更新日 : 2023.01.05

プロミスの審査は甘いのか? 審査時間や審査落ちの原因を解説

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスは、最短25分で借入可能な商品です。申込後に行なわれる審査に通過すれば、最短で即日融資も受けられます。

しかし、その審査に通るのかが不安な人もいるでしょう。具体的な基準は公表されていませんが、公になっている情報を参考に、審査通過率や審査に通るための条件を推測することは可能です。

審査に通るか不安な場合は、審査に通るための条件を確認したうえで、審査落ちの原因にあてはまっていないかを確認しておきましょう。

プロミスの審査は甘いのか?新規の成約率は39.0%

プロミスの審査が甘い・厳しいとは言えません。なぜなら、「契約には審査がともない、審査の結果ご希望に添えない場合がございます」とされているのみで、審査の基準や難易度が非公開であるためです。

とはいえ、プロミスの成約率からおおよその審査通過率は把握できます。成約率とは、申し込んだ人のうち契約した人の割合です。

【新規申込者数・新規顧客数・成約率(2022年8月)】
成約率 39.00%
新規申込者数 58,895件
新規顧客数 22,963件

参照元:SMBCコンシューマーファイナンス株式会社「月次データ 2023年3月期

2022年8月に新規でプロミスに申し込んだ人のうち、契約した人の割合は39.0%です。契約するには審査に通過しなければならないので、審査通過率は39.0%以上であると言えます。

別の言い方をすれば、申し込んだ人のうちの半数以上は審査に落ちていると考えられます。そのため、誰でも審査に通るような難易度ではないといえるでしょう。

審査が不安な人はお借入シミュレーションを試してみる

プロミスの審査に通るか不安な人は、お借入シミュレーションを試してみましょう。お借入シミュレーションとは、生年月日や年収などを入力することで、借入できるかを簡易的にシミュレーションできるサービスです。

【お借入シミュレーションに入力する項目】

  • 生年月日
  • 年収
  • 現在の他社お借入金額

3つの項目を入力すると、「ご入力いただいた内容からお借入可能な見込みです」または「ご入力いただいた内容だけではお借入可能か判断できません」と表示されます。

ただし、お借入シミュレーションの結果は簡易的なものであり、実際には申込者の情報をもとに審査が行なわれます。借入可能な見込みであると表示されても、プロミスの審査に必ず通るわけではありません。

そのため、いずれの結果が表示されたとしても、申込時には審査に通るための条件や審査落ちの原因を確認のうえ、対策を立てておきましょう。

プロミスの審査に通るための条件

プロミスの審査に通るには、申込条件を満たす必要があります。申込条件は「年齢が18歳~74歳の本人に安定した収入のある方」です。

また、指定された必要書類を提出できることと、他社を含めた借入残高が年収の3分の1を超えないことも審査に通るための条件になります。

年齢が18歳から74歳である

プロミスの申込条件には「年齢が18歳~74歳であること」とあります。

【申込条件】

年齢18~74歳のご本人に安定した収入のある方。
※主婦・学生でもアルバイト・パートなど安定した収入のある場合はお申込いただけます。ただし、高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。また、収入が年金のみの方はお申込いただけません。
引用元:「お申込条件と必要書類

18歳未満や75歳以上の人は、申し込みを認められないことから審査に落ちます。また、18歳の誕生日を迎えていても、高校生(定時制高校生や高等専門学校生も含む)は申し込めません。

安定した収入がある

プロミスに申し込めるのは、本人に安定した収入がある人です。たとえば、無職や専業主婦、収入が年金のみの人などは、収入自体がないと判断されて申し込めません。

安定した収入が認められる基準について問い合わせたところ、「働いていて収入を得ていれば安定した収入があるとみなす」という旨の回答を得ています。

また、安定とは「大きく変動がない」という意味の言葉です。そのため、安定した収入とは、収入に大きな変化がなく一定であることと考えられます。言い換えれば、月によって収入が0円になる場合には、収入が安定していると認められにくいでしょう。

安定した収入があれば雇用形態は問われない

プロミスの申込条件には、雇用形態に関する項目がありません。安定した収入がある人なら、雇用形態にかかわらず申し込めます。

【申込可能な雇用形態】

  • 正社員
  • 公務員
  • 派遣社員
  • パート・アルバイト
  • 個人事業主

※ 実際に問い合わせた結果をもとにしています。

パートやアルバイトによる収入があれば原則申込可能です。ただし、問い合わせたところ「日雇いのバイトのみだと申し込みが難しい場合がある」との回答を得ました。

自身の雇用形態で申し込めるかどうか不安な人は、プロミスコールに直接問い合わせてみましょう。個々の状況を話してみれば、申し込めるかどうかをオペレーターに教えてもらえるからです。

