お金を知る

更新日 : 2022.08.30

お役立ち情報

リボ払いの支払い方法・手数料の仕組みと注意点

リボ払いは、月々の支払いを一定の金額に抑えられる一方、支払いが長期化することによって、手数料の負担が大きくなる特徴があります。

リボ払いを利用するのであれば、リボ払いがどのようなものかを把握したうえで、支払い方法や手数料を確認しておくことが必要です。

そこで、リボ払いの仕組みをはじめとする概要に加え、リボ払いを利用する際の注意点や返済シミュレーションも紹介します。

リボ払いの仕組み

リボ払いとは、利用する金額に関係なく、毎月の支払い金額をほぼ一定にできる支払い方法のことです。

リボ払いを利用すると、毎月、手数料を含めた金額を支払っていくことになります。この手数料は、リボ払いを利用するうえで毎月発生するものです。

リボ払いによる支払いは、利用残高がなくなるまで続きます。毎月の支払い金額を少額にすれば支払い負担は軽減されるものの、その分だけ支払い回数が増えて毎月の手数料がかさみ、支払い総額が大きくなるのが特徴です。

そのため、リボ払いを利用する場合は、毎月の返済負担だけでなく、最終的に支払う総額を考える必要があるでしょう。

なお、リボ払いと似た支払い方法に、分割払いという支払い方法があります。利用金額を複数回に分けて返済する点において両者は共通していますが、リボ払いが「毎月の支払い金額を指定する」方法であるのに対し、分割払いは「支払い回数を指定して支払う」方法です。

リボ払いの支払い方式の種類

リボ払いは、「◯◯方式」という形式で示されるいくつかの支払い方式に分類されます。そして、支払い方式の種類によって、利用残高の減り方や毎月の支払い金額などが変わる場合があります。

一般的な支払い方式の種類は下記の通りです。

【リボ払いの支払い方式の種類】

支払い方法の種類

内容

定額方式

利用残高の大きさに関係なく毎月一定額を支払う方式

残高スライド方式

利用残高の大きさに応じて毎月の支払い金額が段階的に増減する方式

定率方式

利用残高に対して一定の割合をかけた金額を毎月支払う方式

参照元:日本クレジット協会「リボ払いの特徴と利用上の注意|クレジットの利用|消費者のみなさまへ|一般社団法人日本クレジット協会

※それぞれのリンクをクリックすると詳しい説明に移動できます。

どの方式が採用されているのかは、リボ払いを利用する商品によって異なります。各方式の詳細を説明するので、それぞれの支払い方式の違いを把握するためにも、各方式における支払い金額の決まり方を確認してみてください。

定額方式

定額方式は、残高の大きさに関係なく、毎月一定の金額を支払う方式です。定額方式で支払う場合の利用残高の推移と支払い金額を示した図は下記の通りです。

【定額方式】
リボ払いの定額方式

たとえば、定額方式で毎月の支払い金額を1万円に設定している場合、残高が0円になるまで1万円の支払いを続けていくことになります。そのため、追加利用の有無にかかわらず、毎月の支払い金額に変動はありません。

なお、定額方式には、「元金定額方式」「元利定額方式」という2つの方式があります。方式によって、リボ払い時に発生する手数料が毎月の支払い金額に含まれるかどうかが異なります。

【元利定額方式と元金定額方式の違い】

定額方式の種類

内容

元金定額方式

手数料とは別に毎月一定の支払い金額を設定する方式

元利定額方式

手数料を含めて支払い金額を一定にする方式

元金定額方式は、毎月の支払い金額とは別に手数料を支払う方式です。たとえば、1万円を支払う場合には、1万円に手数料を上乗せした金額を支払うことになります。リボ払いの手数料は残高によって変わるため、毎月の支払い金額も手数料に応じて変動するしくみです。

一方、元利定額方式は、手数料を含めて支払い金額を一定にする方式です。たとえば、1万円を毎月支払う契約をしている場合には、手数料を含めて1万円を支払います。そのため、利用残高の増減にかかわらず、残高が0円になるまで支払い金額が一定になるしくみです。

残高スライド方式

残高スライド方式は、支払い時の利用残高に応じて、毎月の支払い金額が変動する方式です。利用残高に応じた支払い金額の推移を示した図は下記の通りです。

【残高スライド方式】
リボ払いの残高スライド方式

たとえば、利用残高が20万円以下の場合は支払い金額が2万円、利用残高が10万円以下の場合は支払い金額が1万円というように、利用残高に応じて支払い金額が変動していきます。

