SEO事業部
新城 真寿美

コンサルティングを志望して入社。もとはマーケティングとライティングをしていました

もともと、代表の矢萩にSEOのコンサルティングを受けていたのが縁です。

その時の会社ともう一社、間にはさんでいるのですが、その間も少しお付き合いは続いていました。

当初は「メディア事業部の部長のポジションが空くからそこに入らないか」とお話をいただいたんですが、以前からコンサルティングの仕事に興味があり、矢萩がひとりでコンサルティングをしているのは知っていたので、そちらに入りたいと伝えたんです。

そのときは、矢萩ひとりではもういっぱいいっぱいなお客さんの数になっていて。
それはそれでほしいということになり、入社しました。

内部施策やコンバージョン分析なども行いますが、コンサルティング業務の中に文章の添削やアドバイスなども入っているので、私はどちらかというとコンテンツ寄りのコンサルティングを行う比重が大きいです。

自己完結しない・できないところが、コンサルの大変さでありやりがいでもある

自分でコンサルタントをやりたいと言って入社したのですが、「けっこうキツイよ」と言われていました。

厳しいというのではなく、コンサルティングってお客様の成果に貢献しないといけないから。
今までそのために働いたことってなかったんですよ。

自社メディアで記事を書く仕事っていうのは、自社の中で完結することが多いんですけど、コンサルティングの仕事はそうじゃない。

お客様の数字を上げる、求めるものに応えることが必要なので、自己完結の仕事ができないんですね。

そういう視点で仕事をするのがほとんどはじめてなので、大変さとやりがいを両方感じます。

たとえば、毎月お客様にレポートを出したりしていますが、実際にお見せするまでの道のりが遠いんです。

お客様に提出するのはいくつかのExcelなんですけど、完成に至るまでにもっといろんな計算をしていたり、データをとってきたりしていて。

たくさん出てきたデータの中からお客様の目的に沿った必要なデータを取捨選択したり。

レポート制作の合間にお客様からの連絡や質問も来ますので、受け答えしつつサイト分析作業を進めたり、コンテンツの調査や分析をしたり、記事の添削をしたり…というように色々な作業を並行して進めています。

私は大体10社くらいのお客様を担当しているので、時間の使い方やタスク管理が効率化できてないとけっこう大変です。

静かだけどフランク。あまりない雰囲気の会社かも

代表の矢萩がすごく優秀な人で、業界の中では有名な人なんです。

有名な理由が、高い技術をもっていること、成果を出していること。それでお客様がどんどん増えていって、私が入社して半年くらいで部署の人数も増やすことができました。

新規のお客様の受付は停止してるのに、ありがたいことにご紹介などでどんどん増えています。

つまり、実力だけで仕事が入ってくるくらいの技術があると自負しています。弊社は営業もいなくて、webコンサルタントとライターだけで構成されていますから、みんな自分の仕事に没頭していますね。

仲が悪いというわけではなく、みんな黙々と分析したり原稿を書いたりしています。職人気質というか。

何かを突き詰めたい人、自分の仕事に集中したい人にはすごく合う環境なんだろうなって思いますね。

でも矢萩に質問すればなんでも教えてくれるし、提案すればちゃんと聞いてもらえます。
そういう意味でもすごく仕事がしやすい環境ですね。

静かなんだけどフランクみたいな。あまりない雰囲気の会社かなと思います。

0からスタートしても学べる場所

SEOはもちろん、webコンテンツ制作、webマーケティングの力をつけたい人には非常に適した会社です。

弊社は、未経験者の人をたくさん採っています。私はwebライティングとマーケティングの仕事をしていたので経験者のうちに入りますが、webやSEOのコンサルティングの仕事をしていましたって人はひとりもいません。

だから、この分野に興味をもってくれている人であれば、いくらでも来ていただきたいです。

やる気があれば裁量もくれますし、Webマーケティングを学びたい人やスキルを伸ばしたい人にとってはこれ以上ない会社だと思っています。

たとえば記事を書くとなると、自分の書きたいことを書くのが正解だと思っている人がたくさんいるんです。

でも、SEOは検索するユーザーの意図に応えることが第一なので、書くことはある程度決まっていることが多いんですよ。
それをきちんとクリアしたうえで、オリジナリティや個性を出すというフェーズへ行ってほしいと思います。

「あなたの書きたいことを表現するための仕事ではないですよ」ということを素直に受け入れてくれる人がすごく伸びるんです。

それは違う、とはね返すのではなく、一度自分でその意味を噛み砕いてくれて、ちゃんと吸収してくれる。
そんな人と一緒にやっていきたいですね。

トップへ
戻る