必要書類を提出できる

プロミスに申し込む際には、本人確認書類などの必要書類の提出が必要となります。

【提出する必要書類】

  • 本人確認書類
  • 収入証明書類(必要な場合)

必要書類は申込時に必要です。必要書類が提出できないと審査を受けられないため、必要な書類を申込時までに用意しておきましょう。

本人確認書類

申込時には、以下のうちいずれかの本人確認書類の提出が必須です。

【本人確認書類】
本人確認書類 備考
運転免許証 運転経歴証明書も可。
パスポート 2020年2月3日以前の発行かつ現住所の記載があるもの。
健康保険証 単体での提出は不可。住民票等の写し等が合わせて必要。
マイナンバーカード 通知カードは不可。
提出時は個人番号が見えないように加工が必要
在留カード・特別永住者証明書

参照元:「お申込条件と必要書類

基本的に本人確認書類は1点の提出ですが、健康保険証を提出する場合のみ住民票等の写し等があわせて必要となります。

また、本人確認書類に記載されている住所が現住所と異なる場合は、現住所を証明する書類の提出が必要です。

【本人確認書類に記載の住所と現住所が異なる場合に追加で提出する書類】

  • 公共料金の領収書(電力会社・水道局・ガス会社・NHK発行のもの)
  • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書
  • 国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
  • 社会保険料の領収書

現住所を証明する書類は、いずれも発行から6カ月以内のものに限られます。提出する際は、必ず発行日を確認しておきましょう。

収入証明書類

希望する借入額や申込時の年齢によっては、収入証明書類の提出が必要です。

【収入証明書類の提出が必要な条件】

  • 希望する借入額が50万円を超える場合
  • 希望する借入額と他社の利用残高の合計が100万円を超える場合
  • 申込時の年齢が19歳以下の場合

【収入証明書類(いずれか1点)】

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書(直近2ヵ月分)+賞与明細書(直近1年分)
  • 税額通知書
  • 所得(課税)証明書(最新のものかつ収入額と所得額の記載があるもの)
  • 確定申告書

※いずれの書類も直近発行されたものに限られます。
参照元:「お申込条件と必要書類

たとえば、プロミスに希望する借入額が50万円を超える場合には、収入証明書類をずれか1点提出する必要があります。なお、給与明細書を提出する場合、賞与をもらっている人は賞与明細書の提出も必要です。

他社との借入総額が年収の3分の1を超えていない

他社との借入総額が年収の3分の1を超えていると、プロミスの審査に通りません。たとえば、年収が300万円の人がすでに100万円借りている場合は審査に通りません。

プロミスを提供するSMBCコンシューマーファイナンスは、総量規制により、年収の3分の1を超える貸付をしないからです。総量規制の対象になるのは、消費者金融やクレジットカード会社といった貸金業者からの借入です。

また、プロミスと他社からの借入総額が合計で年収の3分の1を超える場合も融資しません。たとえば、年収300万円の人が他社から80万円を借りている場合、20万円を超える融資は行なわれないのです。

プロミスで審査落ちする人

プロミスの審査に落ちる原因は在籍確認や申込内容です。「契約には審査がともない、審査の結果ご希望に添えない場合がございます」とされているように、年齢や収入に問題がなくても審査に落ちることがあります。

【審査落ちする人の特徴】

  • 在籍確認の電話に対応できなかった
  • 申込内容に虚偽の情報を入力した
  • 信用情報に延滞や債務整理の記録が残っていた

プロミスの審査を受ける前に原因を特定しておけば、審査落ちを回避できる場合があります。審査落ち原因にあてはまる場合は、事前に対策を立てておきましょう。

ここからは、審査落ちの原因だけでなく対策についても解説するので確認してみてください。

在籍確認の電話に対応できなかった

在籍確認の電話に対応できないと、審査に通りません。在籍確認とは、申込者が本当に働いているかを確認するためのものです。プロミスの在籍確認は、勤務先への電話をすることで原則行なわれます。

電話自体は回避できないものの、在籍確認は本人以外でも対応できます。たとえば、本人が不在であっても「〇〇(申込者本人)は現在席を外しております」といった応対があれば、勤務先への在籍が確認できるからです。

在籍確認の電話がかかってくるタイミングは、最短で申込後25分以内と考えられます。プロミスの審査時間が最短25分であるからです。そのため、申し込みをしたあと25分ほどは、在籍確認に対応できるように備えておくとよいでしょう。