残高スライド方式の場合、利用残高が減るほど支払い金額が少なくなります。支払い金額が少なくなるほど支払い期間が延びるため、発生する手数料も増加するという特徴もあります。

また、利用残高によって支払い金額が変動するため、「今月買い物や支払いでの利用が増えたから前月よりも支払い金額が増えた」といった状況も想定されます。

残高スライド方式でリボ払いの支払いをする際は、利用残高に応じた支払い金額を確認し、毎月支払う金額を把握できるようにしておきましょう。

定率方式

定率方式とは、利用残高に対して一定の割合をかけた金額を毎月支払う方式のことです。定率方式で支払った場合の利用残高の推移と支払い金額を示した図は下記の通りです。

【定率方式】
リボ払いの定率方式

たとえば、一定の割合が5%である場合、利用残高が20,000円の時の支払い金額は10,000円となり、その次の利用残高が190,000円となった時の支払い金額は9,500円となります。

定率方式は、残高スライド方式と同様に、利用残高が多いと毎月の支払い金額も大きくなり、利用残高が少なくなると支払い金額が減っていくのが特徴です。

また、定められている一定の割合が低くなるほど毎月の支払い金額は小さくなるため、支払いの負担が軽減される一方で、思うように支払うが進まないといったことも考えられます。

定率方式でリボ払いの支払いをする場合は、毎月の支払いの負担が多くなり過ぎない範囲で多めに支払いをするといった対策をしてみてもよいでしょう。

支払い方法をリボ払いに指定するタイミング

支払い方法をリボ払いに指定するタイミングはいくつかあり、基本的には任意のタイミングで指定可能です。「事前にリボ払いに設定しておきたい」「あとから特定の支払いだけリボ払いにしたい」など、利用者の状況やタイミングにあわせてリボ払いに指定できます。

一般的にリボ払いに指定できるタイミングは下記の通りです。

【支払い方法をリボ払いに指定するタイミング】

※それぞれのリンクをクリックすると詳細の説明に移動できます。

※利用するカードによっては上記以外の方法でリボ払いに指定できる場合もあります。

カードを発行するときや買い物の前に指定すれば、買い物時の支払い方法が自動的にリボ払いとなります。特定の買い物だけリボ払いにする場合は購入時や買い物の後に指定することも可能です。このように、自身の希望するタイミングに応じて、リボ払いを指定できます。

タイミングによって例外的に指定できない状況もあるため、それぞれの違いを理解するためにも、各タイミングでリボ払いを指定する方法を確認してみてください。

カードを発行するとき

リボ払いを利用するには、カードの発行を申し込んだ際に、支払い方法としてリボ払いを選択する方法があります。

基本的に、申込時にリボ払いを設定すると、すべての買い物や支払いで利用した分の支払いが自動的にリボ払いとなります。

すべてのカードで申込時にリボ払いを指定できるとは限らないため、まずは利用するカードの申込書や説明書を確認するようにしましょう。

なお、申込時にリボ払いに設定したとしても、後から支払い方法をリボ払い以外の方法に変更することは可能です。

買い物の前

カードを発行したあと、カード会社の公式サイトやアプリなどから手続きして、買い物の前にリボ払いに指定しておく方法もあります。

買い物の前にリボ払いを指定しておけば、商品を購入する際に、都度リボ払いを申し出る必要はありません。買い物の前にリボ払いを申し込んでおけば、申込後に利用した分の支払いは自動的にリボ払いでの支払いとなります。

なお、買い物の前にリボ払いに設定したとしても、後から支払い方法をリボ払い以外の方法に変更することは可能です。

商品・サービスを購入するとき

商品・サービスを購入するときに、店頭での支払い時にリボ払いを申し出たり、インターネット上での買い物でリボ払いを選択したりもできます。

リボ払いに指定するには、商品やサービスそのもの、あるいは商品・サービスを扱う店舗が、リボ払いでの支払いに対応している必要があります。

そのため、商品・サービスによっては、リボ払いに指定することができないという点に注意しましょう。リボ払いに指定できるかどうかは、利用しているカードの公式サイトや利用する店舗の公式サイトを参照して確認できます。

買い物の後

買い物をする際に一回払いを選択していたとしても、カード会社の公式サイトやアプリから手続きをすれば、あとからリボ払いに指定できます。

商品・サービスを購入するときにリボ払いに指定し忘れたり、店舗でリボ払いを指定できなかったりした場合も、あとからリボ払いに変更可能です。

ただし、買い物の後にリボ払いに指定する場合、カードによって、変更できる期間が制限されている場合があります。買い物の後にリボ払いに指定するには、定められた期間内に支払い方法を変更する必要があることに注意しておきましょう。

