職者支援資金融資制度の貸付対象とともに、審査や申請方法について解説していきます。

続きを読む

生活福祉資金貸付制度の教育支援資金

「学校の入学が控えているけど入学費が足りない」「進学が控えているけど授業料や教材費が払えない」といった場合、教育支援資金によって学費を工面できる可能性があります。

教育支援資金を利用するには、自分の世帯が貸付対象に該当しているうえで、審査に通過しなければなりません。当記事では、教育支援資金の概要や貸付対象、手続きの流れについて解説するため、学費を借りたい場合は参考にしてみてください。

続きを読む