なお、在籍確認の電話に出られない場合は、事前にプロミスコールに連絡してみてください。確実とは言えませんが、場合によっては相談に乗ってもらえる場合があるようです。

申込時に虚偽の申告をした

プロミスへ申し込む際に虚偽の申告をすると、審査に落ちます。具体的には、無職であるのに偽の会社名を記入したり、偽造した書類を提出したりするような行為です。

虚偽申告がわかればその時点で審査落ちとなるので、申込時には正しい内容を申告してください。

信用情報に延滞などの履歴が残っていた

信用情報に延滞や債務整理の履歴が残っていると、審査落ちとなる場合があります。

信用情報とは、ローンやクレジットなどの信用取引に関する取引事実のことです。具体的には、契約内容や返済・支払い状況・利用残高などの情報を指します。

審査時には、申込者が借金を返せるかどうかを調査します。そして、延滞や債務整理の履歴は、過去に借金を返済できなかった事実を表す情報です。信用情報にそれらの履歴が残っていれば、借金を返済できる能力が不足していると判断されかねません。

なお、信用情報は個人信用情報機関という機関に保管されており、情報開示が可能です。自身の信用情報を確認するなら、情報開示の方法に沿って手続きしてみてください。

プロミスの審査時間は最短25分

プロミスの審査時間は、最短25分です。土日祝日も同様の審査時間となります。

ただし、必ずしもすべての人が最短の時間でお金を借りられるとは限りません。すぐに審査結果が来ない場合は、申込内容や必要書類に不備があったり、SMBCコンシューマーファイナンスの審査が混雑していたりするなどさまざまな理由が考えられます。

審査結果はメールまたは電話で知らされるため、まずはメールや電話が受信できる状態かを確認しましょう。それでもプロミスから審査結果が来ない状態が続く場合はプロミスコールに問い合わせてみてください。

申込当日中に借入するためのポイント

プロミスへの申し込みは、24時間いつでもWebやスマホアプリからできます。当日中に審査が完了し、借入の手続きが済めば、プロミスから最短即日融資を受けられます。

【申込当日中にお金を借りるためのポイント】

  • Webまたはアプリからプロミスに申し込む
  • 20時半までに申し込みや必要書類の提出を済ませる

Webまたはアプリから申し込めば、カードの発行なしで借入することも可能です。カードを発行する手間もかからず、審査が完了次第すぐにインターネット振込で借入できます。インターネット振込であれば、契約後の手続きから最短10秒で口座に振り込んでもらえます。

また、問い合わせたところ「審査結果の回答は21時までとなるため、21時までに審査が完了しなければ即日融資はできない」との回答を得ました。

審査時間は最短25分であることから、申込当日中の借入を希望する人は遅くとも20時半までには申し込みや必要書類の提出を済ませましょう。

プロミスの申し込みから借り入れの流れ

プロミスの申し込みから借り入れまでの流れは以下の通りです。

【申し込みから借り入れの流れ】

  • 申し込み
  • 事前審査
  • 必要書類の提出
  • 本審査
  • 在籍確認
  • 契約手続き
  • 借入

※ 実際の流れとは異なる場合があります。

申込後には事前審査が行なわれ、通過したら本審査が開始されます。その際に在籍確認などが行なわれ、審査に通過できたら契約内容の連絡が届く流れです。

なお、借入が完了するまでには、申し込みや借り入れの方法を複数から選ぶ必要があります。申込方法や借入方法は事前にどの方法を利用するか決めておくとよいでしょう。事前に決めておけば、スムーズに審査や借入にすすめるからです。

申込方法

プロミスの申込方法は6種類用意されており、希望する方法で申し込めます。

【申込方法と特徴】
申込方法 即日融資の可不可 来店の有無
Web ×
スマホアプリ ×
自動契約機
店頭窓口
プロミスコール(電話) ×
郵送 × ×

参照元:「お申込条件と必要書類

プロミスから最短即日で融資を受けたい人は、郵送以外の申込方法を選びましょう。郵送での申し込みだと即日融資に対応していないためです。

Web・スマホアプリ・電話から申し込んだ場合は、申し込みや必要書類の提出の手続きを来店なしで完結できます。近くに自動契約機や店頭がない場合に利用しやすい方法です。

なお、電話から申し込む場合の受付時間は、土日祝日を含めて9時~21時となります。受付時間内の手続きが難しかったり、回線が混雑してつながらなかったりする際は、WEBサイトやスマホアプリからの申し込むとよいでしょう。