リボ払いの手数料

リボ払いの手数料は、利用残高・各カード会社の定める実質年率・利用日数に応じて発生します。

【リボ払いの手数料の計算式】
リボ払いの利用残高×実質年率÷365日(※)×利用日数
※うるう年の場合は366日で計算します。

実質年率は、1年あたりに発生する手数料の割合を示すものです。そのため、利用残高に実質年率をかけた金額を365で割ることで1日あたりに発生する手数料が計算され、利用日数にあわせた手数料を算出できます。

たとえば、利用残高を20万円、実質年率を15.0%として、手数料とは別に1万円を支払う場合、例として1回目〜5回目の支払い金額を見てみます。

【リボ払いの手数料】

支払い月

利用残高

手数料の計算式と金額

1回目

200,000円

200,000円×15.0%÷365×30=2,465円

2回目

190,000円

190,000円×15.0%÷365×30=2,342円

3回目

180,000円

180,000円×15.0%÷365×30=2,219円

4回目

170,000円

170,000円×15.0%÷365×30=2,095円

5回目

160,000円

160,000円×15.0%÷365×30=1,972円

※20万円を利用してから20回で支払いを完了する場合の計算結果です。

※上記の計算はあくまでも目安であり、実際の数値とは異なる場合があります。

※小数点以下は切り捨てて計算しています。

発生する手数料は、利用残高が減っていくのに応じて下がっていくことがわかります。5回目の支払いを行なった時点で、発生する手数料の合計は11,093円です。そして、利用残高が0円になるまで支払いを続けた場合、最終的には23,769円の手数料が発生します。

利用残高や実質年率が同じ数値である場合、毎月の支払額を増やすことで支払い回数が少なくなり、手数料の負担を抑えられます。

逆に言うと、毎月の支払額を減らせば、支払い回数が多くなって発生する手数料も多くなる点に注意しましょう。

手数料の負担を軽減したいときは一括払いを検討する

リボ払いによる手数料の負担を軽減するには、生活に支障が出ない範囲内で一括払いを検討してもよいでしょう。一括払いとは、支払日に利用残高をすべて支払う方法のことです。

一括払いをすれば、その後に発生する予定だった手数料の支払いがなくなるため、負担を軽減することができます。

リボ払いから一括払いへの変更方法については、カード会社によって異なりますが、インターネットまたはカード会社に電話して手続きする方法が一般的です。支払い方法は、「口座引落」「銀行振込」「ATMによる支払い」といった方法から選べる傾向にあります。

なお、一括返済をする場合は、カード会社によって、変更の手続きを行なえる期間が制限されています。そのため、利用するカード会社の公式サイトや説明書を参照して、事前に変更の手続きが行なえる期間を確認しておくとよいでしょう。

リボ払いを利用するときの注意点

リボ払いを利用するときには、想定外の手数料が発生したり、利用状況を把握できずに使い過ぎてしまったりすることを避けるために、注意すべき点があります。

【リボ払いを利用するときの注意点】

※それぞれのリンクをクリックすると詳細の説明に移動できます。

リボ払いの手数料や支払い方法などを知らずに利用すれば、利用後に想定外の手数料が発生することも考えられます。そのため、手数料・支払い方法といった詳細は事前に確認しておきようにしましょう。

また、実際にリボ払いを利用する際には、使い過ぎを防ぐために、計画的に利用したり利用状況を把握したりしておく必要があります。

リボ払いの手数料や支払い方式の種類を確認する

リボ払いの申込前に、どの程度の手数料が発生するのか、どの支払い方式が採用されているのかを把握しておくようにしましょう。

リボ払いで支払う金額は、実質年率によって発生する手数料や支払い方式などによっても変わってくるためです。事前に手数料の目安や支払い方式を確認しておかないと、想定以上の金額を支払う状況になりかねません。

【実質年率や支払い方式による支払い金額の違いを確認する方法の例】

各項目

各項目を確認するときの考え方の目安

実質年率

・支払い方式・利用残高・利用日数が同じなら、実質年率が高いほど手数料も高くなる。

・年○%〜年○%のような範囲が設定されている場合は、上限の値を見ておく方法もある。

支払い方式

・定額方式・残高スライド方式・定率方式などの支払い方式がありそれぞれの支払い方式によって支払い金額が異なる場合がある。

支払い方式や利用残高・日数が同じ場合、実質年率が高いほど手数料が高くなります。実質年率は、算出される手数料に関わる項目であるため、どのような場合でも事前に実質年率を確認しておくようにしましょう。