借入方法

プロミスの借入方法は6種類あります。契約後に希望する方法で借入可能です。

【借入方法】
借入方法 特徴
インターネット振込 ・Webまたはスマホアプリで会員サービスから手続き
・原則24時間365日利用できる
・最短10秒での振込に対応
・手数料0円
※24時間振込可能な金融機関の口座の登録が必要
スマホATM ・スマホを使ってコンビニATMで手続き(カード不要)
・原則24時間365日利用できる
・セブン銀行ATMまたはローソン銀行ATMで利用可能
・手数料110円~220円(税込)
提携ATM ・カードを使って提携ATMで手続き
・原則24時間365日利用できる
・提携するコンビニや銀行などのATM
・手数料110円~220円(税込)
プロミスATM ・カードを使ってプロミスATMで手続き
・7時~24時の間利用できる
・自動契約機や店頭に設置されている
・手数料0円
プロミスコール
(電話)
・プロミスコールに電話をして手続き(振込による借入)
・受付時間は9時~21時(土日祝日含む)
・手数料0円
お客様サービスプラザ‘(店頭窓口) ・プロミスの店頭窓口で手続き
・受付時間は平日10時~18時
・窓口の担当者に相談ができる
・手数料0円

参照元:「お借入方法

Webやスマホアプリから申し込みした場合、最も手間が少ない借入方法はインターネット振込です。24時間振込対応可能な金融機関の口座をもっている人なら、契約後に最短10秒で振込を受けられます。

自動契約機や店頭窓口から申し込んだ場合、その場で専用のカードが発行されます。専用のカードを使えば、コンビニや銀行にある提携ATMから借入可能です。

プロミスの特徴

プロミスは、大手消費者金融であるSMBCコンシューマーファイナンスが展開するカードローンサービスです。SMBCコンシューマーファイナンスは、小口の融資を本業とし、他の金融機関への保証事業なども展開しています。

【プロミスのカードローンの特徴】

  • レディースキャッシングが用意されている
  • 初めての利用なら30日間無利息サービスが適用される
  • 7種類の返済方法から自由に選択できる
  • プロミスのアプリローンなら便利なサービスを利用できる
  • 三井住友銀行ATMが手数料無料で使える
【プロミスの基本情報】
融資額 500万円まで
申込条件 年齢18~74歳の本人に安定した収入のある方
※申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類(源泉徴収票等)が必要です。
※ただし、高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申し込めません。
金利(借入利率) 年4.5%~年17.8%
審査時間 WEB申込みの最短15秒事前審査と最短25分本審査
※Web申込みを利用した場合、事前審査結果ご確認後、本審査が必要になります。また、新規契約時の融資上限は本審査により決定されます。
融資時間 最短25分
担保・連帯保証人 不要
返済期間・回数 返済期間:最終借入後から原則最長6年9か月
返済回数:1~80回
返済方法 残高スライド元利定額返済方式

レディースキャッシングが用意されている

レディースキャッシングは、女性専用のカードローンです。女性専用ダイヤルが用意されているなど、女性が安心して利用しやすいサービスがあるのが特徴になります。

行なわれる審査は、通常のカードローンと同様のものと考えられます。インターネットから申し込む場合の申込画面は通常のカードローンと共通しており貸付条件も同じであるからです。

そのため、申込時に不安があって女性のオペレーターに相談したいなどの要望があるなら、レディースキャッシングの利用を検討してもよいでしょう。

初めての利用なら30日間無利息サービスが適用される

プロミスは、初回借入日の翌日から30日間無利息サービスを提供しています。以下の条件をすべて満たせば、30日間無利息サービスが自動的に適用されます。

【30日間無利息サービスを利用するための条件】

  • 初めてプロミスを利用する
  • 契約時までにメールアドレスを登録する
  • Web明細を利用する

Web明細とは、会員サービスにログインして、利用明細書や受取証書などを確認できるサービスです。

はじめて利用する場合には、申込手続きの際にメールアドレスやWeb明細の登録を済ませておきましょう。

無利息期間終了後は金利が適用される

30日間無利息サービスが終わった後には、契約時に決められたプロミスの金利に応じて利息が発生します。利息の金額は、借入額・借入日数・金利に応じて決まります。

【利息の計算式】
借入金額×金利÷365日×借入日数=利息

たとえば、年17.8%の金利が適用された場合に30日間で発生する利息額は以下です。4万円を借りた場合でいえば、30日間で発生する利息は約585円です。

【年17.8%の金利が適用された場合の利息額】
借入額 利息額
4万円 585円(4万円×年17.8%÷365×30日)
8万円 1,170円(8万円×年17.8%÷365×30日)
12万円 1,755円(12万円×年17.8%÷365×30日)