また、支払い方式にはいくつか種類があり、返済方式によって支払い金額が異なる場合があります。そのため、リボ払いを利用した場合に適用される返済方式についても確認しておくとよいでしょう。

なお、リボ払いは、一般的に、利用残高に応じて毎月支払う必要のある最小の金額が設定されています。最小の金額を支払えなければリボ払いを利用できないため、自身が利用する予定の金額と照らし合わせて無理のない範囲で利用できるのかどうかも確認しておきましょう。

設定された利用可能枠を確認する

リボ払いを利用する際は、カードが発行された際に設定された利用可能枠を確認しておきましょう。カードによっては、リボ払いに利用できる利用可能枠が定められており、その金額を超えていた金額をリボ払いに指定することはできないためです。

利用可能枠を把握しておかないと、必要な場面でリボ払いが利用できず、それ以外の方法で支払う必要が生じる可能性もあります。

リボ払いの利用可能枠の確認については、カード会社によっても異なりますが、一般的に、申込時の書類・WEBの会員ページ・カード会社の問い合わせ窓口などから行なえます。計画的にリボ払いを利用するためにも、事前に利用可能枠を確認しておくようにしましょう。

リボ払いをはじめとした支払い方法を確認する

カードにはリボ払い以外にも、一回払い・分割払い・ボーナス一括払いなどさまざまな支払い方法があります。

リボ払いのみだと手数料の負担が大きくなる可能性があるため、必要に応じてその他の支払い方法を活用できるよう、利用できる支払い方法についても確認しておくとよいでしょう。

なお、利用しているカードで選択できる支払い方法・有効期限などの情報は、カード発行時に同封される書類に記載されていると考えられます。カード会社から送付された書類は、受取後に忘れずに目を通しておくようにしましょう。

収入と支出を考えて計画的に利用する

リボ払いを利用する際は、自身の収入と支出を踏まえたうえで、計画的に利用する必要があります。利用後には、毎月指定された金額の支払いが必要になるからです。

収入と支出のバランスを把握しないままリボ払いを利用すれば、生活が圧迫されて、支払いが行えなくなることにもなりかねません。毎月の支払いができなくなると、支払いが遅れてしまい、手数料の負担がさらに大きくなることも考えられます。

そのため、まずは現在の自身の収入と支出の金額を踏まえて、毎月のリボ払いの支払いにあてられる金額を算出しておきましょう。

無理なくリボ払いの支払いが行なえるかを確認したうえで、リボ払いを利用するかどうかを検討する必要があります。リボ払いを利用すると生活が圧迫されるような場合は、本当にリボ払いを利用する必要があるかどうかを見直してみてください。

利用明細を確認して利用状況を把握しておく

リボ払いを利用する場合には、定期的に利用明細を確認し、利用残高や発生する手数料などを把握しておくようにしましょう。

リボ払いを利用しているにもかかわらず利用明細を確認せずにいると、どれほど利用残高が増えているのかに気づかず、手数料によって想定外の負担が生じかねません。リボ払いは毎月の支払い額が一定であることから、利用残高が増えても気づきにくくなることも懸念されます。

リボ払いを利用する際は、利用状況を正確に把握するためにも、カードの毎月の利用明細書やWEBの会員ページなどから利用明細の確認を忘れないようにしましょう。

リボ払いの返済シミュレーション

リボ払いを利用する前に返済シミュレーションをしておけば、手数料を含めた毎月の支払い金額を算出でき、リボ払いの支払いを完了するまでにかかる金額も把握できます。

たとえば、実質年率15.0%で10万円を5回に分けて返済する場合の返済シミュレーションをすると、下記のようになります。

【10万円を5回に分けて返済するときのシミュレーション】

支払い回数

毎月の支払い金額(元金※1+手数料)

支払い後の残高

1回目

21,068円(20,000円+1,068円)

80,000円

2回目

20,986円(20,000円+986円)

60,000円

3回目

20,764円(20,000円+764円)

40,000円

4回目

20,509円(20,000円+509円)

20,000円

5回目

20,246円(20,000円+246円)

0円

※1:元金とは、利用した金額の支払いにあてられる金額のことです。

※返済シミュレーションの結果は目安であり実際の金額とは異なる場合があります。

カード会社のなかには、リボ払いの手数料や月々の支払い金額を算出できる返済シミュレーションを用意しているところがあります。カード会社の返済シミュレーションでは、各カード会社が定める手数料率や支払い方式に沿ったシミュレーションができるので、より正確に計算ができます。

PAGE TO TOP