※実際の数値とは異なる場合があります。

利息が発生するタイミングで借入額が多く残っているほど、その分だけ利息を多く支払う必要があります。そのため、無利息サービスが適用されているうちになるべく返済をすすめるとよいでしょう。

7種類の返済方法を自由に選べる

プロミスには7種類の返済方法があります。利用者は好きな方法を選んで返済することが可能です。

【返済方法】
返済方法 利用時間 手数料
インターネット返済 原則24時間365日 0円
口座振替
※自動引き落としのため
0円
スマホATM 原則24時間365日(※) 110円(税込)または220円(税込)
提携ATM 原則24時間365日(※) 110円(税込)または220円(税込)
プロミスATM 土日祝日含む7時~21時(※) 0円
銀行振込 原則24時間365日
※金融機関によって異なる
110円(税込)から330円(税込)
お客様サービスプラザ(店頭窓口) 平日10時~18時 0円

※ ATMによって営業時間や休日が異なる場合があります。

口座振替以外の返済方法では、毎月の返済日に支払いの手続きが必要です。プロミスのインターネット返済ではスマホアプリで、ATMでの返済では店舗での手続きが必要になります。

そのため、毎月の手続きを省略したい人は、口座振替が利用しやすいでしょう。口座振替の場合、初回返済日までに口座の登録を済ませることで、毎月の返済日に自動で引き落としされるからです。

プロミスのアプリローンなら便利なサービスを利用できる

プロミスのアプリローンでは、申し込みから返済までの手続きを来店なしで対応しています。自宅への郵送物もないため、郵送物が原因で借入が家族にバレることもありません。

【アプリローンの特徴】

  • 申し込みから返済まで来店の必要がない
  • 自宅への郵送物なしで契約できる
  • セブン銀行ATM・ローソン銀行ATMで手続きする際にカードが不要になる
  • 利用残高や毎月の返済日などのさまざまな情報をアプリで確認できる
  • 毎月の返済やアプリログインでVポイントが貯まる

また、毎月の返済にかかる利息200円につき1ポイント、アプリで会員サービスにログインすれば毎月10ポイントまで「Vポイント」が貯まります。貯まったVポイントは、Apple PayやGoogle Payを使ったスマホ決済やネットショッピングで利用可能です。

三井住友銀行ATMが手数料無料で使える

三井住友銀行ATMからの借入・返済は、手数料がいつでも無料です。提携ATMのうち手数料が無料になるのは、三井住友銀行ATMのみです。

三井住友銀行ATMは、三井住友銀行の本支店や各駅、街中にも設置されており、24時間営業しているATMもあります。

手数料無料で利用したい場合は、三井住友銀行の店舗・ATM検索のページから利用できるATMが近くにないかを確認してみるとよいでしょう。

プロミスの審査に関する疑問

ここからは審査に関する疑問に回答していきます。

【審査に関する疑問】

  • 審査なしで借入する方法はある?
  • 同時に複数社に申し込んでも大丈夫?
  • 増額するにはどうしたらいい?

審査なしで借入する方法はある?

審査なしで借入する方法はありません。

SMBCコンシューマーファイナンスは、収入や他社からの借入などの情報を調査しなければならないからです。これは、貸金業法第13条で以下のように定められています。

【貸金業法第13条】

貸金業者は、貸付けの契約を締結しようとする場合には、顧客等の収入又は収益その他の資力、信用、借入れの状況、返済計画その他の返済能力に関する事項を調査しなければならない。
引用元:e-Gov法令検索「貸金業法

同時に複数社に申し込んでも大丈夫?

同時に複数社に申し込むのはできるだけ避けましょう。確実にとは言えませんが、複数社に同時申し込みをすると、審査の結果に影響する場合があります。

複数社から借入する見込みがあることで、借金を返しきれなくなると判断されれば、審査に落ちると考えられるからです。審査に通過しないことへの不安はあるかもしれませんが、申し込みは1社のみにしておきましょう。

増額するにはどうしたらいい?

プロミスの利用限度額を増額するには、Webやアプリの会員サービス内の「ご利用限度額を増額する」から申し込めます。電話による申し込みも可能です。

ただし、増額の際にも審査が行なわれるため、申し込みをしたからと言って利用限度額が増えるとは限りません。申込内容によっては限度額が変わらない場合もあると想定しておきましょう。

PAGE TO TOP